FC2ブログ
2009 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312009 09

驚きの英中銀の決断

私って とことん 運がないと言うか 間抜けというか....orz

英中銀金融政策理事会の金融政策発表時(ロンドン時間昼12時) まだ ジムにいました。先ほど書いた記事(この記事のすぐ下)通り あまり動意ないと思ってたのです。それ以上に ECBトリシェ総裁のプレス・コンフェレンスが大事だと 思ってました。

結果は 下の記事 最後に書いた<まさか>絵文字名を入力してください 予想通りとなり ポンド大幅下落

英中銀の決断に 私は非常に驚いています。特に上限枠を拡大した事が信じられない 目 。QEの期間を延ばすにしても まだ 残っている250億ポンドを使い切り(上限1,500億ポンドを維持) それでもまだ増額が必要であれば 次の四半期インフレーション・レポートが出る11月に 改めて見直す という内容だとばかり思っていました。

今年3月から開始されたので 11月までには 8ヶ月QEが実施される事になります。さすがに8ヶ月続ければ なにかしらの効果がイギリス経済に出てくる筈。そして 11月は クリスマス商戦 開始される時期ですので ここら辺りで 消費意欲を盛り上げようとする意図が強くなるのであれば 11月に改めて QE枠追加増額の選択もあると考えるのが妥当でしょう

本日発表されたQE枠増額により 英中銀の英経済に対する見方の深刻さが 伝わってきました。過去2~3ヶ月連続して ミクロレベルの経済指標に改善が見られた事は 前の記事にも書きました。しかし 英中銀はマクロ経済、つまり 経済成長率が持続性のある改善をするのは まだ無理であろうし、下手をすると 今後 まだ後退する可能性を考えているのかもしれません。

消費者意欲も改善し 世界経済も 以前と比べれば かなり安定してきたと思います。しかし 私達が落ち込んだリセッションの深さは 想像を超えたものであったのかもしれません。今回の発表で 英利上げ時期が後退しましたね。

しかし 忘れてならないのは これだけのお金が英国経済に流れ込んでいるので 何かの拍子でインフレ懸念が突然出てくる危険性と常に背中合わせである怖さです

来年6月までに 英国は総選挙を実施します。本日のQE枠拡大、延長発表により 利上げ時期を探るのが ますます難しくなりました。今朝までは マーケットは 来年1月に最初の0.25%利上げを織り込んでいましたが この時期は 少なくとも 数ヶ月遅くなるでしょう。労働党としては 総選挙の数ヶ月前には QE効果が現れ 景気回復が確実なものと印象付ける為にも 最初の利上げが実施されて欲しいところでしょう
printing money
ここからのポンドですが 市場は このニュースを織り込んだら また ポンド買いになびくように思います。しかし 冷静に考えてみると 私達が思っているほど 英経済の立ち直りは よくなかった。どこかで この事実に焦点が当たった場合 理解出来ないポンド急落が懸念されます。特に ユーロ/ポンドでのポンド下落には 注意したいです


さてと トリシェ総裁のプレスコンフェレンスの時間になりました

この記事がお役に立ちましたら 欲張り3段攻めポチッ御願いします!

最初は 人気blogランキングへ

次が にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

最後が 


こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2009/08/06 21:37 ] 経済 | TB(0) | CM(7)

英中銀、欧州中銀 金融政策理事会結果予想

本日は 英中銀(BoE) 欧州中銀(ECB)金融政策理事会から金融政策の発表があります

*英中銀
本日の注目点は QE増額/打ち切りの決定 そして 今月発表される四半期インフレーションレポートの内容を推測出来るような発言が出るか?の2点

まず最初に 英国政府が決定したQE(量的緩和)資産買取策について もう一度 おさらいしてみましょう。
1)QE総額上限を 1,500億ポンドと設定
2)今年3月 英国債/社債/CPなどの金融資産を購入する量的緩和策の枠組みを 当面 750億ポンドに設定し スタート
3)5月7日の英中銀金融政策発表時に 驚きえ~ の500億ポンド増額発表し 合計 1,250億ポンドとなる
4)6月末時点で 1,250億ポンドの枠組みのうち 既に1,000億ポンドを使い果たした
5)7月の金融政策理事会では 250億ポンドの増額発表だけではなく 総額1,500億ポンドの枠組上限拡大、実施期間の延長について 言及するか?に集まっていたが 予想を裏切り驚く 何の変更もなかった
6)本日の時点で 既に1,250億ポンドの枠組み全額を使用済みというのが 市場の予想

QEに関する素朴な疑問 jumee☆whyL
果たして 本日 QE枠組みの増額 250億ポンドが発表となるか?それとも 一旦 QE打ち切り発表があるか?

皆さんもお気づきでしょうが ここ2~3月の間 発表された英国不動産価格、消費者好感指数、製造業指数等は 大方の市場予想より高い数字が出ています。これは 量的緩和策が じわじわ 効いてきている証拠なのか それとも 天候がよくなってきたので 英国民は浮かれているエヘヘ だけなのか判断は 誰にも出来ません。

そもそも 英政府はQE実施により 金融機関の貸し出し増加 → 消費増大 → 物価上昇 → 投資家のリスク志向上昇 というポジティブな効果を期待していました。今までのところ マネーサプライを除く経済指標は これを裏付けるような数字が出ていますが 失業率が改善されていないのも事実。

もし 本日QE枠組み増加が発表されれば その対象は 英国債ではなく 社債がメインとなりそうです。
もし 打ち切りが発表されれば 私個人的には あまり意外感がありません。マーケットは 「もう少し 時間をかけて 今までのQEの効果を見極める」と理解すると思います。その理由としては マネーサプライが増加しないQEを続けても限界があるからです。

金利に関しては 本日変更なしでしょう。イールドカーブを見る限り 今後12ヶ月で 最大 1.25%の利上げが 既に織り込まれています。来年1月には 最初の 0.25%利上げ が織り込まれています

最後になりますが 英中銀四半期インフレーション・レポートが今月発表されますが 既に大方の内容は MPC理事達は知っている筈。もし 本日 「5月のインフレ・レポート以来 良好な経済指標が出ている。この傾向が持続すれば 今後 より高い景気成長率を約束するだろう」 的なコメントが出た場合 今月のインフレーションレポートは 前回5月のものより かなり アップ・ビートの内容になる可能性があります。その場合は ポンド高、英国債価格下落(イールド上昇)、株式に関しては 正直 よく分かりませんが 企業業績回復期待から 上昇するかもしれませんね

逆に 大方の期待をとことん裏切って マジですか  QE1,500億ポンド枠組 上限拡大、QE実施期間の延長について 言及した場合 マーケットの反応は びっくり仰天 ガビーン ですね。結果としては 英国債価格上昇(イールド大幅下落)、株式指数上昇、ポンド売り(マネーサプライの数字がうなぎ登りに上昇する為)と予想します

*ECB
本日の注目点は トリシェさんが 最近のユーロ高に関して 言及するか否かに 私は注目しています。先日 IMFが ユーロ15%過大評価レポートの直後ですから 質疑応答で必ず 質問が入ると思います

この記事がお役に立ちましたら 欲張り3段攻めポチッ御願いします!

最初は 人気blogランキングへ

次が にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

最後が 


こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2009/08/06 17:34 ] マーケット | TB(0) | CM(2)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ