2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

国を挙げての「嘘つき男」と呼ばれたボリス

すぐ下の記事の続編のようになってしまいますが、ボリスの言動を巡り、EU各国の新聞も本日の朝刊に、この件について記事を載せているようです。



*英インディペンデント紙の記事
本日のインディペンデント紙の記事 によると、ドイツ、フランス、スペインそれぞれの大手新聞社が、この件を扱っているようです。


ドイツの主要日刊商業経済紙 : ハンデルスブラット
この記事 ですが、先週金曜日から起きた一連の出来事を説明しています。

そして、「自分が本当に何を望んでいるのかわからない予想不可能な人物が登場するくらい、交渉を難しくさせる要因は見当たらない。」と書いています。

For nothing makes negotiations more difficult than an unpredictable partner who does not know what he wants.


独ハンデルスブラットのボリス写真



フランスのルモンド紙
タイトルは、「メイ首相に挑戦状を叩きつけたボリス」

「愛国主義者のトーンをふんだんに散りばめたボリスからの提案であるが、Brexitを巡り、保守党内部の内乱を引き起こす恐れがある。既にメイ首相率いる英国は、EUとの交渉において難しい局面を迎えているが、今回のこの問題により、さらにメイ首相の立場は複雑なものとなるだろう。」


スペインで最大の購読数を誇るエル・パイス紙
「6月8日の解散・総選挙で過半数割れに落ち込んだメイ政権は、ここまでかろうじて均衡を保ってきたが、その均衡が崩れてきたようだ。」という書き出しです。

そして、「英国の国民投票前に行なわれたテレビ討論会で嘘を語ったボリスであるが、ここにきてまた同じ嘘を語ろうとしている。」 という感じで書かれています。





今度の金曜日にイタリア・フローレンスでBrexitに関する演説をするメイ首相。
それに加えて、保守党年次総会まで、あと2週間という時期に、問題を引き起こしたボリス

これについては、金曜日に詳しく書きますが、Brexit と 英中銀の利上げのタイミングだけで、お腹いっぱいな今、ボリスにかき回されたくないというのが、私の本音です  





細胞レベルでFXしてる 
くみちゃん、元彼のことなんて忘れて、35億 稼いでみようよ 

Net Money


イギリスの政治が ぐちゃぐちゃになってきた・・・

詳しいことは、金曜日の セントラル短資FXさん のコラム記事で書きますが、大まかな内容をざっくり書きます。



* またしても、ボリス
先週金曜日、ロンドンの地下鉄駅でテロ   が起きたあの日、ボリスが 「自分の描くBrexit像」 を新聞に載せました。日本ではどうかわかりませんが、英国では議員がこの手の投稿を新聞に載せる場合、党のトップ (この場合は、メイ首相) の了解を得てから載せるのが、一般的なやり方だそうです。

しかし、ボリスはその規則に従いませんでした。



英ボリス 



記事が載った直後、テロが発覚し、メイ首相が急遽 COBRA会議 (国家的危機に直面した際、その危機への対処を主導する英国を代表する緊急事態対策委員会。別名をテロ対策本部) を招集している最中に、ボリスは わざわざ首相官邸に電話をして、この記事内容を知らせたと言われています。


* どうしてボリスは、そんなことをしたのか?
一言で言えば、「メイ首相、貴女はBrexit交渉で、英国を引っ張っていく力はありませんよ」 ということを伝えたかったからです。まぁ、はっきり言えば、正面きって、首相にけんかを売ったということでしょう。

このブログでも何度も書いているように、メイ首相はお飾りのようで、全く権限も力もありません。しかし、10月早々 党大会もあり、今 この瞬間、首相交代をするには時間が足りないため、とりあえず年内、長ければ2年のBrexit交渉が終わるまで、メイ首相が継続するという見方が一般的です。


* 保守党内部の動き
テロで大変なときに、このような党の規則を破った閣僚が出てきたことに、最初は保守党議員も驚くと同時に怒っています 

週末になると、メイ首相に 「ボリスをクビにするよう」 多数の保守党議員が訴えました。この人たちも、特にメイ首相が大好きだという訳ではないのですが、党大会を控え、そして今週金曜日に演説を控えたメイ首相に対し、「出る杭は早めに・・・」と提言した形でしょう。そして、もしかしたら、本日(18日) メイ首相がボリスの更迭を発表するのではないか? と言われていましたが、その様子は全くありません。


* 国民の反応
ボリスが大好きな人が、この国にはたくさんいます。日本人には理解しにくい部分がありますが、うちの近所の人たちも皆、ボリスの大ファンです。

今日 午前中でかけていたのですが、帰りの車の中でラジオを聴いていたら、多数のリスナーが、 

「Brexit交渉に向け、英国には強いリーダーが必要だ。メイ首相は誰の目から見ても、完全に力をなくしている。そういう国家の大事なときに、ボリスのような自分の意見をきちんと言える ( この点に関しては う~んですが・・・) 強いリーダーが英国には必要だ。」

という意見を持っているのを知りました。

この話しは今後どうなるのかわかりませんが、金曜日にじっくり書きたいと思います。もし、FOMCで予想外の発表があれば、来週金曜日に書きますね 








細胞レベルでFXしてる 
くみちゃん、元彼のことなんて忘れて、35億 稼いでみようよ 


Net Money


Brexitに関する議会採決 今夜/明日の朝早い時間です!

毎週月曜日は、ジムに行って、ストレッチのクラスに参加しています。今日のクラスのあと、いつものようにサウナに入りました。昼1時頃なので、あまり人がいない・・・   たまたまサウナにいた30代中盤かな?男性が、「僕の身体 どう思う?」と、 ギョットするような質問を私に投げました。 正直 1ミリも興味ない身体でしたが、入ってきた時からサウナの中で腹筋してたので、褒めてもらいたいのかな?と思い・・・    「どう思うって、どこか気になる部分があるの?」と聞いたら、「ホリデーで食べ過ぎて、お腹廻りが気になって・・・」と言いました。  まぁ、ぶっちゃけ ちょっとだけ贅肉あるよ・・・と思いましたが、必死で腹筋しているのが気の毒になり、「大丈夫よ、贅肉なんてないですよ」 と答えました。そしたら、お兄さん 嬉しそうに、「そうか、ないか!ないか! よかった」 と返事して・・・  男性って、そんなに自分の体型 気にするものなんだな・・と新しい発見 

全く為替に関係ない話しで申し訳ありません 



* 英議会 今夜採決です
本日は、EU離脱法案の2度目の審議となっており、審議が今夜中に終了すれば今夜、長引けば明日の午前中に、議会で法案に対し採決を取ります。時間は 未定


英 Br3exit Flag



このEU離脱法案のメイン内容は、「Great Repeal Bill 大廃止法案」 (関連記事は、これ と これ) であり、それについての採決となると理解しても間違いないようです。

今夜/明日の朝の採決に先駆け、ディビスBrexit担当相は、

「この法案に反対票を入れるということは、今後のBrexit交渉をわざわざ複雑にすることを意味している。そうなると、英国とEUでビジネスを展開している人たちにとって、法律上での予想外の問題が起きる。この大廃止法案は、Brexit後の英国を法的に守ってくれるものであり、そこをきちんと理解し、一時的な感情論で反対票を入れるようなことは避けて欲しい」


どうして、このようなコメントが出たかというと、最大野党:労働党が、この法案に 「NO」 をつきつけているからです。

先ほど SkyTVのニュースで、メイ首相がインタビューに答えたようで、「可決する自信がある」と仰っていました。

この採決は、ただ単に大廃止法案だけに限らず、ここからのBrexit交渉全体の方向性を決めるものであるため、本日のニュースはこの報道一色でした。

労働党としては、「ソフトBrexit」支持を打ち出したため、「否決」票を入れると言っていますが、個別議員へのインタビューを聞く限り、ひとまず 今回の採決には、「YES」票を入れ、Brexit交渉の出だしから頓挫しないよう配慮する議員も多いようです。

その逆に、保守党議員の中には、残留を強く支持する議員もおり、こういう人たちは 「NO」票を入れるようなので、結果は混沌としてきている模様





FXプライム by GMO さんで、はじめてWebセミナーをやらせていただくことになりました。とうとう今週水曜日です!

秋からの相場は、伝統的にボラティリティーが高まる傾向があります。私が住む英国では、年に一度の党大会シーズンでもあります。この動きに乗るためにも、このセミナーでは英欧の経済・政治・金融政策をお話し、ここからの政策手段予想などを交えてお話しできたらなぁ~ と思っています。

どなたでも参加できますので、皆様のご参加をお待ち申し上げております 

9月13日(水) 20時~21:30

Net Money

かなり「マズイことになった」EUと英国との関係

今朝は早起きして、総合病院に行ってきました。ずっと悩んでいた身体の問題がありましたが、なんと 問題なし  とわかり、念のために投薬をして、2ヶ月後に再診することで大丈夫となりました。

私は物事に動じないのですが、健康に関してだけ、世界一 小心者です  なので、この3日間 ほとんど眠れず、車の運転をするのもシンドイ状態でした。でも、今日からは 「元気な美子さん」  が復活します 


このあと、22時から始まる ストック・ボイス 【World  Marketz】 に電話出演します。昨日のドラギさん、そしてBrexitについてお話しさせていただきますので、お時間があれば是非ご参加ください 



* かなり険悪なEU/英関係
病院に行く時に聴いてたラジオ、そして帰りに聴いてたラジオ、どちらでも本日のメインニュースは、

「EUが英国をバカにしてる。とんでもないことだ!」  というイギリス人の怒りの報道でした。

急にどうしたんだろう? と思い、待合室で調べてみたら、3つの理由がみつかりました。


1) バルニエ欧州委員会主席Brexit交渉担当責任者(フランス人)
昨日 どこかのインタビューで

「英国側のBrexit交渉に対する理解の無さには、恐れ入った。EUと英国との溝は深まるばかりで、非常にストレスになっている。」と語り、英国が「慰謝料」支払いをせずに交渉を進めようとしていることに対し、「英国人の無知には呆れる」的なことを言った/言わないという議論


2) ユンケル欧州委員会委員長の発言 (ルクセンブルグ人)
この方は失言王ですので、あまり驚きませんが・・・・
昨日公表された「7月に行われたEUと英国との交渉に関する議事要旨」の中で、ユンケルさんは、

「英国のディビスBrexit担当大臣の理解力の欠如が甚だしく、彼のことをどこまで信用していいのか、わからない。交渉中でも、彼は心ここにあらず・・・という姿勢を見せるときがある。」



欧 ユンケル バルニエ


3) 欧州議会のタヤーニ議長 (イタリア人)
シュルツ前議長の後任として、今年1月から新議長となった方で、今までのこの方の言動を見る限り、非常に公平な人である という印象を受けました。以前 ユンケル委員長が欧州議会で失言/暴言を吐いたときに、「この議会から出て行ってくれ」という感じの発言をしたことを覚えています。

で、タヤーニ議長は、

「10月末までに、交渉第一弾が終了する可能性はかなり低い。それを考えると、(慰謝料問題が解決してから行なわれる)貿易交渉が予定通りスタートするとは考えにくい」 と発言しています。


* 英国人、怒ってます
英国人というのは、面白い民族(?)で、普段は仲良しではなくても、共通の敵が出現すると、急速に結束力が高まります。

今回の問題も、まさにこれでした。

普段、ディビスBrexit担当相のことなんか好きでもないような議員までもが、いかにディビスさんは優れた政治家で・・・・ というようなコメントが出ています。

国民も然りで、ディビスさんは、このような屈辱的なことを言われるような人物ではない。そもそも、EU側が示した慰謝料額だって、ファンタジーの世界の出来事のようであり、現実に戻って交渉を進めるべきなのは、EU側ではないか?

こんな感じです。

これ以外にも問題があるのですが、それはまた次に・・・

完全に子供のけんかみたいな状態になっており、ますます 「2年間の交渉期間」中に交渉が終了するのは、難しいかもしれません。






FXプライム by GMO さんで、はじめてWebセミナーをやらせていただくことになりました。

秋からの相場は、伝統的にボラティリティーが高まる傾向があります。私が住む英国では、年に一度の党大会シーズンでもあります。この動きに乗るためにも、このセミナーでは英欧の経済・政治・金融政策をお話し、ここからの政策手段予想などを交えてお話しできたらなぁ~ と思っています。

どなたでも参加できますので、皆様のご参加をお待ち申し上げております 

9月13日(水) 20時~21:30

Net Money

かなり際どいレベルまで下がってきたポン様

今日はこれが最後の記事です~

このあと、セミナーの準備しないと間に合わない件・・・ 



* 心穏やかでないポン様
Brexit交渉が遅々と進まず、景気も芳しくなく・・・ それらを受け、ポンドが元気ありません 

週末に 上田ハーローFXさんの 【視るブログ】 のパワポ資料を作りながら、いろいろ調べていたのですが、どうやら 英国のトレイダー達は、最近のポンド安に対し一抹の不安を抱いている模様。

その理由は、

「ポンド実効レートが、昨年6月の国民投票以来の安値にかなり近いレベルまで下がってきている」 からでした。




* チャートでチェックしてみました
このチャートは私が作ったもので、最初のチャートは、英中銀 ポンド実効レート。下のチャートは、英国の消費者物価指数(インフレ率 CPI) の順

英 ポンド実効レートとCPI
(クリックすると拡大します)


実効レートに関しては、一番最新の数字は、9月4日 74.9488    Brexit以降の最安値は、73.9145  ですので、かなり近づいてきています 


そして、ここからが重要な点です 

2番目のCPI のチャートにピンクの☆をつけましたが、それはポンド実効レートが 73.9145 の最安値をつけた昨年10月。

その後、CPI はうなぎのぼりに上昇しています。この上昇の大きな部分は、「ポンド安」であることは疑う余地がありません。


となると、現在の 「最安値からさほど離れていないポンド安水準」 が長く続いてしまうと、 「ポンド安によるインフレ率上昇」 と 「Brexitによる不透明さを嫌気した景気低迷」 が同時に起きることにもなりかねません。




* インフレ上昇でも利上げが出来ない英中銀 
すぐ下の記事でご紹介したサービス業PMI とGDPの相関性は、非常に高いのですが、英中銀の政策変更のタイミングも、このPMIとの相関性が高いんです。

これがそのチャートです。

英 サービス業PMIと政策金利


このチャートーを見て言えることは、

「過去にサービス業PMI が、このレベルにいた時に、英中銀が利上げをしたことは、1度もない」







FXプライム by GMO さんで、はじめてWebセミナーをやらせていただくことになりました。

秋からの相場は、伝統的にボラティリティーが高まる傾向があります。私が住む英国では、年に一度の党大会シーズンでもあります。この動きに乗るためにも、このセミナーでは英欧の経済・政治・金融政策をお話し、ここからの政策手段予想などを交えてお話しできたらなぁ~ と思っています。

どなたでも参加できますので、皆様のご参加をお待ち申し上げております 

9月13日(水) 20時~21:30

Net Money

プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ