fc2ブログ
2011 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312012 02

ギリシャを巡るPSIとCACsについて

読者の方からこのような質問をコメント欄を通して頂きました。
私自身、この報道は眼にしたのですがあまり意味がよく判らなくて  後回しにしていたものです 
これを機会に自分なりに調べてみたので、その結果を書いてみます。

ギリシャの民間債務の再編協議がうまくいくのか気になっているのですが、12日付でロイターが「ギリシャ政府は、民間債権者との債務交換協議の難航を受け、遡及的な集団行動条項(CACs)を適用する可能性がある」と報じています。ギリシャの既発債には集団行動条項は含まれていないのだと思っていましたが、遡及適用するなんてことは可能なんでしょうか?契約の常識からすると、どういうことなのか理解できないのですが・・・もし詳細がわかりましたらご教示ください!

*結論からはじめます

ギリシャの既発債に集団行動条項(CACs)を適用することは可能だそうです。
もっと細かいこと言ってしまうと、「民間部門が保有している既発債のうち93%がギリシャ国法により規定されているため、発行条件の変更や追加は議会での承認が得られれば可能である」と書かれていました。

(過去記事で 集団行動条項(CACs) について書いたものがありますので、是非参考にされてください)

*どうして今、CACsなのか?

先ほどの記事にも書きましたが、ギリシャの債務削減を目的とした同国の国債に対する民間部門関与(PSI)の協議が難航しています。

難航している理由のひとつには、ギリシャ国債最大の保有者である欧州中央銀行(ECB)の取り扱い方が不透明である点が挙げられています。ちなみにECBのギリシャ国債保有額は450億ユーロと推定されています。

ECB理事会後の記者会見の席で、ドラギ総裁だけでなくコンタシオ副総裁までもが「PSIが適用されるのは、あくまでも’’民間部門’’であり、ECBは適用外である。」と発言しています。それに加え、PSIはあくまでも’’自発的’’な参加となっているため、民間部門でないと自分達を位置づけるECBが自発的にPSIを受け入れる用意があるとも思えない点です。

最大の保有者であるECBが債務交換に応じないとなると、いくら残りの民間部門でヘアーカット率50%を適用したところで、既存のギリシャ国債の残高の減少率は予定よりずっと少ないままで終わってしまう   2020年に公的債務残高対GDP比120%達成は無理になってしまうかも 

ただし一部の投資家は、ECBも自分達投資家同様、全く同じように流通市場でギリシャ国債を購入したのだから、どちらも「民間部門」という立場となるのではないか?もしそれが正しいとすれば、ECBは損失計上を逃れ、自分達は損をかぶらなければいけないのは、非常に不公平であると怒って  います。

IMFは既にギリシャ既発債に対する遡及的なCACs適用案を認める方針であると伝えられています。

*PSIとCACSの違い

PSIは民間部門だけを対象としているのに対し、CACsを適用した場合、債券保有者のXX%の合意が得られれば、その条件は全ての債券保有者に適用が可能となる点です。つまりECBだろうが誰だろうが関係なく、その債券を保有している全員に同じ変更条件が適用される訳です。

今回の既存のギリシャ国債に対するCACsの合意条件として、債券保有者の3分の2が参加を表明すれば集団行動条項(CACs)の適用が可能になるのではないか?と書かれていました。

*CACsの飛び火 懸念

EUのリーダー達は何度も何度も「ギリシャを取り巻く環境は非常に特殊なものである。現在ギリシャ国債に対して協議されている民間部門関与(PSI)はギリシャにだけ起こることであり、他の加盟国には同じ事は起こらない。」と繰り返して  います。しかしその言葉をまるまる信じている市場参加者は稀でしょう。

そうなると、もしギリシャが既発債にCACsを適用すると決定した場合、他のユーロ加盟国も同様の措置を取るという発想が湧いてくることが考えられ、新たな負の連鎖が起こる危険性が浮上  イタリアも含むPIGS各国の国債利回りが再度急上昇することも考えられます  今度こそイタリアとスペインは本当の’’苦しみ’’と’’危機感’’を味あわされることになるのは間違いないと私は思っています  下手をするとフランスの国債利回りも上昇し、格下げなんてことにもなりかねません。


とりあえず今私が知っている事はこのくらいです。また何か調べて新しく判明しましたら、別途記事にしたいと思います 


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2012/01/13 23:24 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(2)

ユーロ/カナダ

実はこの記事には もうひとつ推奨取引があったのですが、都合上載せられませんでした。ですので、ここで改めて紹介します!

万が一ホルムズ海峡を取り巻く状態が悪化したり、欧州が禁輸措置合意を発表し原油価格が上昇にはずみをつけた場合という前提つきですが、私が目をつけたのは資源通貨であるCADです。

下のチャートの最初のものは「EUR/CAD月足チャート」ですがいい感じでボリンジャーバンドが拡大し始め、MACDもクロスしそうに見えます。ここから売るとしたら、損切を1.3250-1.3300あたりに設定し、2011年1月の安値1.27台、そして2010年6月につけた最安値である1.24台をターゲットにしてもよいと思います。

セントラル 1月13日チャート
(クリックすると拡大します)


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2012/01/13 21:38 ] 売買取引 | TB(-) | CM(0)

イタリア入札結果

入札結果が出たようです。

入札予定額:47億5000万ユーロ全額埋まりました!

・3年債(満期2014年11月)
入札額: 30億ユーロ
応答利回り: 4.83% (前回: 5.62%)
応答倍率: 1.218倍 (前回 1.364倍)

・表面利率4.25%2014年7月満期の3年債
入札額: 7億7900万ユーロ
応答利回り: 4.29%
応答倍率: 2.276倍

・6年債
入札額: 7億7900万ユーロ
応答利回り: 5.75%
応答倍率: 1.606倍

結果は良好だったと私は思っているのですが、この結果が出たと同時にユーロが1.28割れを目指して下げ始めました 


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2012/01/13 19:39 ] マーケット | TB(-) | CM(0)

今朝の報道

おはようございます  今朝は一面の霜におおわれ芝生が真っ白になっています。そのためか久し振りの晴天。寒くても太陽がみえるので気分は最高 

*イタリア入札

昨日に続き 本日も3年物国債30億ユーロを含む総額47億5,000万ユーロ規模の入札が実施されます。前回の3年物入札時の落札利回りは5.62%。果たして今回は大幅な利回り低下が見込めるのか?が注目  です。入札結果はロンドン時間10時ちょっとすぎ

*ギリシャ、PSI協議難航

ギリシャの債務削減を目的とし、同国国債の民間保有者との民間部門関与(PSI)の協議が継続されています。昨日も民間債務者の代表を務める国際金融協会(IIF)代表がベニゼロス財務相と2時間以上かけて協議継続。

現在のところ、ヘアーカット率50%という前提で話し合いが行われているようですが、IMFは「50%以上になる可能性が高い」 と既に更に厳しい条件を民間がのむ必要性を示唆しました。

ギリシャの財務省筋が語ったところによると、PSI協議は来週末までに合意に達するとしていますが、ギリシャを訪れているトロイカ調査団(EU/ECB/IMF)はあと48時間以内に回答を迫っている  とも伝えられています。

もしPSI協議が合意に達しないと、3月に控えるギリシャ大型償還に充てるお金がないため、ギリシャは本当にデフォルトする以外の選択肢がなくなります 

*オバマ大統領、債務上限引き上げ要請 

この記事を見たとき、あまりよい気分ではありませんでした 。昨年夏の米連邦債務上限引き上げ  米国トリプルA格下げのきっかけとなった......という一連の出来事を思い出してしまったからです。

昨日オバマ大統領は議会に対し正式に連邦債務上限を1兆2,000億ドル引き上げる計画を通知しました。
実は同大統領は昨年の年末に要請したかったそうですが、議会がクリスマス休会中  だったので通知を遅らせた模様。ということは、米国の財政は昨年の夏と同じく資金出尽くし状態で、緊急避難的に財務省の「為替安定基金」を一時的に使用して生き延びているってことかい 

それじゃまた昨年の夏みたいに米国で債務上限引き上げに関する熱い戦いが繰り広げられるのか?というと、そうではありません 

昨年の夏に決定合意された内容は「米連邦政府の債務上限は少なくとも2兆1,000億ドル引き上げる  債務上限は第1段階で9,000億ドル、第2段階で1兆2,000億ドルを大統領権限で引き上げられる」という内容だからです。

つまり昨日のオバマさんの要請は第2段階の部分  大統領権限とされていますので、議会は要請を受けて15日以内に3分の2以上の反対で否決しない限り、債務上限は自動的に引き上げられるという運び

ただし野党や市場関係者の中には遅々としてすすまない米財政赤字削減に対して苛立ちを隠せない  というのも事実です。

*仏ルペン大統領候補が吼える

まぁ、親譲りとでも言うのでしょうか、彼女はいつも吼えているというイメージを私は持っていますが.....
今年4月に実施される仏大統領選候補の中で支持率第3位  を維持している極右政党、国民戦線のマリーヌ・ルペン党首は昨日改めてフランスのユーロからの離脱を声高に吼えました。

一般的な見方ではサルコジ君と最大野党:社会党のオランド候補の一騎打ちになると予想される仏大統領選ですが、一番最近の世論調査に於ける支持率は、サルコジ君 24%、オランド候補 27.5%に対し、ルペン女史 20%とサルコジ/オランド両候補に迫る勢いを見せている  から恐い 

*金鉱関係者の金の相場観

プライスウォーターハウスクーパース(PwC)が行った調査によると、金鉱関係者の80%程度の人達は、2012年の金価格は上昇すると考えており、下落すると考える6%の人達を大幅に上回りました。

*英北海油田生産高回復期待

北海油田開発に従事しているエンジニアー達の話しとして新聞に載っていたのですが、生産量が激減していた北海油田に於けるガス生産高は2012年から上昇に転じる可能性  を指摘したそうです。原油に関しては横ばいとか?
とりあえず現在進行しているプロジェクトが完成するまでには今後3~6ヶ月の期間が必要とのことなので、早くても中盤以降という話しみたいですが....

*イタリア、タクシー業界のストライキ

昨夜ローマなどの大都市でタクシー運転手さん達が何の前触れもなく突然ストライキを実施したそうです 。その背景にはモンティ首相が提出した財政再建策の中に「タクシー運転手のライセンス交付を増やす」という項目があったから。

私はイタリアのタクシー業界については全くの無知  なので詳しい話しはわかりませんが、なんでもあの国のタクシーのライセンスは親から子へと受け継がれるのがほとんどらしく、ライセンスの数が大きく増加する事はないそうです。
以前10年前だか15年前だかに、同じようにイタリア政府がタクシーのライセンス増加を試みた時には、怒った  タクシーの運転手さんたちがミラノやローマの中心街を車で列を作ってブロックし、街全体が麻痺した事実があるとのこと。
昨夜のストが今後も継続するのかは判らないそうですが、モンティ首相の財政再建能力に早々と疑問符  がついたと見る人達もいるのは事実 

もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2012/01/13 18:50 ] マーケット | TB(-) | CM(0)

ホルムズ海峡を巡る地政学的リスク

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりましたセントラル短資FX(株)さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2011年4月より隔週金曜日に マーケット・ビューでも連載させて頂く事になりました 

皆さん、あけましておめでとうございます。
今年は「壬辰(みずのえたつ)」という60年に一度しか訪れない貴重な年 に当たります。今年も是非一緒に頑張りましょう! 

さて、今年最初のコラムでは年末にオバマ大統領が発表した「イランに対する追加制裁」 にからんだ記事を書いてみました。日本が輸入する原油の9割がイランとオマーンにはさまれたホルムズ海峡を通過するタンカーによって運ばれています。この問題が深刻化  した場合、日本を含めたアジア地域が一番の被害者となるようです。

為替動向も含め、自分なりの考えをまとめてみましたので、是非お読み下さい 

このブログの左上 すこしFX ☆ なが~くFX バナー をクリックして是非お読みください! 
よろしく~

最後になりますが、このリンク  をクリックして頂くと私が書いた全ての過去記事が読めますので、是非ご活用下さい 
[ 2012/01/13 12:15 ] 政治 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX (株)さんで 連載スタート 【PR】
Net Money
FXダイレクトプラス
2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
フィリップ証券さんで連載始めました
フィリップ証券さんで
月2回 コラム始めました。
ロンドン発 松崎美子の
FXマーケットレポート

フィリップ証券

岡三証券
株価指数取引には、是非!


相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ