FC2ブログ
2010 031234567891011121314151617181920212223242526272829302010 05

「ギリシャ支援策 ほぼ合意」報道に関して

いくつか 記事を乱暴な勢いで更新しましたが、今 一息入れて 考える時間が出来ました 

ブルーンバーグ日本語版の記事を読むと

フランスの サルコジ大統領はパリで記者団に対し、「支援計画は合意されており、われわれはギリシャを救済するためそれをいつでも実行に移す用意ができている」と語った。EUのファンロンパイ大統領は、EUがギリシャに「介入する用意がある」と述べたと、仏紙ルモンドが報じた   と出ています。

木曜日 ECBトリシェ総裁は 理事会後の定例記者会見の席で「ギリシャのデフォルトは ない」 「ギリシャがユーロから脱落する事など あり得ない」 という内容の発言を 何度も繰り返していました 。 そして 本日金曜日の欧州時間午前中に ロイター社のインタビューで 「ギリシャのデフォルトは ない。ユーロ加盟国は バス  を乗り降りするような感覚で 入ったり出たり出来るものでは ない」 とも語っています。

そして ロンドン午後になり、格付け会社フィッチが ギリシャの格付けを2ノッチ下げ BBB+  BBB- にし、見通しを ネガティブと 発表。それを受けて  出たがりサルコジ君が 上記の発言をした訳です。

普通でしたら、私も あーだこーだ言わず この発表を受け入れる  のですが、どうしても 今回は しっくり行きません  。ここまで発表しているのだから 今さら 「ごめ~~ん。あれって 僕の口からの出任せなの~~!」と  サルコジ君が 発言撤廃をするとも思えませんが、やはり 何か 気になります。その理由は

どうして これだけの重大決定が  サルコジ君の口から発表されるのか?
フランスがEUの議長国なら まだ 納得出来ますが そうでは ありません。

ユーロ圏財務相会議の委員長である 「はっきり物を言ってしまう事で有名です人間 :ユンケル委員長が 何も言わないし、欧州委員長であるバロッソさんも 何も 発言していない。

この発表を読む限り ギリシャ支援計画は「全会一致での合意」という書き方になっています

"A support plan has been agreed by all the countries of the euro zone. We are ready to take action at any moment to come to the aid of Greece," he said at a joint news conference at the Elysee presidential palace.

By all the countries of the euro zone つまり ユーロ圏(加盟国)に於ける全会一致 という意味です。

ドイツから 何の発言も出てこない 
メルケル首相だけでなく、財務相からも 連銀高官からも 誰からも 否定も出ない代わりに 肯定の発言も ありません。(ロンドン夕方6時現在)

本日 伊ベルルスコーニ首相は フランスを訪問し、2国間会議をしていました。 サルコジ君の発言は この会談後に行われた記者会見の場で出てきたみたいです。


私が ここまで拘る理由は 「全会一致」という意味は ギリシャが支援策を必要とした際に ドイツも他のユーロ加盟国同様、低い金利(4.0~4.5%の間)で融資する事を 100%受け入れ合意した  という意味にならなければ いけません。
そんな発言は 今 探していますが、どこにも出ていません。それとも  サルコジ君は この発言をする前に 地方選挙に向けて選挙運動をしているメルケル首相に携帯で連絡し  チャットして説得させた とでも言うのでしょうか?

非常に 不透明です、個人的に....


オ! 記事を書いている最中 たった今 こんな記事を ロイターで見つけましたよ  何なの、この副財務相と中央銀行総裁会議って?そんなのが 本日 開催されていたの?知らないよ、私 全然

Euro zone officials agreed on Friday on the terms of a possible financial rescue for Greece as a credit ratings agency downgraded Athens' debt by two notches citing a worsening economy and rising borrowing costs.

Deputy finance ministers and central bankers of the 16 countries sharing the European single currency decided that any emergency loans would be made on terms almost identical to standard IMF bailouts if Greece needed them, an EU source said.

"A deal has been reached," the source with close knowledge of the discussions told Reuters. "It is almost a carbon copy of International Monetary Fund terms."

(中略)

First details of the Brussels agreement suggested Germany and the Netherlands had eased their insistence that rescue loans to Greece be at close to current punitive market rates.

The EU source said that loans terms would be close to IMF terms on three-year credits of 300 basis points above the concessionary Special Drawing Rights rate (151 basis points), plus a 50 bps service charge. That would be a rate of 5.01 percent, higher than Greece had hoped but well below the current market rate of 7.3 percent, according to Tradeweb data

この記事は ここまで詳しく書いています。これを信じるしか ないのかね?

もう今日は疲れたので これまでにします。この週末は 中国に注意だな~!なんて 個人的に思っていたのですが、ギリシャ関連記事も 要注意 

お疲れ様でした。来週も よろしくお願いします!

注:この記事を書いてから 新たな展開になった場合は ご勘弁を! 全く予断を許しません、現状は....

もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2010/04/10 09:02 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

ソロスさん 中国に関する発言

資産家のジョージ・ソロス氏は、中国人民元のドルに対する切り上げが実施されるとの観測が広がるなか、元をめぐり中国と米国が恐らく合意に達したとの見方を示した。中国は2008年7月以降、元を1ドル=6.83元前後で事実上、固定している。

  ソロス氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「合意に至ったと思う」とし、「私が内々に関与しているというわけではないが、取り決められたのは、米中両国が理解を示し、柔軟に対応するということだろう」と述べた

ソロス氏はまた、「不動産市場などでバブルが起きているのは疑いもなく、中国当局はその抑制に努めている」と指摘。「問題は、その措置が十分かということだ。なぜなら、バブルが拡大を続ければ、その後さらに深刻な後退を経験することになり、影響が世界全体に及びかねないからだ」と言及した

もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2010/04/10 00:31 ] マーケット | TB(-) | CM(0)

今度は ソロスさん

著名な資産家のジョージ・ソロス氏は、ギリシャが「死の循環」に陥らぬよう、欧州連合(EU)は市場での資金調達よりも有利な条件で同国に融資を実行するべきだと指摘した。

ソロス氏は9日、英ケンブリッジでブルームバーグテレビジョンとのインタビューに応じ、「ギリシャはデフォルト(債務不履行)に陥るべきでない。解決策は存在するのだから」と、EUの救済計画に言及した。「欧州が現在取りまとめているが、救済措置というものは市場金利ではなく譲歩した金利でなくてはならないことを理解しておく必要がある。市場金利は救済への政治的意思に対する不確実性と疑念のみを反映するからだ」と語った。

ギリシャが財政赤字を削減できない可能性へ懸念から、ギリシャの借り入れコストは急上昇。ユーロ圏首脳は先月、ギリシャの資金調達手段が尽きた場合にのみ実施するという前提で、ドイツとフランスが提案した国際通貨基金(IMF)による金融支援と二国間融資を組み合わせたギリシャ救済計画の枠組みで合意した。

  ソロス氏は、「支援の意思があるならば実行は容易であり、私はその意思はあると考える」と表明。「ドイツは市場価格での支援にこだわっているが、それは自滅を招くだけだ。市場価格は不確実性を反映し、その不確実性に基づき評価することでギリシャを死の循環に陥れることになる」と続けた




もし この記事がお役に立ちましたら 3段攻めポチッ 御願いします!

人気blogランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ




こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2010/04/10 00:21 ] 売買取引 | TB(-) | CM(2)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ