FC2ブログ
2010 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312010 11

ポンドを取り巻く環境

来週発表される各省庁歳出削減見直し案を巡り、福祉手当カット / 児童手当の一部廃止 / 大学授業料上限撤廃など英国で生活している私達を直撃  する話しばかりが報道されています。景気回復が「始まったばかり」 の現在、果たして英国は戦後最大規模の超緊縮政策を乗り越えられるのだろうか  が論点となっています。

週末ワシントンで開催されたIMF年次総会での記者会見で英オズボーン財務相が 「英国の景気が後退し、再度リセッションにおちいる危険を防ぐ為に英中銀MPC (金融政策決定の独立機関) が量的緩和策の増額を決定したら、私はそれに賛成し、その決定に従いたいと思う。」と発言したことは記事にしました。(関連ブログ記事リンク 

そして昨日、今度はキャメロン首相が 「景気浮揚と需要維持は金融政策の舵取りが最良の手段である」と発言 。なんだか英中銀MPCに包囲網が張られてしまった  感じです。

*英中銀 ポンド実効レート

TWI Oct 10

このチャートは米サブプライム問題が発生した2007年から現在までの実効レート日足チャート。歳出削減見直し案の内容が漏れ聞こえてくるにつれ、ずっと80台以上で推移していたレートが79台へ降りてきました。昨日の終値 79.29
これはポンドが対ドルで今年の最安値1.42台をつけた今年5月の実効レートのレベル (チャート上の黄緑の丸) とほぼ同じレベルです 

*英中銀量的緩和策増額再開の噂

教科書通りに言えば、財政政策 緊縮型  金融政策 緩和方向に導く  それによりバランスよい均衡を保つ という事になります。その背中 (金融政策の緩和誘導) を押すようなキャメロン首相やオズボーン財務相の相次ぐ発言。それに加えMPCのビーンズ理事も量的緩和策支持みたいな発言を昨日しており、現在のところ MPCでは利上げ派 1 に対し、利下げ派 2 という勘定になってきている模様。

*主要国で金融引き締め懸念がある国は?

まず筆頭に挙げられるのはオーストラリアですね。11月2日のRBA金融政策委員会で現在4.50%の政策金利を4.75%へ利上げ という事が予想されています。英国の量的緩和再開(緩和)とRBAの引き締め予想(緊縮)という両極端な金融政策見通しを受け、ポンド/AUDは25年来の安値を更新、1.60台を割り込みました。

次が欧州中銀(ECB)です。まぁ ECBはRBAとは違い、実際の金利上げという行動は取れません。しかし独中銀ウェーバー総裁はこの週末 「ECBの債券買い入れプログラムは効果を発揮していない為 終了させるべき。政策金利の引き上げ開始を先延ばしし過ぎるべきではない。」と発言し、出口戦略に関する言及と受け止められました。

もし英中銀がインフレ懸念がくすぶる中、政治的圧力に負けて(?) 量的緩和再開となった場合、ポンドは「借り入れ通貨」として再浮上せざるを得ないことになります。

最近のドル安は、米国がいち早く量的緩和策再開の可能性を示唆  した為に加速しました。それと同じ事が 今度はポンドに起こるという発想です。

*私の考え

英中銀議事録、そして歳出削減見直し案を見てから結論を出したいと思いますが、現在の英国は なんだか国中が 「先行き総悲観論者」 となりつつある為、恐くてポンドを買いから入れない雰囲気  は確かに漂っていると思います。そしてポンド/AUDの値動きを見ていると、なんだか量的緩和策再開への催促相場  のようにも感じ取れます。

ポンド/ドルですが、今日は1.5860台より上には行かないと思っていました.... でも簡単に越えてしまいましたね ....  もし戻りが1.5960辺りで頭を押さえられるのであれば (それに加え突然ドル売りを加速するようなニュースが出てこない限り) 一旦 1.54台真ん中あたりまでの修正が入ってもよいのでは  と思ってみています。

対ドルでのユーロの上昇は、ここからは穏やかなものになると思っていますが、対ポンドでは2009年からの高値を結ぶと0.89台に抵抗線が来ます。それに加えて 直近高安値(0.9411 / 0.8067)の半値戻しは達成し次は61.8%戻しの0.8898がターゲットとなります。つまり 61.8%戻し~0.89Lowくらいまでの上昇は視野に入れておいた方が賢明じゃないか?と思っています。ただ そこは上昇一段落かなと思います。

GBP/AUDに関しては、取引きしていないので あまりレベル感も相場観もなくてごめんなさい 

もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!

[ 2010/10/13 22:02 ] 売買取引 | TB(-) | CM(0)

2012欧州杯予選 イングランド引き分け.....

お早ようございます 

なんだか「急な頼まれ事」 が続いて、昨日も丸一日 外出していました。今日からは普通に相場が見れる予定です。

*イングランド vs モンテネグロ 引き分け 

昨夜は外出帰りに寄ったジムを早々に引き上げ、2012欧州杯予選試合をテレビで見ました。イングランド ホームでの試合なので、「今夜は勝たせて貰います!」 と思いきや結果は引き分け 。日本に帰国した時に買ってきた 大好物の「さきいか」とビール  を飲みながら、完全オヤジ状態でブツクサ言いながらの観戦でした。重量級の選手が勢ぞろいだった事に加え、ホームで引き分けかい? とちょっとがっかり 

途中 モンテネグロの選手が肩から腕にかけての部分でボールを操作(?)したようなので、イングランドの監督や選手が抗議  しましたが、レフリー (ドイツ人) はそのまま試合続行。後味の悪い結果となりました。モンテネグロのサッカーチームは2007年に出来上がったホヤホヤのチーム。そこに勝てんのか、イングランド?

*中国 今度はノルウェーに対抗措置か?

先日 ノーベル賞委員会による中国の民主活動家、劉暁波氏へのノーベル平和賞授与決定に対し不満タラタラの中国。ノーベル賞委員会とノルウェー政府とは全く別物という事実も完全無視し(?)、訪中しているノルウェーのバルグハンセン漁業・沿岸問題相と政府幹部の会談を相次ぎ中止した模様。ノルウェーは2008年より中国に対し欧州大陸初の「2国間貿易協定」を結ぶ為に地道な努力を重ねてきました。それが先日の平和賞受賞決定を機に頓挫状態 

このニュースを聞いた時に、私が日本に一時帰国中 新聞一面で報道されていた「尖閣諸島の問題で、SMAPも上海講演、中止か 」 を思い出しました。そして先週発表された中国による日本国債大量売り越しの事実 。 この売り越しの「本当の理由」が尖閣諸島問題に対する報復措置なのか、単純に日本国債短期債購入は一時的な資金非難だったのか?私には全く判りませんが.....いらついてるね、最近

*プライスウォーターハウスクーパー(PwC)のリサーチメモ

本日発表された同社のリサーチによると、英国の失業者は今後100万人以上増加する懸念があるそうです 。10月20日発表の歳出削減見直し案で各省庁の歳出が大幅カットになれば、公共部門から100万人、そしてその下請け業務をしている民間部門から最大50万人の失業者が出るだろうと予想している模様 

一番失業率が高くなるだろうと予想されているのが北アイルランド。同国の労働人口のうち、30%が公共部門に於ける雇用であり公共部門への依存が英国の中では一番高いというのが理由


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2010/10/13 17:42 ] マーケット | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ