fc2ブログ
2010 101234567891011121314151617181920212223242526272829302010 12

心配されるスペインへの飛び火

英タイムス紙日曜版の記事によると、スペインのサバテロ首相はスペイン代表企業37社(サンタンデール銀行やテレフォニカ等)のトップを集め、この週末の土曜日に緊急会合を開いたそうです。協議された内容は財政問題と雇用問題。

ギリシャ、アイルランドと拡大していくユーロ圏財政危機  がいつスペインを襲ってもおかしくない状況ですが、過去記事やまね得さんの連載(ブログ右上のバナーをクリック) でも書いたようにスペインは別格です。それを熟知している首相は、市場の攻撃に合う前に先手を打った形になっているようです。

*新たな「austerity plans」(経済建て直しと債務危機からの脱却を図るための措置)発表となるのか?

報道を読む限り、既に政府が発表している措置の効果を待つのが一番であるというのが経済界の一般的見方のようです。しかしサバテロ首相は追加策として「年金受給年齢65歳を67歳へ引き上げ」を示唆しましたが、野党側からの反対  にあっています。反対理由としては矢継ぎ早な経済立て直しプランは景気の腰を折るから....というもの。

現在サバテロ首相が挙げている財政危機対策の3本の柱は
1)財政赤字削減
2)貯蓄銀行の合併を含む銀行再編
3)経済構造改革

特に20%に達している失業率  の改善に対しては本気で取り組みたいようです。

*ユーロ危機の感染はまだまだ続く?

私の個人的な見方なのですが、ポルトガルがアイルランド同様 EU/IMFからの金融支援を受けるのは時間の問題なのではないか?と思っています。時期としては来年1月の早い時期くらいでしょうか?

今までの経緯を振り返ってみると、ギリシャは財政赤字対GDP非の改ざん そしてアイルランドは銀行預金の全額保護がきっかけとなり「ユーロ危機」を悪化  させました。ギリシャ危機が起こった時は初めての「ユーロ危機」だった為 市場の反応が過剰気味  になった事は事実です。そしてギリシャ危機が起こってはじめて、ユーロ圏には危機対策が全く整備されていない事があからさまになり市場はここを突っついてきました。慌てた加盟国代表やEU委員会関係者は「金融安定化基金」などの設立に走った訳です。その後アイルランドで「ユーロ危機」が囁かれ始めた頃から、ユーロ危機はソブリン危機に直結しはじめ、ソブリン債への投資家達が将来の欧州債投資方針の見直しをしなければいけない時期に来ている  と認識させられたと思っています。これにより ユーロ加盟国の将来の国債発行/入札が順調に行われるのか? もし順調に行かなければ加盟国の財政が廻って行かなくなる  ECBのみがそれらの国の国債の買い手とならざるを得ない  ECBのバランスシートの悪化 という非常に危険なシナリオ  に結びつく危険性が出てきました。



そこでECBは上に書いた危険なシナリオを避ける為に、’欧州金融安定化基金’ (総額7,500億ユーロ 1)EFSF  4,400億ユーロに及ぶユーロ圏政府保証付き欧州金融安定ファシリティー 2)EFSM  600億ユーロの融資を可能とする欧州金融安定メカニズム 3)IMF支援  2,500億ユーロ) を通じ、加盟国が新たな国債を発行する代わりに金融安定基金からの金融支援を受け、それにより財政政策を切り盛りする という形に変えることに成功  しました。その最初の国がアイルランドという事です。

ここまで事態が悪化してしまったからにはポルトガルへの感染はすぐに止められないでしょう。そして一度倒れたドミノはスペインへ飛び火  するのも時間の問題かもしれません。もしスペインが倒れると欧州金融安定化基金だけでは賄いきれないかもしれません。

その理由はEFSFの4,400億ユーロという枠自体が変化する可能性がゼロではないから.......と私は思っています。これに関してはまた後で記事にします。

スペインそして下手をするとイタリアと飛び火  候補(?)は後を絶ちません。ユーロ下落もそう簡単には収まらないでしょうね

それでは算数教室のお手伝いに行って来ま~~す!

もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2010/11/29 21:30 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

オズボーン財務相 秋の経済白書発表

すぐ下の記事の続きっぽくなりますが、本日ロンドン時間午後3時30分よりオズボーン財務相が「秋の経済白書」を発表します。英国では伝統的にこの時期には予算編成方針が発表されますが、現連立政権はやり方を変更しました。

今年の9月に政府による変更発表があった時、ブログで詳しく解説させて頂きました。是非 経済白書に関する過去記事 をお読みください。

本日の予定としては まず予算責任局が経済成長率予想などを発表  それを受けてオズボーン財務相が経済白書発表という段取りになるようです。なんと言っても本日が「初めての経験」 となる為、私自身も一体どのような影響を市場に与えるのか全くの未知数 

ひとつだけ判っている事は、以前の予選編成方針時のような「新たな増税」などという驚きの  発表は ない様子。これは英国に住む人間としては非常に助かります 

たぶんオズボーン財務相は自分が推し進めた無防備とも非難された大規模な歳出削減策が功を奏した事を自画自賛   するであろうと予想されています 

この後 英国債管理局(Debt Management Office = DMO)が今年度の国債発行総額に関する発表をするようです。これに関してはあまりニュースになっていませんが、英国債(Gilts)がこの発表をきっかけに右往左往した場合、ポンドにも影響出ますのでお気をつけ下さい 。 私はこの時間も相場が見れませんので、夜ニュースをチェックし気が付いた事があれば記事にします。

もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2010/11/29 19:15 ] 経済 | TB(-) | CM(0)

英予算責任局からの発表

お早ようございます 

本日英予算責任局 (OBR) から英景気/雇用動向予想が発表されます。時間なんですが、BBCテレビでは「ロンドン時間午後1時から」となってますが、一部の報道ではロンドン昼12時からというものもあります。

まず予算責任局(OBR)の説明ですが、現連立内閣の「保守党」の希望で設置された独立機関。
主な仕事内容として、経済成長率予想と見通し、政府の財政予想、政府に対して予算編成に関する勧告、赤字削減執行/達成状況の監視と報告、予算編成に向けての各省庁の(赤字削減に対する協力度の)監査などを担当します。

現在漏れ聞こえてきている内容として
・今年度GDPの上方修正(6月の発表時 +1.2%y/y  今回 +1.7~1.8% y/y)
・オズボーン財務相が各省庁歳出削減見直し案で発表した公務員解雇49万人 という数字を40万人へ変更?
・来年1月4日からVATが17.5%から20%に上がりますが、それによるGDPへの影響はマイナス0.3% これをもとに2011年度GDP予想を下方修正する可能性あり


私は算数教室のお手伝いがあるので、この発表時には相場が見れません 。 ポンド乱高下の要因となる可能性がありますので、ポジションをお持ちの方はお気をつけ下さい!

もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2010/11/29 18:30 ] 英予算責任局(OBR) | TB(-) | CM(4)

今週の見所

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
[ 2010/11/29 08:04 ] 過去のパスワード必要記事 | TB(-) | CM(-)

アイルランドへの金融支援策決定

月曜日の市場開始前に是が非でもアイルランド救済支援内容を固めようとしたヨーロッパ 
先週金曜日の夜にEU大統領、バローゾ委員長、トリシェ総裁、メルケル首相、出たがり  サルコジ君などが緊急コンフェレンス・コール を召集し、アイルランド救済支援の「最終決定」の概要を話し合ったそうです。この電話会合は土曜日にも持ち越された様子で、その内容を受け本日日曜日午後1時よりブリュッセルズで、緊急ユーロ圏財務相会合(ユーロ加盟16カ国)とEU財務相会合(EU加盟27カ国)が相次いで行われました。この場でアイルランドへの金融支援が承認された運びとなり、とりあえず月曜日の市場での「ユーロ暴落に対する防衛体制」が出来上がり、これ以上の「周辺国への感染」を防ぐのが狙いのようです 

*欧州金融安定化基金

今年5月にギリシャがこけた時、欧州が一丸となりユーロ加盟国の「落第生に対し金融支援します!」 「ユーロは不滅だ!」 という姿勢をアピール、ユーロ加盟国への金融支援が必要となった場合に備え、’欧州金融安定化基金’ というものが出来ました。この基金は総額7,500億ユーロとなっており、その内訳は 1)EFSF  4,400億ユーロに及ぶユーロ圏政府保証付き欧州金融安定ファシリティー 2)EFSM  600億ユーロの融資を可能とする欧州金融安定メカニズム 3)IMF支援  2,500億ユーロ

今回のアイルランドに対する支援はこの安定基金から出るようです。

*アイルランド支援総額850億ユーロ、金利は6.7%

日曜日の午後1時から会合が開かれて最終決定されたという割りには、日曜日のタイムス紙日曜版には既に850億ユーロという規模、そして支援の一部である融資に対する金利が6.7%という事実が報道されているのは、どうしてなのか  私にはよく判りません。事前に漏れ聞こえていたのでしょうか?

まぁそれはそれで置いといて、850億ユーロのうち500億ユーロはアイルランド財政赤字削減用、350億ユーロはアイルランド系銀行に注入可能な公的資金枠となるようです。

今回の支援決定報道を受け、アイルランド野党のFine Gael党 (フィナ ゲール)は融資金利が高すぎるので現政権の決定は受け入れられないとしているようです。受け入れないなら勝手にどうぞ!という感じですが、私は...

EFSFに関する「怪しげな見方」についてはまた後で別記事とします
取り急ぎ この記事更新!

もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2010/11/29 05:40 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX (株)さんで 連載スタート 【PR】
Net Money
FXダイレクトプラス
2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
フィリップ証券さんで連載始めました
フィリップ証券さんで
月2回 コラム始めました。
ロンドン発 松崎美子の
FXマーケットレポート

フィリップ証券

岡三証券
株価指数取引には、是非!


相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ