FC2ブログ
2011 01123456789101112131415161718192021222324252627282011 03

ドル・インデックス チャート

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
[ 2011/02/11 23:26 ] 過去のパスワード必要記事 | TB(-) | CM(-)

英政策金利の行方

昨日 英中銀は政策金利(0.5%) 量的緩和策枠(2,000億ポンド)共に据え置きを決定しました。MPCによる結果発表に先駆けてロイター社が行った63名のエコノミストに対するアンケートでも、63名全員が据え置きを予想。63名のうち49名が「2011年末までには利上げに踏み切るだろう」と予想しており、利上げ時期としての一番人気は今年11月となっています。その中で一部の銀行 (モルガンスタンレー、JPモルガン、ドイツ銀行、UBS、野村)は利上げ時期を9月より前 としている様子です。

*どうして利上げしないの

年内にはインフレ率が5%にまで上昇する可能性 を示唆した英中銀総裁:キング氏、それでも利上げに動かない英中銀、そしてキング総裁自身に対する世界中の非難について何度かこのブログでも記事にしました。本来ならば英中銀はとっくの昔に利上げしていて当然。しかし既に約2年に渡り歴史的低金利である0.5%を維持しています。

現在の英国に於ける優先順位は赤字削減、つまり超緊縮財政政策の実行です。その為にはインフレ沈静化よりも景気回復優先とならざるを得ない事は誰もが承知している事でしょう。しかしそれでは英中銀の信頼性がとことん地に落ちるのではないか?という心配も聞こえてきます。

果たしてここからの英政策金利予想は一体どうなっているのでしょうか?本日の英テレグラフ紙におもしろいチャートが出ていたのでご紹介します。

*今年11月が最初の利上げとなるのか?

このチャートをご覧下さい。

UK interest rate forecast Feb 2011

一番最初のものは、エコノミストの平均予想です。
現在 0.5%の金利が、11月に0.75%へ利上げ ⇒ その後 2012年2月に1.0% ⇒ 2012年5月に1.50% ⇒ 2012年8月に1.75% ⇒ 2012年11月に2.0%へ利上げ となっています

2番目のチャートは キャピタル・エコノミックス社の予想です。まず最初のチャートの平均予想を黒線とし、キャピタル・エコノミックスの予想を赤い棒線グラフで示したものです。おもしろい事に、ここは現在の0.5%を2013年1月までずっと継続 ⇒ 2013年2月に1.00%へ利上げ と予想

3番目のチャートはアーネスト&ヤング・アイテムクラブの予想です。2番目のチャート同様に最初のチャートの平均予想を黒線としてます。赤い棒線グラフを見ると、この人達は現在の0.5%を2012年7月まで継続 ⇒ 2012年8月に0.75%へ利上げ ⇒ 2012年11月に1.0% となっています。

4番目は英HSBC銀行の予想です。2番目のチャート同様に最初のチャートの平均予想を黒線としてます。赤い棒線グラフを見ると、この銀行は現在の0.5%を2012年1月まで継続 ⇒ 2012年2月に0.75%へ利上げ ⇒ 2012年5月に1.0% ⇒ 2012年8月に1.50% ⇒ 2012年11月に2.0%への利上げ となっています。

5番目はヘンダーソン・グローバル・インベスターズ社の予想です。2番目のチャート同様に最初のチャートの平均予想を黒線としてます。赤い棒線グラフを見ると、この銀行は来月(3月)に0.75%へ利上げ ⇒ 5月に1.0% ⇒ 8月に1.5% ⇒ 11月に2.0%への利上げ となり、その後ずっと2.0%で据え置きとなっています。

最後は米ウェルズ・ファーゴ銀行の予想です。2番目のチャート同様に最初のチャートの平均予想を黒線としてます。赤い棒線グラフを見ると、この銀行は現在の0.5%を10月まで継続 ⇒ 11月に0.75%へ利上げ ⇒ 2012年2月に1.5% ⇒ 2012年5月に2.25% ⇒ 2012年8月に3.0%への利上げ となっています。


個人的には、まず来週の英中銀四半期インフレーション・レポート、そして昨日の英中銀MPCの議事録公開。そして今月25日に予定されている英第4四半期GDP改訂値 これらを全て総合して、今後の金融政策予想を出したいと思います。今 この瞬間だけに限って言えば、今 利上げしたら景気回復の芽を摘み取ってしまう事が心配だからです。出てくる数字全てが英景気の「健康度」に関して違ったシグナルを送ってくる事自体、やはり普通ではないと私は思っています。

もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2011/02/11 20:20 ] 英中央銀行 | TB(-) | CM(6)

英国GDPをめぐるミステリー

毎週金曜日に更新している「まね得」さんの連載!

昨日発表された NIESRによる2010年11月~2011年1月期のGDP
本日のまね得さんのコラムでは、その数字の解釈の仕方について自分なりに考えてみました。

是非お読みください!
このブログ右上にある まね得連載のバナーをクリックして是非お読みいただけると嬉しいです 
[ 2011/02/11 17:48 ] 経済 | TB(-) | CM(0)

NIESR GDP発表

経済シンクタンク: 英国立経済社会研究所 (NIESR the National Institute of Economic and Social Research)が 2010年11月~2011年1月までの3ヶ月のGDP値を発表しました。

数字は -0.1%

この数字自体は一旦置いといて、レポートの内容を読んでみたら驚いた事に、先月発表した2010年10~12月までの3ヶ月のGDP値 +0.5%を-0.5%に修正しています 

そしてもっと驚いた  事に、この修正は先月発表の数字だけでなく2010年10月発表時まで遡って修正されているんです。

修正前/後の変化は、
2010年8~10月 +0.4%/±0%
2010年9~11月 +0.6%/-0.2%
2010年10~12月 +0.5%/-0.5%

そして本日発表された2010年11~2011年1月 -0.1% という事です。

つまり過去の数字が相当の期間に渡って下方修正されている為、本日発表された-0.1%という数字は前月よりも「良い」数字として扱われているようです。

この修正によれば、英国は昨年秋から既にゼロ成長 又は マイナス成長に突入していた と言う事になります。
冗談でしょう?後だしじゃんけんするなよ!というのが私の第一印象でした。

もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2011/02/11 00:18 ] 経済 | TB(-) | CM(3)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ