FC2ブログ
2010 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312010 06

英連立政権に対する世論調査結果

総選挙も終り 65年振りに連立政権が誕生した英国  です。有権者による新政権に対する世論調査結果をお伝えします。

調査機関: YouGov
対象人数: 1,489人
時期:    5月13~14日


・キャメロン首相とクレッグ副首相に対する評価

キャメロン首相
よくやっている 48% 
全然ダメ    12% 

クレッグ副首相
よくやっている 48% 
全然ダメ    14% 

・新しい連立内閣は英国にとって 

良い事だと思う 46%
悪い事だと思う 27%
分からない   27%

・保守党単独過半数以上の政権と比べ 保守/自民党の連立政権は

(連立政権の方が) 良い 47%
(連立政権の方が) 悪い 23%
どちらでも変わりなし    16%
分からない          14%

・この連立政権は5年継続出来る思いますか?

出来ない  59% 
出来る   25% 
分からない 16% 

・5年間期限付き連立内閣という両党間の合意内容に

賛成する 60%
反対する 29%
分からない 11%

・この連立政権は 英国という国に強いリーダーを与えましたか?

はい  50%
いいえ 36%
分からない 14%

・連立相手である保守党と自民党は じきに 争いを起すと思いますか?

はい  45%
いいえ 42%
分からない 13%

・来月発表される予定の「緊急予算案」で増税が実施されると思いますか?

はい 74% 
いいえ 16%
分からない 10%

・大幅な歳出削減策が今秋に発表されると思いますか?

はい 85%
いいえ 10%
分からない 5%

(緊急予算案は来月発表されます。そうなると 今秋って 何だろう?  と私も思ったのですが、たぶん 予算編成方針 英語でいうと Pre-Budget 以外 思い当たりません)

・先週 (労働党と自民党連立実現の為)ブラウン首相が辞任を余儀なくされましたが、ブラウン首相に対して 気の毒だと感じましたか?

気の毒だと思った 56% 
気の毒だと思わない 42%
分からない 2%


連立内閣誕生という話しが本格化した時、一番 英国民が心配  したのは キャメロン氏とクレッグ氏は政治理念を通り越して 一緒に連立を組めるのか?という点でした。現在 連立内閣が誕生し、両者の関係に対し 何も懸念される話しは聞こえて来ません。

しかし 他のカップル(?)の不仲説が浮上してきました。それは 保守党のオズボーン財務相 と 自民党のケーブル・ビジネス相との間柄です。これに関しては 改めて記事にさせて下さい。


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2010/05/17 15:20 ] 英選挙 | TB(-) | CM(4)

バロンズに載っているユーロ関連記事

米バロンズ紙オンラインに ユーロに関する面白い記事 が載っていました。

内容はと言うと、先週発表された7,500億ユーロ相当の欧州緊急支援策にも関わらず、ユーロは1999年発足当時の1.18台(対ドル)を目指す展開になるのではないか  というもの。ユーロがここから更に下落する理由として

1)ECBが政治的圧力に負けてしまった 
2)ECBがユーロ加盟国の国債を購入する事になった  これは 特定のユーロ加盟国によるデフォルト (債務不履行) リスクを ユーロ加盟国全体が背負う事となる 
3)ECBが無制限にユーロ紙幣をプリントする  通貨価値の下落 
4)特定のユーロ加盟国の国債を買い取る事は、その特定国の債務支払能力が高まる事には繋がらない 
5)スペイン、ポルトガル、イタリアなどの「感染国」はギリシャ同様の財政危機には直面していないが、感染によるプレッシャー  により それらの国の景気回復が大幅に遅延する危険性が出てきた。

これに加え 世界の中央銀行による外国準備金のシフトに関する興味深い数字が出ていました。

1999年にユーロが誕生して以来、ユーロはドルと並ぶ基軸通貨の立場を築こうと頑張って  来ました。その甲斐があってか  2008年までに 世界の全中央銀行が保有する外国準備金に占めるドルの割合は 72%から62%に低下し、ユーロの割合は18%から28%へと上昇  していきました。

しかし 昨年第4四半期になると、この外準シフトの比率に変化が生じ始めました。第4四半期ですと、まだ世界中がギリシャ危機で騒いでいなかった時期です。この時点で ドル資産に向かった外準比率は 71%に高まっています。ちなみに2009年第3四半期のドル資産比率は48%だったそうなので 凄い比率移動ですね。

最後になりますが、中央銀行の外準比率変動として ここで触れているのは、今後 カナダドル、スウェーデン・クローナ そして 豪ドルが 将来の外準候補団子3兄弟  (古過ぎますね ) として改めて注目  を浴びる! と予測して締めくくっています。


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2010/05/17 12:00 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

ポンド下落リスク

もうロンドン夜中1時30分過ぎてます。はっきり言って 眠いです 

なんか ポンド下落に関する質問がメイル・フォームを通じていくつか入って来ましたね。この方達、ポン円ロングという事は ないですよね???

もっと頭がはっきりしている時に詳しく書く予定でいましたが、少しだけここに書きます。


保守党が政権を取ったら 投票日から50日以内に緊急予算案を発表すると公約していました。その予算案が来月発表されます。その内容を巡り 保守党とビジネス界の間で「そんな筈じゃなかった...」 関係が生じ ギクシャクしはじめて来た様子です。

保守党は 財政赤字削減を急がないと、格下げ会社が英国のトリプルA格付けを下げるかもしれない事を異常なまでに恐れています。ギリシャ危機を見てますから、第2のギリシャになる事だけは避けたい筈  ですし、今回の「欧州緊急支援策」の財源配分で欧州を敵  に廻した英国ですから、何かあった場合は欧州からのヘルプは 全く期待出来ません 

ギリシャ危機から端を発したユーロ危機の間、どういう訳か知りませんが イギリス国債が「セーフ・ヘブン」 として買われています。そうなんですよ.....米債は理解出来ますが、英債にも資金が廻ってきています。それが ポンドの急落をストップしていました。

しかし 先週後半以来、ビジネス界が「冗談だろう!」 と怒り狂う  問題が発生してきたようです。それは キャピタルゲイン税 (CGT) 上げの噂。現在 一部の例外を除き、イギリスに於けるCGT税率は 18%となっています。現在 噂されている内容としては 来月の緊急予算案で CGT 18%を一気に 40~50% (所得により課税比率を変更) へ上げる   という話し。保守党贔屓のビジネス界の人達は、保守党に票を入れれば ビジネス界やそこに従事する自分達を裏切るような税制改革は避けてくれると思っていたようです。しかし いざ蓋を開けてみれば 保守党は過半数に届かず中道左派の自民党との連立に踏み切りました。その結果 保守党単独政権であれば避けて通れる政策も 自民党がYESと言わなければ 実行に移せません 。その最初の例が CGT上げの噂となりました。この噂を聞いたビジネス界の人達は 「CGT40%なんて 労働党政権よりも ヒドイじゃないか! こんな事になると判っていたら 保守党に票を入れなかったよ.....」と泣き  が入っています。

特にビジネス界の上層部の人達は、自社株を腐るほど保有しています 。 もし CGTが40%や50%まで上がるのであれば、現在 18%のうちに売ってしまおう  と考え、それが 英株式指数 FTSE100の大幅下落を引き起こす危険性につながります。

ちなみに 欧州各国のCGT税率はと言うと

スイス、オランダ  0%
アイルランド  25%

現在のところ 欧州で一番CGTが高いといわれるフランスでさえ  30.1% です。

もし 英国がCGT税率を 40~50%まで上げた場合は、英国内にある投資顧問が、スイスやオランダにオフィスを移す事は十分に考えられます。昨年 労働党が金融業界に課した特別課税により、一部のヘッジファンドが既にスイスなどに移りました。CGT税率上げは、ますます英国の金融センター機能を奪う結果になり、今 一番英国に必要な成長率の向上を妨げる要因ともなるので、よく考えてから実施して欲しいと切望している私です。

寝ますよ もう 2時近い 



もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2010/05/17 09:48 ] マーケット | TB(-) | CM(3)

英タイムス紙ビジネス欄の記事内容

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
[ 2010/05/17 07:59 ] 過去のパスワード必要記事 | TB(-) | CM(-)

ユーロ 対ドルで Parity観測記事

今晩わ。日曜日夜  のロンドンです。今日はずっと雨が降り続き うんざりの一日でした。

さて、本日の英タイムス紙日曜版ビジネス欄1面 最初の記事のタイトルは

Euro heads for parity with dollar

(ユーロは 対ドルで Parity (1.0000)に向かっている)という衝撃的  なもの。

内容を読んでみると 3つの銀行の見方が書かれています。みんながみんな そう思っている訳でもなさそうですが、ちょっと 空恐ろしい  ものを感じました。

詳しい記事内容は有料記事で紹介させて頂きます。


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2010/05/17 07:00 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ