FC2ブログ
2009 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312009 04

BIS 四半期レポート

BISレポートによると、世界の金融機関の外貨建て債権残高は、2000年末の11兆ドルから2007年半ばには 31兆ドルへと大幅に膨らみ、年率で30%の上昇率を見せました。過去  平均10%だった債権残高が 2001年以降 急激に上昇した理由として ヘッジファンド業界の顕著な成長、ストラクチャード・ファイナンス業界の出現、商業銀行と投資銀行を兼ね備えるユニバーサル・バンキングや自己ポジション取引の拡大などと期を同じくすると分析しています。

ここで見落としてはならない点は 2つ
1) これら外貨建て債権の伸びが 特に大きかったのは 欧州系金融機関
2) その中でも ドルの需要が飛びぬけて大きかった事

2007年半ばの時点で 欧州系金融機関によるドル建て投資総額 と 資金調達可能額 の差 (Funding gap 資金不足)は 1兆1,000億~3,000億ドルにも上り これらの資金不足は インターバンク貸し借り、中央銀行による資金供給、通貨スワップを通して行なわれていました。

しかし 昨年夏のサブ・プライム危機に端を発した世界規模の金融危機が起こって以来 インターバンク市場での資金の出し手となる銀行が いなくなった為、欧州系金融機関は 手持ちのドル建て債権売却に動いたようです。しかし その直後の昨年9月に リーマンブラザーズが倒産して以来 買い手不在相場となり 債権売却を断念し ドル資金のロールオーバー(借り換え)時期が来たら 短期市場や通貨スワップを使って不足分のドルを引っ張って来る自転車操業をしており 今後の懸念材料となりかねない様子。その先手を打つように 2007年末から FED、ECBが ドル建てスワップによる資金供給を開始し リーマン倒産後の昨年10月には この動きが BoE、SNBへと拡大しました。

*英国系金融機関
8,000億ポンドを市場から借り入れ調達、それをドル、ユーロ、その他の通貨建て債権のロールオーバー(借り換え)に宛てている。2007年半ば時点でのドル・ロングポジション残高 (ロールオーバーが必要な金額)は 3,000億ドル

*ドイツ系 と スイス系 金融機関
2007年半ば時点でのドル・ロングポジション残高 (ロールオーバーが必要な金額) は それぞれ 3,000億ドルづつ

*オランダ系金融機関
2007年半ば時点でのドル・ロングポジション残高 (ロールオーバーが必要な金額) は 1,500億ドル

世界にある金融機関全体のドル・ロングポジション残高総額は 2兆ドルと推定されます

上でも書きましたが 今後 ドル資金のロールオーバーが 何かのきっかけで不可能となった場合 損失覚悟の 既存ドル債権の前倒し売却(売れればの話し)が強制実行されますので ますます 金融機関のバランスシートは 悪くなります

ただでさえ 欧州系金融機関は 東欧貸し出しで痛んでいるのに この話しは 傷口に塩を塗るようなものですね

これらの金融機関が ドル建て債権売却に動かない以上 ロールオーバーする度に ドル買いが発生するかもしれません。または 米国で また 何か悪い話しが出たら また ドル買い相場になるかもしれません。なんと言っても このBISレポートを読むまで 私達が全く知りもしなかった理由で ドル需要が増えていたのですから....... こうなってくると ドル安相場到来には時間がかかるのでしょうかね...... 

今 思うと 金融危機がどんどん悪化しているにも関わらず どうして ドルが買われるのか 全く理解出来なかったのですが これで 理解出来ました。

最後になりましたが BIS四半期レポートをお読みになりたい方は こちらのリンクをクリックして下さい。

この記事がお役に立ちましたら 欲張り3段攻めポチッ御願いします!

最初は 人気blogランキングへ

次が にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

最後が 


こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2009/03/05 23:10 ] マーケット | TB(0) | CM(4)

天鼓さんのコメントへのお返事

いつも コメントありがとうございます

頂いたコメントで 自分の取引方法が明確でなかった という事が書いてあり 最近 それについて 思うことがあったので 記事としました。

私も 数年前に 1,000万円近く 失い マージン・コールのメイルを受け取り 一時 取引から撤退した経験があります。マージン・コールを貰ってから 約半年 PCの前に座る事も出来ず PCを見るのも恐くなり PCに風呂敷を掛けて見えなくしてました。とことん落ち込み その心労がたたり 顔の左半分の神経が麻痺、即 入院。しかし この入院で 何かが吹っ切れたのは確かです。私が病気になるまで落ち込んだ原因は 金銭の損失ではなく 自分自身の存在、自分自身の自信 の 損失だった事に気が付いたからです。結婚してからも 夫に養って貰う という生活手段を好まない私は 自分の収入がない事 = 自分が生きている意味がない と 受け取ってしまったんですね。

悩んで病気になって 吹っ切れた後 PCにかけていた風呂敷を外しました。取引単位を 30分の1に減らして 再出発。

しかし 再出発は簡単では ありませんでした。天鼓さんのコメントにも書いてありましたが まず 自分の取引方法が明確で なかったんです。それを作り上げようとして MT4をダウンロードし Forexfactory等のコラムを 何日も掛けて読み 自分で気に入ったインディケーターをMT4に入れて チャートを作ったりもしました。そうですね.... そういう事に数ヶ月 かけたかもしれません。この人が この取引方法で 毎月1,000ポイント上げているなら 私にだって 出来る という思い込みです。しかし その思い込みとは裏腹に どのインディケーターを載せても それを作った人と同じ規模の収益に繋がりません。

本当に 頭が悪いので 気が付くのが遅いのですが 数年たった最近 やっと ある事に 気が付きました。どれだけ 他の人が儲けたチャート設定でも 「私が」同じように儲かる保証は ないんだ...と。日本では かなり商材が売れていますよね。思うんですが <儲かって笑いが止まりません>という商材があったとしても それは その商材を作った人にとっての聖杯であり 「私」にとっては聖杯とは 限らないという事です。商材を買い そこから 何かを学ぶ、自分風にアレンジするという事は 十分に可能だと思いますが 聖杯は 自分が作り出すものだという考えに やっと辿りつきました。

自分にあった取引スタイルは 兼業か専業か、それに伴い 取引可能時間が設定され、それに合った時間軸のチャートを選ぶところから始まるような気がします。そこではじめて その時間軸のチャートに載せるインディケーターの選択となるのでしょう。インディケーターがあると 逆に邪魔と感じる方は ローソク足だけで十分ですね。事実 私の廻りにも ローソク足だけで取引している人 何名か おります

取引する上で 私が一番 重視しているのは 自分が居心地よく感じる取引手段を とことん 使いこなして 自分のものにする、1に損切り 2に損切り、3に損切り。自分のものにするまでに 何ヶ月も 何年もかかるでしょう。その途中で 他の人が 毎日100ポイントあげている、毎月 5,000ポイント稼いでいる とかいう話しが耳に入ってきて 「どうして 私は 他の人みたいな劇的な収益が上げられないんだろう」と悩むかもしれません。しかし トレードとは 自分自身との戦いであると同時に 自分自身に対する挑戦でもあり 自分の限界を少しづつ 伸ばして 精神的に成長していく事のように 最近 思えてきました。他の人の戦績など 気にする必要ないんです。戦いである以上 その過程で 肉体・精神共に 限りなく限界に達する事が多々あります。その時に 悩みを聞いてくれる友達がいれば 私は また再出発する力が湧いてきます。その意味で 私は 国籍を問わず 悩みを聞いてくれる友人に恵まれているので 現在の自分があると信じています。

これからも 人真似でない「私」が選んだ設定方法で 自分が納得出来る収益を上げ 尚且つ 精神に異常をきたすような無理をしない程度に頑張ります。成功に 近道など ありませんから、遠回りだなぁ~と感じても 将来の成功を信じて 頑張って行きたいです!

この記事がお役に立ちましたら 欲張り3段攻めポチッ御願いします!

最初は 人気blogランキングへ

次が にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

最後が 


こんな嬉しい賞を頂きました。受賞に恥じないよう 頑張ろうと思います。応援 よろしく!
[ 2009/03/05 19:40 ] 未分類 | TB(0) | CM(20)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ