FC2ブログ
2010 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312010 06

米下院の決断

もっと早く記事を更新しようと思っていたら、不動産屋さんから連絡があって  なんだかんだと2時間以上も揉めていました。こういう予想外の出来事  って 対応に時間が取られます。悪い事に 未だに何も解決されていません 。腐るわ、 本当に 


ええと、何が書きたかったというと、ニュースを調べていたら 米上院に於けるIMF加盟国への資金支援に関する記事を見つけて 驚いた! という事なんです。

米上院は 「IMF(国債通貨基金)による加盟国への資金支援に対し、対象国による返済が見込まれない場合には、支援を反対する」 という法案を 賛成94票、反対ゼロ で可決した という内容。
ゼロですよ、ゼロ 

まぁ、特にIQが高くなくても この「返済が見込まれない対象国」というのは ギリシャを指しているんだろうな  というのは、簡単に見当が付きます。

アメリカは既に 今月承認されたIMFによる400億ドル相当のギリシャ融資に対し、間接的に資金支援しているので、これ以上 米国民の税金をギリシャ支援に使うのは勘弁してくれ! と言ったところでしょう。先週突如として決定した欧州緊急支援策(7,500億ユーロ / 1兆ドル 相当)に於けるIMFの分担は ドル価にして 3,170億ドル。アメリカはIMFの最大出資国 (約17%) である為、当然 ギリシャへの負担も最大となる計算ですが、同時に 最大出資国であるが故、拒否権を行使して決定を阻止する事も可能です。

上院議員の一人は、「米国は カリフォルニア州や ニュージャージ州が財政困難に陥った時、EUに対し これらの州に財政援助をして助けてくれ! とは絶対に頼まない。それと同じで、EUは ユーロ加盟国の救済に米国民の税金を当てにすべきでは ない 」 と語っています。他の議員も 「サブプライム危機が発端となった世界規模の金融不安のお陰で、米国民は もう 嫌と言うほど財政的困難を経験した。そこに持ってきて 今更 外国のある政府が財政困難で苦しんでいるから私達 (米国民) が一生懸命働いて払った税金をどうぞお使い下さい なんて言うと思っているのか?」 とも語っています。こういう時に私はいつも感じるのですが、アメリカ人の発言って ストレートですよね。非常に分かりやすい 

これに加え、米政治のキャピタル:ワシントンD.C.の政治家の間では、IMFが フランス人の総裁 (ストラスカーン氏) のお陰で 欧州救済の必然性に対し 必要以上に欧州寄りに偏った影響力を与えられたのでは ないか?  という疑問が囁かれはじめてきたようです。もし 総裁がフランス人でなく 全く欧州に関係のない国の出身者であれば IMFの対応もかなり違っていたのでは ないか?という事ですね。まぁ それは 私にはよく分かりませんが、米政治家達が恐れているのは、欧州支援策に対するIMFの対処の仕方が間違っていれば IMFの信頼/信用性に傷がつく という懸念でしょう。

この上院の対応が 今後 どういう形でギリシャ救済に影響してくるのか わかりませんが、ユーロ 本当に大丈夫なんでしょうか.... 

今日は 中国がユーロに対し前向きな発言をし 同時に 中央銀行と見られるユーロ買いがサポートしてきたようです。しかし私の目からみると、ECBの対応は常に後手に廻っており 市場をミスリードしてきました。そして このブログでも 禁じ手中の禁じ手と扱ったECBによる加盟国の国債買取も実施されています。この国債買取は 個人的には ギリシャ救済というのは表向き、本音は ギリシャをはじめとするPIIGS諸国の国債保有高が非常に高いフランス系銀行の救済  と言い換えても決して間違っていないと思っています。だから 先週 欧州緊急支援策決定の会合で サルコジ大統領は 支援を渋る独メルケル首相に対し 大声を張り上げて ケンカ状態になり、「同意しないのならフランスがユーロから脱落するぞ 」 と脅しをかけたのかもしれません。私がメルケル女史の立場だったら 「出来るものなら やってごらん!」 と開き直ってしまうかもしれません。可愛くない女です 笑

追記:
本日のユーロ・サポートの 他の理由として スイス中銀による ユーロ/スイス・サポートの話しをしている人もいました。昨日(月曜日)だけでも スイス中銀は推定 55億8,000万ユーロ相当のユーロ買い/スイス売りを実施しているそうです (しかし ここまで詳しい数字 どっから拾って来るのでしょうかね....)。こういうユーロ買いが徐々に他のユーロ・クロスをもサポートしはじめてきた というお話し


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2010/05/18 22:24 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(8)

キング総裁がオズボーン財務相に充てた書簡

Dear Chancellor,

Tomorrow the Office for National Statistics (ONS) will publish data showing that CPI inflation rose to 3.7% in April. That is more than one percentage point above the target. Under the terms of our remit, I am therefore writing an open letter to you on behalf of the MPC. As requested by the National Statistician, in order to avoid conflict with the release of the official CPI statistic, the Bank of England will publish this open letter at 10:30am tomorrow.

Our remit specifies that we should explain why inflation has moved away from the target, the period within which we expect inflation to return to the target, the policy action that the Committee is taking to deal with it, and how this approach meets the Government's monetary policy objectives.

Why has inflation moved away from the target?

Inflation has risen from 1.1% in September 2009 to 3.7% in April. The MPC's assessment is that that rise is largely accounted for by three factors: first, the impact of higher oil prices, which on average in April were nearly 80% higher than at the beginning of 2009, pushing up on petrol price inflation; second, the restoration at the beginning of January of the standard rate of VAT to 17-1/2% and third the continuing effects on inflation of the sharp depreciation of sterling in 2007-8. The MPC judges that together these factors more than account for the deviation of CPI inflation from target and that the temporary effects of these factors are masking the downward pressure on inflation from the substantial margin of spare capacity in the economy.

Over what period does the MPC expect inflation to return to the target?

The change in VAT and higher petrol prices will continue to be reflected in the overall price level. But, unless they increase further, that should affect the twelve-month CPI measure of inflation for no more than a year. Moreover, the continuing impact of the past depreciation of sterling is still pushing up on consumer prices, but likewise the effects on inflation can be expected to wane over time. As this happens, the MPC expects that inflation will fall back. Nevertheless, inflation has been somewhat higher than expected over the past year and the Committee is conscious that the pace and extent of the prospective fall in inflation are highly uncertain. It will monitor developments closely.

Money growth and nominal spending growth show signs of recovering, at least in part as a result of the Bank's asset purchases. Output growth has also picked up and the projections outlined in the May Inflation Report show that its pace is likely to increase. The May projections also suggest that, absent further price level surprises, it is likely that inflation will fall back to target within a year. Thereafter, as discussed in the Report, the MPC expects that the effects of the persistent margin of spare capacity in the economy - built up during the recession - will continue to pull down on inflation, probably bringing it below target for a period. But if the recovery continues as expected, that will gradually erode the slack in the economy, bringing inflation back to target.

What policy action are we taking?

In my letter to your predecessor three months ago, I explained the unprecedented action the Committee took in response to a large contraction in demand to ensure that the outlook for inflation in the medium term remained consistent with the 2% target. At its May meeting, the Committee judged that it was appropriate to maintain the current stimulatory stance of monetary policy. The low level of Bank Rate, together with the continued effects of money-financed asset purchases, are providing a significant boost to nominal spending which should continue for some time. That will help to keep inflation on track to meet the target in the medium term. But the MPC is very conscious that there are risks to inflation in both directions. On the downside, there is a risk that inflation will turn out to be weaker, perhaps because the influence of spare capacity in the economy could be more significant than assumed. On the upside, there is a risk that inflation may be raised by further commodity price increases or other price level surprises. And if the current period of above-target inflation causes inflation expectations to move up that may lead to some persistence in the current high level of inflation.

The MPC will continue to set policy to keep inflation on track to meet the inflation target in the medium term, taking into account the balance of risks. We stand ready either to expand or reduce the extent of monetary stimulus as needed.

How does this approach meet the Government's monetary policy objectives?

By keeping inflation close to the 2% target in the medium term, the Monetary Policy Committee will make its most effective contribution to economic performance in the United Kingdom. Price stability, as the remit to us states, is 'a precondition for... high and stable levels of growth and employment'. And so, by keeping inflation low, we will thereby support growth and employment. The events of the past few years and the heightened degree of uncertainty have made clear that - now more than ever -the importance of a stable and transparent monetary policy framework is paramount.

I will place this letter on the Bank of England's website for public dissemination

もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2010/05/18 19:20 ] 経済 | TB(-) | CM(0)

オズボーン財務相がキング総裁に充てた手紙

Dear Mervyn,

Thank you for your letter of 17 May on behalf of the Monetary Policy Committee (MPC) regarding today's CPI inflation figure, written under the terms of the MPC's remit.

I am grateful for your explanation of the current elevated rate of inflation, at 3.7 percent for April. A number of temporary factors have contributed to this elevated rate of inflation, including the VAT rate rise in January 2010 and high fuel prices. Clothing and footwear prices and duty increases for fuel, alcohol and tobacco have also contributed to the increase in inflation between March and April this year. The MPC's remit allows it to look through short-term movements in inflation and I note the Committee's view that the current elevated rate of inflation is expected to be temporary. I am sure that you will remain vigilant towards any upside risks to inflation, including the risks to inflation expectations, of any prolonged period of above target inflation.

I note that the MPC expects CPI inflation will fall back to target within a year. Thereafter, your letter states that downward pressure from the persistent margin of spare capacity will probably cause inflation to fall below the target for a period. The latest Treasury-compiled Comparison of Independent Forecasts is broadly in line with this view and shows the average forecast for CPI inflation at 2.1 percent in the fourth quarter of 2010 and 1.7 in the fourth quarter of 2011.

I welcome this opportunity in our exchange of letters to state clearly the Government's absolute commitment to maintaining price stability, and as Chancellor I will support the MPC's decisions and actions to meet the 2 percent inflation target as measured by the 12-month increase in the Consumer Prices Index (CPI).

As we have discussed, over the longer term I would welcome your views on how we might accelerate the process of including housing costs in the CPI inflation target.

For its part, the Government sees the reduction of the fiscal deficit and ensuring economic recovery as the most urgent issues facing the UK. It will be a priority for the Government to deliver a significantly accelerated reduction in the structural deficit over the course of this Parliament.

The Government has announced that it is committed to making savings of £6 billion in non-front line services in 2010-11. As I announced yesterday, the great majority of these savings will be used to reduce the record deficit. I am grateful for your positive assessment of the advisability of these plans, which you provided at the Inflation Report press conference.

Yesterday, I announced that Sir Alan Budd will chair a new Office for Budget Responsibility (OBR), established on an interim basis, to make an independent assessment of prospects for the public finances and the economy before the emergency Budget due on Tuesday 22rd June. The Government's new macroeconomic framework will therefore combine the independent and transparent approach to monetary policy with a similarly independent and transparent assessment of the fiscal position.

By establishing fiscal credibility through an improved fiscal framework and early action to tackle the deficit, the Government's fiscal policy will therefore support the recovery and the goal of price stability. My aim is that fiscal policy will allow monetary conditions to remain supportive while maintaining low and stable inflation.

I am depositing this letter immediately in the libraries of both Houses and on the Treasury website.

私もまだ読んでいないので 翻訳 待って下さい... ごめんね

もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2010/05/18 19:12 ] 政治 | TB(-) | CM(0)

英中銀総裁 財務相あてに書簡提出

英インフレ率(4月分)が発表されました。

CPI +3.7% ⇒ 2008年9月以来の高さ
RPI +5.3% ⇒ 1991年7月以来の高さ

*RPI

イギリスに住んでいますと、CPIよりもRPIの方が大事です。その理由は RPIには住宅ローン金利支払い分コストが含まれており、イギリスの現状をより正確に伝えてくれるからです。私が渡英した当時は CPI という形でインフレ率を表示していませんでしたが、現在は欧州全体のインフレ率を比較する意味で 英国もCPIをメインとしています。しかし イギリスに於ける各種のローン金利、代表的なものとしては 大学生が学費や生活費を借り入れる手段として一般的な「学生ローン」の金利は RPIを元にして計算されます。

前置きが長くなりましたが、今年4月のRPIがどうして ここまで高い数字になったかと言えば、昨年4月 住宅ローン金利支払い分コストは -7.7%と大幅マイナスになりました。そして今年4月は若干アップの +0.6%。つまり この住宅ローン金利支払い分コストの大幅マイナスから若干プラスのスイングが +5.3%という1991年来の高い数字となりました。

*CPI

労働党が最後に発表した2010年度予算案で決定されたアルコール/タバコ税の増税が新会計年度である4月より実施され、それが CPI押し上げ要因のひとつとして挙げられています。

*英中銀総裁による書簡

1997年当時の労働党政権が英中央銀行を独立させて以来、インフレーションターゲット 2.0% ±1.0%を許容範囲としています。もし この許容範囲をCPIが越えてしまった場合 英中銀総裁は財務相充てに 理由を説明した書簡を手渡す義務があります。今回も CPI +3.7%なので キング総裁は新財務相であるオズボーン氏に書簡を渡しますが、今回の書簡は1997年以来 7回目となります

この書簡に対し、新財務相であるオズボーン氏は「返事」を書きます。

時間がはっきりしていませんが、市場では ロンドン時間午前10時30分 (あと10分!)くらいに それぞれの書簡が一般公開されるという話しが広まっています。

特にオズボーン財務相から どのような反応が示されるのか、この高インフレにより財政政策になんらかの影響を及ぼすのかが 見所です。

急いで この記事を更新しますね

もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2010/05/18 18:18 ] 経済 | TB(-) | CM(1)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ