FC2ブログ
2018 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 09

ホリデーシーズンに「ポンド急落」、英国中が大騒ぎ

ロシア・ルーブルの下げがかなりキツイですが、私が住むイギリスのポンドも、結構きています。

今朝の新聞一面は、ボリスの失言    と、ホリデーでのユーロへの両替レートがかなり低くなっており、イギリスの旅行者が打撃を受けている    というものがメインでした。




* またしても ボリスの失言
7月に外務相を辞任したボリスが、英テレグラフ紙の自身のコラムで、イスラム教の女性の服装について、マズイことを書きました。


そもそもの内容は、「公共の場での女性のベール着用禁止」を支持する記事だったようですが、その中で


「イスラム教徒の女性は顔を覆ったブルカを着用しているが、あれは銀行強盗か、郵便ポストにしか見えない。そもそも女性だけが顔を隠すことを’当たり前’とすること自体が、おかしなことで、女性イジメと同等の意味を持つ。」

と書きました。

これを受け、イスラム系イギリス人の保守党支持者から、正式な抗議が来ていることはもちろん、
もし 将来ボリスが首相となったり、保守党の党首となった場合は、保守党から離党するという議員も出てきています。

この失言を受け、メイ首相にボリスの言動をもう少し取り締まるよう要請が出たようですが、正直 全く効果ないと思います。


Burka.jpg




英国のスカイTVが早速 世論調査を行い、その結果が出ましたが、

・ボリスの発言内容は、イスラム教の女性に対する差別言葉ではないと思う   60%
・明らかに差別言葉だ   33%

・ボリスは、今回の失言について誤るべき  45%
・誤る必要なんて、ない    48%

ということで、イギリス人も特にボリスの失言を、失言とは思っていないとも受け取れます。

お隣のフランスでは、2010年に公共の場でのベールやスーカーフ、ヘルメットなどで顔を隠すことが禁止される法令ができています。最近はデンマークも、同様の法令を発動しました。

私はずっと数学を教えるボランティアを15年やっていて、そこの3割くらいの生徒がソマリアからの難民でしたので、バルカをかぶる女性を見るのには慣れていますが、最初はやや抵抗があったのも事実です。




* ヨーロッパへの旅行者、イタタタタ・・・・ 
実は私も来週から短いホリデーに、イタリアへ行くことになりました。そのため、本当にイタタタタ・・・と感じています 


英 Brexit No deal ポンド安
(クリックすると拡大します)


これは本日のガーディアン紙一面ですが、赤く囲んだ部分が、ポンド安による旅行者の悲鳴の部分
黄緑の丸が、ボリス失言問題です。


以前もブログで書いたと記憶していますが、BBCニュースの為替/株価の報道では、ユーロ/ポンドではなく、ポンド/ユーロです。

つまり、1ポンドについて、何ユーロか? です。



現在のユーロ/ポンドが 0.899台ですので、ポンド/ユーロは1.11 

「ついこの前まで 1.15台だったよ!」 と説明しているのが、新聞一面写真の右側のチャート。


そして、さきほど聞いて驚いたのですが、今朝のイギリスの各飛行場にある両替屋さんでは、

本日のポンド/ユーロのレートが  な ん と   0.94   


両替屋は、どの国に行っても、とんでもないレート出してきますね・・・

私がイタリアに行く頃も、このくらいのレートは当たり前。もっとヒドイかもしれません。








約3週間後の8月29日(水曜日)、トレイダーズ証券さんの主催で、ロンドンの自宅からオンライン・セミナーを行ないます 


ロンドンから生放送、欧州市場のスペシャリストが秋相場を語る!
8月29日 (水曜日)   20時から21時まで   定員: 200名様


どなたでも参加できます。
この日は、翌日に米ジャクソンホール経済シンポジウムを控えておりますので、欧州の話題に加え、アメリカについてもお話しさせていただけると嬉しいです 

詳細は、バナーをクリックしてください!

     
Net Money



初回入金10万円以上」+「取引1Lot」で、書籍【ずっと稼げるロンドンFX】をプレゼントいたします 


本日のポンド下落の背景

帰宅後、いろいろ調べてみましたが、やはり 英国のEU離脱の交渉がうまくいかず、 英国の「白紙離脱」 の可能性がかなり高まってきた・・・ ということがメインです。



* 「白紙離脱」に関する数々のコメント
 すぐ下の記事 にまとめてますので、是非お読みください。

その中でも特に、最後の2つ

カーニー総裁のラジオインタビューと、フォックス貿易相が具体的に 「60%」 という数字を出して、「白紙離脱」の可能性について言及した部分が、ポンドの売りに繋がっています。



* 英国12番目の富豪 「白紙離脱に全財産賭ける」発言 
英国の「ハーグリーブズ・ランズダウン」 という総合投資サイトのオーナーであり、英国で12番目に大富豪のハーグリーブズさん

この方、大の離脱支持のおじさんなんですが、今朝 「政府はBrexitに対し全く自分達の意見を持っていない。自分の全財産は36億ポンド (約5400億円) あるが、それを全部賭けても構わない」  と発言し、話題になっています。

もしかして口が滑っただけなのかもしれませんが、強気に出てます。



* メイ首相、9月にも「白紙離脱」の閣議開催か?
ブルーンバーグ が出した記事で、他の通信社からは、まだ出ていません。なので、ブログに載せるのは躊躇しましたが、これだけ動いているので、載せることにしました。

最初のところを訳すと

「メイ首相は、Brexit交渉が決裂した場合に備え、政府として準備をするためにも、9月早々に閣議を開催する方針だ。
トップレベルの閣僚のみによる閣議となるようであるが、そこでは白紙離脱となった場合について、協議する模様。

それとは別に、;EUと英国との間で交渉合意とならなかった場合も、アイルランド国境問題の解決に向け、動いている。」



ということのようです。

英 メイ首相 No deal








約3週間後の8月29日(水曜日)、トレイダーズ証券さんの主催で、ロンドンの自宅からオンライン・セミナーを行ないます 


ロンドンから生放送、欧州市場のスペシャリストが秋相場を語る!
8月29日 (水曜日)   20時から21時まで   定員: 200名様


どなたでも参加できます。
この日は、翌日に米ジャクソンホール経済シンポジウムを控えておりますので、欧州の話題に加え、アメリカについてもお話しさせていただけると嬉しいです 

詳細は、バナーをクリックしてください!

     
Net Money



初回入金10万円以上」+「取引1Lot」で、書籍【ずっと稼げるロンドンFX】をプレゼントいたします 

英国での政治ドタバタ劇、さらに悪化するのか?

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 



Brexit報告書



英国で政治不安が続いています。今週も突然のタイミングで、重要閣僚2名が辞任を発表し、その2日後に今度は保守党幹部が2名、辞任しています。Brexit交渉終了まで残すところ、あと8ヶ月。果たしてここからの英国政治はどうなるのか?

今週はその辺りにターゲットを絞り、考えてみたいと思います。





今回のコラム記事の主な内容は、


・7月6日に決定されたBrexit報告書/白書

・突然の辞任

デービスBrexit担当相
ジョンソン外務相

・1922年委員会、首相交代劇は、なし

・メイ首相は、安泰なのか?

最大野党:労働党へのアプローチ
Brexit報告案が保守党の同意を得られるのか?
Brexit強硬派の逆襲

・トランプ大統領、NATO会議でジョンソン元外務相を支持する発言

・メイ首相、白紙の離脱準備も指示

・ここからのポンド

買い材料
売り材料



コラム記事の一部をご紹介しますと、

>>>7月11日から2日間に渡り開催されたNATO会合。そこに出席されたトランプ大統領は、現在英国で起きている政治劇について、「ジョンソン元外務相は、私の友達だ。メイ首相が今後も首相として継続すべきかどうかは、イギリス人の問題であり私には関係ない。」と語り、メイ首相のサポートをする発言は避けています。<<<




4月より、口座保有者のお客様のみが閲覧可能となりました。

どうぞごゆっくりお読みください 






「これまで以上に“アクティブ”なトレード環境の実現」のため、今春、サービスを大幅にリニューアル

・ユーロ円0.5銭や、ポンド円1.2銭も結構狭い

・1回あたりの最大注文可能数量は300万通貨


Net Money


第3のBrexit

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 



メイ首相の閣僚会議







6月28/29日に開催されたEU首脳会談(EUサミット)では、英国のEU離脱問題の中でも特に解決に時間を要しているアイルランド国境問題について議論されるはずでした。しかし、サミット開催10日くらい前に、ドイツで難民問題の解決をめぐり、戦後70年近く姉妹党であったCDU党とCSU党との連立崩壊危機が起きたことを受け、メルケル首相は急遽6月24日に難民ミニサミットを開催。そして、EUサミットでのメインテーマが、アイルランド国境問題から難民サミットへと急遽変更されてしまいました。

今回のコラムでは、最近のBrexitを取り巻く環境や、今後気をつけるべき日程などについて詳しくお伝えしようと思います。





今回のコラム記事の主な内容は、


・Brexit報告書

・ソフトBrexit? それとも白紙離脱?

ソフトBrexit
白紙離脱

・7月6日 チェッカーズでの「第3のBrexit」とは?
関税
貿易
移民問題

・ここからのポンド








コラム記事の一部をご紹介しますと、

>>> 今週に入り、7月6日のチェッカーズでの決定内容は、「ソフトBrexit」になるのではないか?という報道が目に付き始めた矢先、英国の民放最大手:ITV社のトップ政治記者である元BBC出身のペストン記者が、「メイ首相はソフトBrexit路線を選択しつつも、7月6日のチェッカーズ会議では第3のBrexit案を発表する可能性が濃厚。」とニュースで語って以来、ますます先行き不透明感が高まってきました。<<<




4月より、口座保有者のお客様のみが閲覧可能となりました。

どうぞごゆっくりお読みください 






「これまで以上に“アクティブ”なトレード環境の実現」のため、今春、サービスを大幅にリニューアル

・ユーロ円0.5銭や、ポンド円1.2銭も結構狭い

・1回あたりの最大注文可能数量は300万通貨


Net Money


英国景気減速か・・・

本日は、英国の5月分・消費者物価指数(CPI)の発表がありました。

パッとしません 




* 5月分 消費者物価指数(CPI)
4月 2.4%  5月予想 +2.5%   結果 +2.4%

英国中銀のインフレ目標は、2% (±1%の幅があるので、1~3%の間に収まるのが好ましく、出来る限り 目標の2%に近いことが望まれる)


2016年6月の国民投票でBrexitが決定となり、その後のポンド急落の煽りを受け、輸入物価上昇   インフレ高騰  が続きました。

CPIは、「前年比」の数字がメインなので、国民投票以降のポンド急落のインフレ押し上げ要因も、1年過ぎれば なくなります。

結果として、今年に入ってからのインフレ率は、グングン下がってきました。




が・・・・ 

スタンプ ヤバっ


今回発表された5月分の数字は、この期間に原油価格が急上昇したため、数字は振れるとしたら上方向 ということが、コンセンサスとなっていました。

実際に、今週木曜日に開催されるECB理事会でも一気にQE策終了の話しが盛り上がってきていますが、この背景には5月31日に発表された5月分・ユーロ圏消費者物価指数(HICP)が+1.9%となり、ECBのインフレ目標である「2%以下ではあるが、2%近く」まで一気に近づいたことを受け、6月6日には複数のECB関係者がタカ派的内容の発言をしたことがきっかけとなっています。

つまり、「原油高」という同じ材料があるのに、ユーロ圏はインフレ上昇  英国はインフレ変わらず

こういう違った結果となったのです。



英欧 CPI比較
(クリックすると拡大します)



* 英国の景気、マズイかも・・・・
原油高となっても、インフレ率が上がらない。
普段の英国では、あり得ない現象です。しかし、それが目の前で起きているということは、「原油高」を相殺するような、インフレ押し下げ要因があるということになります。

そこで、このグラフを見ると、納得ですね

これは、4月から5月の間に物価がどのように変化したのかを表わしたチャートです。

英 CPI 5月
(クリックすると拡大します)

運輸 (原油高の影響を受ける分野) だけ、思いっきりプラスになっていますが、それ以外全て  はい、全て がマイナスです。


住宅関連コスト、レストラン、レジャーなど、ありとあらゆる項目がマイナスでした。

私がわざわざここで書くことでもありませんが、インフレ率が下がるということは (まぁ 今回は下がらずに据え置きですが、心理的には下がった感 半端ないです) 通貨高以外の要因としては、経済の力が萎えてきていることが考えられます。

大丈夫か、イギリス



雨のロンドン






Net Money


FXプライムbyGMO
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ