FC2ブログ
2011 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312011 06

欧州単一市場の象徴がまた崩れるのか?

ギリシャ債務問題にばかり気を取られている私達。少し話題を変えようと思い、スペインの抗議スト に関しても記事を書いてみました。しかし欧州ではこれ以外の政治的問題も起こっています。

今回は北アフリカからの難民受け入れ増加に伴い特に南欧州を中心に高まってきた「シェンゲン協定」の見直しについて書いてみたいと思います。

*シェンゲン協定

これは協定参加国間でのパスポート検査を撤廃し、人々の行き来を自由  にするものです。現在この協定に加盟している国は25ヶ国。

まず1995年にベルギー・フランス・ドイツ・ルクセンブルグ・オランダ・ポルトガル・スペインで始まり、1997年にはイタリアとオーストリアに拡大されました。その後2000年になってからギリシャが加わり、翌年2001年にはデンマーク・スウェーデン・フィンランド・ノルウェー・アイスランドとEU加盟国以外の北欧地域へも拡大。2007年にはチェコ・エストニア・ハンガリー・ルシアニナ・ラトヴィア・マルタ・ポーランド・スロバキア・スロベニアと東欧へも広がって行き、2008年末にはとうとうスイスも加盟決定に至りました。

つまり西はポルトガルから東はロシア国境の手前まで、北はアイスランドから南はトルコ国境の手前まで、自由にどこでも行き来  出来ることになったのです。

*北アフリカ・中東危機  の余波

チュニジアから始まり北アフリカ、中東を次々襲った民主化運動。その余波を真っ向から受けているのがイタリアです。今年に入ってから主にチュニジアからの難民受け入れを積極的に行っているイタリアですが、今春だけでも既に2万6000人のチュニジア人がイタリアの仮設難民センターに収容されました。
Italys immigrants from N Africa
(チュニジアからイタリア入りする難民達)

難民センターにいるチュニジア人達はフランス語を話しますので、当然フランスへ移動しようとしました。ところがイタリア政府が手配した難民移動列車  がフランス国境にたどり着いた途端、フランス政府が一時的に国境を閉鎖してしまい  イタリアへ逆戻り  させられる事件  が起きたのです。

そもそもチュニジアからの難民がイタリアに到着した時点で、イタリア政府はこれら難民に対し「6ヶ月間有効の仮の在留許可書」を与えたようですが、その中には ’シェンゲン協定加盟国内での移動は自由に出来る権限’ が含まれていたようです。そうなれば移民達はイタリアに留まらず自分達が住みたい場所(国)へ移動するのは当然ですよね。

*次はデンマーク

先週に入ると、今度はデンマークが「数週間後から国境検査はシェンゲン協定前の厳しさに戻す」と一方的に決定 。 デンマークでは今夏に総選挙が予定されており、連立政権のひとつである反移民政策を主張するデンマーク人民党への機嫌取りくらいだろうと考えていた人が多かったのですが、なんだか雰囲気が違う。その後のデンマーク政府高官発言のいくつかをまとめてみると、パスポート検査の強化というよりかは、脱税や東欧移民による犯罪率の増加を取り締まるのが目的であると判明  だからデンマーク政府の解釈としては (パスポート検査の強化ではないから)シェンゲン協定違反ではない!ということ。

しかしこの発表に腹を立てた  バロッソ欧州委員会委員長はデンマークのラムセン首相に対し 「欧州単一市場の象徴である単一通貨やシェンゲン協定を今更後戻りさせるような動きは断じて許さない 。 そしてデンマークの一方的な動きはEU法に基づいた動きではない!」という怒りの鉄建の手紙を送りました。

*シェンゲン協定の一時停止は可能 

私も詳しい内容は知りませんが、この協定の23条だかなんかに、特例として国家安全が脅かされる  と認められた場合に限り、協定の一時停止が認められています。例えばこの記事の最初に書いた ’フランスの国境一時封鎖’ や ’2006年サッカーの世界選手権がドイツで開催された時、サッカーのフーリガンの封じ込めを目的として、ドイツ政府は一時的な国境封鎖を決定’ しました。

果たしてデンマーク政府の決定が「一時的な停止」とみなされるのか否かは分かりませんが、欧州では今年から来年にかけて地方選挙や総選挙、そして大統領選挙が次々と行われますので、このシェンゲン協定に対して有権者である国民の関心  が高まる可能性は十分に考えられます。

とりあえずデンマークの取った対応やシェンゲン協定全般に関する話し合いは6月末に予定されているEUサミットの席で協議される模様です。

なんだか欧州全体が穏やかでないですね..... 

もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2011/05/20 21:41 ] 政治 | TB(-) | CM(2)

中央銀行人事交代

昨年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりましたセントラル短資FX(株)さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、今月から隔週金曜日に マーケット・ビューでも連載させて頂く事になりました 

市場ではギリシャ債務問題が再浮上  しており、同国の国債を巡る今後の対処方法について毎日新しい情報や噂が出てきて、マーケットが揺れています。あまりにもギリシャ・ネタばかりなので、見落とされてしまっている「中央銀行人事交代」の事実。

本日は英国、そして欧州それぞれの中央銀行で行われる人事交代について書いてみました。理事や総裁が交代すれば、将来の金融政策決定に影響を及ぼしますので是非お読み下さい!

このブログの左上 すこしFX ☆ なが~くFX バナー をクリックして是非お読みください! 
よろしく~
[ 2011/05/20 17:07 ] 英中央銀行 | TB(-) | CM(0)

ユーロと円

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
[ 2011/05/20 12:30 ] 過去のパスワード必要記事 | TB(-) | CM(-)

スペイン人によるスペイン人の為の抗議デモ

この週末に地方選挙が実施されるスペイン。

首都マドリッドのプエルタデルソル広場では20%を越えた失業率や経済危機に抗議するデモが起こっています。先週末に反政府抗議デモが行われ、一旦解散したかのように見えたようですが、今週に入ってから45%という非常に高い失業率を記録した若者層が集まり抗議デモが再び起こった様子です。

PIGS債務危機で欧州各地で抗議デモが起こっていますが、スペインで起きた過去の抗議デモのほとんどは労働組合によるデモでした。しかし今回はフェイス・ブックなどネットを通じ、経済危機により失業せざるを得なくなった若者達が自発的に集まった抗議デモである点が注目を集めています。

この映像はBBCのものではありませんが、BBCニュースによるとこの抗議デモは当初1~2日に限って行われる予定でしたが、デモに参加した人達はテントや寝袋を持ち込みはじめ、週末の地方選挙をボイコットしよう!というスローガンを挙げており、選挙が予定されている週末の日曜日までずっと続く見通しだそうです。

この映像を見た時、エジプトでの抗議デモの光景を思い出してしまったのは私だけではないと思います。

もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!

[ 2011/05/20 11:28 ] 売買取引 | TB(-) | CM(0)

終りが見えないギリシャ喜劇

ギリシャ債務を巡る議論が悲劇ではなく喜劇になってきました。

*go ballistic 

今週月・火曜日に開催されたユーロ圏とEUそれぞれの財務相会合。そこにはDSK氏の代理で出席したシャフィクIMF副専務理事やトリシェECB総裁の姿がありました。

ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)の議長役を務めたユンケル議長が 「ギリシャ国債のリプロファイリング」 の可能性に言及した途端、トリシェ総裁が go ballistic  になり会合の部屋から出て行ってしまった.....  とFT紙ドイツ版が報道しました。

このタイトルを読んだ時に ballistic  になったトリシェさんを想像して笑いが止まらなかった私 (トリシェさん ごめんなさい 

ballistic なトリシェ総裁が部屋に戻って来て開口一番
 「ギリシャが自国の国債に対しリプロファイリングした場合、ECBはその国債を担保として認めない 。それだけじゃなく、リプロファイリングなんかやったら、今後ECBはギリシャに対して資金供給しない!  おじさん、怒りの鉄建  です。

しかし冷静に考えると、トリシェさんがballisticになる気持ちは十分に理解出来るんですよね....その理由のひとつは格付け会社の動きです。

*リプロファイリング後の格付け会社の動き

もしギリシャが自国の国債に対しリプロファイリングした場合、格付け会社はその国債を「債務不履行」と見なすそうで、当然格付けもC以下となるのは確実みたいです。

ギリシャ国債に関する担保基準緩和に関する過去記事は これ と これ です。

*ユンケル議長の提案をボイコットしたballistic  トリシェ と nuclear  シュタルク

なんだか ballistic とか nuclear とか、穏やかでない言葉が続きます 。見方を変えれば、こういう表現を使わなければならないほど、ギリシャの今後を巡って政治家と中銀理事達の見解が分かれてきてしまったのでしょう。

ballistic  トリシェさんが「ギリシャ国債は担保扱いしない、ECBからの資金供給の道も絶つ」と吼えた翌々日、今度は独シュタルク理事は「ギリシャが再編すれば大惨事をもたらすだろう」と発言。

ユンケル議長は「リプロファイリング」を 「ソフトな債務再編」とも呼んでいるようですが、シュタルク理事が吼えたのと同じ日に、伊ビニスマギ理事は 「債務再編に’ハード’ も ’ソフト’ もない!そんなくだらないスローガンを口にするな!」と激怒 

*私個人の感想

今更こんなことを言っても遅すぎますが、私はこのブログにも以前書いたように、ECBが禁じ手中の禁じ手である加盟国の国債買い支え実施を決断した時から悲劇は始まっていたと思います。

リプロファイリングとなるのか、ならないのかは来月中旬に開催予定のECOFINで決定されるようですが、ギリシャ問題が宙ぶらりんになればなるほど、市場はその結果が判明するまでの時間つなぎで攻撃の矛先をスペインに向けるんじゃないのか?と気が気ではありません 。 本日のスペイン国債入札は大丈夫だったようですが、この週末に予定されている地方選挙をボイコットしよう!という抗議デモが何日にも渡りマドリッドで行われている様子です。これに関しては別記事で!

もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2011/05/20 07:05 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(2)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ