fc2ブログ
2009 101234567891011121314151617181920212223242526272829302009 12

英Savills社による 2010-2015年 不動産価格予想

めっきり冷え込みが激しくなったロンドンです。昨夜は5度まで気温が下がったようです。いくら暖房をつけているとは言え 朝 起きるのが辛くなった今日この頃

日本では 馴染みのない名前かもしれませんが、Savillsという会社は ロンドン中心街、ロンドン郊外、海外の高級不動産スペシャリスト
商業不動産売買に関するアドバイス/取り扱い高は イギリス最大だったと思います。
当然 顧客層は 国内、海外のお金持ち、国内外皇室/政府関係 と想像されます。

同社が昨日 2010~2015年にかけての不動産価格予想レポートを出しました。

それによると Savillsは 2010年<不動産価格大幅下落の年>手書き風シリーズ30顔5 とし その理由をいくつか挙げています

総選挙(2010年6月までに実施)
新政権の財政政策の概要が分かるまでは 不動産市況活性化は無理

増税
一時的に下げられたVATが 2010年1月より 以前の17.5%へ戻る
新政権は 増税、新税(高速道路使用料等)を既に示唆している

住宅ローン市場停滞傾向の継続

失業率の増加


世界株式市場の戻し
現在 高値圏で推移している株式指数に修正(=下げ)が入る可能性は 高い

ポンド高
海外からの購入者減少の可能性

英不動産価格推移予想
2009年 +3.7%
2010年 -6.6%
2011年 +2.7%
2012年 +5.5%
2013年 +8.0%
2014年 +5.8%

同社は イギリスの一般住宅が 2007年につけた天井圏の価格帯へ戻るのは いつ頃か という点に関し、ロンドン そして イギリス南部は 2012年、イギリス北東部を除くイギリス全域は 2014年、イギリス北東部は 2016年 と予想しています。

今年に入っての不動産購入者は ほとんど現金支払い え~ だそうです (スゲェ~~ お金持ちがいるんですねぇ)   しかし これでは イギリス全体の不動産市場を本格的に活性化するのは 不可能です。やはり 不動産市場が生き返るのは 住宅ローン市場の本格的な回復が確認されるまでは あり得ないですよね。

ニュース番組を見ていても かたや 英住宅価格上昇を報道したかと思えば 数分後には 住宅価格がネガティブ・エクイティーになってしまい 苦しんでいる国民 ガーン を映し出します。そして 更に数分後には 今度は 住宅ローン支払いが滞り 家を抵当に取られた人達 orz のニュースまで 出てきます。一体 どの報道を信じてよいのでしょうか?

以前 ここのブログで うちの近所の家が3件 売れた話しをしました。あれから 時間がある時に 他の地域を車で走って どんな具合かチェックしているのですが 全般的に <For Sale>の立て札の数が増えてきたように見えました。通常 クリスマス前のこの時期は 不動産売買が低調になるのが一般的。しかし 最近の不動産価格上昇により ようやく ネガティブ・エクイティから逃れられた人ホッ ほっ や 底値で売りたくないので 今まで我慢していた人達が 恐る恐るパンダ汗 自宅を売りに出してきたのかもしれません。しかし <Sale Agreed>なり <Sold>なりの立て札は 全く 見ません。失業を恐れる人、住宅ローンが組めない人 が ほとんどですから 一般不動産市場では 供給過多となりつつあるような感じですね

最後になりますが イギリスの一般住宅が 2007年につけた天井圏の価格帯へ戻るのは いつ頃か という点に関し、ロンドンは2012年という年を Savillsは選んでいますが これは オリンピック効果なのでしょうか?以前 どこかの雑誌で読んだのですが 過去オリンピックが開催された都市は オリンピック翌年 (又は オリンピック開催年~翌年末にかけて だったかもしれません) に平均 25% 住宅価格が上昇するようで これには例外がない と はっきり書かれていたのを覚えています。もし 例外がないのであれば ロンドンは2012/13年に 2007年天井圏の価格帯へ復帰出来るのかもしれません。しかし それまでに住宅ローン市場は 本格化してるんでしょうかね?いくら不動産価格が下がったとは言え まだ割高感があるのも事実。それを考えると クレジットなしでの住宅市場回復は 本当に 無理だと思います

追記
全く 不動産に関係ない話しですが
某米銀がユーロ/ドル の ユーロ買い 1.5005、目標 1.5285、 ストップ 1.4900 で ポジションを作成した模様

追記2
うっかり書き忘れていた先週のユーロ/ドル オプション

3ヶ月物 DNT 1.42-1.55 を誰かが作った模様


この記事がお役に立ちましたら 欲張り3段攻めポチッ御願いします!

最初は 人気blogランキングへ

次が にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

最後が 


こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2009/11/10 19:43 ] 住宅市場関連 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX (株)さんで 連載スタート 【PR】
Net Money
FXダイレクトプラス
2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
フィリップ証券さんで連載始めました
フィリップ証券さんで
月2回 コラム始めました。
ロンドン発 松崎美子の
FXマーケットレポート

フィリップ証券

岡三証券
株価指数取引には、是非!


相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ