fc2ブログ
2011 031234567891011121314151617181920212223242526272829302011 05

逆イールドカーブ現象

このブログの読者の方からメイル・フォームを通じて質問を頂きましたので、その一部をコピペします

いつもブログの更新を楽しみにしています。ロンドンFXさんがギリシャの話しをしているのでギリシャに関係するニュースを注意してみています。しかしギリシャの国債の利回りのことでわからないことが出てきたので質問です。

私は利回りとかぜんぜんわかりません。しかしFXを始めた頃に読んだ本に「国債の利回りは普通期間が長くなればなるほど高くなる」と書いてありました。ギリシャの国債のニュースでは2年とか5年という国債の利回りが10年の国債より高い数字が出ていました。こういう事はあり得るのでしょうか?それとも私の読み違いなのでしょうか?


*逆イールドカーブ

私自身も為替マーケット一本で来ましたので債券市場の事に関しては全くの素人です。そうは言っても基本的な部分はやはり為替マーケットに身を置いた私でも少しは勉強せずにはいられませんでしたので、イールドカーブという言葉は知っています。

国債利回りというものは償還期間が長くなるほど高いのが普通です。その理由はその債券の発行体が倒産してしまう可能性というものは 明日は大丈夫   1年後も大丈夫だろう   10年後は大丈夫かどうかは自信がない  という風に変化していきますので、国債の期間が長くなればなるほど国債の利回りを高くし買い手にとって魅力的にすることが必要となります。



しかし非常に稀ですが、短い期間の債券より長期債券の利回りが低くなることがあります。「長短金利の逆転」 これを逆イールドカーブと呼びます。



現在のギリシャの国債イールドは逆イールドです。

Greek yield curve Apr 11
これを見ると一目瞭然ですが、2年債利回りは18%弱に対し10年債は13%台となっているのが分かります。

先ほども申しましたが、普通のイールドカーブというものは右肩上がり (短期イールド<長期イールド) のチャートになるのが普通です 徐々に イールドカーブが平坦になる (短期イールド=長期イールド) その後 逆イールド(短期イールド>長期イールド)  と変化していきます。その変化する間に国債発行体の国の景気は後退しているのが一般的と言われており、歴史的にみると逆イールドカーブになってから12~18ヶ月後にその国は不況におちいるとも言われています。

*私の感想

今回のギリシャの逆イールドに関して専門家がどういう見方をしているのか、私には全く分かりません。しかし逆イールドが一番高くなっているのが2~3年債ですよね。これはたぶん2013年夏から加盟国の恒久的な救済措置としてESM(欧州安定メカニズム)が発動される予定なので、それまで と その後 と綺麗に区切りをつけているのだと思います。 (ESM関連記事リンク その1、 その2、 その3 )

つまりギリシャが2013年のESM発動までにデフォルトもせずに延命措置の繰り返しでどうにか持ち堪えられる  のであれば、その後は「恒久措置」が発動される予定なので大丈夫になるかもしれない  という安心感だと思います。

ですのでそれ(2013年夏)までの利回りを極端なまでに高くしないと、いつデフォルトされるか分からない国の国債なんて買う人いませんよね。問題はギリシャは果たして18%なんていう金利を2013年まで払い続けることが可能なのか?ですね。

結論になりますが、ギリシャの債務再編やデフォルトの噂が出ている限り、逆イールド現象は継続だと思います。

もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2011/04/15 22:42 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(2)

ポルトガル、国債償還終了

本日ポルトガルは43億ユーロ規模の国債償還 が予定されていました。とりあえず今月分の資金は確保しているという噂でしたが、つい30分ほど前にポルトガル財務省の報道官より 「本日予定されていた償還は全て完了」  との報告がありました。私はてっきり本日の償還金額は45億ユーロだとばかり思っていた  のですが、ロイターの記事では42億ユーロとなっています。

まぁ償還を無事に終えたと言っても、ポルトガル国債に対するCDSも国債利回りも上昇  していることには何の変化もありません。

*次の大型償還は6月15日

この日には49億ユーロの償還が待っています。現暫定政権はEU/IMFからの金融支援条件について話し合いを継続していますが、この話しがまとまらない限り、6月15日の償還分の資金は手元にない模様 。 現在のところは遅くても5月中旬までには金融支援条件の最終調整がなされる予定であると語っているようです。

*「ギリシャ政府の財政再建・民営化計画」

2015年までに220億ユーロ規模の赤字削減の必要があるギリシャ。その削減内容に関して本日発表があると私は信じていたのですが、「現在議会で話し合い中なので詳細はイースター休暇後に発表する予定である。」と、財務相が発表してました。ギリシャは民営化により150億ユーロを捻出するみたいですが、これもその時にあわせて発表されるみたいです。

Naftemporiki紙によると、2015年までに政府はギリシャの大手電気通信事業:Hellenic Telecommunications Organizationや同国最大の電力会社であるPublic Power Corpの売却を検討しており、もしこれが計画通りに実行された場合は500億ユーロの歳入となる予定。

ギリシャの首相は昨日から急に話題となってきた同国の債務再編に関して発言していますが、オジサンは「ギリシャは債務再編ではなく国家再編が必要である。」と言ってました。


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2011/04/15 20:39 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(4)

債務危機から債務再編/デフォルト危機へ

毎週金曜日に更新している「まね得」さんの連載!

ポルトガルからの金融支援要請が現実のものとなって以来、市場の関心は 「PIGS債務危機 最後に残ったスペイン」への飛び火  に集中すると思いきや、振り出しに戻って (PIGSの中で一番最初にEU/IMFから金融支援を受けた) ギリシャの「債務再編」へと移ってきています。

本日のまね得さんのコラムでは、そこに焦点を当てて書いてみました。

このブログ右上にある まね得連載のバナーをクリックして是非お読みいただけると嬉しいです 
[ 2011/04/15 18:53 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

債務危機から債務再編/デフォルト危機へ その2

本日のまね得さんの記事の更新ですが、もうしばらくお待ち下さい。ごめんね 

本当はそちらの記事を最初に読んでから、この記事を読んで頂きたかったのですが、これだけギリシャ債務再編話しが昨日から出ているのに欧州在住の私が「何も書かない」という訳には行きません 。ですので順番が逆になる (その2が最初に載る )のは嫌なのですが、やっぱり記事更新します。

まね得さんの記事が載ったらこの記事はその後に場所移動しますね。

ちなみに今朝もPIGS諸国の国債と独国債のイールド格差は拡大  しています。

*ギリシャ債務再編による損失規模

今週アイルランドのダブリンで 「欧州年金運用者会議」 が開催されました。当然そこに出席しているのは欧州の大手年金運用者達。ギリシャの債務再編の話しは避けて通れない課題だったのでしょう。

その年金運用者達がはじき出した数字ですが、もし債務再編を通してギリシャの債務残高を 「マーストリヒト条約で決められている 安定成長協定 の公的債務残高 (対GDP比60%) レベルまで縮小させた場合、ヘアーカット率  は 62% となるそうです。格付け会社S&Pのソブリン債格付け主任のオッサンは 「ギリシャは50~70%のヘアーカットが必要になる可能性がある。」 としているので、非常に似た数字ですね。

付け加えますと、そこに出席している年金運用者のうち75%が今後3年以内にユーロ圏加盟国のデフォルトが起こる  と予想していたそうです。

*債務再編後の欧州系銀行

もしギリシャの債務再編が現実のこととなった場合  まね得さんの記事でも書きましたが、同国の国債を保有する銀行、特に金額が大きいフランスやドイツの銀行を筆頭に 欧州圏内の銀行全体へドミノ現象が起きる事は避けられないと思います 。 ヘアーカット率が62%となれば、その損失額は膨大なもの  となり、当然これらの銀行は顧客への貸し出しどころの話しではなくなることは簡単に想像がつきますよね。いまや銀行は国境を越えて業務展開してますから、欧州金融不安  欧州の景気大幅減速  欧州から世界への金融不安  とドタバタ「危機感染」 するのには、そう時間が掛からないかもしれません。

*次の峠は6月

具体的な日にちは知りませんが、今年6月にはEU/IMF そして 欧州中銀(ECB)の代表団がギリシャの財政状況監査をする為にギリシャ入りする予定になっています。もし今回、市場が恐れている「ギリシャの債務再編」を避けて通れたとしても、6月の監査結果によっては再び債務再編の話しが浮上  する可能性は高そうです。

*その次の峠は2012年

ギリシャは2011年の国債償還手当て資金はバッチリ手元にあります 。 しかし2012年は250~300億ユーロの資金を国債発行から入手しなければなりません。

現在の状態が継続しているのであれば、ギリシャによる市場からの資金調達がスムーズに行くとは思えません。やはりそれまでに債務再編をして償還国債残高を減らすことは不可避だと市場参加者は信じ始めてきたようです。

もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2011/04/15 17:35 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX (株)さんで 連載スタート 【PR】
Net Money
FXダイレクトプラス
2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
フィリップ証券さんで連載始めました
フィリップ証券さんで
月2回 コラム始めました。
ロンドン発 松崎美子の
FXマーケットレポート

フィリップ証券

岡三証券
株価指数取引には、是非!


相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ