FC2ブログ
2011 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312012 01

またまたユーロ圏関連

*格下げはフランスでなく、英国であるべき

格付け会社:S&Pが先週のEUサミットの結果を受けユーロ圏加盟各国の格下げ決定に動くかが注目  されていますが、さきほどノワイエ・仏中銀総裁が爆弾  発言

「フランスのトリプルA格付けの見直しは正当性に欠けている。もし格下げを検討するのであれば、フランスよりもまず英国になるべきなのではないか?」

放っといてくれ~ 

*ピムコの予想

米PIMCOの債券ポートフォリオ責任者の人が
「2012年中にユーロが対ドルでParity(1.0000)になったとしても、なんら不思議はない。」と発言しています。この人は今年9月のインタビューで「2012年第1四半期の終わり頃に、ユーロは対ドルで1.20まで下がってるだろう。」という予想を出した人です。

*スペインでの値引き合戦

この写真は英ガーディアン紙で、たった今更新されたばかりのもの。
スペイン 値引き

宝石屋さんのウィンドーを除いているご夫婦らしき方達が写っています。

注目  は値引き後の値段 

No.615という商品:正規価格 12ユーロ  値引き後 2ユーロ
No.894という商品:正規価格 25 (29かな?) ユーロ  値引き後 3ユーロ
No.606という商品:正規価格 12ユーロ  値引き後 1ユーロ
No.693という商品:正規価格 12ユーロ  値引き後 2ユーロ

クリスマス商戦たけなわの今、うちの近所でも既に値引き合戦が開始されているところもありますが、このスペインの値引きと比較したらあまりにも小さすぎ 

もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2011/12/15 20:34 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

ユーロ関連報道

おはようございます  今朝起きてメイルをチェックしようとしたらなんだか変 
具体的に言葉で表現出来ないんですが、明らかに今までと違う 。 で判ったことは、スパム攻撃  にあったことでした。
私はAOLを使っていますが、変だなぁ.....  と思って15分くらいしたら突然メイル画面から締め出されて、その後は自分の口座に入れなくなりました。 ネットで調べながら、口座に入るところまでは出来ました。今は頂いたメイルも読めます。問題は私からのメイルが送れない....  スパム攻撃から24時間くらいいろいろな調整が必要なので時間がかかりますと言われたので、明日くらいにはOKになっている筈ですが、AOLを止めようかなと思っています。

少なくとも一両日中に私にメイルを下さった方は、私からの返事が遅れるかもしれません。予めお詫び致します。急な用事がある方はTwitterでDMするか、スカイプで呼んで下さい 

*フランス系銀行の動き

French banks ECB

このチャートはフランス系銀行による欧州中銀(ECB)からのユーロ資金借り入れを示したものです。今年秋以降、急激に増加しているのが見て取れます。

*ECBによるドル供給オペ

昨日、ECBは期間:7日間の短期ドル供給オペを(先週に引き続き)実施しました。
応札行は12銀行、応札総額は51億2200万ドルにのぼり、先週の16億ドルから一気に3倍以上に増加 

実は先週7日間の短期ドル供給オペを実施した時に、同時に84日物ドル資金供給オペも実施したのですが、その時は応札行は34銀行にのぼり、応札総額は506億8500万ドル  となっていました。84日物というからには、年越し資金目当てとなることは確実なので、金額が大きいのは頷けます。

しかしたった7日間の短期資金供給に51億ドル以上の応札があったという事実は結構重いんじゃないか?と思っています。具体的にどの国の銀行かは判りませんが、この数字を見る限り一部のユーロ加盟国の銀行はドル資金の調達に苦慮している  という意味に取れると思っています。既に今年秋の早い時期から米国の銀行が欧州系銀行に対しドル資金供給を渋り始めていることは報道されていましたが、特に年末を控えたこの時期は一層慎重になってしまうのかもしれません。

*ユーロ危機に対する読者の意見

これは英テレグラフ紙に載っていた7、489人の読者によるアンケート結果です。
テレグラフ ユーロ危機アンケート
この結果でも判るように、ユーロ圏債務危機問題解決に向け市場参加者の催促相場が来年早々開始されることは間違いなさそうです。

*IMFからの警告 

IMF主席エコノミスト:ブランチャード氏が英国の財政政策のスピードについて「あまり早すぎると経済成長を止めてしまう危険性がある」  と警告。

これとは別に、IMF調査団は来週早々にもイタリアを訪問し、新内閣の財政再建策の内容と進行具合を調査すると発表しています。

*フランス予算相からの発表

昨日Pecresse予算相は「フランスの各省庁が行うクリスマスの催し物で出される高級菓子類は今年は廃止 。 その代わりにシンプルなビスケットが提供されます」と発表しました。歳出削減に向けた第一歩と受け止めてよいのでしょうかね?

*英エコノミスト誌の予想

エコノミスト誌に所属しているエコノミスト・インテリジェンス・ユニットという経済専門家集団が昨日発表したことですが、彼らが予想する「ユーロ崩壊の可能性」  は40%

先週行われたEUサミットでの発表内容は不十分であり、早急な解決策が望まれる としています。最終的にはユーロ圏救済措置は整うであろうと予想していますが、イタリアをはじめとする加盟国の国債利回りが現状を維持するようであれば、ユーロ崩壊の可能性は40%となる という見解を示しました。


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!

[ 2011/12/15 19:49 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

スイス・フラン

本日のメイン・イベントであったスイス中央銀行政策会合の結果  が出ました。

事前予想としては、対ユーロのスイス・フラン上限を現在の1.20から1.25へ変更するのではないか?という見方もありましたが、結果としてはその動きはありませんでした。

マーケットは1.201.25へのフロアー(フラン上限)切り上げを予想して、ユーロ・ロング/スイス・ショートにしていたでしょうから、その調整が現在起きています。

政策会合では来年のGDPやインフレ率予想の一部下方修正がありましたが、スイス高に対して確固たる態度で臨むという部分は繰り返されています。

ここからの動きとしては1.21台ミドルかそのちょっと下くらいまで落ちるようであれば、スイス中銀は(1.20台を待たず)ユユーロ買い/スイス売り介入を実施すると、個人的に信じています。取り急ぎ更新

これ以外のニュースはまた後ほど

もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2011/12/15 18:08 ] マーケット | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ