fc2ブログ
2009 101234567891011121314151617181920212223242526272829302009 12

ECB総裁人事 水面下でスタートか?

昨日 欧州連合(EU)は ブリュッセルでの臨時首脳会議で、新設される首脳会議の常任議長(大統領)職に ベルギーのヘルマン・ファンロンパイ首相を、外相に相当する外務・安全保障上級代表には 英国出身のキャサリン・アストン欧州委員(通商担当)を それぞれ指名する事で合意しました。
以前 このブログで EU大統領 英国のブレア前首相が有力視 という記事を書きましたが 予想通り イラク軍事行動への参加、ユーロ導入への消極姿勢などの理由から、加盟諸国から十分な支持が得られず 挫折です。

これら 欧州主要人事選考の場に 自国からの立候補者を全く出さないドイツ。自他共に認める欧州連合最大の経済規模を誇るドイツは 本来なら 欧州主要人事職に就いて当然とも見えます。しかし ずっと沈黙を守り続けているドイツは もしかしたら 密かに 次期ECB総裁の座を狙っているのではないか?という憶測が流れ始めました。

トリシェ総裁の任期は2011年10月末まで。「な~に?まだ2年も先の話しじゃ ないですか?」と思ったら 大間違い。既に先月 イタリアの外相は 「トリシェ総裁の後任には ドラギ・イタリア中銀総裁が最適!」と 口走って話題を呼んだばかり。ECB総裁を指名する権限は EU加盟国の閣僚に与えられています。ここで ドイツのメルケル首相が、ドイツ連銀:ウェーバー総裁をECB総裁候補として推すと表明した場合 イタリア・ベルルスコーニ首相も 負けじとばかり ドラギ総裁支持表明をするのは間違いないでしょうが、金融政策に関しては 独ウェーバー総裁ほどの実績を持たないドラギ・イタリア中銀総裁には、逆風となります。まぁ そうは言っても 経歴からすると 主要国の中銀、監督当局者で構成される金融安定理事会(FSB)議長を務め、国際金融界で知名度が高いドラギ総裁に対し、ウェーバー氏は 学者出身の理論家で、ECB内では反インフレ姿勢が強いタカ派の代表格。がっぷりよつ というところかもしれません。

いずれにしても ユーロという通貨がドルと並んで 世界の主要通貨の仲間入りを果たした今 ECB総裁職は 欧州経済だけでなく 国際金融に多大な影響を及ぼすポジションとなります。事実 フォーブス紙が行った「世界で最も影響力を持つ67人」のリストでは ECB総裁の名前が 25番目に挙がっており これは 英ブラウン首相や 仏サルコジ大統領より 上に位置しています。

しかし 考えてみると ECB総裁決定は 最初から波乱続きでしたよね。

そもそも 昔々 ヨーロッパ統合の中心国は ドイツとフランスでした。ドイツは 経済的側面を、フランスは 政治的側面を分担し対処することで、EU加盟諸国の先頭に立ってヨーロッパ経済を統合に導いてきました。特にドイツは 侵略戦争を犯した過去を反省し 過去を償う意味からも 欧州統合に積極的に参加してきました。しかし 通貨統合の段階になると ドイツ国内で単一通貨に否定的な意見が多くなりました。ドイツにとってマルクは敗戦国ドイツの復興の象徴であったため、マルク消滅に強い抵抗を感じたのは 当然ですね

しかし 最終的に単一通貨ユーロは誕生しました。それに伴い 1998年5月のEU首脳会議の場で決定されたECB初代総裁人事は、ドイツとフランスの主導権争いで混迷しました。最終的には ドイツが強く押すドイセンベルク・オランダ中銀総裁をECB総裁に就任させる代わり、8年の任期を”分割”することで フランスの押すトリシェ・フランス中銀総裁と交代させることが、当時のコール独首相とシラク仏大統領の間で内諾されていたとされています。つまり 最初 ドイセンベルク総裁は 規定通りの8年の任期で任命されたのですが シラク仏大統領の強硬な反対に振り回され 最終的に 同氏は「年齢を考えて 8年の任期を全うするつもりはない。ただし 2002年に予定されているユーロ現金の流通だけは 見届けたい」と 約束させられ ようやく ドイツとフランスとの政治決着がついたとも言えます

2002年 無事 ユーロ通貨の流通が順調に行われ 任期半ばで ドイセンベルク総裁が トリシェ仏中銀総裁と ECB総裁の座を交代する時期になると、トリシェ総裁は 同氏が仏財務省国庫局長時代、当事国営化していた大手銀クレディ・リヨネの決算粉飾に絡んで検察当局の捜査対象となってしまい、判決待ちの身へ。この当時 EUの非公式理事会では、トリシェ総裁に有罪判決が出た場合には ドイセンベルグ総裁が続投する扱いを決めていたようです。

話しは 総裁人事からECB金融政策に代わりますが、これは 金融政策の第一目的は物価安定の維持 としており そのため ECBの意志決定は景気回復や輸出促進などを目的に 「(物価よりも雇用安定のための)金融緩和政策を含める政治的圧力を受けない」という「ECBの独立性」が同条約に明記されています。これは 「世界で最も独立性が高い」とされるブンデスバンク(独連銀)の理念をモデルにしています。当初 フランスは このドイツ型システムに不満を持っており なんとか 金融政策に政治関与が出来る余地を残そうとしましたが 失敗に終わっています。

ECBの本拠地を フランクフルトに置く事にも ドイツは成功しました

ドイツに取って達成していないものは ECB総裁の座だけ でしょうか?

この記事がお役に立ちましたら 欲張り3段攻めポチッ御願いします!

最初は 人気blogランキングへ

次が にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

最後が 


こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2009/11/20 23:07 ] ECB 欧州中銀 | TB(0) | CM(0)

拍手欄を通して 頂いた質問に関して

こういうコメントを 拍手欄を通して 頂きました。

毎回 適格なブログ参考になります。お願いですが イギリスないしはロンドンの経済状況 もっとビビッドにお伝えください。たとえば ポンドユーロの関係など。今一番関心あるのは、ユーロとドルの関係, 強いては ポンドとユーロの関係です。つまりユーロが動くのはポンドが動くいてからなど、その相関関係をお教えください。こちらではほとんど情報がありませんので。ロンドンの景気が一体どうなっているなか ほとんど紙面に載りません。もっとも大事なユーロとドルの関係を知りたくてお願いしました

拍手欄のコメントには字数制限がありますので 仕方ないのは 分かるのですが、質問内容が 今ひとつ よく 理解出来ません。 

1)イギリス もしくは ロンドンの ビビッドな 経済状況

これって 具体的に 何を お知りになりたいのでしょうか?一概に <ビビッド>と言われても 感覚が掴めません。日本の新聞では 英国やロンドンの景気について 記事が載らないのは ある意味 当たり前です。イギリスに住んでいても 日本の景気に関して 記事になる事は 非常に稀です

英国/ロンドンの景気が 一体 どうなっているのか?に関しては ここでも 住宅関連、物価、政治など 随分と記事にしたつもりです。私が過去に書いた記事が<ビビッド>でない事は 十分 承知していますが、もし 出来ましたら もう少し 具体的に どの部分での情報が欲しいか 教えて下さい

ロンドンの経済状況と ポンドユーロの関係とは どういう意味でしょうか?

2)通貨に関して

「一番関心がある事」 として ユーロ と ドルの関係 と 書かれています。しかし その後 すぐに ポンドとユーロの関係とも 書かれています。

私が自分の意見を書くよりも 私からの質問です。

まず 貴方は 私に この質問をする前に ユーロ と ドル の 実効レートを調べてみましたか?ユーロとポンドの相関関係について質問する前に ユーロ/ドル、ポンド/ドル、ユーロ/ポンド それぞれのチャート 過去10年くらい 遡って 眺めてみた事が ありますか?もし それを やっているのであれば チャートから 答えが見えてくる筈です。

「実効レートって 何ですか?どこで調べれば 出ているのですか?」という質問は お断りします。もし 私のブログを読んで頂いているのであれば 実効レートとは どこが発表しているものなのか?そのホームページは どこか くらい ご自分で調べられる筈ですので。過去記事を遡って読むのが 面倒であれば Googleしてみて下さい

貴方のコメントの書き方で よく分からないのは 「日本では情報がない」のは ロンドンの経済状況に関してですか?それとも 通貨の相関関係に関してでしょうか?

最後になりますが、これは 私がまだ 現場で働いていた当時から 日本人に対して 感じていた事です。私も含め このブログをお読みの皆さんは 日本人です。日本人である私が 日本人である皆さんに対して 大きな口を叩く気は 毛頭 ありませんが、ずっと 気になっていたので 敢えて 書いてみます

日本人は とかく 情報は タダ だと思いがちです。知ってるんだから 教えてくれるのが 当たり前でしょう?こっちは 全然 知らないんですから.... お互い助け合い、持ちつ持たれつで頑張りましょうよ!という感覚。これは 日本の美徳でもあるのですが、その度合いが過ぎると 重くなってきます。

お断りしますが 私は このコメントを下さった方に対してだけ これを 申し上げているのでは ありません。シティーで働いていた時から ずっと 感じていた事です。イギリス人だけなく 欧州大陸の人達、アメリカ人、中東の人達と 机を並べて 仕事をしていますと、この <情報は タダ、知ってるんだから 教えてよ> という態度は あの人達には ない事を知りました。果たして これを 単純に「農耕民族 と 騎馬民族の違い」だけで 終わらせてしまって よいものでしょうか?

私は ブログのコメント欄を通じて 質問を頂く事は 大歓迎です。しかし それは 日本にいては 入手出来ないイギリスの情報、実際のディーリング・ルームで勤務しなければ 分からない事 又は 「自分で ずっと ああでもない こうでもない と考えた結果 こういう結論に落ち着いたけど N20さんは どうお考えですか?」 というものであり 一方通行でない質問です。

日本人は 類稀な優秀な民族であると 誇りに思います。何事にも真剣に取り組み 最大の努力を惜しみません。しかし 事 為替となると 「経験がないから 分からない、だから 聞いちゃおう」と いう姿勢が強く出ているように感じるのは 私だけでしょうか?為替は奥が深すぎて 分からない事が出て来ても 一体 どこから 調べ始めてよいのか 分からない という事も 考えられます。しかし 本当に何日も何週間も 時間を費やして 自分なりに分析し その挙句の果てに まだ 不透明だ という煮詰め方をする人が どのくらい いらっしゃるのでしょうか?

私も 他人様に偉そうな事を言えるほど 勉強していませんが 疑問点に対して自分なりの結論を出す前に 安易に もっと優れたディーラに 「知ってるなら教えて!」となびく事は しません。自分で ない脳みそ振り絞って 考えに考えた結果 何かが見えてくるものだと思います。もし 何も見えて来なければ とりあえず それまでに見えたものを自分から披露し 相手にも 相手の意見を聞き そこから 会話が生まれてくるのでは ないでしょうか?

生意気な事を書いてしまい お気を悪くされたかもしれませんが、これだけ コンピューターが発達している今 情報を取るのは 以前と比べ 数倍 簡単になっている筈です。週末 時間がある時 自分の手で 自分の目で 自分の頭で ああでもない こうでもない と やってみてください。必ず やってよかったと 思います。それが 自分で考える癖になっていくと信じています

この記事がお役に立ちましたら 欲張り3段攻めポチッ御願いします!

最初は 人気blogランキングへ

次が にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

最後が 


こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2009/11/20 04:24 ] 未分類 | TB(0) | CM(9)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX (株)さんで 連載スタート 【PR】
Net Money
FXダイレクトプラス
2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
フィリップ証券さんで連載始めました
フィリップ証券さんで
月2回 コラム始めました。
ロンドン発 松崎美子の
FXマーケットレポート

フィリップ証券

岡三証券
株価指数取引には、是非!


相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ