FC2ブログ
2010 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312010 08

ドル円ブル・レポート?とポンド

全く内容は分かりませんが、NYにあるシンクタンクが 「ドル円強気!」 という内容のレポートを30分くらい前に出したという噂になってます。

現在 ドル円は 87.10近辺ですが、87.20/25が綺麗に上抜けしたら次の売りがある87.70/75くらいまで行くのかな?

*ポンド レジスタンスに苦しむ! 

新しく記事を書くより ここに挿入した方が簡単なので  入れておきます。

GBP July 10

百聞は一見にしかず、このポンド/ドル日足チャートを見てください。
チャート上に引いた太いピンク色の線 1.5525近辺を3度目のトライ しています。今 ポンドは1.5485近辺ですので、まだ上抜けしていません。

私はこれから出かけます  が、明日の朝くらいには上抜けしているでしょうか...?

もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2010/07/26 22:56 ] 売買取引 | TB(-) | CM(0)

株か?不動産か?

昨日 タイムス紙日曜版を読んでいたら、面白い記事があった のでご紹介します。

ここから10年という期限付きの話しですが、PwC (プライスウォータークーパーズ)が「果たして投資魅力に長けるのは 株式市場か不動産市場か?」という分析結果を発表しました。

*過去10年間の実績

ここから10年の予想を話す前に、果たして過去10年の市場動向はどうであったか?に注目してみましょう。
PwCの調べでは 
株式市場 +17%(配当分込み)に対し 不動産市場は平均して+98%上昇しているそうです。

*株式市場への投資魅力の方が大きい!

今後10年間のそれぞれの市場の業績予想として

株式市場 年間5%づつ上昇
  
もっと詳しく書きますと、株式市場の年間変動予想幅として -5~+15% を挙げており、この中間変動幅として 上記の+5%という数字を拾っています。

不動産市場 年間2%づつ上昇
   
もっと詳しく書きますと、不動産市場の年間変動予想幅として -1~+5% を挙げており、この中間変動幅として 上記の+2%という数字を拾っています。

つまり株式市場は不動産市場の2倍以上の上昇率を予想 
それに加え、10年後の2020年末時点の不動産価格は2007年につけたピーク時よりも低いと予想しています。

*私自身の感想

PwCがどういう手段で上記の予想をたてたのかは分かりませんが、イギリスには未だに ’不動産が一番投資魅力がある’  という「神話」が残っているように感じます。

私事で恐縮ですが、実は2008年末に子供の僅かな預金が満期を迎えたので それを「FTSE100株価連動預金」に移しました。当時はイギリス全体が異常に暗い時期  でありクレジット市場は完全凍結状態 、 どの銀行も限りなくゼロに近い預金金利しか提示してくれませんでした。もちろん アイスランド系銀行に預金しようと思えば出来ましたが、自分が行った事のない国へ預金はしない主義ですし、ましてや子供の預金ですので「元本保証」は絶対必要条件  でした。上記の「FTSE100株価連動預金」は元本保証が付いており、満期(5年後)時点で株価上昇率を預金者と銀行が半々に折半するという内容です。そもそも5年後の株価予想なんて私には無理な事、半分も持って行かれるのが悔しかった事もあって非常に悩んだのですが、元本保証に引かれて選びました。

2008年末から5年後、つまり2013年ですね。ロンドン・オリンピックが終わった翌年、どうなっているのかが楽しみです。不動産価格は 今後のクレジット市場動向に直結していますから、それが立ち直るきっかけがあれば、不動産も回復するように個人的には思っています。


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2010/07/26 20:32 ] 経済 | TB(-) | CM(0)

日銀円売り介入に踏み切るか?(WSJ紙)


今週の日本のマーケットは主要企業の決算発表を控えて見送りムードいっぱいだと思います。米WSJ紙を読んでいたら、円高の影響を考慮し 「果たして日銀は円売り介入に踏み切るのか?」という記事を見つけました。これは日本のアナリスト達の見解が紹介されているので もしかしたら既に日経新聞等で何度も記事になっているかもしれません  が 念の為にご紹介します。

*三菱東京UFJ銀行 セールス部門の見解
結論から申し上げれば、日銀は円売り介入をすべきでないと思っている。その理由は 介入をする場合 日銀単独介入とならざるを得ないからだ。日銀に限らず、どこか一カ国の中央銀行が単独で市場介入する場合、介入で動かせる幅は小さすぎ、中央銀行が求めている市場のトレンド変更には繋がらず、投機筋の絶好の売り場(又は買い場)を提供するだけに終わってしまう。そのいい例が最近のスイス中央銀行によるスイス・フラン売り介入だ。一旦スイス中銀がフラン売り介入を終わると、市場参加者はこぞってフラン買いを推し進め、結果として現在のフラン・レベルは最初に介入したレベルよりずっとフラン高になってしまっている。

*三菱東京UFJ銀行 ストラテジストの見解
現在のドル円レベルはドバイ・ショックより若干円高であるだけだ。ここで日銀が実弾介入をするとは到底考えられない。今後 85円を割った円高が進行すれば、野田財務相 そして管首相から強烈な円高阻止発言が出ると考えらえる。もし 市場が80円を目指す相場展開となった場合、何らかの動きが出てくると想定する。

*信金投資顧問の見解
もし日本が円売り介入を実施した場合、投資家はそれを絶好の円買い局面として捉えるだろう。相当多数の投資家達は円買いの機会を待っている (⇒ 理由は書かれていません)。もし日銀が単独でなく 米連銀や欧州中銀と協調介入をするというのであれば、話しは違ってくる。しかし米国が中国に対し元レートの自由化を要請している現在、米連銀が通貨介入するとは思えない。

*野村證券の見解
日本は円売り介入に踏み切るべきだ。介入による円安効果は一時的である事は十分に承知している。しかし日本政府は輸出企業を助ける為にも介入に踏み切るべきだ。輸出企業の社内レートは現在のドル円レベルよりもずっと円安レベルに設定されている為、レパトリ(円転)玉を多く抱えている企業ばかりだ。

*バークレイズ銀行東京の見解
日本の輸出企業の海外市場での競争力は弱まっており、日本はこれ以上の円高を許容出来ない。最近の政府内部からの発言を考慮すると、円売り介入実施のチャンスは高まっていると考えられる。特にドル円が85円を割り(=85円より円高になる)日経平均株価がそれを嫌気して下落した場合は尚更だ。

*シティ銀行東京の見解
最近 日銀は、国内経済について「海外経済の改善を起点に緩やかに回復しつつある」と語り、先行きも「輸出や生産が増加基調を続け回復傾向をたどる」と語った手前、円売り介入に踏み切るのは難しいと思われる。政府の財政政策も緩和からニュートラルへと移行してきた。全体的な印象としては、果たして日本政府は円高の影響をどこまで心配しているのかがはっきりしない。介入という手段を取る前に出来る事があるのではないか?

こんな感じみたいです。スイス中銀の「失敗とそれに絡む損失」を考えると、単独で出るとは思えないのですが.... 

もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2010/07/26 18:44 ] マーケット | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ