FC2ブログ
2009 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312009 04
月別アーカイブ  [ 2009年03月 ] 

スイス中央銀行介入

昨日(木曜日)は ひどいめに合いました。オンラインで買った娘用のラップトップが不良品とわかり オンライン顧客サービス係の指示 (最寄のお店に行って 本当に不良品であると認定後 返金を受ける) に従い 40分くらい離れたところにある<最寄のお店>へ 朝イチで行ってきました。45分以上かかって やっと 「正真正銘の不良品」という認定を受けた後 返金手続きを御願いします と言ったら 「ここでは出来ない。オンラインで買った物は オンラインで返金するしか方法がない」の一点張り。前日 3人に電話をたらい回しにされて 怒りの頂点に達していた私は ゴネました。そのお店の店長とかいう顔色の悪いオッサンにも聞いてもらったのですが やはり 返金はオンラインを通じてやってくれ との事。連絡先の電話番号を2つ貰って お店の駐車場で すぐに連絡。最初の番号は 全く 関係ない係りの番号である事が判明。怒りが沸騰点を通り越して止まらなくなったので もう一度 お店に殴りこみ。でも 出来ないの一点張り。残された番号へ電話しようと携帯電話を出したところ 警官がなだれ込んで来ました。コンピューター泥棒でも入って 誰かが通報したのかいな?と思ったら ナント このお店の隣にあるスーパーに爆弾を仕掛けたとの通報があったそうです。とにかく 外の駐車場で待機してくれ と警官が声だかに叫び 全員 避難体制に入りました。イギリスに来て IRA抗争も含め 数々の危ない経験もしましたが 爆弾騒ぎは はじめて。正直 恐かったです。外に出たら 既に このショッピング・モールのある敷地内の駐車場への立ち入りは禁止されており パトカーが何台も 要所要所に止まっていて 映画の一場面という感じ テレビ。しかし その後 何のニュースにもなっていないので 爆弾警告は嘘だったのでしょうね。

私が こんな体験をしている時 為替市場では スイス中銀の介入発言で これまた 大騒ぎだったんですね。スイス中銀に関するニュースをググッていて分かった事は 2点

1)1978年から79年末にかけて スイス中銀は 対マルクで (限りなく 80台よりもスイス安 という曖昧な) ターゲット制を導入していた時期がある事

2)スイス中銀は 1989~1995年の間に 全部で69回介入をしている。そのうち 3回が単独介入、66回がドイツ連銀やFEDとの協調介入

通貨の強弱を語るのに欠かせない実効レート。ずっと スイス中銀ホームページで スイスフラン実効レートを探しているのですが どうやっても 見つからない。仕方ないので 同じく ホームページから 過去のレート推移の資料 を引っ張り出して来て ユーロ/スイスと DM/Chfの月別レートのチャートを作りました。
DM CHFリンクをつけた表のDM/Chf欄は 2002年1月以降 空白 うへー1 しぶしぶ 私 自分で手計算して エクセルに追加しましたよ。そもそも DM/Chfの過去レートを見つけるのに非常に時間がかかってしまい 手計算も含めると 全部で3時間半 かかった(涙)

スイス中銀が最後に介入したと確認されるのは 1995年10月。チャートを調べてみると ユーロ/スイス 安値が1.5669 (DM/Chf換算0.8011)です。つまり ユーロ/スイス 1.56台が スイス中銀が<許せる>最低ラインという形になります。この死守ライン 1.56台は リーマンブラザース倒産後 一気に抜けて 1.45台 (DM/Chf換算74台)も抜けました。今年に入ってからは 1.50台 (76台)を挟んだ動きに終始しています。そこに 昨日の介入です。

しかし 介入をしても 死守ライン 1.56台へは持っていかれませんでした。果たして スイス中銀は 今後 じわじわと 1.56台より上で推移するまで 介入を続けるのでしょうか?為替の辛いところは スイスを売るからには 何かの通貨を買わなければなりません。スイス中銀は 事前にECBに対し ユーロ買いを実施する事の承諾を取っていると私は勝手に理解しているのですが ECB いいんでしょうか、ユーロ買いされても?微小ですが ユーロ実効レートも上昇していますし.....

そう考えると スイス中銀は 自分達の都合だけで 他通貨をビシバシ買う介入は 続けられない という事にならないでしょうか?つまり ここからガンガン 1.56台突破に向けて 容赦なくユーロ買い/スイス売り介入を仕掛けるというよりかは 今後 ユーロ/スイスでスイス高 (ユーロ/スイスで1.50割れとか?)になった時 狙い撃ち介入をするのでしょうか?試しに もし ユーロ/スイスが 1.50割れたら ユーロ買い/スイス売りしてみるのも 楽しいかもしれませんね (かなり身勝手な発言 S・セレビシエ

今回のスイス中銀の自国通貨売り介入が確認されてから 世界的通貨切り下げ競争の幕が切られ「次は誰?」という話しが 当然 市場では囁かれています。俄然 介入の王者:日銀にターゲットが絞られます。私は 読んでいませんが スイス中銀介入確認後 某米系投資銀行が 短期でのドル円ターゲットを 一気に 115円まで上方修正したそうです(マジかい?

この記事がお役に立ちましたら 欲張り3段攻めポチッ御願いします!

最初は 人気blogランキングへ

次が にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

最後が 


こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2009/03/13 22:40 ] マーケット | TB(0) | CM(14)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ