2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

またしても、ロンドンで無差別攻撃

次から次へと事件が後を絶ちません。ロンドンは人間に例えるなら、今年は厄年なのかもしれません 



* フィンズベリー・パークでの出来事
今朝未明、ロンドン北部のモスクを訪れていたイスラム教信者たちに、バンが突っ込んだそうです。現在のところ、少なくとも1人が死亡、10人が負傷したと報道されています。ちなみに、この際に使用されたバンは、レンタカーであったことが判明。

今はイスラム教のラマダンの最中なので、夜中近くでもモスクに人が集まったようで、証人の一人は、「バンの中には3人乗っており、そのうちの一人が、  イスラム教徒を皆殺しにしてやる! と叫びながら、歩道に突っ込んできた」 と語っているそうです。

このニュースが伝わるとすぐに、海の向こうのアメリカ・NYでも、モスク周辺の警備を強化したとも伝えらえています。

メイ首相は、警察がテロ攻撃の可能性がある事件として取り扱うと明らかにし、COBRA会議を招集。



* フィンズベリー・パークって どんなところ?
ロンドン北部に位置し、サッカー・プレミアリーグのアースナルのホームペースです。

私が渡英した当時は、アイルランド人が大きなコミュニティーを作っていた場所ですが、現在は国籍かまわず、マルチカルチャーの街です。その中でも一番人口が多いのは、たぶん アルジェリア人かな?と思います。

そして、労働党のコービン党首が、ここに住んでいます。

英 コービン フィンズベリーパーク

今朝早く、コービン党首は事件現場に足を運び、警察の人たちと話しをしている模様。



この写真は、事件が起きたあと、事件現場でお祈りをするイスラム教徒の人たちです。ロンドンのマルチカルチャーは素晴らしいことですが、宗教という問題は本当に根深いものなのですね・・・・


英 ロンドン モスク






【みんなのFX】さんは、先月10周年を迎えました。

6月1日より 「ユーロ大還元キャンペーン」を実施しており、キャンペーン中は、
ユーロ円のスプレッドを0.4銭、
ユーロドルのスプレッドを0.4pips 
    にてレート配信 

[ 2017/06/19 20:09 ] イギリスでの生活・食事等 | TB(-) | CM(0)

軍の兵士や武装警察官が渦巻くロンドン市内

ちょっと FX以外の記事になってしまいますので、興味ない方はスルーお願いします。

今週月曜日の夜、イギリス中部のマンチェスターで起きた自爆テロ。

私はこの国に住んで29年目になりますが、今回のテロに関しては、国民の怒りの度合いが、かなり違います。

その理由は、テロの犠牲者に多くの子供達が含まれていたからです。 これはイギリスに限ったことではありませんが、自分で自分を守れない人たち (子供、老人、障害のある人たち、妊婦さんなど) は、守ってあげられる人が守ってあげる という考えが強く浸透しています。ですので、混んだ電車では、こういう人たちに席を譲るのは当たり前の行為であり、寝たふりしたり気がつかない人がいたら、周りの人たちが座っている人に対し、「貴方 席を譲ってあげたらいかがですか?」 と声をかけます。このあたりは、日本とは全く違う対応となっています。


話しがずれましたが、今回のテロの犠牲者で、最年少は8歳の女の子。14歳、15歳、18歳という若い犠牲者もいました。

こういう「守られるべき年齢の人たち」の犠牲者が出たという事実を、この国の人たちは非常に深刻に捉えています。

実は私、今朝 用事があって、3時間ほど車で移動していたのですが、今回のテロに関して、リスナーからの電話を受け付ける番組がラジオで流れていたのですが、驚くほど多数の男性から 「テロにより一方的に犠牲者を出される側に、イギリスは甘んじていて良いのか?攻撃されるなら、こちらも攻撃をすべきではないか?」 
こういう意見が多くて驚きました。


6月8日からイギリスでは総選挙が行われますが、22日のテロ以降、選挙キャンペーンは一時中止。
BBCテレビで予定されていた今週5日連続の各党首へのインタビューも、キャンセル
英国が離脱するはずのEUでも、一部の会議がキャンセルされているとも伝えられています。
バッキンガム宮殿の前で行なわれる衛兵交代の儀式も、しばらくキャンセルです。


今回の犯人は、22歳の過激派組織:IS関係者と言われており、シリアに渡り訓練を受けていたようですが、スコットランドヤードの発表によると、重要人物に認定されていない、言い方が悪いですが、下っ端の人物だったそうです。

今回のテロを受け、メイ首相はCOBRA会議を招集。そこで、さらなるテロが差し迫っている危険があるとして、5段階ある警戒レベルを、10年ぶりに最高度に引き上げると発表しました。

そして、昨日から武装した警察官や軍の兵士が、ロンドン市内で警備に当たる厳重な態勢が敷かれることになりました。29年住んでいますが、ここまで警備が厳重に敷かれたことって、あったかな?


英 ロンドンの風景



ここからどういう流れになっていくのかわかりませんが、今回のテロの受け止め方が、今後どう展開していくのか、何かわかりましたら、またブログに書かせていただきます。



追記:
今 メールをチェックしていたら、在英日本大使館からメールきてました。一部引用

「1 5月27日(土)頃から6月24日(土)頃は,イスラム教徒が日の出から日没まで断食を行うラマダン月に当たります。
ラマダン終了後には約3日間(6月25日(日)頃から6月27日(火)頃),イードと呼ばれるラマダン明けの祭りが行われます。


2 イスラム過激派組織ISIL (イラク・レバントのイスラム国)は,2015年及び2016年にラマダン月の間にテロを呼びかける声明を発出しています。

同声明との関係は明らかではありませんが,過去2年,ラマダン月に多数のテロ事件が発生しています。

特に昨年は,邦人を含む多数の犠牲者が出たバングラデシュでのダッカ襲撃テロ事件や,トルコのイスタンブールでアタテュルク国際空港の襲撃(45人が死亡,200人以上が負傷)などのテロ事件が発生しています。

また,最近は,爆弾や銃撃に加えて,車両やナイフを使用したテロや放火,窃盗など簡単に一般人を多数殺傷できるテロが呼びかけられています。」




最大2万円のキャッシュバック 
キャンペーン期間中、新規に口座を開設し、「FXダイレクトプラス」で取引をされ、
条件を満たされたお客さまに最大20,000円をキャッシュバックします。


詳しくは、 こちら をご覧ください 


上田
[ 2017/05/24 22:18 ] イギリスでの生活・食事等 | TB(-) | CM(2)

昨日のロンドン・テロ

昨日 ラジオ日経の仕事から部屋に戻り、ロンドンのニュースを調べようと思っていたら、いきなり飛び込んできたのがテロのニュースでした。

国会議事堂の真横で起きたテロ行為

結局、犯人を含む5人が死亡。40人の人が負傷したそうです。

まだ犯人の顔も背景も発表されていませんが、つい先ほど ロンドン市長もコメントを出しています。

私事で恐縮ですが、ちょうど昨年の本日、日本からロンドンへ帰りました。ANAの便で、オランダのアムステルダムで乗り換えの便でした。

アムステルダム空港に到着し、オランダのチューリップの球根を買おうとお店を探していたら、やけに空港の中が騒がしい。そして、荷物のチェックがやけに厳しい。

その後、ロンドン行きのゲートに到着したら、同じ時間にベルギーのブリューッセル空港でテロがあったというニュースを知りました。

その1年後の昨日、ロンドンでテロです。

この時期はテロ行為が多いのでしょうか? 私にはわかりませんが、毎年 この時期にロンドンと日本の往復をしている私ですが、次は帰国時期をずらそうかな・・・と、思ったりもしました。

亡くなった方々のご冥福をお祈りします。

テロを伝えるBBCニュース



テロ後、追悼の意を伝えるメイ首相






突然ですが、勉強会をやろう!ということになりました。今回は、上田ハーローFXさん の会議室をお借りしての勉強会となります。会場は40人近く入れますが、東京在住でない方は、WEB参加をお願いできれば・・と思います。

欧州やイギリスの話題だけでなく、取引をする際の悩み事や、それ以外の問題点などでも、全く構いません。一人で悩んでいても凹むだけです。一緒に解決していきましょう 


参加方法などの詳しい内容は、このバナーをクリックしてください。一人でも多くの方のご参加をお待ちしております 


Net Money


[ 2017/03/23 12:19 ] イギリスでの生活・食事等 | TB(-) | CM(0)

バイナリーオプションによる被害

安心してください、私はバイナリーとか、やりませんので、私の話しでは、ありません 

先週、英タイムス紙日曜版を読んでいたら、バイナリーオプションで全財産を失った人たちの話しが、記事になっていました。そのかたわらで、バイナリーで毎月平均9万ポンド稼ぐ黒人の若者の話しも載っていました。


*タイムス紙日曜版の話し
ここでは、具体的なFX会社名は出てませんが、その会社はイスラエル籍ですが、キプロスの金融監督を受けいてる と書かれていました。

そこには、いくつかの数字が並んでいました。


・英国でバイナリーオプションをやっている人たちの 過去3ヶ月の 「平均損失/月額」 は、 20,000ポンド (約270万円)

・今年に入ってから今までの、バイナリー取引で発生した 「損失額合計」 は、1,200万ポンド (16億円+)

・イギリスで、バイナリーを取引する個人投資家の3割は、35歳以下


*あるインド人男性の話し
これも、タイムス紙に載っていた話しで、この男性は42歳

サウスハンプトン・フットボール・クラブのスポンサーをやっている Banc de Binary  という会社なら、安心だろうと思い、口座を開設

その直後、この会社からどんどん電話がかかってきて、いろいろな取引推奨を受けたそうです。

口座開設時に、350ポンド 〔約48,000円) 入金し、バイナリーオプションをやり始めたそうですが、電話で教えてもらった取引推奨内容が、悉くはずれ、クレジット・カードで借金しながら、口座にお金を振り込んでいたそうです。

その借金の額が、26,000ポンド (約350万円)

その後、サウスハンプトン・フットボール・クラブは、Banc de Binary とのスポンサー契約を中止しました。


*ロイターの話し
ロイターでは、バイナリーオプションの被害について、長い記事 を載せています。


バイナリーオプション



そこでは、具体的な会社名も出てきます。

・NRGbinary
・Titan Trade com

私は、はじめて聞く名前ですが、これもイスラエル人が始めた会社のようです

NRGbinaryに関しては、イスラエル人がロンドンで会社を作り、その後 キプロス、そしてセイシェルと移動したようなので、ここからもインチキっぽさが感じられます。

非常に長い記事なので、最初の半分だけ読みましたが、こりゃ ひどい

・イギリスでこの会社の被害にあい、弁護士に相談をしている個人投資家は、現時点で3000人

・個人の被害額は、少ない人で1万ポンド(約135万円)、多い人で数十万ポンド(ウン千万円でしょう・・・)

・弁護士の話しをまとめると、口座開設直後から、この会社からしつこく電話がかかってきて、取引を勧められる。

・この会社は、顧客のお金を、顧客の承認なしに、他の口座に移しかえるのは、日常茶飯事

・顧客が資金を引き出そうとするが、できない

・この会社は、フランス金融庁のブラックリストに載っている

・ベルギーでは、バイナリ・オプション取引全てが禁止となった

など

まだまだ話しは続きますが、読んでると気分が悪くなってきます。

日本でも、バイナリーをやっていらっしゃる方が結構いらっしゃるのかもしれませんが、口座開設の時には、くれぐれも気をつけてくださいね!

私も、見知らぬ会社から、海外のFX会社に日本人を紹介し、その人が口座を開き、取引を始めたら、取引高に応じて報酬を払う という勧誘が、結構入ってきます。

当然ですが、全てお断りしています。 というか、返事も出しません。






上田ハーローFXさんでキャンペーン始めました!

キャンペーン期間中に新規口座を開設し、翌月末までに1万円以上のご入金あった方全員に、上田ハーローFXさんの戦略レポート「視る」ブログを毎週月曜日に配信している私の著書:「松崎美子のロンドンFX」をプレゼントいたします。著書を読んで、「視る」ブログを100倍活用しましょう。

モウリーニョ前チェルシー監督が、マンU新監督?

Twitterで、何気に呟いた一言に意外と食いつきが多かったので、敢えて記事にします 笑


*マンチェスター・ユナイテッド監督が解雇
昨日、マンチェスター・ユナイテッド(マンU)のオランダ人監督であったファン・ハール監督が解任されました。

それを受け、本日 元チェルシーの監督 ポルトガル人のモウリーニョさんのマネージャーが、マンUと話し合いを行います。

今期のマンUの成績はふるわず、来年のUEFAチャンピョンズリーグへの出場資格がなくなりました。

UEFAチャンピョンズリーグは、ヨーロッパのサッカーでは一番注目  が集まるリーグ戦ですが、その出場資格は非常に厳しいものがあります。私もよく判っていないのですが、とりあえず知っているのは

・UEFAランキング1位〜3位の国の上位4クラブ 

2016年のUEFAランキングを調べると

1位 スペイン
2位 イングランド
3位 ドイツ
4位 イタリア

それぞれの国の上位4クラブに出場資格が与えられます。そこで、Barclays Premier leagueのランキングをみると、今年はレスターという予想外のチームが1位となったため、

1位 レスター
2位 アーセナル
3位 スパーズ
4位 マンチェスター・シティー

5位 マンU

となっており、マンUには出場資格がありません 

この責任を取って、監督は解雇されたということです。

英国のどの報道を読んでも、モウリーニョ新監督就任は、ほぼ決定のような書き方になっており、今日中の発表はないようですが、遅くても今週中に発表となるようですね。

モウリーニョ監督

モウリーニョさんに関しては、好き嫌いがかなりあるようですが、私は彼の監督としての能力云々はよくわかりませんが、イケメン  なので、ウェルカム  です。








キャッシュバック・キャンペーン  

Uチャートを使えるので、視覚的に他の人の売買レベルが確認できます!

インターバンク直結型    ポンド円の約定率  100%! 




口座開設月の翌月末の営業終了までに「ウルトラFX」で1回以上新規取引をされた方に、もれなく4,000円キャッシュバック!
さらに、「Uチャート」からの取引1回で1,000円キャッシュバック。最大5,000円もらえるチャンス!


スタンプ  くいくい
[ 2016/05/24 20:30 ] イギリスでの生活・食事等 | TB(-) | CM(2)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ