FC2ブログ
2011 081234567891011121314151617181920212223242526272829302011 10
月別アーカイブ  [ 2011年09月 ] 

目に付いたいくつかのニュース

おはようございます 。風邪はよくなるどころか、逆にますます悪くなるばかり 。外の気温は13度なのでそんなに寒いはずないのですが、歯がガチガチなっています。

*英テレグラフ紙の記事

世界経済フォーラム会議に出席している中国人民銀行(中銀)の李委員は、米債務問題に解決の兆しが見え米国債市場が安定し信頼を戻してきたら、中国が保有する米国債の持ち高一部解消をする予定であると語ったようです。

同時に中国の外貨準備分散投資先として米企業を挙げており、この記事では具体的に’’ボーイング、アップル、インテル’’の名前が出ていました。

個人的に思うんですが、中国が人民元を人為的に安く維持している限り、膨大な量のドルを買い続けることになります。それを米国債へ投資しないのであれば、当然ユーロ圏や新興国への投資とならざるを得ないでしょうが、中国の投資を受け入れるだけの器の大きさではないでしょう。この記事によると、今中国が保有している米国への投資可能金額は10兆ドルと書かれています。もちろんこれは米国債以外の米国資産(企業買収、土地、個別株など)への投資可能額。
これだけの莫大な金額が投資先を探しているのであれば、当然欧州ユーロ圏の「救済」も可能となりますが、果たして中国がその行動に打って出るのか?注目されますね。しかし凄いわ....

*ユーロ予想

ここから3~6ヵ月後の予想ですが
・ドイツ銀行 1.30
・米PIMCO 1.20  長期的にはドル・ベアの相場観は変更なし。しかし短期的にはユーロの下落がドルの下落より大きくなるであろう という予想  新興国通貨、特にトルコ・リラとハンガリアン・フォリントの下落を指摘しています  ここにきて収束がつかなくなってきたユーロ圏債務危機の影響で、世界の投資家達は一時的にせよ安全志向が強くなり米ドルの需要が高まる  米国の投資家も一旦外への投資を米国へ引き上げる = ドル需要高まる

*ロイターに出ていたソロスさんの記事 「ユーロに将来はあるのか?」

結構長い記事ですが、もう日本語に訳されているのかな?  たぶん この記事かもしれません が、こんな短くまとめたんですね.... 

この日本語記事に出ているように、ソロスさんは「今まで不可能であると信じられていたことを可能にする - 絶対にそんなことは考えられない という事を考えること - という発想の転換が必要である」と訴えています。その「不可能」と信じられている項目として真っ先に挙げているのが「加盟国がデフォルトに陥ることを容認する」点でした。そこではギリシャ、ポルトガルの名前が挙がっており、もしかしたらアイルランドも...という感じで付け足されてます。

金融市場のメルトダウンを防ぐ為に導入さえるべき4つの政策とは

1)銀行預金保護
例えばギリシャで債務問題の収拾がつかなくなった場合、ギリシャ人はギリシャの銀行に預けているお金を引き降ろしに走るだろう。それを見た他のユーロ加盟弱小国(ここではイタリアを例に出してます)の預金者達も自分のイタリアの口座を閉め安全なドイツやオランダへ口座を移そうという行動に出るだろう。このようなPIGS各国の預金者の連鎖行動を未然に防ぐことが必要

2)デフォルトが決定的となったユーロ加盟国は(デフォルト後の)経済を今まで通り運営していくためにも、銀行が普通に営業していける措置を講じなければいけない

3)欧州にある銀行の資本再編実施の必要性、そしてそれらの銀行の監督機能は、国家から「欧州圏」へ移譲

4)ユーロ圏債務危機で苦しむ国の国債を保護することにより、他の加盟国に飛び火  することを防がなければならない



特に3)4)に関しては、例えデフォルトに陥る国が出てこなかったとしても、断行すべき政策であると強調しています。

最後にまとめとして
「上で提案した4つの政策を実施するにあたって、多額の費用が必要となる。しかし最近ドイツ連邦憲法裁判所では、今後ドイツが加盟国への金融支援に参加する場合は連邦議会予算委員会の承認が必要となる判決が下りた。そうなるとEFSFやEFMの増額に関しても話しはそう簡単に進まないであろうと想像される。
ここで発想の転換が必要となり、現在欧州に欠けている機関:欧州財務省を創設するという提案を私は持ち出すことにした。これにより欧州財務省は加盟国から税金を徴収したり借り入れにより上記の提案の実現が一歩近づくという訳である。当然これを実現するには新しい条約が必要となることは言うまでもない。」となってます。

果たして本日から2日間に渡り開催されているユーロ圏財務相会合で、何がでるのか!?お楽しみ 

もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2011/09/16 19:49 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(2)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ