fc2ブログ
2012 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312012 06
月別アーカイブ  [ 2012年05月 ] 

≪ 前月 |  2012年05月  | 翌月 ≫

アイルランド、ユーロ離脱の危険性

なんだか、次から次へと不安な材料  が出てきます。

本日の英ガーディアン紙に載っている記事ですが、タイトルは

『Irish referendum no to EU treaty will prompt euro exit, business leaders warn』
アイルランドのビジネストップ達は「アイルランドの国民投票でNOが出た場合、アイルランドのユーロ離脱というシナリオに近づくであろう」と警告



読んでみると、ビジネス界のトップ達が心配していることは、NOに投票する国民はそれが同国のユーロ離脱に繋がる危険性があることを果たしてどこまで理解しているのか?という点。

それゆえ、YESに投票することが同国の将来の安定には不可欠であるだけでなく、アイルランドの企業も’’将来の安定抜き’’では自信をもった投資が出来ず成長をストップされてしまう  としています。



その中でも最大の心配事は この記事 でも書きましたが、YESと投票しない限りアイルランドは追加金融支援要請の道を閉ざされてしまうこと 



よりによってギリシャ情勢がここまで悪化した時に国民投票を実施することになったアイルランド、どのような結果が出るのか?更なるユーロ危機の悪化となるのか?心配です 

もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2012/05/16 21:11 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

ギリシャ、2回目の投票日:6月17日に決定

たった今、ギリシャの国営放送で「2回目投票日: 6月17日に決定」 と発表されたようです。

その結果が出るまで暫定政権がおかれ、 この記事の一番最後のところに書いた人が臨時総裁 となる予定

取り急ぎ更新します!


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2012/05/16 20:29 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

キング総裁記者会見・ポンド下落中

ずっとキング総裁の記者会見を聞いているのですが、ここでも英中銀と政府の間で『ギリシャ危機 (この場合、ギリシャのユーロ離脱という意味だと思います)、そしてユーロ分裂(崩壊) に備えた対策を話し合っている』と語っています。 

過去記事でも書きましたが、この国はスペインへの移住者が非常に多いため、ギリシャ危機の飛び火がスペインに移った場合、移住している英国民を保護しなければいけないという意識が非常に高いのです。そのため、現政権はかなり早い時期から『万が一』に備えた準備を怠っていませんでした。ここに来てそれが幸いするのかもしれません。

現在キング総裁は記者団からの質問に答えています。
何かあればまた追記します。

とりあえず、英中銀は英国の2012年GDP予想を当初の1.2%から0.8%へと下方修正  しかしインフレ率(CPI)は依然として中銀ターゲットの2%を上廻るレベルで推移する という内容となっています

QE2増額の可能性がまだ残るため、ポンド下落中

追記:
キングさんの発言

・If there were to be major developments in euro zone, BOE would have to respond in many ways, not just QE
ユーロ圏で何か新たな展開があれば、英中銀はQE(量的緩和策)だけでなく別の方法で答えなければならなくなるであろう (ここでは特に『別の方法』が何であるか?については触れていません)

・the most depressing thing about the crisis is that politicians keep treating the crisis as a liquidity problem, when the real crisis is about solvency. Just kicking the can around will not solve the problem.
最大の悩みの種は、政治家達は今回の危機は「流動性危機」ととらえている点かもしれない。この危機の本来の姿は「銀行や国家の支払能力の欠如」である。ただただ問題について語りあるだけでは何の解決にも繋がらない

・The eurozone is "tearing itself apart". The ECB has not addressed the fundamental problems, although it has acted "heroically". The problem is the imbalances between north and south which need to be tackled.
ユーロ圏は自分達の手で「統合」自体を引き裂いている。欧州中央銀行は毅然とした態度で迅速な行動を取ったが、根本的な問題の処理には当たっていない。ここでの問題とは、欧州の北と南の不均衡であり、その是正が望まれる

・the Bank of England expects the Jubilee bank holiday weekend to cut growth by "more than 0.4pc" in the second quarter but that the Olympics will "more than" make up for this in the third quarter. Growth will then weaken again in the final three months of the year
エリザベス女王即位60周年記念式典にからむ臨時の国民祝日は、2012年第2四半期のGDPを-0.4%引き下げる要因となり得る。ただし、第3四半期にはオリンピック需要効果が波及し、第2四半期の休日によるマイナス部分を相殺する以上の効果が出るであろう。そして第4四半期の景気はまた落ち込む可能性が考えられる


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2012/05/16 19:25 ] 英中央銀行 | TB(-) | CM(0)

英中銀四半期インフレーション・レポートまであと20分

おはようございます 

あと20分で英中銀インフレ・レポートが発表されます。

英国も、ユーロ圏同様『成長重視の現実的な路線』への転換を迫られるのか?それとも中央銀行としての金融政策の目的である『物価安定の維持』を重視するのか?

これは英金融街:シティーの中でも、見方が分かれています。

ですので今回のレポート内容が
1)景気重視  QE2増額の可能性を残す  ポンド売り
2)物価安定の維持を重視  QE2の(一時的な)中止  ポンド買い

となると思います。
ジェットコースター相場  になる可能性もありますので、お気をつけ下さい

もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2012/05/16 18:08 ] 英中央銀行 | TB(-) | CM(0)

ユーロ

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
[ 2012/05/16 12:03 ] 過去のパスワード必要記事 | TB(-) | CM(-)

ロンドン午後のマーケット

今 ロンドン時間夜8時30分を過ぎたところです。先ほどジムから戻り、豚の角煮を煮込みながらこれを書いています。
なんだか更にユーロが売り込まれていますが、何があったのか調べてみました。時系列に書きますね 

*ラガルドIMF専務理事発言

フランスのテレビ・インタビューで、「ギリシャはユーロ圏を離脱する可能性があると思いますか?」との質問に対し、「そうした事態にならないよう心から願っていますが、IMFとしては’’どのような事態’’にも対応できるよう、技術的な準備をしておく必要があるでしょう。欧州中銀(ECB)はユーロ圏の景気回復を手助けるためにも、政策金利の引き下げなどの政策変更余地が残されています。」  と語ったようです。これを受けてユーロ急落 

*スペイン、イタリア国債利回り上昇 

欧州市場が閉まった時点での10年債利回りは、スペイン 6.36%、イタリア  6.02%となり、とうとうスペインだけでなくイタリアまでもが6%台へ突入  する事態となってしまいました 

*オランド大統領機、落雷に遭う

独メルケル首相との初会談を行う為、パリからベルリンに向け飛び立った大統領機が飛行途中に落雷  に遭い、慌ててパリに戻るというアクシデント  がありました。パリで別の飛行機に乗り換え、再びベルリンへ向かった同大統領ですが、今日は大統領宣誓式後に訪れた凱旋門にある無名戦士の墓では豪雨にあい、あまり幸先のよい出だしとはなっていません。

ずぶ濡れのオランド大統領

*ギリシャ、2回目投票へ

明日水曜日の午前中にも、ギリシャの2回目投票の日程が発表されるようです。現在のところ、6月10日又は17日が有力



ここで気になるのは 「選挙が終わり新政権が発足するまでの暫定政権で、一体誰が ’’首相’’ となるのか?」です。



これも明日決定  水曜日現地時間午後1時より大統領官邸で各党首が集まり決定される模様です。



下馬評によると、国家評議会のPikrammenos会長が現在の最有力候補とか 


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2012/05/16 07:15 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

ギリシャ、来月の選挙決定か?

たった今、入ってきたニュースですが、本日も連立政権 又は テクノクラット政権発足に向け、最後の調整に入っていたパプリアス大統領と各党の党首達ですが、どうやら何も合意できず協議は失敗に終わったようです 

これを受けて、ユーロは更に下落


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2012/05/15 22:12 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

スウェーデン財務相発言

昨日に続き本日もEU財務相会合が開催されます。先ほどから会場に入る各国の財務相が、入り口で一口インタビューを受けているようですが、そこでスウェーデンのボーグ財務相がギリシャに関する発言をし、ユーロ売りのきっかけとなりました。

スウェーデンは英国同様、ユーロを使用していませんが、ボーグ財務相は「ギリシャに関する欧州からの対応は行き詰まってきている(既に限界に達している)。ギリシャはユーロに留まるかどうか真剣に考えなければならない。」

この手の『ギリシャ離脱』に関する発言は何度も出ていますが、今のところ全てユーロに加盟している国からのものばかりとなっていたので、少し驚きの反応でしょうか?



もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2012/05/15 21:43 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

有料購読、パスワード変更のお知らせ

いつもご購読ありがとうございます。

パスワード変更のメイルを送らせて頂きました。
ご確認下さい。

不都合なことがございましたら、ご連絡頂けると助かります。

ありがとうございます 
[ 2012/05/15 20:11 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

リセッションを免れたユーロ圏

何かとイベントが多い本日ですが、先ほどからユーロ圏加盟各国そしてユーロ圏そのものの2012年第1四半期GDPが発表されています。

*頑張った  トリプルA格付け国

オランダを除くほとんどのトリプルA格付け国 (見通しはネガティブ・安定的両方) はプラス成長を遂げています。

(数字はフィンランド・キプロス・ギリシャ以外、全て前期比)
・ドイツ +0.5% 
・フランス 0% 
・オーストリア +0.2% 
・フィンランド +2.4% (前年比)

・ポルトガル -0.1%
・オランダ -0.2%  3期連続マイナス成長 
・スペイン -0.3%
・イタリア -0.8%
・キプロス -1.5% (前年比)
・ギリシャ -6.2% (前年比) 

ユーロ圏GDP 2012Q1

このチャートはリーマン・ショックが起こった2008年のGDPを 『100』 として、現在までのGDP推移を表したものです。
赤線はドイツグレーはフランス緑線はユーロ圏全体オレンジ線はスペイン そして水色線はイタリアとなっています。

追加: 紫線は米国薄い黒線は英国

私てっきりスペインが最下位かと思っていたら 、イタリアの方が深刻なんですね   このチャートでは、リーマン・ショック以前の経済規模に戻ったのはドイツだけ 


ちなみにユーロ圏全体の2012年第1四半期GDPは、0% となり2011年Q4 -0.3%から改善  し、首の皮一枚でリセッションを免れました 

もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2012/05/15 18:29 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

オランド新大統領宣誓式

本日はオランド仏新大統領の宣誓式が行われます。

伝統的な宣誓式の内容としては、現大統領がエリゼ宮の階段で次期大統領を迎えた後に両大統領が会談。
儀礼慣習の専門家によると、この会談は通常30分ほど行われ、その際に「核のボタン」の引継ぎなどの国家機密の伝達を含めた権限の移譲が行われるようです。

すでにエリゼ宮に到着し、階段で握手を終えた2人。

サルコジ・ヒール

両者の会談後、宣誓式はエリゼ宮の祝典の間で執り行われる模様。憲法裁判所長官が、大統領選挙の結果を読み上げ、オランド氏は大統領職就任に関する文書に署名  フランスの最高権力のシンボルであるレジオンドヌール勲章が授与  オランド氏は新大統領として演説に立つ  新大統領は、凱旋門のもとにある無名戦士の墓に向かい、そこで敬意を表したあとパリの中心街をパレード    ベルリンに飛び  メルケル首相と初顔合わせをする

こんなスケジュールのようです。

ドイツ政府からは既に昨日のうちに、本日のメルケル首相とオランド大統領との会談では『特に大きな決断を下すようなことはない。本日は両者の初顔合わせに終始する』と語っていました。


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2012/05/15 18:03 ] 政治 | TB(-) | CM(0)

Grexit

昨日、ギリシャのパプリアス大統領は挙国一致内閣樹立に向けて、2大政党:ND党首、PASOK党首と先週の総選挙で一番票を集めた急進左翼連合(SYRIZA)の党首を招集しましたが、EU/IMFなどからの救済資金の見返りに義務付けられている緊縮策に反対しているSYRIZA党と、救済支援を受け取るためには緊縮財政政策の断行はやむを得ないと割り切っているND党やPASOK党との意見の調整はつかず泣き別れに終わりました。

ギリシャ 3者会談

*新しい展開

本日もパプリアス大統領は各党の党首を招集すると発表しましたが、SYRIZA党首は欠席すると発表しました。
しかしつい30分ほど前に、同党首は突然パプリアス大統領に対し、極右政党:黄金の夜明け (Golden Dawn)を除く全ての党首を招集するよう要請したと報道されています。

現在わかっているのは、同大統領のもとに党首達が集まるのは現地時間今夜7時30分となっていることだけ... 

土壇場での連立政権誕生となるのでしょうか?その場合、急遽組閣作業が開始され、5月17日に議会が召集される予定となっています。

*"Grexit" (Greek exit ギリシャ離脱)

以前までは口にすることもタブーとされていたギリシャのユーロ離脱。
しかしここに来てECB理事をはじめとする欧州の当局者数名の口から「財政規律順守が出来なければユーロ離脱も止む無し」と受け取れる発言が続いています。

アテネ総合指数

これはアテネ総合株価指数のチャートです。先ほどとうとう600のラインを下抜けし22年来の安値更新  となっています。

この動きは独ショイブレ財務相が  「Greece is better off in the euro. The Greeks are in a "dreadfully difficult situation", and that if the country has its own currency it would be devalued. ギリシャはユーロ圏に留まった方が結果としては良い筈だ。(ただし)現在同国民は非常に厳しい局面に立たされており、ギリシャがユーロを離脱して自国通貨を使用すれば、通貨の切り下げが出来るようになる。」
と語ったことを受けてのようです。


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2012/05/14 19:24 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

ユーロ加盟国の国債利回り格差拡大

この週末はユーロ加盟各国で大規模な抗議スト  が次々と繰り広げられました。
いちいち写真は貼りませんが、スペインでは全国9都市で政府の緊縮財政政策・失業率上昇に反対するデモが土曜日から始まり本日月曜日も続いているそうです。
イタリアでは税金に関する抗議デモだったらしく、大都市の税務局の前でそれぞれ警備隊と市民の衝突が繰り広げられていました。

*先が見えないユーロ圏

本日は欧州市場開始と同時に、株・債券・通貨全てが売り込まれ『トリプル安相場』  の展開となっています。

スペイン10年債利回りは6.21%まで上昇してしまい、ドイツの10年債との利回り格差(イールド・スプレッド)はユーロ誕生以来最悪のレベル 477bpsまで拡大 

イタリア10年債利回りは5.8%まで上昇



株式市場では銀行株の下落が目立ちます。
スペイン、イタリアだけでなく、イギリスの銀行株も4%台の下落を更新中
当然株価指数も軒並み下落しています。

*スペイン、イタリア入札

こんな最悪の状況の中で、本日はスペイン短期債とイタリア国債の入札があります。

スペインの結果は既に発表されていますが、利回りは上昇  応答倍率は低下というダブル・パンチ状態  しかし入札予定額はとりあえず埋まりました。

イタリアの結果はあと15~30分で出る予定となっています。


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2012/05/14 18:06 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

フィッチからの警告

外で立ち話をしているうちに、格付け大手:フィッチがギリシャに関する警告 を出していました 

*ユーロ加盟国全体に対する影響

1)ギリシャが新政権樹立に失敗し、来月あらためて投票 
2)総選挙後の政治不安がきっかけとなり、経済・政治・財政全てが不安定になる 

これらを受けてギリシャがユーロ圏を離脱する場合、フィッチは全てのユーロ加盟国の格付け見通しを「ネガティブ」とする

既に見通しが「ネガティブ」となっている国は、即刻格下げ となる危険性が高まる

現在見通しが「ネガティブ」となっている国は

キプロス、フランス、アイルランド、イタリア、ポルトガル、スペイン、スロベニア、ベルギー

ギリシャ飛び火

*スペインCDS高騰 

ギリシャが離脱したら他のPIGS各国が飛び火の悪影響を真っ向から被ると思っていましたが、こういう形でユーロ圏全体に悪影響が及ぼされるとは....

スペインCDS

今週に入り国内銀行4位のバンキアの一部国有化を決定したスペインですが、本日になってラホイ首相は国内銀行の不良債権処理を加速する総合対策をまとめ、その一環として新たに350億ユーロ規模の引当金を積むよう要請しました。この発表を受け、スペインに対するCDS は昨年11月の高値を軽く抜いて524bpsまで高騰  しています。

2番目のチャートはスペインとドイツ10年国債の利回り格差(イールド・スプレッド)ですが、これはまだ昨年11月の高値:468.60を若干下回っていますが、時間の問題かもしれません。

もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!
(クリックすると拡大します)

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2012/05/11 23:46 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

EU春季経済見通し

先ほどからEU(欧州委員会)が春季経済見通しを発表しています。

EU春季経済見通し

もう全容が発表されたのかな?よく判りませんが 、出た内容からご紹介します。

*GDP

(最初の数字は2012年予想、2番目は2013年予想)

スペイン -1.8%  -0.3%
ポルトガル -3.3%  +0.3%  エライ楽観的な数字
ギリシャ -4.7%  0%  エライ楽観的な数字
フランス +0.5%  +1.3%
イタリア -1.4%  +0.4%
ドイツ +0.7%  +1.7%
オランダ -0.9%  +0.7%
アイルランド +0.5%  +1.9%
ポーランド +2.7%  +2.6%
英国 +0.5%  +1.7%

ユーロ圏全体 -0.3%  +1.0%  エライ楽観的な数字
EU全体 0%  +1.3%

*2012年度の財政赤字対GDP比

(最初の数字は2月の予想、2番目の数字は今回の予想、3番目は来年の予想)

スペイン 5.9%  6.4%  6.3%  (2012年政府のターゲット: 5.3% 
ポルトガル 4.5%  4.7%  3.1%
ギリシャ 7%  7.3%  8.4%
イタリア 2.3%  2%  1.1% 
フランス 5.3%  4.5%  4.2%
ドイツ 1%  0.9%  0.7%

EU全体の財政赤字対GDP比 2011年度 4.1%  2012年 3.2%  2013年 2.9%

100000000000038800000610DEAB04FF.jpg
(2回クリックすると拡大します)


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2012/05/11 19:26 ] 経済 | TB(-) | CM(0)

中国SWFからの発表

ファンド規模・世界第2位の ノルウェーの政府系ファンド(SWF) がユーロ圏加盟国の国債保有を削減しているというニュースに続き、今度は世界第5位である中国の政府系ファンド(SWF)である中国投資(CIC)が欧大陸諸国の経済的な混乱を理由に、欧州各国の国債の購入停止  を発表しました。

中国と日本はEFSF債も含め欧州国債への最大の投資国でした。今回の中国の発表を受け、果たして日本のスタンスに変化が起こるのか?注目  したいです。


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2012/05/11 18:51 ] 政府系投資ファンド(SWF) | TB(-) | CM(0)

ギリシャの最新世論調査

日曜日の総選挙以来、初めての世論調査結果が出ましたので、ご紹介します。

(最初の数字が総選挙時の得票率、2番目の数字が今回の世論調査での支持率)

伝統的なギリシャの2大政党
中道左派: 全ギリシャ社会運動 (PASOK) 13.1%  12.6% 
中道右派:新民主主義党 (ND)  18.8%  20.3%

それ以外の主な政党
左翼: ギリシャ共産党 (KKE) 8.48%  7%
左派: 急進左翼連合 (SYRIZA) 16.78%  27.7% 
極右: 黄金の夜明け (Golden Dawn) 6.97%  5.7%
右派: Independent Greeks 10.60%  10.2%
左派: 民主左派党 (Democratic Left) 6.1%  4.9%



この結果を議席数に直すと?

(最初の数字が総選挙時、2番目の数字が今回の世論調査時)

伝統的なギリシャの2大政党
中道左派: 全ギリシャ社会運動 (PASOK)  41議席  36議席
中道右派:新民主主義党 (ND)  108議席  57議席

それ以外の主な政党
左翼: ギリシャ共産党 (KKE) 26議席  20議席
左派: 急進左翼連合 (SYRIZA) 52議席  128議席 
極右: 黄金の夜明け (Golden Dawn) 21議席  16議席
右派: Independent Greeks 33議席  29議席
左派: 民主左派党 (Democratic Left) 19議席  14議席


*本日のギリシャ

PASOK党首の元財務相:ベニゼロス氏が、うまくいけば連立政権を組めるかもしれない!という期待が高まっています。
昨日左派:民主左派党の党首が「(融資を得るための)合意を放棄せよとする(SYRIZA)の主張は国の破たんとユーロ圏からの離脱につながる」と今まで友好関係にあったSYRIZA党に反対姿勢を鮮明に打ち出したことがきっかけとなり、全政党による連立を樹立する可能性が浮上してきたという訳です。

まだまだ予断を許しませんが、とりあえず成り行きを見守ってみましょう。

しかしギリシャの有権者ってどういう人達なんだい .... 
ユーロ圏に残ることを望みながら、選挙では『反緊縮政策を取る政党』に票を入れる。
ダメだぜ、これじゃ.... いいとこ取りはアカンでぇ~

もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2012/05/11 18:34 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

ギリシャ関連

フランスのフィガロ紙がギリシャのユーロ圏離脱に関する記事を載せています。

内容は

もし反緊縮財政政策を支持する政党が政権を握れば、ギリシャは早ければ6月末までに破綻するというもの 

某欧州系銀行の調査によると、2010年の債務危機勃発から現在に至るまでに同国が手にした融資額は1,430億ユーロ。これ以外にも民間投資家が被った損害、ECBが買い支えた同国の国債など、合計したら5,000億ユーロは優に超えることは間違いないでしょう。

しかしそれだけ膨大な資金が直接・間接的に同国の財政支援に使われたにもかかわらう、この記事 でも書きましたが、本日同国へ手渡される支援金は10億ユーロ少なくなっており、公務員給与や年金支払金をどこから捻出するのか判らない状態 

格付け会社:フィッチは、週末の総選挙の結果を受けて
「ギリシャは 1)ユーロ圏に残ると同国の経済回復に支障をきたす 2)欧州が (金融支援金支払の交換条件として) 課した事項を順守できない 3)反緊縮財政支持政党が政権に就く などという状況になれば、ユーロ圏に属さないという選択が可能であろう。」

と語っています。

そしてその可能性(ユーロ離脱)として
欧州系の銀行は15%程度としていますが、米系銀行は50~75%という見通しを立てていますね。

個人的には、EUやIMFはギリシャに救済の手を差し伸べる用意はあると思うんですよ。これ以上、スペインやイタリアへの飛び火 を防ぐためにも...

ただし、ギリシャが「赤字削減は出来ない、でもお金は貸して欲しい」なんていう自分勝手なことを要求し続ける以上、救済資金の支払停止は当然だと思います。

最終的には2回目の投票が行われるとしたら、その時にはギリシャの有権者は非常に重い責任を背負っての投票となることを嫌というほど自覚して欲しいなって思います。果たして有権者は反緊縮財政策を支持する政党が政権を取ったら、どれだけ暗い将来が待っているのか?自覚してるのでしょうかね?その辺、よく判らないなぁ~ 

現在はっきりしているのは、無政府状態・政局不安・景気の更なる悪化懸念・デフォルト懸念・ユーロ離脱の可能性  という考えられる最悪の事態が全て現実となってしまったこと 

来週火曜日には、4億ユーロ規模の国債償還があります。その資金をどこから捻出するのか?残された時間はあまりありません。

追記:

来週月曜日、EUサミットが開催される運びとなったようです。
話し合われる内容は

1)ギリシャ関連
2)スペインの金融セクター問題
3)オランダの政権崩壊後について
4)アイルランドとポルトガル金融支援について


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2012/05/10 23:50 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(2)

ユーロ圏に関するアンケート結果

つい先ほど発表があったのですが、英賭け屋大手:Ladbrokes社 (英国で2番目に大きい賭け屋) は 「ギリシャがユーロ圏を離脱する」という賭けを正式にキャンセル  するそうです。その理由は、あまりにも多くの人がこの賭けに殺到したから 
他の賭け屋では現在も普通にこの賭けが出来るようですのでご心配なく。

ところで、ブルーンバーグが行った1,253人の投資家を対象としたアンケート結果が出たのでご紹介しますね。

*ユーロ圏関連のアンケート結果

・57% 少なくとも1ヶ国が年末までにユーロから離脱すると思う 

・80% 欧州の国債市場が多大な打撃を受ける

・57% ユーロ加盟国数の減少  (昨年のアンケート時は11%)

・55% ユーロ圏の政治・経済・財政危機が世界景気を後退させるリスクとなる 

・84% ユーロ圏の経済状況はますます悪化する

・30% 緊縮財政政策がこの債務危機を解決する上で最高の手段だと思う

・94% ギリシャはデフォルトする 

・47% スペインはデフォルトする 

・63% ポルトガルは国債償還の資金が不足し、新たな金融支援を要請することになる

・25% アイルランドは国債償還の資金が不足し、新たな金融支援を要請することになる

・71% オランド大統領誕生により、フランス国債への投資意欲が減退した

・60% オランド氏の大統領就任を快く思わない

・ユーロ債務危機問題の解決が出来ない理由
35% ユーロ圏加盟国間に於ける政治的協力体制が欠けている
30% 経済成長率があまりにも低い
28% 加盟各国の財政状態があまりにも悪い

・ユーロの将来
83% 年内にユーロが崩壊することは、ない 
66% ユーロ圏の金融業界のメルトダウンは年内起こらない

・トップに対する評価
65% ドラギECB総裁を評価する
60% ラガルドIMF専務理事を評価する


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2012/05/10 19:44 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

英中銀MPC

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
[ 2012/05/10 18:50 ] 過去のパスワード必要記事 | TB(-) | CM(-)

注目される英中銀金融政策理事会の発表

本日ロンドン時間昼12時(あと90分弱)に英中銀より政策金利と資産買取プログラム(QE2)の発表があります。

今月は2月に500億ポンド増額されたQE2の期限が切れる月ですので、1)更なる増額が発表されるか?  QE2の継続 2)QE2を一旦休止するか? いずれかの発表を控えており、ポンドが動くきっかけとなりますので、要注意です。

*ロイター社のアンケート結果

58名のエコノミストのうち、5名がQE2増額予想

*MNI社のアンケート結果

34名中、7名がQE2増額予想

3割のエコノミストは、年内にQE2再開を予想

続きは有料記事で書かせていただきます。

もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2012/05/10 18:35 ] 英中央銀行 | TB(-) | CM(0)

ギリシャへの金融支援

欧州金融安定ファシリティー(EFSF)の理事会が昨日の午後ずっと開催されていました。そこでは本日木曜日にギリシャ向けに支払う予定となっている52億ユーロの支払の是非に関して話し合いが行われていました。

この52億ユーロという金額は、同国向けの第1回目支援金: 394億ユーロの一部。

*2回に分けて支払い

昨日の会合で決定した内容は、
1)42億ユーロを本日木曜日にギリシャの特別勘定へ支払う
2)残り10億ユーロはギリシャの必要性に応じ6月末までに支払う

1)の42億ユーロのほとんどは、同国の借入金の返済に充てるため、最終的にその資金はまたヨーロッパに戻ってくるという形になり、ギリシャ政府の手元には残りません。

来月に控えた公務員給与や年金支払金をどのように捻出するのか?少し心配ですね 

*総選挙の結果

この総選挙の結果、各党の議席数はどのようになっているのですか? という質問を読者の方から頂きました。
ギリシャ議席数

緊縮財政を推し進めているND党とPASOK党両方の議席数を合計すると、過半数獲得までにあと2議席足りない  のがわかります。たった2議席なら、他の緊縮財政賛成派の党と連立を組めばいいのに...  と思うのですが、そういう政党は緊縮財政には賛成だがそれ以外にあまりにも偏った選挙公約を掲げていたりするようです。

市場では第二回目の投票日として、6月10日又は17日をあげています。

もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2012/05/10 18:06 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

ルビーニ教授のインタビュー

昨日のCNBCテレビでインタビューです。
同氏によると、3年以内にスペインもユーロ圏から離脱する可能性を説いていますね。

簡単にまとめると
スペイン、市場から資金調達が困難となる  金融支援を要請する  金融支援の金額が少なすぎるなどの理由で支援だけで困難を切り抜けられなくなる  (ギリシャ同様)既発債の債務再編の必要性に迫られる  最終的にユーロ圏から離脱する 

インタビューを聞いていたら、離脱する可能性があるのはスペインだけでなく、ポルトガル・キプロス・アイルランド・イタリアの名前も挙がっていました。しかしスペインとイタリアが抜けたらユーロの意味がないよね。完全に形が変わった『ユーロ』ということになってしまいます 












なんだか判らないのですが、画面の上にやけにスペースが空いてしまいました 
もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2012/05/10 17:23 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

スペイン独・イールド格差拡大

スペインとドイツの10年物国債イールド・スプレッドが拡大してま~す 

スペイン独イールドスプレッド

このチャートの点々は昨日の終値
現在 4.50%を越えるところまで来ています。
昨年11月、ギリシャのデフォルト懸念が起きた時点で両国のスプレッドは4.72%まで拡大しましたが、だんだんそれに近づいて来ちゃいました 

4.50%に達した時点でユーロ売り  が炸裂 

私はこんな大事な時に病院の予約があるので  これから行って来ます 

もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2012/05/09 21:24 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

ノルウェー政府年金基金からの発表

この記事でも紹介しましたが ノルウェーの政府年金基金(SWF)が新たな発表をしました。 (この発表は数日前にされたものですが、あまりにギリシャ関連の報道が多くてこんなに遅れてしまいました  )

「同ファンドは保有していたアイルランドとポルトガル国債全てを2011年末までに売却済み。
スペインとイタリア国債に関しては現在保有残高を減少している最中である。」という内容

同ファンドの運用資産は6,000億ドル以上、欧州圏全体の発行株式の2%を保有しており、ファンドの運用資産のうち約4割を国債で運用しているとされています。

*ギリシャ債務交換

今年3月に実施された民間投資家とギリシャ政府の間で交された債務交換に応じることを拒否したノルウェーの政府系ファンド。この出来事をきっかけにユーロ圏の国債保有を減らしているそうです。

同ファンドがどうして債務交換をきっかけに国債保有を減少することにしたか?ですが

1) 欧州中銀や他の中央銀行が債務交換の対象外となった点

2) 集団行動条項(CACs) を盛り込んだ点

以上2点を挙げています。

これらの動きにより、同ファンドが保有するユーロ圏加盟国の国債保有率は60%  40%へ減少

その資金を使い、ブラジル・メキシコ・インド・韓国・インドネシア そして米国の国債を購入したそうです。


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2012/05/09 20:42 ] 政府系投資ファンド(SWF) | TB(-) | CM(0)

ギリシャ速報

たった今聞いたことですが、第2党のツィプラス党首は本日バロッソEU委員長、ヴァン・ロンプイEU大統領、そしてドラギECB総裁それぞれに対し書簡を送る  そうです。

*書簡の中身

あくまでも憶測ですが、「ギリシャが過去に受けた支援金の交換条件は無効であり、欧州の手によりギリシャは投獄の身となった」と書かれているとか   よくワカラン奴だね、こいつは、ホントに.... 

たぶんこのオッサンの言いたいことは、支援金受け取りの交換条件として、公務員カットとか年金受給年齢の遅延などを押し付けられたが、これはあまりにも不公平でギリシャの国家主権を奪われたと訴えているのだと思います。

しかし国家破綻を目前にして何百・何千億ユーロという資金を何の条件もなく貸し付けるアホがどこにいるでしょうか?
下手すれば返って来ないお金ですよ、これは

*5つの条件

ツィプラス党首が送った書簡に書かれている5つのポイント

1)支援金の条件を無効とする  特に給与と年金受給額のカット
2)労働者保護法案で無効となったものを復活させる
3)民主主義と社会的な公平を徹底する
4)ギリシャの金融システムに関する調査の徹底
5)ギリシャ債務の悪化の原因を追求する調査機関の設定と、債務返済の一時中止

ほんとに勝手にしろ!と思いますが、これが他のユーロ加盟国へ飛び火  するだけでなく、世界的な株価下落や金融システム不安を併発するだけに、アホとばかり言ってられません。

既に昨日の株価下落を受け、米国でもQE3の可能性が囁かれ始めました 


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2012/05/09 19:05 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

エリザベス女王演説

本日ロンドン時間午前11時30分 (あと1時間) より、エリザベス女王の演説があります。

これは英国議会の開会を告げるものとなっており、政府が今会期中に成立を目指す法案の概要を女王が代読する伝統行事となっています。

伝統的にエリザベス女王は馬車に乗ってバッキンガム宮殿を発たれ、ロンドン時間午前11時15分くらいに国会議事堂に到着されます。

これは2年前の女王演説ですが、いきなり『赤字削減』と女王が語り始めているのが判りますね。


この演説によりポンドが乱高下することはないでしょうが、予想外の政策内容が女王の口から発表されれば、株や債券が反応するかもしれません。


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2012/05/09 18:30 ] 政治 | TB(-) | CM(0)

ポルトガルの決断

2013年よりポルトガルは現在14日ある国民祝日を10日に減らす  5年間の暫定措置とされているようです。

今朝のポルトガルのテレビで放送されたようですが、政府は労働日数の増加  生産性の向上  雇用増加  景気回復を助長することを目的として、現在14日ある祝日を4日減らすことを決定したようです。

カソリック教会の総本山であるバチカンは、どのキリスト教に関連した祝日をなくすか?に関して既にポルトガルから相談を受けていたそうです。

欧州、本気で必死です  なんでもアリです

日本も国民祝日を月曜日にするという試みをしましたよね?効果出てるのかな?



もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2012/05/09 18:15 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

スペイン長期金利上昇

すみません、チャートを貼ってる時間がありません 

ギリシャ危機再燃を受け、昨日の株式市場は大幅な下落を記録しました。
今朝は、国債市場の売りが見受けられます。

早速スペインの10年物国債利回りが6%を上抜けしました。これは4月27日以来

*もうひとつ、スペイン関連

ロイターによると、スペイン政府は同国の銀行に対し不動産関連の不良債権に対し350億ユーロ規模の引当金を積む  ことを要請する可能性があるとのことです。

なんだかギリシャとスペイン両方の名前が見え隠れし始めました 

*ギリシャ関連速報

本日第2党のツィプラス党首はND党とPASOK党の党首と組閣に関する協議をします。
もし明日までにツィプラス党首が連立政権を樹立できなければ、普通であれば第3党であるPASOK党が組閣準備に取り掛かる手筈となっています。

しかし今朝の地元の新聞によると、PASOK党は組閣要請を断り、各党の党首会合を開催することを大統領に要請し、その場で2回目の選挙を実施するか? 挙国一致内閣の発足を決断するか?

いずれかを要請する模様だそうです。


追記:
PIGS各国のCDSも上昇してます 

スペイン 512bps (+19)
イタリア 450bps (+20)
フランス 211bps (+10)


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2012/05/09 18:03 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

ジョン・テイラー発言

世界最大のFXヘッジファンドを率いるジョン・テイラーさんが、昨日夕方発言をしていました。

その内容は

ギリシャは早ければ来月にでもユーロから離脱する

*欧州からの NO!
ギリシャの政府が保有する手元資金はほぼ底を突き、来月に控えた公務員給与や年金支払い が困難な状況です。

昨日のギリシャ第2党の党首:ツィプラス氏の発言によれば、今までの金融支援受け取りの土台となった条件は違法であり、順守する意志は一切ないということになっています。

そうなると この記事でも書きましたが、ギリシャ金融支援に参加しているIMFは「もしギリシャの新内閣が支援金受け取り条件を順守しない場合、IMFからの支援金支払は早ければ6月にでも停止される可能性がある。」ことになってきますよね。

テイラーさんもこのIMFの決断を土台にして ’’早ければ来月にでも’’ と語ったのでしょう。

*無政府状態

冷静に考えれば、この無政府状態が続く限り資金受け取りの条件順守をすることなど不可能です。

もしかしたら、このツィプラス党首という人は、こうやっていろいろ駄々をこねてギリシャの支援に対する交換条件の劇的な緩和を企んでいるのかもしれません。しかし100歩譲って欧州が条件の緩和に応じる態度に出れば、当然支援を受けているポルトガルやアイルランドも同じ要求をするでしょう。

もう現状は私達が予想出来る範囲を超えています。特に今月と来月は相場のボラティリティーが否が応でも高まりますので、気をつけてポジションを管理しましょう。

そういう私も昨日のトレードは3連敗  となり、エライ機嫌悪かったです 


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2012/05/09 17:28 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(1)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX (株)さんで 連載スタート 【PR】
Net Money
FXダイレクトプラス
2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
フィリップ証券さんで連載始めました
フィリップ証券さんで
月2回 コラム始めました。
ロンドン発 松崎美子の
FXマーケットレポート

フィリップ証券

岡三証券
株価指数取引には、是非!


相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ