fc2ブログ
2010 051234567891011121314151617181920212223242526272829302010 07

ワールドカップの経済効果は?

日本 カメルーン戦での勝利 おめでとうございます!      私は算数教室があって 試合を観戦出来ませんでしたが、帰宅後 すぐに得点をチェックしました。

さて、先週末 イギリス対アメリカが行われました。結果は 1対1の引き分け 。 しかし 米国の1点は英国のゴールキーパがファンブルしての得点となり、イギリス全体が悔し涙  を流しました。

これがその時の様子です。


私もテレビの前にビールとポテトチップの大袋を置いて、完全にオヤジ状態で観戦しましたが、この瞬間 体中の力が抜けていくのを感じました。イギリス対アメリカの試合を現地で観戦したイギリス人は 15,000人、この人達のほとんどは 今週金曜日に行われる第2戦:イギリス対アルジェリア戦を見る為に、1,800キロの自動車移動が待っているそうです。こういう人達の中にはホテルの予約が取れなかった人達も多数おり、テントを張って生活しているそうです。現在冬の真っ只中である南アでのテント生活、食事もまずい 、そこに来て イギリスの失点  と来ましたから、怒りと不満が溜まりに溜まっている様子。

ちなみに金曜日の試合はイギリスからウィリアム王子と弟のハリー王子も観戦されます。

イギリス人のサッカー好きは時々度を越している  と感じる時がありますが、今回のワールドカップに関しての興味深い数字がありますので ここでご紹介します。


・テレビ観戦者数 推定2,000万人

一番最新の人口数は 英国連邦全体で6,100万人、イギリスは 5,100万人となっています (2008年度)。そのうち62%が16~60歳の就業年齢の人達  5,100万人の62%は 3,160万人くらいです。

2,000万人が観戦したと言う事は、イギリス全人口の4割、就業年齢に限って言えば 6割以上。もちろん60歳以上の方も多数観戦された筈ですので なんとも言えませんが、まぁ 普通の大人の2人に1人はテレビに釘付け状態だったという感じでしょうか?

・パブではなく 自宅観戦の理由は?

景気が良かった時は 気の合う友達と一緒にパブでビールを飲みながら  観戦というパターンが多かったように記憶しています。しかし リセッションからやっと立ち直った病み上がりの英国、そして ワールドカップに向けてビールの安売り競争を始めた大手スーパ。

現在 パブで1パイントのビールの値段はたぶん2ポンド50ペンスくらいから3ポンド50ペンスくらいだと思います。それに比べて スーパーの値引き合戦のお陰(?)で 1パイントのビールの値段は 55~60ペンスくらいにまで下がっています。私も先週末 近くのスーパで ビール3ケース 20ポンド (バトワイザー、カールスバーグなど5種類から選べる。1ケース ⇒ 缶ビール440ml 12~15缶入り)で買って来ました。

・90万人の男性が 自宅に「自分専用ワールドカップ観戦コーナー」を作った

単純としか言いようがなく これを知った時 笑ってしまいましたが、これだけの人数の男性達は 大型テレビ+自分専用の椅子+観戦中に飲むビール専用の小型冷蔵庫 を買って、観戦コーナーを作ったそうです。それに掛かった費用は一人当たり平均463ポンドとなってますが、大型テレビがそんな安い訳ないぞ!と文句言ったりしてます、私。

・テレビの売り上げ急増?

ワールドカップ初日に間に合うよう 120万台の大型テレビとテレビ・パッケージが売れました!

・ワールドカップが与える経済効果

イギリスがグループ戦で勝ち進む度に  1億2,600万ポンドの経済効果が見込めるそうです。主な内容としては ビール、スナック、イギリスチーム関連商品の売り上げ

・デブが増える? 

イギリスの試合を観戦中に平均的男性が取るカロリー合計は  5,567カロリーだって    内容は 宅配大型ピザ、何本ものビール、ポテトチップなどのお菓子類の合計

・勝っても負けても ゴシップは絶えない?

イギリスの試合が終わってから 友達、同僚、家族と試合内容について話し合う時間は 一人平均3時間21分だそうです。

・ワールドカップ中の経済損失

仕事中にワールドカップ試合観戦の為 テレビに釘付け状態になっている人や サッカーに関する仕事中のお喋り、挙句の果てには 試合観戦中のビール飲み過ぎが原因での「翌日 仕事欠勤」による経済損失は なんと 10億ポンド

という事は、イギリスが優勝したとしても 経済損失の方が経済効果よりも大きいという事ですか?残念だなぁ 

もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2010/06/15 22:18 ] イギリスでの生活・食事等 | TB(-) | CM(4)

英5月インフレ率を見て....

英5月インフレ率
CPI +3.4% y/y  (予想 +3.5%、4月 +3.7%)
RPI +5.1% y/y  (予想 +5.0%、4月 +5.3%)
RPIX +5.1% y/y  (予想 +5.0%、4月 +5.4%)

*数字を見た瞬間の反応

数字を見た瞬間  とした英国人は多かったのではないでしょうか?私自身も やれやれ......  とちょっとだけ安心してしまいました。ホッとした理由は、景気回復が本格化していないにも関らず、先進国で唯一 英国だけがインフレ率上昇に歯止めがかからなかったから  です。もちろん英中銀による量的緩和策により マネー・ジャブジャブ状況なので そんなの当たり前じゃないか!というコメントを先月頂きましたが、それだったらアメリカでも同様の事が起こっても不思議じゃないのでは?という素朴な疑問も起こります。一言 「原油価格の変動が激しいからその影響だ」 と片付けてしまうオチャラケ・エコノミスト軍団もいるようですが、原油価格の変動は世界的問題であり、特に英国インフレ率だけを襲う要因でないのは明らかです。

*大きな流れは?

5月のインフレ率が今年の2月以来やっと下がった  と言っても、未だに英中銀インフレ・ターゲットレベル2%よりも俄然高く 、 それが理由で英中銀キング総裁はオズボーン財務相に書簡を手渡さなければならないのも事実です。つまり5月のCPIが若干下がったとは言え、大きなインフレの流れには全く変化がないままなのか?それとも英中銀がインフレ・レポートで述べているように、今月の数字から徐々にインフレ率の下落が開始され、来年第1四半期には ターゲット・レベルの2%を割り込むのか? その答えを心待ちにしているのは私だけではないでしょう。

*インフレ上昇継続の危険性

英中銀金融政策理事の一人であるセンタンス氏は週末のタイムス紙のビジネス欄で、利上げの可能性を記事にしていました。

英国金融政策当局は、ここ数ヶ月 英インフレ率が主要国内でも飛びぬけて高い理由を
1)インフレ上昇は一時的要因によるもの
2)時限措置としてVATを17.5%から15%へ下げたが、その期限が切れたので VATはまた17.5%へ戻った。それによる一時的なインフレ押し上げ要因
3)ポンド安による輸入インフレ要因

としてきました。そして 本日 CPIの若干の下落に対し、一部のエコノミストは 「最近のポンド実効レートの上昇 によるインフレ相殺効果」と評価しています。果たして ポンド実効レート上昇が本当にインフレ率低下に寄与しているのか 実際にチャートで調べてみました。
TWI GBP June 10
最初のチャートは 英統計局作成の英インフレ率チャート(過去2年間分)です。次のチャートは同時期の英中銀ホームページからデーターを引っ張ってきて 私が作成した「ポンド実効レート 過去2年分」です。

両方のチャート上に 赤丸 と 黄緑枠 2つを入れています。

・赤丸の時期
この時期は 英インフレ率が大幅に下落しました。もし 上記のエコノミスト弁が正しいのであれば インフレ率下落 ポンド実効レート上昇 が起こっていなければなりません。
ポンド実効レートのチャート上の赤丸の部分を見て頂ければ一目瞭然ですが、実効レートは上がっているどころか、大きく下落しています。

結論: インフレ率下落は 実効レート上昇と同時進行するとは 限らない。この時期のインフレ率下落は 英成長率(GDP)下落によるものと見ています。

・黄緑枠の時期
この時期はインフレ率が上昇気流に乗っています。もし 上記のエコノミスト弁が正しいのであれば インフレ率上昇  ポンド実効レート下落 が起こっていなければなりません。
実際のポンド実効レートはと言えば、大きなレンジの中で上下しているだけです。

結論: この時期に関しても、ポンド実効レートとインフレ率動向との関連性は見いだせられませんでした。

*今後の課題

過去2年のインフレ率と実効レートの比較だけで、エコノミスト弁が正しくないと結論を出すのは少々無理がありますが、ポンド安/高に直接影響する食料品、衣料品、靴などの品目に関しては 今後とも注意継続だと思います。もし ポンド安 が再度 英国を襲った場合、それでも 上記の品目からのインフレ上昇要因が鈍化していた場合は、たぶん GDPが低空飛行していると考えるのが妥当であり、その場合は英政策金利は現在市場が予想している通り、少なくとも来年までは利上げなしであると見てもよいかもしれません。

緊縮財政下での金融引き締めは出来ないというのが基本ですが、唯一の心配は来週発表される緊急予算案で VATが現在の17.5%から20%まで税率引き上げが「即刻」実施された場合、またまた 一時的要因という名の「インフレ懸念」が台頭します 。 この場合 VAT上げが景気回復の芽を完全に摘んでしまうのか、それとも VAT上げに抱き合わせる形で 年金受給者などに限って年金控除枠を設定するなどの措置を取るのかが鍵となると思っています。

いずれにしても 現在イギリスを沸きに沸かせている ワールドカップが終わり イギリス全体が「現実」に引き戻されてからが本当の意味の勝負になるというのは間違いありません。

もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2010/06/15 19:41 ] 経済 | TB(-) | CM(3)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX (株)さんで 連載スタート 【PR】
Net Money
FXダイレクトプラス
2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
フィリップ証券さんで連載始めました
フィリップ証券さんで
月2回 コラム始めました。
ロンドン発 松崎美子の
FXマーケットレポート

フィリップ証券

岡三証券
株価指数取引には、是非!


相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ