FC2ブログ
2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01

ホーキング博士、各紙一面報道

本日は、2週間前の水漏れの修理のはずでしたが、工務店のお兄さんが体調を崩し、急遽キャンセル。

ということで、さきほどスタバに行って、帰りに新聞一面を見てきました。


英 ホーキング博士




本日の各紙1面は全て ホーキング博士追悼記事。

そして、これまた全ての新聞が、博士の同じ言葉を載せ、「genius 天才」 と表現していました。


Remember to look up at the stars and not down at your feet
足元ではなく、星を見上げよ。好奇心を抱け





博士には面白いエピソードがあります。
博士は、数年前に話すことが出来なくなり、それ以来、コンピューターを使って会話をしています。

以前、エリザベス女王が、博士に対して、「貴方のコンピューターが発する英語は、どうしてアメリカのアクセントなのかしら?」と質問したそうですが、それに対する答えは、「このシステムは専売特許を持っているのですが、(どうしてかわかりませんが)英語のアクセントは、アメリカ、スコットランド、北欧のうち、ひとつ選ぶことが出来ます。もう少し技術が進歩すれば、イギリス英語のアクセントも選べるようになるのでしょうが、私はこのシステムが気にいっているので、アメリカのアクセントのまま、使用していました。すると、どうでしょう?最近では私の英語がアメリカのアクセントであることを皆さんが受け入れてきたので、もう 今後もこのままアメリカ英語で通すつもりです。」  と答えたそうです。



今までもTVでお話しされていらっしゃる場面を見ていたはずなのに、すぐに思い出せず、早速動画を探してみましたが、本当にアメリカのアクセントでした 


ホーキング博士は、1990年代にナイトの称号を与えられるはずでしたが、本人が辞退しています。


昨日は、ケンブリッジ大学はもちろんのこと、世界各地で弔意を表すために半旗を掲げたとも言われています。


為替と全く関係ない話しですが、この記事を残したいので、書きました。

ご冥福をお祈り申し上げます。



[ 2018/03/16 02:37 ] イギリスでの生活・食事等 | TB(-) | CM(1)

ちょっと為替と関係ないイギリスでの出来事

お騒がせしました、ボイラーからの水漏れ。無事 修理しました。
結果から申し上げると (誰も興味ないでしょうが・・・ ) ボイラーには何も問題がなく、ボイラーから出る蒸気が逃げるパイプ。これは外にあって、下水溝に流れ落ちるようになっています。

このパイプが、北向きに面しており、、最近の寒さの影響で中が完全に凍っていたそうです。

そのため、本来であれば外に出て行くはずの蒸気が出るに出れなくなり、中に溜まって水となって、うちの床に洩れていたそうです。

ここから先が日本では絶対にあり得ないんですが、このマイナスの寒さが続く限り 私がやることは

① 数時間に一度、外のパイプに暖かいお湯をかけて、凍らないようにする
② マイナス気温の夜は、水が洩れる という前提で、バケツを床に置いて寝る

以上

こういう「その場しのぎ」が出来ないと、この国では生きていけません。だいぶ 私も大雑把になり、「息していれば、いいや・・・」 という心境になってきました  



* イギリスのKFC危機
私はお肉を食べないので、KFCには あまりご縁がありませんが、2週間前くらいから ある意味 「社会問題」化してきているのが、イギリス全土のKFCで、チキンが食べられない状態が続いていることです。

どうしてこういう事態が起きたか?というと、英国本土には900のKFCがあるそうです。KFCが養殖している鶏を、各KFCに運んでいるのが、DHL

しかし、DHLの人員不足なのかわかりませんが、900のお店全てに配達することが困難になってきており、一部のお店では 「チキン・メニューは ありません」 という張り紙がしてあったり、もっとヒドイ店は 「一時閉店」に追い込まれているそうです。



英 KFC




問題はここで終わりません。ある意味 ここからがもっと深刻な問題かも・・・

配達されずに残っている鶏、これを殺すことになったと今朝発表され、それが物凄い騒ぎになっていて・・・

この国は動物愛護が徹底してますので、時には人間以上に動物が保護されます。

例があれですが、この国でリアル・ファーの洋服は売っていません。どんな高級ブランドでも、フェイクファーを使用しています。



KFCとしては、わざわざ殺すより、フードバンク という各地区にある食料供給所に無料で差し上げたい気持ちもあるそうですが、その運搬手段がない。

いずれにしても、この問題 長引きそうです。



* トイザラス倒産
今朝のBBCニュースで一番最初にやっていたのが、トイザラス倒産の報道
これにより、5,500人の失業者が出る可能性と言ってました。

英 トイザラス


ただし、英国にある100のストアーは、まだ営業しているようで、全製品大幅ディスカウントしているそうです。

子供がまだ小さい頃、よく近所のトイザラスに行ったので、懐かしいし残念です・・・・


さて、ここから本格的に仕事しますよ!

のちほど3月2日に予定されているメイ首相のBrexit演説について書きます。








3月12日(月)  20時~   今年第1四半期の総まとめ的なオンライン・セミナーをやらせていただきます 

お申し込みは、   このバナーをクリックしてくださいね 

Net Money


口座開設者を対象としたセミナーになります。皆様のご参加をお待ち申し上げております 



[ 2018/02/28 19:37 ] イギリスでの生活・食事等 | TB(-) | CM(1)

イギリス人の貯蓄法:NISAの生みの親:イギリスのISAについて知っておこう!

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 



NISA.png




日本では2014年から始まったNISA(少額投資非課税制度)。このモデルとなったのが、私が住む英国で最も親しまれているISA(Individual Savings Account)です。

今回のコラムは為替から少し離れ、英国人の貯蓄法をご紹介したいと思います。





今回のコラム記事の主な内容は、


・ISAとは?

・ISAが成功した理由

1)投資から貯蓄へ
2)投資期限の延長
3)マーケティングの成功
4)ISAシーズン
5)「Use it or lose it(使うか、失うか)」
6)「預金」と「投資」、2つの選択

・イギリス人のISA使用法

・Lifetime ISAの誕生

・私自身のISA活用法







コラム記事の一部を抜粋しますと、


>>>私の日本の友達で、NISAを熱心にやっている人はゼロです。しかし、英国で最も普及しているのが、このISAです。極端な話し、ISAの口座を持っていない人は、私の周りに誰もおりません。(略)  英国でISAを知らない人はいないくらい、個人の資産形成促進策として認知されています。見方を変えれば、英政府は官民の協働により『ISAのブランド化』に成功したと言えるでしょう。



4月より、口座保有者のお客様のみが閲覧可能となりました。

どうぞごゆっくりお読みください 


[ 2017/10/06 17:25 ] イギリスでの生活・食事等 | TB(-) | CM(2)

またしても、ロンドンで無差別攻撃

次から次へと事件が後を絶ちません。ロンドンは人間に例えるなら、今年は厄年なのかもしれません 



* フィンズベリー・パークでの出来事
今朝未明、ロンドン北部のモスクを訪れていたイスラム教信者たちに、バンが突っ込んだそうです。現在のところ、少なくとも1人が死亡、10人が負傷したと報道されています。ちなみに、この際に使用されたバンは、レンタカーであったことが判明。

今はイスラム教のラマダンの最中なので、夜中近くでもモスクに人が集まったようで、証人の一人は、「バンの中には3人乗っており、そのうちの一人が、  イスラム教徒を皆殺しにしてやる! と叫びながら、歩道に突っ込んできた」 と語っているそうです。

このニュースが伝わるとすぐに、海の向こうのアメリカ・NYでも、モスク周辺の警備を強化したとも伝えらえています。

メイ首相は、警察がテロ攻撃の可能性がある事件として取り扱うと明らかにし、COBRA会議を招集。



* フィンズベリー・パークって どんなところ?
ロンドン北部に位置し、サッカー・プレミアリーグのアースナルのホームペースです。

私が渡英した当時は、アイルランド人が大きなコミュニティーを作っていた場所ですが、現在は国籍かまわず、マルチカルチャーの街です。その中でも一番人口が多いのは、たぶん アルジェリア人かな?と思います。

そして、労働党のコービン党首が、ここに住んでいます。

英 コービン フィンズベリーパーク

今朝早く、コービン党首は事件現場に足を運び、警察の人たちと話しをしている模様。



この写真は、事件が起きたあと、事件現場でお祈りをするイスラム教徒の人たちです。ロンドンのマルチカルチャーは素晴らしいことですが、宗教という問題は本当に根深いものなのですね・・・・


英 ロンドン モスク






【みんなのFX】さんは、先月10周年を迎えました。

6月1日より 「ユーロ大還元キャンペーン」を実施しており、キャンペーン中は、
ユーロ円のスプレッドを0.4銭、
ユーロドルのスプレッドを0.4pips 
    にてレート配信 

[ 2017/06/19 20:09 ] イギリスでの生活・食事等 | TB(-) | CM(0)

軍の兵士や武装警察官が渦巻くロンドン市内

ちょっと FX以外の記事になってしまいますので、興味ない方はスルーお願いします。

今週月曜日の夜、イギリス中部のマンチェスターで起きた自爆テロ。

私はこの国に住んで29年目になりますが、今回のテロに関しては、国民の怒りの度合いが、かなり違います。

その理由は、テロの犠牲者に多くの子供達が含まれていたからです。 これはイギリスに限ったことではありませんが、自分で自分を守れない人たち (子供、老人、障害のある人たち、妊婦さんなど) は、守ってあげられる人が守ってあげる という考えが強く浸透しています。ですので、混んだ電車では、こういう人たちに席を譲るのは当たり前の行為であり、寝たふりしたり気がつかない人がいたら、周りの人たちが座っている人に対し、「貴方 席を譲ってあげたらいかがですか?」 と声をかけます。このあたりは、日本とは全く違う対応となっています。


話しがずれましたが、今回のテロの犠牲者で、最年少は8歳の女の子。14歳、15歳、18歳という若い犠牲者もいました。

こういう「守られるべき年齢の人たち」の犠牲者が出たという事実を、この国の人たちは非常に深刻に捉えています。

実は私、今朝 用事があって、3時間ほど車で移動していたのですが、今回のテロに関して、リスナーからの電話を受け付ける番組がラジオで流れていたのですが、驚くほど多数の男性から 「テロにより一方的に犠牲者を出される側に、イギリスは甘んじていて良いのか?攻撃されるなら、こちらも攻撃をすべきではないか?」 
こういう意見が多くて驚きました。


6月8日からイギリスでは総選挙が行われますが、22日のテロ以降、選挙キャンペーンは一時中止。
BBCテレビで予定されていた今週5日連続の各党首へのインタビューも、キャンセル
英国が離脱するはずのEUでも、一部の会議がキャンセルされているとも伝えられています。
バッキンガム宮殿の前で行なわれる衛兵交代の儀式も、しばらくキャンセルです。


今回の犯人は、22歳の過激派組織:IS関係者と言われており、シリアに渡り訓練を受けていたようですが、スコットランドヤードの発表によると、重要人物に認定されていない、言い方が悪いですが、下っ端の人物だったそうです。

今回のテロを受け、メイ首相はCOBRA会議を招集。そこで、さらなるテロが差し迫っている危険があるとして、5段階ある警戒レベルを、10年ぶりに最高度に引き上げると発表しました。

そして、昨日から武装した警察官や軍の兵士が、ロンドン市内で警備に当たる厳重な態勢が敷かれることになりました。29年住んでいますが、ここまで警備が厳重に敷かれたことって、あったかな?


英 ロンドンの風景



ここからどういう流れになっていくのかわかりませんが、今回のテロの受け止め方が、今後どう展開していくのか、何かわかりましたら、またブログに書かせていただきます。



追記:
今 メールをチェックしていたら、在英日本大使館からメールきてました。一部引用

「1 5月27日(土)頃から6月24日(土)頃は,イスラム教徒が日の出から日没まで断食を行うラマダン月に当たります。
ラマダン終了後には約3日間(6月25日(日)頃から6月27日(火)頃),イードと呼ばれるラマダン明けの祭りが行われます。


2 イスラム過激派組織ISIL (イラク・レバントのイスラム国)は,2015年及び2016年にラマダン月の間にテロを呼びかける声明を発出しています。

同声明との関係は明らかではありませんが,過去2年,ラマダン月に多数のテロ事件が発生しています。

特に昨年は,邦人を含む多数の犠牲者が出たバングラデシュでのダッカ襲撃テロ事件や,トルコのイスタンブールでアタテュルク国際空港の襲撃(45人が死亡,200人以上が負傷)などのテロ事件が発生しています。

また,最近は,爆弾や銃撃に加えて,車両やナイフを使用したテロや放火,窃盗など簡単に一般人を多数殺傷できるテロが呼びかけられています。」




最大2万円のキャッシュバック 
キャンペーン期間中、新規に口座を開設し、「FXダイレクトプラス」で取引をされ、
条件を満たされたお客さまに最大20,000円をキャッシュバックします。


詳しくは、 こちら をご覧ください 


上田
[ 2017/05/24 22:18 ] イギリスでの生活・食事等 | TB(-) | CM(2)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ