FC2ブログ
2010 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312010 06

LIFFE 総選挙翌日金曜日は午前1時から取引可能

総選挙投票開始時間まであと24時間を切りました。

* 総選挙投票日翌日のLIFFE (ロンドン国際金融先物オプション取引所)取引時間変更に関して

LIFFEは5月6日英総選挙の翌日 (金曜日)午前1時より取引スタートすることに決定。
LIFFEで取引できる主要商品は、短期金利先物、長期国債先物、株価指数先物など


債券市場では 連立政権の可能性は既に織り込み済みだと言われています。そうは言っても こればかりは 結果を見てから出ないと安易に投機ポジションを持ち越せない事、そして どういう結果が出るか予想しづらい為 ポジションが相当軽くなっているそうです。今回 取引開始時間を早める背景には、その時々の状況により新規ポジションの作成や 既存ポジションの処理を迅速にする為 と言われています。

連立政権に関しては (債券市場では)既に織り込み済みと書きましたが、やはり 実際にどういう形にせよ 連立政権の線が濃厚になれば 債券売り(イールド上昇)は避けられないと思います。そうなると 英政府の国債発行による利払い額が増加しますので それによりポンドも売り気配となると 個人的に予想しています。

逆に 保守党単独過半数が濃厚になれば、早期赤字削減が可能となる為 最初のリアクションは 債券買い(イールド下落) そしてポンド買いでしょう。ただ しばらくして(数週間~数ヶ月) 赤字削減が厳しすぎた/急ぎすぎた結果 英経済は再度リセッション入りになってしまったりしたら、その時は 相当厳しいポンド売りになると予想しています。

*ロンドン・シティーのディーラー/セールス達

私自身の経験からも言えますが、今回の総選挙は特に予想が困難な為、ほとんどの金融機関のディーリング・ルームは24時間体制だと思います。特に 上記のようにLIFFE先物市場が朝1時から開いているのであれば 為替だろうがなんだろうが 24時間体制で臨まない筈ありません。
と書いていたら やはり FT紙に同様の記事が載っていました (参考記事

*一番最新の世論調査

ComRes

保守党 37% (±0)
労働党 29% (±0)
自民党 26% (±0)

YouGov

保守党 35% (±0)
労働党 30% (+2)
自民党 24% (-4)

先週の「ブラウン首相失言事件」の影響は 数字に出ていません、というか 既に織り込んでしまっているみたいです。そして 自民党の支持率が若干下落してきました。タイムス紙日曜版の一面に小さい記事があったのですが、それによると 国民は自民党クレッグ党首は好きだけど、自民党のマニフェストは気に入らない傾向が出てきた という内容でした。もし クレッグ党首フィーバーのバブルがはじけ その結果 自民党の獲得議席数増加率が予想より大きくなった場合は この記事の一番下の 5) が現実になるかもしれません。


これから 3時間ジムに行って来ます (運動とサウナ、ジャクジー)。昨日は 私がいない間に ユーロも株も暴落しました 。 今日も また大相場を見逃してしまうかな....  でも 健康はお金では買えないので 行って来ます!戻ってきて 何かニュースが出ていたら また 更新します。


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2010/05/05 18:49 ] 売買取引 | TB(-) | CM(4)

過去の総選挙を振り返って 最終回 (2005年総選挙)

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
[ 2010/05/05 09:30 ] 過去のパスワード必要記事 | TB(-) | CM(-)

ランケンさんからの質問へのお答え

ランケンさん
頂いたコメントに返事を書いたのですが 禁止ワードあり!ということで コメント載せられませんでした 。自分のブログにコメント載せられないアホなブロガーです、トホホ 

あれだけ動いたマーケットなのに、火曜日は4時間も外出していました 。だから マーケット全然見ていません。帰宅後 ブローカーのプライス・スクリーンを見て 一番 驚いた  のは S&P500のレベル。一体 何が起こったのか?ギリシャ関連の飛び火で 単純なるリスク許容度が狭まっただけなのか?

ロンドンでも火曜日午前遅く 爆弾騒ぎがあり 地下鉄の駅が閉鎖される事件がありましたので、真っ先に 「もしかして アメリカでも同じ事が起こったのか?」と思いました。

調べていたら 最初に飛び込んできた噂が、米シティー銀行の「ECB利下げ観測」内容の顧客向けレポートの話しでした。あれ?シティー銀行って ユーロ・ブルだったんじゃなかったっけ  なんて 自問自答してみましたが もう その噂が出てから3時間近く経っているので どうにも出来ません。

FTSE100に関してですが、ただ単に ユーロ下落  リスク許容度縮小  商品/株などの資産手仕舞い  FTSE100下げ というシナリオだけでは ないと思っています。かと言って 総選挙に対する不透明感を嫌気した売りというのでも ないように思います。

考えられるとしたら

1)英国石油(BP)による石油流出事件
2)オーストラリア政府による鉱物資源会社に対する40%新税導入決定


この2つじゃ ないかな?って思っています。

1)BPの話しは こりゃ 奥が深いというか、泥沼状態がどれだけ長期化するのか 見通しが全く立っていないのが非常に気になります 。日本でも報道されていると思いますが、こちらでは総選挙関連ニュースと ほぼ同じ扱いの「重要度最高」 のニュースとなっています。3連休だったので テレビを見る機会がたくさんありましたが、オバマ大統領が「史上最悪の環境破壊の危機がある。関連費用は全てBPが支払うよう要請する」とのコメントを見て 「FTSE売りや~~!」と画面に向かって叫んでおりました。

そもそも この流出事件は、BP原油掘削基地で爆発が起こり 大量の原油が海に流出してしまったというのが事の発端。被害が一番ひどいのは 米南部:ルイジアナ州沿岸で、この地域は世界有数のカキの産地。しかし日を追うごとに流出範囲が拡大し 現在は ルイジアナ州、アラバマ州、ミシシッピー州 そしてフロリダの一部まで拡大。
 
BPは 漁業関係者による集団訴訟に対する賠償金支払い、流出した原油除去作業の費用負担など 相当の負担  を強いられます。専門家のBP側負担金予想は 現在のところ 50億~150億ドル。

史上最悪の環境汚染と呼ばれる今回の流出事件により メキシコ湾全域の環境が以前のレベルにまで戻るのに 最低でも数年かかるという予想も出ており、BPという会社に対する信用度回復にも数年かかるのかもしれません。

2)オーストラリア政府は、年内予定の総選挙に向けた税制改革の一環として 鉱物資源企業の事業利益に40%の新税を2012年7月から導入するそうです。豪英両方の株式上場している鉱山会社:BHPビリトンや リオ・ティント株の株価が大幅下落 

1)2)ともに BPやBHPビリトンだけでなく、関連株も軒並み下落しています。


*肝心要の「FTSEは売りか?」という質問

総選挙投票日を36時間後に控えているので 正直 あまり事前から仕掛けたくありませんが、テクニカル的には 5500ミドル辺りより下で今週終わったら 売りだと思っています。

5500ミドルというのは丁度先週の終値 5553.29と同じレベルになっていますが、5500ミドルの根拠は 週足チャートに於ける200SMA。主要国の株式指数(S&P500,ダウ、DAX等)は全て 週足チャートの200SMAより下で推移しており FTSE100だけが まだ それより上でのプライス・アクションでした。本日の下落により株価が5400台になっていますが、36時間後に総選挙を控え 大きくポジションを張り辛い。

そして FTSE100上場会社の収益の65%は 海外から来るので ポンド安  FTSE100上場企業収益向上  というシナリオもあり、それが 他の主要株価に対するFTSE100の割高感に貢献していたと思っています。

*結論

個人的には 欧州大陸株式指数をショート維持するのは 抵抗全くありませんが、英国に関しては 少なくとも 選挙結果を見て 一体どの政党が新政権を取るのかを見てからにしたいと思っています。現在のところ 保守党単独政権への可能性が高まっているようで (少なくとも 報道を見る限り) ご祝儀相場  にならないとも限りません。

米株式指数、S&P500現物が1150より上にいる限り、これも まだ 「暴落」をするだけの準備は整っておらず、下手すると 水・木曜日と 1150-1190くらいのレンジで揉んで、金曜日のNFPで バッコリ 1200台まで全戻ししないとも限りません。
慌ててショートにするよりも 私は今週末までは  (FTSE100に関して)長期ポジション取るつもりは 今のところ ありません。

まぁ S&P500が1150を下抜けて 今週終わるような事になれば、世界主要国の株式指数は下落するでしょう。その時は FTSE100も 5240、5000台、そして 4600台までの下落は可能だと思います。

でも DAX売り増しする方が 楽じゃ ありませんか?

もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2010/05/05 08:30 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(2)

総選挙の結果に関する くぁ~っさんの質問

コメント欄を通して 総選挙の結果は いつ判るのか?という質問を頂きました。

・総選挙投票時間
5月6日木曜日 午前7時~午後10時まで

・出口調査の結果
午後10時に放映 (BBC,ITV,スカイTV共同調査結果)


この出口調査結果というのは 実際の選挙結果をかなり的確に予想するらしいので、この時点で ある程度 「やっぱりね!」とか 「マジかよ~~~?! 」 とかいう雄叫びが各家庭から漏れ聞こえてきそうです。

・各テレビ局 2010年総選挙特番
BBC と ITV 共に 6日木曜日午後9時55分~7日午前6時
チャンネル4  6日午後9時~7日午前1時、そして 7日午前5時~午前6時
スカイ・テレビ 6日午後9時から延々と続く


大雑把な予想は 投票締め切り後 数時間で判明するみたいです。私は夜中まで起き続けて特番を見るつもり ありませんが、7日朝は少し早めに起きようと思っています。
何がどうなっても 7日早朝には 各党の獲得議席数は 判明していると予想されます。

*7日朝に気をつける点 (325議席=過半数)

1)3大政党のいずれかが 単独過半数プラス25議席以上取って 余裕のヨ!状態 (得票率 40%以上)

労働党が余裕のヨ! になるとは考え難いので、この場合は 保守党が余裕のヨ!になる可能性大 

2)議席数は 保守党(36/37%)>労働党(25/26%)>自民党(28/29%)の順で 保守党と自民党連立(合計議席数400議席くらいが理想)決定

労働党野党落ちの責任を取り、ブラウン首相は首相辞任と同時に労働党首も辞任 

3)議席数は 労働党(28/29%)>保守党(33/34%)>自民党(29/30%)の順で 労働党と自民党連立決定  ブラウン首相辞任し 新党首決定

4)自民党予想以上の健闘ぶりを見せ  議席数が現在の63議席の2倍にまで膨れ上がった場合 労働党と自民党連立

これは キャメロン党首が一番恐れている  結果です。

これだけ保守党の勝利が約束されている総選挙であるにも関わらず、自民党が予想以上に票を伸ばしてしまった場合、キャメロン党首は責任を取り 党首辞任に追い込まれるのは確実 。たぶん それだけでは済まず、保守党存続の危機となる可能性すらあります。

労働党は 自民党クレッグ党首の要求通り ブラウン首相に辞任を迫り、新党首選出

5)自民党フィーバーが票につながらず  自民党大苦戦の場合

たぶん この場合 保守党と労働党との獲得議席は 若干 保守党が多いくらいだと思います。そうなった場合 保守党はそれでも自民党と連立を組み、早い時期に 保守党単独過半数政権に向けて第2回目の総選挙を実施する  可能性が濃厚となります。

このシナリオは 1974年当時と全く同じですが、果たして歴史は繰り返すのでしょうか?2010年総選挙は 歴史上初のテレビ討論会が行われました。もし 第2回目の総選挙突入となった暁には また テレビ討論会が行われると思います。果たして そこで 保守党は過半数獲得に弾みをつけるだけの「討論会パフォーマンス」 が演じられるか 正直 疑問です。つまり 第2回目の総選挙で保守党過半数獲得は (1974年の時のように)保証されたものとなり得ない可能性がある点は無視出来ません。

注 :自民党には 自党独特のルールが設けられております。このルールとは、もし 自民党が他党と連立を組む場合 自民党議員の75%以上の賛成があってはじめて 可能となる点です。世論調査では連立政権誕生の可能性が非常に高い為、自民党クレッグ党首は自党の議員全員に 総選挙投票日後の日曜日(5月9日)イギリス時間午前11時に 投票の可能性も含んだ自民党会議を開催する旨 伝達済みだそうです。


もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2010/05/05 07:30 ] 英選挙 | TB(-) | CM(3)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ