fc2ブログ
2012 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312012 06

ドル円

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
[ 2012/05/23 23:05 ] 過去のパスワード必要記事 | TB(-) | CM(-)

ECB危機対応グループ結成

独ディー・ツァイト (Die Zeit) 紙によると、欧州中銀(ECB)はギリシャ債務危機問題の深刻化に備え、タスクフォース(任務部署)を設立した模様です。

そのフォースのトップに就いたのは、他でもない独アスムセンECB専務理事。

同紙によると、ECBは金融市場を取り巻く環境が悪化した際に、危機回避措置の発動に動くとされています。


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2012/05/23 22:29 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)

ギリシャのユーロ離脱に備える準備、正式要請

先ほどTwitterで呟いたのですが

ユンケル氏が議長を務めるユーログループ内で専門家により構成されるワーキンググループ〔作業部会〕はユーロ加盟国政府に対しギリシャ離脱の可能性に備えて対応策を練るよう要請⇒ロイター

続報が出たようですが、今週月曜日にワーキンググループが集まり、ギリシャ離脱の可能性に備えての対応策を練るよう、加盟各国政府にメモを配布した模様。
そこには何点かの『必要事項』が記されているようです。

協議離婚へ一歩前進か?



追記:
早速 フランスのオランド大統領は 「対応策を練るような要請は受けてない」と否定発言しています。
これを受けてユーロ上昇


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2012/05/23 22:03 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

46時間の戦い

ギリシャのKathimerini紙に載っている観測記事をご紹介します。

記事のタイトルはズバリ

Euro exit scenario gives Greece 46 hours to manage process
ユーロ離脱に与えられた時間はたった46時間 

というもの。



ここでいう46時間というのは「金曜日のNYマーケットが閉まってから月曜日の最初のマーケットがニュージーランドで開くまでの間」



この46時間の間にギリシャがやらなければならない事は山ほどあります。

・秩序ある(又は無秩序な)デフォルトの後始末
・新通貨の準備  新札が整うまで、旧ユーロ札にドラクマのスタンプを押す作業
・国境閉鎖  人とお金の流出を停止する
・銀行の営業停止  資本増強の用意
・国民による抗議デモの鎮静
・軍隊による治安維持

まだまだありますね 



それとは別に、もし本当に金曜日のNYマーケット終了後 (欧州大陸時間:金曜日午後23時くらい) に離脱を決定したとした場合、早ければ金曜日の夜中 遅くても翌日土曜日午前中には緊急ユーロ圏財務相会合を開催し、離脱過程/条件の合意が必要となるでしょう。



そして翌日曜日には緊急EUサミットが召集され、最終条件などを決定することになるでしょう



まぁ、そうは言ってもギリシャ離脱に関しては、加盟各国政府や中央銀行は’’それなりのプラン’’を立てていると思われます。 この過去記事の後半で書いた だけでなく、スウェーデン中央銀行副総裁も5月11日に「欧州の中央銀行はギリシャ離脱の可能性に関して意見交換をしており、その際にどのような対応をするかも協議している。」と語っていることからも判ります。



ギリシャの離脱によるドル資金不足が起きた場合は、2008年のリーマン・ショック時と同じように、米連銀・英中銀・日銀・スイス中銀がスワップ協定でドル資金の供給に動くでしょう。


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2012/05/23 21:14 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(1)

メルケル・オランド関係

本日夕方 (18:00GMT) に開催されるEU非公式サミット。

フランスのサルコジ大統領がいた当時は、必ずメルケル首相とサルコジ大統領の間でサミットの前に2人で話し合いを持ち、その日の会合の進め方を決定していたそうです。特にギリシャ危機  が表面化した2010年からは、この「事前の話し合い会合」が持たれなかったことはないそうです。

しかし、本日のサミット前にオランド大統領が選んだ「事前の話し合い」の相手は  スペインのラホイ首相

同首相はまずパリに飛び、オランド大統領と会談  その後一緒にブルッセルに飛ぶようです 



オランド大統領の誕生以来、ユーロ圏の政治的な関係が大きく修正されたような気がしてたまりません。



もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2012/05/23 20:15 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

ユーロ共同債に関するQ&A

本日のEU非公式サミットの席で話し合われる予定のユーロ共同債。これはドイツが強く反対しており、その代わりと言っては何ですが、’’欧州圏のインフラ整備事業を目的とし、EU内の国境を越えた交通・通信・エネルギー関連プロジェクト向けの資金調達手段として、EUの保証がついた『プロジェクト債』を試験的に導入する’’ことについて話し合うとされています。金額は2億3,000万ユーロ、期間は2013年末まで  当初は2015年末まで導入される予定だったようですが、ドイツ・フィンランド・オランダなどの反対があり、2013年末で再度導入延長を協議することになったようです。

先ほど英ガーディアン紙を読んでいたら、『ユーロ共同債』についてのQ&Aが出ており、非常に判りやすく書かれていたので、ここでご紹介します。

Q: どうして最近突然『ユーロ共同債』という言葉を口にするようになったのですか?

A: ユーロ加盟国が一緒になって資金調達に動くという構想は既に1年前からありました。しかしフランスの大統領選で当選したオランド新大統領が「水曜日の非公式EUサミットの席で、ユーロ圏債務危機問題の解決策のひとつとして『ユーロ共同債の導入』を推し進めたい」と発言して以来、注目  を浴び始めました。

Q: ユーロ共同債とはどういうものなのですか?

A: 集団として発行する債券です。現在に至るまで、一部のユーロ加盟国は自国の国債利回りが高騰  し、高金利での資金調達は無理となり  (市場からの資金調達の) 道を絶たれています。

そこで出てきた案として、例えば欧州委員会がユーロ加盟国全体の代わりとなって国債を発行した場合、借り入れコスト(=国債利回り)は相当低くなる筈です。その理由はスペインやイタリアが個別で国債を発行するよりも、投資家にとっては欧州委員会の『保証』の方が安全性が高まるからです。アナリストの試算によると、ポルトガルを例に取りユーロ共同債を導入しそこから資金調達した場合には、利払いに必要な金額が現在よりも最大150億ユーロ (GDPの9%) 節約出来る  ことになるそうです。

それ以外の点としては、ギリシャの返済が必要な債務をユーロ共同債へ転換し、ユーロ加盟国全体が(ギリシャの代わりに)支払うということも可能となります。 

これを導入するという決意は、ユーロ圏の強い決断を示すことなり、格付け会社が安易に加盟国の格下げに動くことを阻止することにも繋がるでしょう。

現在のところ、イタリアのモンティ首相、OECD、IMF そして欧州中銀(ECB)もこの案に賛成を表明しています。

Q: なんだか素晴らしい構想に聞こえますが、どうして導入に踏み切らないのですか 

A: この構想はギリシャにとっては非常にありがたいものになりますが、ドイツが考えている ’’ユーロ圏危機対策’’ の内容とは大きく食い違います。集団でひとつの債券を発行するとなれば、加盟各国それぞれの財政再建に向ける努力が曖昧  になりやすい欠点を持っているだけでなく、モラルハザード  という問題にも直面します。ここでいうモラルハザードの内容は、一部の加盟国がユーロ共同債導入により安い金利で資金調達が可能となるだけでなく、自国の赤字はドイツなどの北欧州の国に支払ってもらえば済むと考えだすかもしれません。

それに加え、ドイツ側にすれば現在同国が支払っている国債利回りよりユーロ共同債の利回りの方がずっと高くなるでしょうから、余分な財政支出が生じます。アナリストの試算では、ドイツは1年で500億ユーロの追加利払いが発生し、この金額はGDPの2%に値します。

Q: 100歩譲ってドイツがユーロ共同債導入に賛成したとしたら、それでユーロ圏の債務危機は完全に解決されるのでしょうか?

A: いいえ、市場の混乱を最小限にし、スペインやイタリアなど一部の加盟国の財政赤字問題の短期的な解決に1歩近づきますが、ユーロ共同債を導入することは加盟国の財政赤字の削減とは何も関係ありません。

Q: ここからのユーロ圏首脳の間での決定事は?

A: それを予見することは不可能です。ただし先週ワシントンで開催されたG8会合の席で、ユーロ共同債導入に対するメルケル独首相の反対姿勢が若干緩和したとも伝えられています。ただし市場がこの構想導入を強制するような厳しい環境にならない限り、本日のサミットでは決定的な解決策は出てこないと思われます。

Q: そうなるとユーロ共同債導入のチャンスは?

メルケル首相とショイブレ財務相は繰り返し(ユーロ共同債導入に対し)反対を表明してきました。しかし本日のサミットの席ではオランド仏大統領やMoscovici仏財務相、モンティ伊首相などが賛成票を投じることが予想されます。


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2012/05/23 19:03 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

SMP再開要請?

おはようございます 

今朝のスペイン全国紙: エル・ムンド(El Mundo)が伝えたところによると、

同国ラホイ首相は欧州中銀(ECB)に対して、加盟国の国債買い支えプログラム(SMP)の再開を要請   スペイン国債の買い支えを御願い  するようだ という観測記事が載っているそうです。

それによると、ラホイ首相はスペインだけでなくユーロ圏全体の安定を維持するためにも、SMPが必要になってきたと語っている模様。

市場参加者の間のコンセンサスとしては、加盟国の国債利回りが6.5%を越えて ’’金融支援要請のベンチマーク’’  とされている7%に近づいてきたらECBがSMPを実施して加盟国の国債利回りの低下を狙うと見られています。

ちなみにスペイン10年債利回りは、昨日6.33%まで行った後、6.13%台へ低下
ただし5月8日以降、利回りは6%台で定着してきているので、ここからの上昇は心配  です。



もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2012/05/23 17:37 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX (株)さんで 連載スタート 【PR】
Net Money
FXダイレクトプラス
2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
フィリップ証券さんで連載始めました
フィリップ証券さんで
月2回 コラム始めました。
ロンドン発 松崎美子の
FXマーケットレポート

フィリップ証券

岡三証券
株価指数取引には、是非!


相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ