fc2ブログ
2012 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312012 08

FX戦略会議

今月から 西原宏一さんと一緒に為替相場を語る FX戦略会議 を読売オンラインさんで始めました 

本日は新しい記事が更新されています。このリンク または ブログ左側にあるバナーをクリックして是非ご覧下さい 
[ 2012/07/17 20:00 ] 読売オンライン・FX戦略会議 | TB(-) | CM(0)

IMF・世界経済展望

おはようございます 
日本は物凄く暑いそうですね。私が住むロンドンでは、たぶんもう1ヶ月くらい連続で雨が降っています。ロンドンの雨は普段’’シトシト’’と降るのですが、最近の雨は日本のように’’ザーザー’’降るのが気になります。
洗濯物が全然乾かなくて困っています~

昨日算数教室のお手伝いをしている最中に、IMFが世界の経済展望を発表しました。
4月に発表された内容 と比較すると、どの地域も下方修正がされていたのが特徴です。

*今回の発表

・2012年

世界経済: 4月の予想 3.6%  今回の予想 3.5%
ユーロ圏: 4月の予想 -0.3%  今回の予想 -0.3%
英国: 4月の予想 0.8%  今回の予想 0.2%
米国: 4月の予想 2.1%  今回の予想 2.0%

・2013年

世界経済: 4月の予想 4.1%  今回の予想 3.9%
ユーロ圏: 4月の予想 0.9%  今回の予想 0.9%
英国: 4月の予想 2.0%  今回の予想 1.4%
米国: 4月の予想 2.4% 今回の予想 2.3%

IMFは今回の予想は「もしかしたら、少し楽観的すぎる内容かもしれない」とも付け加えています  これに関しては中国に代表される新興国の景況感に大きく変化があれば、更なる下方修正もあり得るという意味のようです。

英国に関してですが、1年前に発表されたこの世界展望の中で、IMFは英国の2012年GDP予想を+2.3%  としていた筈です。1年経った現在、その数字はたった0.2%まで下方修正されています。実際に住んでいる身としては、そもそも1年前に2.3%という数字を予想することじたいに非常に無理があったとしか思えませんが... 

*公的債務残高に関して

ここに面白いグラフがあります。

公的債務が頂点に達する年の予想IMF

これはIMFが予想した各国別の『公的債務残高対GDP比のピーク時の数字、それを迎える年』を示したものです。

例えば
・ドイツとカナダは2010年に既に公的債務残高対GDP比がピークを迎え、その後は減少に向かっている
・ポルトガルやアイルランドなどの国は、2013年末までに対GDP比がピークに達し、その後減少に向かうと予想
・フランスやギリシャは、2014年末までに対GDP比がピークに達し、その後減少に向かうと予想
・米国と英国は、2015年末までに対GDP比がピークに達し、その後減少に向かうと予想
・スペインと日本は、対GDP比のピーク時の比率もわからず、一体いつピークに達するのかも判らない 



これを見る限りIMFは。スペインの財政状態はギリシャやポルトガル・アイルランドなど既に金融支援を受け取った国よりも混乱していると認識していると判断して間違いないようです。

もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村



応援 よろしく御願いします 
[ 2012/07/17 19:20 ] 経済 | TB(-) | CM(0)

またしても公聴会での証言

10分ほど前から、財務委員会公聴会で証言が始まりました。

本日は金融業界を揺さぶっているLiborスキャンダルに関してのものではなく、英中銀が発表した『金融安定化報告書』の内容に関するものとなるはずなのですが、今 ライブ中継 をみているのですが、昨日に続きFSAのターナー長官がLiborに関して証言しています。

*本日の出席者

『金融安定化報告書』に関する証言を求められるのは

キング総裁
タッカー副総裁
ターナーFSA(金融監督庁)長官
プラス1名

となっています。特にユーロ圏債務危機に関する証言を求められると考えられています。

*Liborスキャンダルに関する証言は?

市場参加者の間では、今回の趣旨は金融安定化に関する証言であるが、当然Liborスキャンダルに関する質問がキング総裁に向けて出ることは間違いなく、それに対してキング総裁の口からどのような証言が飛び出すのか?に注目 しています。

同総裁はこのスキャンダルに関して一言も発言したことがないため、私自身も興味があります。



オ~~~~~~~~~

キング総裁がLiborスキャンダルについて話し始めました。

こりゃ 金融安定化報告書についてよりもLiborスキャンダルに関する証言になりそうですね

個人的には、ポンドは’’バークレイズによる’’Liborスキャンダル事件を織り込んでいると思うので、物凄く想定外の発言が出ない限りポンドに影響を与えるとは思っていません

もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村



応援 よろしく御願いします 
[ 2012/07/17 18:23 ] Libor不正操作スキャンダル | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX (株)さんで 連載スタート 【PR】
Net Money
FXダイレクトプラス
2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
フィリップ証券さんで連載始めました
フィリップ証券さんで
月2回 コラム始めました。
ロンドン発 松崎美子の
FXマーケットレポート

フィリップ証券

岡三証券
株価指数取引には、是非!


相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ