FC2ブログ
2010 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312010 08
月別アーカイブ  [ 2010年07月 ] 

英ダブル・リセッション懸念

all hell broke loose  
こんな言葉がピッタリのポンド下落 。 私は 午前中ずっと治療を受ける為 外出していたので実際の値崩れを見ていません。噂によると、オランダ系銀行が売りオーダーの量を間違えた...とかいう話しになっているようです。

まぁ どれが本当の理由か分かりませんが、本日はポンドにネガティブなニュースが2つ出ています 。 いずれも 英国のダブル・リセッション懸念に関するもの


*財政調査委員会のダブル・リセッション懸念

政府財政調査委員会は 先月オズボーン財務相により発表された緊急予算案の内容に対して too much too soon    (早急すぎる過度の緊縮財政) という見方を発表しました。一応 プラス成長に移行したとは言え、リセッションから完全に立ち直り力強い成長を遂げられるかどうかの瀬戸際  である今、過度の緊縮財政は成長率の上昇を遅らせる / 下落する危険性  を伴うものとなる可能性がある としています。この財政調査委員会のメンバーの大半は保守党議員である点が 皮肉です。

話しが数ヶ月前に戻って恐縮ですが、5月に総選挙が行われた時 当時ブラウン首相率いる労働党は 「景気回復を確認してから財政赤字削減策を強行する」 と語ってきました。それに対し 格付け会社による格下げ  赤字国債購入者がいなくなるのを不安に思った保守党は 「政権を取ったら即刻 赤字削減/増税処置を取る」 といい続けていました。実際 保守党は連立政権確立後 選挙公約通り ガンガンに 「緊縮財政ぶり」 をマーケットに示し、市場参加者も格付け会社も 「英国は頑張っている!」という太鼓判  を押してくれました。

よく記事を読んでみると、長期的には赤字削減は景気回復にプラスとなるが、短期的には too much too soon だ!と言っているようです。もし この懸念通り 景気回復の芽が摘まれリセッションに逆戻りした場合は、オズボーン財務相は赤字削減案の緩和を余儀なくされ 、 量的緩和策の増額もあり得る  としています。最後に付け加えますが、リセッション逆戻りの要因としては、英国の緊縮財政だけでなく世界的な景気回復の脆弱さも挙げています。

*オズボーン財務相とケーブル・ビジネス相

本日の英ガーディアン紙によりますと、今週金曜日に発表される欧州/英国系銀行を対象としたストレス・テストの結果を待ち、来週 (具体的に いつかは書かれていません)にでも 両氏は英国が再度リセッション入りしてしまう危険性について発言するとなっています。

理由は、英金融機関による中小企業向け貸し出しが未だに活発化されておらず、これを懸念した両氏は「貸し出し危機」 という言葉を使用し、この危機が継続するのであればダブル・リセッションに逆戻りしてもなんら不思議はないと見ているようです。

英中央銀行月報によると、中小企業に対する資金フローに関しては 貸し出しより返済金額の方が大きくなっている状態が継続。銀行が自己資本比率を高めようとする努力は理解出来るが、このままでいくとイギリス経済の活性化は無理になり、景気成長も息切れしてしまう  という懸念

銀行側は、中小企業からの借り入れ要求が少ないので それを逆手にとって貸し出し危機という名で銀行業界を非難されたらたまらない!と憤慨  しているようなのですが、実際の借り手である中小企業側の声を聞いてみると 「過去に何度も銀行に足を運んで資金繰りの相談をしたが 法外な金利をふっかけられ借りたくても借りられない状態が続いている 。 又は 銀行からお貸し出来ません  と拒否されたので、もう足を運ぶのを諦めた 」 という声ばかりが聞こえてくるそうです。

最初に書きましたが、イギリスの銀行のうち4行(バークレイズ、RBS,ロイズ、HSBC)が今回のストレス・テストの対象銀行となっています。4行全てテスト結果は大丈夫  と予想されていますが、万が一 どこかの銀行の自己資本増強義務が課せられた場合、更に中小企業向け貸し出しは厳しくなりそうです。

もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2010/07/21 23:11 ] 経済 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ