2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

Brexit交渉は大丈夫なのか?

昨日のブログ記事 でも書きましたが、ユンケル欧州委員会委員長の訪英を巡り、英国の1面トップは連日、その報道で埋まっています。



*本日のFT紙での報道
FT紙によると、

「英国が支払う「慰謝料」の額は、当初の見積もりであった 550~600億ユーロではなく、1,000億ユーロに膨れ上がる  という数字を、EU交渉団が示した」

と報道しています。この数字の根拠としては、EU加盟国の一部の国のリクエスト (主にフランスとドイツ)により、2019/20年の費用 + 農業助成金に関する費用などが上乗せされたようです。

この報道に対し、デービスBrexit担当大臣は、「英国は1,000億ユーロを支払う義務は、ない」と一蹴 



*Brexit交渉のテーブルにメイ首相は出席禁止
昨日 に続き本日も、英タイムス紙1面には、ユンケル委員長が先週訪英した時にメイ首相と食事をし、その際に交わされた会話の内容がリークされていました。

それによると、

・今後のBrexit交渉のテーブルにつくのは、デービスBrexit担当大臣であり、メイ首相は含まれない
・Brexitに関する協議で、メイ首相が唯一コンタクトを許される人物は、バルニエ欧州委員会・Brexit主席担当官のみ

つまり、ユンケル委員長によると、英国のメイ首相はBrexit交渉の矢面には立てず、何か言いたいことがあれば、バルニエ主席担当官を通して伝えるという制限を付けてきたようです。



*ユンケル委員長の決定は支持されているのか?
もともと、英国ではユンケルさんは好かれていない人物でした。ユンケル氏が欧州委員会委員長に選出されたとき、キャメロン前首相は最後まで 「反対票」 を投じていたことからもわかります。

EUの中でも、全員がユンケル氏のファンということではなく、今回のBrexit交渉に向けての意見交換の場でも、EU27ヶ国全てがユンケル委員長の考え方に賛成している訳ではない とも報道されていました。



*ユンケル欧州委員長の首席補佐官、ゼルマイヤ氏
英国に対するハードスタンスを貫くユンケル委員長。しかし、この人を操っていると言われているのが、ユンケル委員長の首席補佐官であるドイツ人のゼルマイヤ氏です。

独FAZ紙にリークした のも、ゼルマイヤ氏の仕業と言われています。

この方に関してはもう少し調べてみます。メルケル首相がBrexitに対して、最近急にハードスタンスを貫いているのも、この人の影響という話しもありますので・・・・


欧 ゼルマイヤ氏


右側の男性が、ゼルマイヤ氏









毎週月曜日にお送りしてます 
上田



最近のポンド

昨日まで英国は3連休でした。私も久しぶりにロンドンを離れ、昨夜戻りました。


*三連休に起きた出来事

1) 4月29日 EUサミット
この日のサミットでは、EU27ヶ国による 「Brexit」条件を協議しました。かなり厳しい条件 出てます。


2) ユンケル欧州委員会委員長、訪英
4月29日のEUサミットに先駆け、首相官邸でメイ首相とお話しをされたユンケル委員長

約5日遅れの今朝のイギリス朝刊一面は、それに関する記事がたくさん出ていました。
これは本日付の英タイムス紙一面です。赤く丸で囲んだ部分が、ユンケルさんに関する記事


英 今朝の一面 Brexit
(クリックすると拡大します)


3) 独FAZ紙でのセンセーショナルな報道
昨日付けのFAZ紙では、ユンケル委員長の本音が書かれたリーク記事が載っており そこでは

「EUと英国のBrexit協議は、成功するチャンスはほぼない。たぶん 50%以下であろう。そもそも、メイ首相と話していると、他の惑星から来た人と話しているようだ。」

ユンケル委員長は、メイ首相との会談を終えてすぐに、メルケル独首相に電話をし、↑ こう語ったと書かれているようです。


つまり、週末に起きたことを考えると、到底 ポンドを買おうという気にはなれないんですね・・・



*シカゴIMM通貨先物 ポンド・ポジション
悪い材料が出てポンドが下がっても、結局元に戻ってしまう   あるいは、悪い材料よりも、良い材料に大きく反応する

それが最近のポンドです。

どうしてそうなるのか? 気になっているのが、シカゴIMM通貨先物で、ポンドのショートが未だに史上最大に近いレベルになったままである点ですね・・・


ポンド IMM


*ポンド買い推奨も出てきている
今朝見たニュースでは、日本の野村が  「ポンドは年末までに 1.37台かそれ以上」 という予想を出しているようだ・・ という記事を見ました。もちろん、リサーチのレポートとかを読む機会はありませんので、背景の理由はわかりませんが、たぶん インフレ率の上昇が予想以上に高く、英中銀が利上げに追い込まれるという理由もあるのではないか  と考えています。










毎週月曜日にお送りしてます 
上田



南北の統合となるか?:アイルランド編

日本にいらっしゃる方にとって、南北と言えば、韓国を思い出されることでしょう。しかし、英国に住む私達にとっての南北は、お隣り:アイルランドです。

明日 4月29日に、Brexit条件/内容に関する非公式EUサミットが開催されますが、そこでは

「もし、 北アイルランドとアイルランド共和国が統合した場合 北アイルランドはその日から、EUのメンバーと見なされる」

という内容が含まれるようです。


英 北南アイルランド




*北アイルランド人は、統合に賛成なのか?
私はてっきり、南(アイルランド共和国)と統合をして、EUに残る選択を選ぶ人のほうが多いと思ったのですが、それは 間違いでした 

2016年6月の国民投票における北アイルランドの投票結果は、「EU残留支持  56% vs 離脱支持 44%」となっていたからです。

しかし、一番最新の世論調査結果によると、

・英国連合王国に残りたい(=EU離脱を受け入れる)   62%
・アイルランド共和国と統合し、EUに残留したい  22%
・わからない  16%

このような結果となっています。




29日にサミットに向け、昨日 ユンケルEU委員会委員長が、ダウニングストリート(英国の首相官邸)を訪問し、Breixt担当省の人たちやメイ首相と話し合いを持ったのですが、ユンケルさんと一緒に同行してきたEUサイドのBrexit担当関係者は、

「イギリス人はBrexitで自分達の意見が通ると、非常に楽観している。僕達は、まるで他の宇宙の人間と話しているように感じた。」 

マジっすか  ということでしょう・・・

  


 

毎週月曜日にお送りしてます 
上田



英国のEU離脱に向けたスコットランド・北アイルランドでの動き

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 


セントラル用



3月29日、英国のメイ首相はEU離脱に向け、正式にEU基本条約(リスボン条約)50条を行使しました。離脱を告げた書簡がトゥスクEU大統領に手渡され、正式な受理の発表を行った時点で、2年間の交渉期間がスタートしています。

英国政府にとって交渉相手はEUだけでなく、同じ連合王国のスコットランドや北アイルランドも含まれています。今回のコラムでは、現時点でこれらの国が英国議会にどのような要求や脅威を与えているのか、日本では絶対に報道されない内容について書こうと思います。



今回のコラム記事の主な内容は、


・スコットランド、2度目の住民投票実施を正式要請
スコットランド自治政府による採決結果
スコットランド政府からの要求
英国議会からの返答
スコットランド住民投票・世論調査結果

・北アイルランド、国境問題から浮上したリスク
2017年・北アイルランド総選挙結果
組閣準備期間が終了
和平合意は守れるのか?

・ここからのポンド取引での注意点




コラム記事の一部を抜粋しますと、


>>>書簡の中で、「2度目の住民投票は、2018年秋から2019年春にかけての時期に実施を希望する」とスコットランド政府は要求してきたのです。

この『2018年秋から2019年春にかけての時期』というのは、英国とEUとの交渉がほぼ終了し、離脱条件について欧州議会で審議・採決している時期と一致します。つまり、スコットランド政府としては、離脱条件が決定された直後に住民投票を実施し、万が一スコットランド住民がEU残留を希望した場合、迅速に行動に移したいという意思表示をしました。<<<






どうぞごゆっくりお読みください 


このバナーをクリックすると記事が読めます。


Net Money

または このブログの左上 すこしFX ☆ なが~くFX バナー をクリックして是非お読みください!  よろしく~

マーケット・ビューの過去記事は このリンク を使って頂ければと思います 




Brexit50条行使直後に出てきた問題点

今週木曜日にロンドンに帰ります  ギリギリですが、桜に間に合いそうなので、ラッキーでした。ロンドンの友達の話しによると、ロンドンでも桜が満開で、天気も良いとのこと。早く帰りたい 

東京滞在中は忙しく、体調を壊したこともあり  ブログの更新ができず、皆様にご迷惑をおかけしました。

なによりも私が一番驚いたのが  「週に2回くらい 「ロンドンFXチャンネル」の動画 を始めようかな?」 という呟きに対し、驚くほどの反応があったことです。Twitter やブログのコメント欄に加え、メールフォームを通して直接、多数のメールをいただきました。

自分の体調管理もありますし、今年は夏に2冊目の本の出版、秋からは「松崎美子のファンダ校(仮称)」(有料) をスタートし、もしかしたらファンダとFX女子別々(あるいはコラボ?)でサロンを始めようかな?(これも、有料) とも思っています。そして、同時に「全国10都市会場セミナー」(これまた有料 )も考えています。

私には、スポンサーも何もおりません。全部自分でやります。会場手配とかはロンドンからできないと思うので、東京に帰ってきたときにやるつもりです。

ということで、今年はいろいろチャレンジをしてみようと決めました。日本人にとって、「情報は無料・タダ」ということが一般化しておりますが、秋から始めようと思っている一部のサービスは有料にします。無料だと、誰でもOKになってしまい、真剣にFXを学びたい・勉強したい人に対して不利になるからです。どうぞご支援よろしくお願いいたします!



*英国、戦争へ突入か?
まぁ、ないと思いますが、この週末の英国での報道は、

「メイ首相、戦争の準備か?」  というヘッドラインが目立ちました。

戦争の相手は、スペインです。


*ジブラルタルを巡る対立
スペインの最南端に位置するジブラルタルは英国領ですので、昨年6月23日には英国各国と一緒に国民投票を実施しました。結果は当然ですが、大多数の住民がEUへの残留に票を入れました。

残念なことに、英国は離脱(Brexit)を選び、ジブラルタルもそれを受け入れたのです。


ジブラルタル



問題はここからですが、3月29日に メイ首相がEU基本条約 50条を行使 し、その際にEUトゥスク大統領に手渡した書簡の中では、ジブラルタルに関する言及がひとつもなかったそうです。

毎日 1万人くらいのスペイン人がジブラルタル領域で仕事をしており、その際には境界でのパスポートのチェックなどはないそうです。これは北アイルランドとアイルランド共和国との間柄と同じです。

英国からEUに手渡されらた書簡の中でジブラルタルに対する言及が一切なかったことを受け、スペイン外務相が 「英国のEU離脱後も、ジブラルタルに入国するスペイン人に対するパスポート・チェックは、ない。」と発言。そして、驚くことに、「スコットランドが英国連合王国から独立した場合、EUに加盟することに反対せず。」と、スコットランド独立に対して、大きく態度を変えました。


*ジブラルタルのファビアン・ピカルド(Fabian Picardo)自治政府首相の発言
昨日(日曜日)のBBC看板政治ショー Andrew Marr's ショーに出演したピカルド自治政府首相は、ジブラルタルは他国の主権下に入ることはあり得ない。英国政府の決定に従う。」と語りました。


*スペインの出方
スペインは、英国とEUとの離脱交渉の中に、ジブラルタルのスペインへの帰属を含むよう、EUに要請しました。そして、EU側はまだ正式な態度を示しておりませんが、「残り26カ国はスペインの要求を受け入れる方向で、4月29日のサミットで協議する。」と返答しています。


*35年前の今週・・・
35年前の今週、サッチャー前首相は海を越え、フォークランド島の領有を巡り戦争を決意しました。

そして、同じ女性の首相であるメイ首相も今週、ジブラルタルの領域を守るため、戦争も辞さないと語るのではないか? というのが、この週末の報道でした。

個人的には、さすがに今から戦争になることはないと思いますが、女性首相のもとで、遥か彼方にある小さい英国領を守らなければならなくなった偶然に驚いています。







3月4日(土)に 「美子トーク」 という企画を セントラル短資FXさん がやってくださり、その時のトーク内容の一部が公開されました 

こちら  からお読みいただけます 

そして抽選10名様に、私がロンドンから  買って来たロンドン土産を、プレゼント致します! 

キャンペーン期間中、当キャンペーンへのお申込みを完了されたお客さまの中から、抽選で10名さまに、私がチョイスした『ロンドンみやげ』をプレゼントします。 賞品は、ロンドンのラグジュアリーブランドの高級キャンドル、イギリス老舗高級店の紅茶やクッキー、高級チョコレートなどをご用意しています。届いてからのお楽しみ 

詳しい内容は、こちらをご覧になってください。せっかく買ってきたので、たくさん 応募してね 〜

Net Money


プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ