fc2ブログ
2012 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312012 06

ゴールドマン・サックスの予想

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
[ 2012/05/28 21:10 ] 過去のパスワード必要記事 | TB(-) | CM(-)

アイルランド、国民投票始まる

アイルランドでは 『新財政協定に関する国民投票』 が5月31日(木曜日)に実施されます。

本日はそれに先駆けて、アイルランド沖に浮かぶ小島の住民だけを対象にした’’一足お先の’’国民投票が実施されます。私もたった今まで知らなかったのですが 、アイルランドでは伝統的にこれらの島での投票は実際の投票日の数日前に実施しているそうです。その理由は、天候悪化で投票箱が本土に届かなくなることを避けるため。

アイルランド

これらの小島は全部で13つあるそうで、最北端に位置する5つの島に住む765人の人達は月曜日に、その下にある3つの島に住む194人の人は明日火曜日に、そして一番南に位置する5つの島に住む1,164人の人達は水曜日に、それぞれ投票を済ますとのことです。

木曜日の本土での投票結果はユーロの乱高下に直結しますので、皆さんお気をつけ下さいね 

もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2012/05/28 20:10 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

逃げ姿勢に回り始めた非居住者達

ギリシャの銀行からの預金引き出しが加速していることはこの記事でお伝えしました。しかしそれら個人の動きの陰に隠れて地味に継続しているのが、非居住者によるユーロ圏加盟国の国債離れ  です。

*イタリアとスペインの場合

昨年7~12月の半年の間で、非居住者が売却したイタリア国債の額は1,000億ユーロに上り、これは彼らが保有している国債投資総額の12%にあたります。
スペインに関しては、昨年11月~今年2月の間に売却した国債総額は370億ユーロとなっており、その比率は14%となりました。

昨年12月と2月にECBによる3年物LTROを使って資金調達をした地元の銀行が、その資金を使って自国の国債を購入するたびに、非居住者が売りに廻っていた形となっているようです。

もし今後もこの調子で非居住者の売りが継続するのであれば、彼らによる国債保有レベルはユーロ誕生以前のレベルにまで低下する危険性が出てきたようです。イタリアの場合は、そのレベルに達するのは2013年7月、スペインの場合は同じく2013年12月となっています。



 つい今しがたイタリア2年物国債入札結果が出ましたが、応答利回りは先月行われた2年債利回りの 3.355%からぐっと上昇し、本日は4.037%となっています。そして応答倍率も前回の1.80から今回は1.66へと低下。散々な結果となっています。

*フィッチの予想

格付け会社:フィッチが先週発表した非居住者による両国の国債保有残高推移予想によると

・イタリア: 2008年の時点での非居住者保有比率 50%  2012年Q1末での保有比率予想 32%
・スペイン: 2008年の時点での非居住者保有比率 60%  2012年Q1末での保有比率予想 34%

ユーロ圏国債保有率
(クリックすると拡大します)

これはIMFなどの資料を基に作成された2011年6月末時点での米英日欧の国債保有者別の比率を表したもの、それぞれの国に青い丸で囲んだ数字が『非居住者による保有比率』となっています。ここでいう『ユーロ圏』というものは、スペインやイタリアという個別国の割り合いではなく、’’ユーロ圏’’全体の数字となっていますが、先ほどイタリアの個別保有率を調べた結果、これとほとんど同じでした。

*非居住者による預金口座の減少

ある米系銀行の調査部の調べによると、国債投資の引き上げだけでなく非居住者が過去に保有していた口座からの資金流出も継続しているようです。

現在に至るまでに、ギリシャでは64%減、アイルランド 55%減、ポルトガル 37%減、スペイン 13% そして イタリア 34%減  となっている模様。

2011年だけに限ってですと、イタリアからの流出額は1,600億ユーロ、スペインは1,000億ユーロとなっており、もしギリシャ情勢の不安定が継続すれば、今年の流出額は昨年の2倍ほどのレベルに達すると予想しています。

万が一、ギリシャやスペインがユーロ離脱を免れて 並行通貨 を使用したとしても、その価値はドイツ・フィンランドなどが加盟する 『ユーロ』 よりもずっと価値が低くなることは避けられないため、流出は依然として継続  すると予想しています。


ギリシャ危機発覚から3年目の今、財政再建措置に有権者が反対し政権が崩壊した既に6ヶ国となり、リセッション不安・高失業率などの経済苦と並び政治不安懸念も台頭してきました。

投資家は当然この動きに不安を感じ、欧州からの投資特にPIGS各国の国債への投資を停止し、それらの国の国債購入は地元の銀行だけとなりつつあります。そしてそれらの地元の銀行が国債購入が出来るのも、ひとえに欧州中銀(ECB)からの資金供給があるからです。

来週木曜日に控えた欧州中銀(ECB)理事会では、何か驚きの発表  があるのでしょうか?


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2012/05/28 19:24 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

ギリシャの世論調査結果

週末に行われた5つの世論調査の結果によると、緊縮財政政策継続に前向きなND党の支持率が伸びたことを受け、本日の欧州主要国の株価指数はプラスで開始しました。

*世論調査結果

「もし本日選挙があるとしたら、どこに投票しますか?」という質問に対し、
緊縮財政に前向きなND党へ投票  25.6~27.7%
反緊縮策を支持するSYRIZA党へ投票  20.1~26%

ある一つの世論調査では、緊縮財政に前向きなND党とPASOK党、いわゆるギリシャの伝統的な2大政党による連立政権が誕生するという結果が出ており、その際の議席数は(300議席中)過半数プラス11~16議席となっているようです。

65%の人達は、ギリシャの金融支援に対する交換条件の緩和を求める
54%は絶対にギリシャはユーロ圏から離脱する訳がない と信じている
82%の人は、ギリシャはユーロの継続使用を望んでいる

となっています。

とりあえず20年来の安値をヒットしたギリシャ・アテネ総合株価指数は今朝3%アップでオープン!


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2012/05/28 18:14 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

バンキア株28%下落

おはようございます 

スペイン政府に対し190億ユーロの資金支援を要請したバンキア銀行。それが理由で先週後半は同行株式の取引が停止されていました。

本日、同行の株価取引きが再開されたのですが、オープンからいきなり28%下落  で始まっています。

ドイツとスペインの国債利回り格差(イールド・スプレッド)も過去最高の505bpsに達しています 
ちなみに現在のスペイン10年債利回りは6.43%、イタリアは5.86%。それぞれ利回り上昇、価格下落しています。

欧州主要国の株価はプラスでオープン。これは週末行われたギリシャの世論調査で、緊縮財政策に前向きなND党の支持率がリードしたことを受けての反応と見られています。

英FTSE100 +0.9%
独DAX +1.17%
仏CAC +1.1%
となっています。

もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2012/05/28 16:42 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

前パパデモス首相発言

日曜日、ロンドン午後7時過ぎたところですが、PCの調子がおかしくてさっきからガタガタやっています 。 その間にオンラインのFT紙をチェックしていたら、ギリシャのパパデモス前首相の発言が記事になっていたので、ここでご紹介しますね。

*非常に厳しい財政状態 

同前首相の語ったところによると、6月17日の選挙で安定した政権が発足しない場合、ギリシャの財政は早ければ来月にでも破綻  する可能性があるそうです 

同国の財政事情は市場が想像しているよりもっと早い速度で悪化しており、政府の財源は6月上旬にはマイナスとなる可能性が出てきたとも書いてあります。どうしてここまで悪化してきたのかという点に関してですが、6月17日の選挙後の政局不安  ユーロ圏からの離脱の可能性が浮上  こんな時に税金が払えるか? と国民が納税を遅延させているようです。

それに加え、一部の報道では国民による銀行からの預金引き出しはだいぶ落ち着いたとされていますが、銀行へ預けておくより自宅に保管した方が安全であるという考え方には変化ない模様。

*短期国債発行か?

次の国債償還は8月までありませんので、同国は今すぐ国債入札をする必要はありません。しかし一国の財政がマイナスになる、特にこんな危険な時期にそうなることは許されないでしょうから、万が一の為も考えてギリシャが置かれた環境が好転するまで毎月40~50億ユーロ規模の短期国債の入札を実施し、国の財政をやりくりしていくべきだという意見も政府内から出てきはじめました。

*ベルギー副首相兼財務相の発言

ユーロ加盟国だけでなくEUに加盟している国々も、それぞれがギリシャ離脱に備えて緊急対応策を練っていることは誰もが知っています。しかしこの週末、ベルギーのレンダーズ副首相兼財務相は

「もしギリシャが離脱した場合、欧州全体を取りまとめて対策を生じる公的な機関が存在しない。それを考えれば、(一部の加盟国の)中央銀行や企業で緊急対応策を練っていないところがあるのなら、それはプロとしてとんでもない間違いをオ犯していることになる。」

と語っています 

ある邦銀の調査部が 「早ければ6月2日の週末にでもギリシャはユーロ圏離脱か?」というレポートを出しているようです。私は読んでいませんが、6月2日の週末って次の週末じゃん? 


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2012/05/28 07:13 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX (株)さんで 連載スタート 【PR】
Net Money
FXダイレクトプラス
2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
フィリップ証券さんで連載始めました
フィリップ証券さんで
月2回 コラム始めました。
ロンドン発 松崎美子の
FXマーケットレポート

フィリップ証券

岡三証券
株価指数取引には、是非!


相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ