2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

問題山積みのBrexit、果たして突破口が見つけられるか?

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 



セントラル用



約6週間の日本滞在を終え、先週末ロンドンに戻りました。ロンドンは思ったよりも穏やかな気候で、ひとまずホッとしましたが、ニュースを見るとBrexit関連報道ばかりが続き、息つく暇もなく「イギリスの現実」に引き戻されました。

今回のコラムは、Brexit交渉での問題点をご紹介しながら、今後のポンドへの影響について考えてみたいと思います。





今回のコラム記事の主な内容は、



・Brexit交渉 問題1 : 2週間という期限設定

・Brexit交渉 問題2 : 12月のEUサミットまでに間に合うか?

・Brexit交渉 問題3 : 北アイルランド国境問題

・Brexit交渉 問題4 : No deal is better than a bad deal の可能性

・Brexit交渉 問題5 : メイ首相の立ち居地

・ここからのポンドについて考える





コラム記事の一部をご紹介しますと、



>>>11月9~10日に行なわれたBrexit交渉。EU側からバルニエ主席交渉官、英国側はデービスBrexit担当相が出席し、最終日に記者会見を行ないました。そこで、バルニエ氏は爆弾を落としたのです。

「英国は主要問題に対する返答を、2週間以内にお願いする。それが出来ないのなら、交渉継続のために、英国には何らかの譲歩をお願いすることになるだろう。」

英国人にとっては、かなり一方的な発言として受け止められましたが、EU側にすれば遅々として進まない交渉に突破口を見つけるためには、止むを得なかったのでしょう。




4月より、口座保有者のお客様のみが閲覧可能となりました。

どうぞごゆっくりお読みください 


教えて、美子さん! 英ポンドはどう動くの?

日本に一時帰国していた時に、お世話になっているダイヤモンド社さんにお邪魔して、そこでポンドのことをお話しさせていただきました!

全2回のシリーズで、今回が最初の部分です。

この写真ですが、撮る前に化粧室にいく時間もなく、暴風の中を原宿駅から歩いてオフィスに到着した直後に撮っていただきました。カメラマンさんの腕は確かですが、モデルが役不足で申し訳ありません 


 クリックしてお読みください 


Net Money

メイ首相をめぐる動き

本日は病院まわりをする日でして・・・ あと1時間したら出かけます。本日のメイ首相を巡る問題は、全部で3つあるのですが、最初はメイ首相に対する退陣圧力について書きます。残りは、病院から戻ってからになると思います。

メイ首相退陣問題については、日本でやらせていただいた会場/WEB セミナーで、何度も繰り返しお話しさせていただいたので、セミナーに参加していただいた皆さんは、すでに頭に入っていたことと思います。


* メイ首相に対する退陣要求
このパワポ資料は、2ヶ月前くらいに、上田ハーローFXさんの【視るブログ】で使ったものです。

メイ首相 仮死状態
(クリックすると拡大します)


かなり前から、メイ首相の退陣は時間の問題と思っていました。というか、私は10月の党大会前に、首相交代があると考えていた一人です。

党大会の直前にも、今回同様、メイ首相に対する退陣要求が出たのですが、その時には、不信任に票をいれた保守党議員の数は、35人でした。

10月末あたりにはEU側も、「年内、メイ首相が持たないリスクを検討中」というニュースも出ていましたので、ある意味、当然の出来事のように感じています。



* タイムス紙日曜版の記事
今回の退陣要求についての記事をあげたのが、昨日発売のタイムス紙日曜版。

それによると、「英国議会の保守党議員40人が、メイ首相に対する不信任を表明する書簡の署名に同意した」 となっていました。これも、セミナーでお話ししましたが、メイ首相の退陣を確かにするためには、少なくとも 「48人」 の不信任が必要です。つまり、8人足りません。



* 首相交代か? 解散総選挙か?
首相交代をするためには、48人かそれ以上の不信任票が必要です。解散総選挙は、正直 今は時間がないと思います。

はたして残り8人の署名が集まるのか? こちらでは、集まる/集まらない 半々と言ったところです。


残りの記事は、帰宅してから書きますね!




日々の記事は新イーグルフライで提供しておりますので、そちらも是非 覗いてみてくださいね 

Net Money


またしても新しい問題発生:今度はアイルランド国境問題

昨夜遅く 無事ロンドンに帰ってきました。驚いたことに、例年より暖冬で、日中はストーブをつけなくても過ごせるくらいです。それに加えて、庭に植えっぱなしの紫蘇が、普段なるこの時期には凍ってしまうのですが、まだ緑の葉をつけていて、驚きました。

今朝は朝7時に目覚ましをかけ、すぐにジムへ行ってきました。徐々に「普段の日常」に戻れる、この感覚が大好きです。



* Brexit交渉ステージ1の「アイルランド国境問題」
私が日本にいる間に何度か実施したセミナーをご覧になった読者の方々は、覚えていらっしゃると思いますが、英国とEUとの交渉では、「第一ステージ」として

・手切れ金
・在英EU市民、在EU英国市民の権利と、将来の英国への移民の権利など
・アイルランド(北とアイルランド共和国)国境問題

この3点が挙げられており、本来であれば10月19/20日のEUサミットで合意するはずでしたが、結局 出来なかったので、12月14/15日に開催される年内最後のサミットで合意することになっています。(あくまでも、予定)

ここまでセミナーでお話しさせていただきました。

そして、今朝 新しいニュースが飛び出したのです。それは「アイルランド国境問題についてです。

北アイルランド国境


* ハードBrexitが通用しない?
本日の英テレグラフ紙の暴露記事 によると、EU側はアイルランド国境問題に対して、新たな要求を提示したそうです。


それは、「現在は、北アイルランドとアイルランド共和国との間に、(パスポート検査などの)明確な国境審査は、ない。今後もこのシステムを継続するためには、北アイルランドは今後も引き続き 欧州単一市場(シングル・マーケット)と関税同盟に残るよう、要請したい」

というもの。

私はこのブログでも何度も書いておりますが、英国政府は交渉/移行期間終了後は、「シングル・マーケットや関税同盟から離脱する」ハードBrexitを支持しています。そして、北アイルランドは、英国連合王国の一つですから、北アイルランドだけが「ソフトBrexit」を選択することは、出来ません。

つまり、今回のEU側からの要求を英国政府が容認する可能性は、ゼロということです。言い方を変えれば、絶対に無理な要求を、EUは英国に押し付けてきました。



* もう一つの問題
この問題は、アイルランド統一に問題を投げかけます。

6月8日に英国で実施された解散・総選挙で、保守党の議席は議会の過半数以下となってしまったため、閣外協力相手として北アイルランドのDUP党を選びました。DUP党はユニオニストと呼ばれており、「北アイルランドは、英国連合王国の一員として、あるべきだ」という反EU思想を持っています。当然ですが、ハード Brexitを支持しておりますので、保守党とも閣外協力をすることに問題がなかったのです。

しかし、北アイルランドという国全体で考えると、2016年6月の国民投票では、「EU残留支持  56% vs 離脱支持 44%」となっており、DUP党の考え方に反対する人の方が多い結果となりました。

アイルランド共和国は、以前からずっと英国政府にソフトBrexitを選択すれば、国境問題がスムーズに片付くので、ぜひ考えを改めるよう説得しておりましたが、英国政府はその意見には従っていません。

本日もEUと英国との交渉が行われており、先ほど記者会見が行われました。

それをみたイメージですが、EU側は何がどうなろうと12月のサミットまでに交渉ステージ1の問題を解決したいという強い意志を持っており、英国に数々の選択を迫ってきています。

新たな選択については、また後ほど記事にします!







日々の記事は新イーグルフライで提供しておりますので、そちらも是非 覗いてみてくださいね 

Net Money


遅々として進まないBrexit交渉

本日 11月2日  YJFXさん主催の「英中銀  Super Thursday」ライブセミナー   皆様のご参加を心から楽しみにしています 

口座がなくても大丈夫、事前申し込み必要なし  という太っ腹なYJFXさん
バナーをクリックしてください 

Net Money



*  Brexit交渉、再開は いつ?
英国の仲間はずれがなく、和気藹々の雰囲気で終了したEU首脳会議(10月19/20日)

本来であれば、その翌週から、EUと英国とのBrexit交渉がスタートする予定でした。

が、英国ではデービスBrexit担当相の議会証言や、Brexit担当省の人手不足などがあり、なかなか交渉が再スタートしません。

本日のセミナーで詳しく話しますが  12月14/15日に開催される今年最後のEU首脳会議(サミット)までに、

・英国からEUに対して支払う手切れ金
・在英EU市民、在EU英国市民、それぞれの権利
・アイルランド国境問題

この3つを、解決しなければなりません。

これを解決して初めて、英国が希望している

・貿易交渉
・移行期間

この交渉がスタートできます。



* デービスBrexit担当相の議会証言
先日、デービスさんの議会証言がありました。そこでの一番のニュースは

「英国は、EUに対する手切れ金として、600億ユーロ程度のお金を支払うことになるだろう」

と語ったのです。

メイ首相は、今まで 200億ユーロという金額を口にしておりましたが、EU側は、600〜1,100億という数字を提示しており、なかなか両方の溝が埋まらない状態が続いていました。

しかし、このデービスさんの証言を受け、手切れ金の額に関しては、英国側が折れる形になりそうだ・・・  という流れになりそうです。

まだこれは、最終決定ではなく、あくまでもデービスさんの証言という位置付けですが、ここからEUサミットに向けて、合計 3回の交渉をEU側は希望しています。





明日 11月3日 大阪  日本フィナンシャルセキュリティーズさんの主催の会場セミナーでお話しさせていただきます

詳細は、 こちら  からお願いします。大阪はまだ間に合いますので、是非 お申し込みください。
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ