FC2ブログ
2018 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 11

アイルランド国境問題について

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 



英 北アイルランド




ブログ読者の方や友達の個人投資家さんたちから、「メイ首相が支持するBrexit最終案って、どういう内容ですか?」をいう質問が届いています。ニュースを見ていると、次から次へとXXX案、XXX報告書と名付けられたものが登場しており、アップデートできなくなっている感じがします。

イギリスに住んでいても事情は似ており、いったいどの案が「最新版」であるのか、非常に混乱しているので、日本では尚更でしょう。

「Brexit案」の中でも特に揉めているのが、アイルランド国境問題です。そこで今回のコラムでは、メイ首相のBrexit案における「アイルランド国境問題・最新版」についてまとめてみました。





今回のコラム記事の主な内容は、


・そもそもどうして国境が必要になるのか? 

・EUのイチオシ解決策

・DUP党に逆らえないメイ首相

・メイ首相が支持するアイルランド国境問題 

・「合意されるまで」とは、どのくらいの期間を指すのか? 

・何のためのBrexitなのか? 

・ここからの最大の問題点
 
議会での採決
解散総選挙

・ここからのポンド





コラム記事の一部をご紹介しますと、

>>> 欧州単一市場を離脱すれば、地つながりのアイルランド共和国と北アイルランドの場合、移動するモノがEU基準に沿っているか、品質検査が必要になります。

関税同盟を離脱すると、モノにかかる物品税(関税)が発生しますので、その徴収が必要になります。

これらの必要条件を満たすためには、両国間に「国境」を設置し、そこで作業を行なえば問題は発生しません。しかし、1998年に結ばれたベルファスト和平合意により、両国の間には国境を設置しないことが定められました。この和平合意については、EU・英国ともに絶対に譲れない点ですので、いつまで経ってもこの問題への解決の目処がつきません。<<<





2017年4月より、口座保有者のお客様のみが閲覧可能となりました。

どうぞごゆっくりお読みください 






「これまで以上に“アクティブ”なトレード環境の実現」のため、今春、サービスを大幅にリニューアル

・ユーロ円0.5銭や、ポンド円1.2銭も結構狭い

・1回あたりの最大注文可能数量は300万通貨


Net Money


ここからのBrexitタイムラインと要注意日

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 



英 LSE Brexit



英国で最も政治に注目が集まる党大会シーズンが終了しました。ここからは時間があまり残っていないBrexit交渉の最終合意に向け、アクセルを踏む時期となります。EU側もイギリスの党大会シーズン終了をじっと待っていたため、ここから一気に動きが加速しそうです。

そこで今週のコラムでは、今週と来週、そしてそれ以降のBrexit重要日をご紹介します。場合によっては、予期せぬ要人発言などが出て、マーケットが動くことになるかもしれません。ポンド取引をなさっていらっしゃる方は、是非参考にしてください。





今回のコラム記事の主な内容は、



・2019年3月29日までのタイムライン

・今週と来週の予定

10月3日
10月4日
10月5日
10月5日 或いは 8日
10月10日
10月17日
10月18日
10月19日
11月17/18日?
12月13/14日
2019年1月21日
3月29日まで
3月29日
3月30日


・今年12月末までにEUとの合意がなされなかった場合

・総括






コラム記事の一部をご紹介しますと、

>>> 2年間に及ぶ交渉期間の延長は可能ですが、全てのEU加盟国の合意が必要です。現時点では、ハンガリーが反対しており、全会一致のメドは立っておりません。<<<




2017年4月より、口座保有者のお客様のみが閲覧可能となりました。

どうぞごゆっくりお読みください 






「これまで以上に“アクティブ”なトレード環境の実現」のため、今春、サービスを大幅にリニューアル

・ユーロ円0.5銭や、ポンド円1.2銭も結構狭い

・1回あたりの最大注文可能数量は300万通貨


Net Money


EUサミットとBrexitに関する質問

Twitterで このような質問を頂きました。

質問:
今月18-19日のEUサミットの重要性をどの程度見てらっしゃいますか?
メイ首相への不信任など不安要素が多く非常に気になってます。
セミナーなどで情報発信済みでしたらすみません。



のちほどアップしますが、本日の セントラル短資FXさん のコラム記事でも書きましたが、10月のEU首脳会談(サミット)は、10月18日だけになりました。ただし、前日(17日夕方)には、メイ首相を除く27ヶ国のトップが集まり夕食会を開き、そこでBrexitについて協議します。

そして、10月19日は「EU・アジア会合」が開催され、ヨーロッパとアジア合計51ヶ国のトップが集まります。そこでも、Brexitについて希望があれば話し合いをすることは可能のようです。


前置きが長くなりましたが、10月のサミットは非常に重要です。できればここでBrexit最終合意に漕ぎ着けたいと、皆が皆思っていますが、たぶん無理でしょう。

そもそも11月の臨時サミットは、まだ公式に認定されておらず、欧州委員会の予定表にも載っていません。そもそも 11月に臨時サミットを開催する事は、ドイツのメルケル首相の提案であり、マクロン大統領は、いい顔をしておりません。

もうすぐきちんと更新しますが、本日の セントラル短資FXさん のコラム記事では来週からの重要イベント日をリストアップしました。

ポンド取引をする方は、気をつけてくださいね♪

もし、10月18日にアイルランド国境問題も含め、最終合意に至らなかったとしても、それは既に織り込み済みだと思います。

ただし、どういう理由で合意に至らなかったのか?11月に合意するのか?年内も無理なのか?
そのあたりは、まだ織り込んでいない部分もあります。

そのため、サミットの最後にでるcommuniquéには、気をつけたいですね。

一応 来週ずっと、英国のBrexit担当相はブリュッセルに滞在し、最後の仕上げにかかるようです。



メイ首相の不信任は、永遠のテーマですが  ひとまず党大会中のクーデターがなかったので、少なくとも10月18日のサミットまでは安泰でしょう。

まぁ こればかりは、党首選 (メイ首相を引き摺り下ろして、他の保守党議員が首相になる選挙) は、一度やると、1年間できないので、ボリスもタイミングを計っているのかもしれません。


あと、解散総選挙についても、今のところ その気配はありません。ただし、これもまだまだ流動的です。

100歩譲って、10月か11月のサミットでEUと合意したと仮定した場合、年末までにBrexit最終案について議会の採決があります。その次に来年の1月にも非常に大事な日があります。

ここで採決がうまく行かなければ、解散総選挙の可能性   があらためて浮上してこないとも限らないと思っています。









初回入金10万円以上」+「取引1Lot」で、書籍【ずっと稼げるロンドンFX】をプレゼントいたします 

2冊目の本



ボリスのスピーチについて

45分前から、ボリスが保守党年次党大会でスピーチしました。

外務相を辞任したため、メインホールでのスピーチではなく、他の会場でのスピーチでした。しかし、そこに詰め掛けた観客は、メインホール以上の数

さすが、いい意味でも悪い意味でも、人の注目を集めるのが上手いボリスです。


Twitterでずらずらと書いたので、こちらにまとめます。



英 党大会 ボリス


まず、ポンドが上昇した時にボリスが語ったことは、   こういう内容でした。

「 I urge our friends in government to deliver what the people voted for, to back Theresa May in the best way possible, by softly, quietly, and sensibly backing her original plan. And in so doing to believe in conservatism and to believe in Britain.  Because if we get it wrong we will be punished. And if we get it right we can have a glorious future.  This government will then be remembered for having done something brave and right and remarkable and in accordance with the wishes of the people.

私はこの場を借りて、政府の全メンバーに告げたい。国民投票で国民が選択したEU離脱を、きちんと形にしていこう。そのためには、メイ首相が一番最初に発表したBrexit報告書(2017年1月 ランカスターハウスでの報告書)を支持しようではないか?
それと同時に保守党と英国連合王国を信じようではないか?
もしやり方を間違えれば、我々はそれなりの罰を受ける。やり方さえ間違わなければ、英国には輝かしい将来が待っている。
メイ政権は、国民の意思を継いで、正しく そして勇気のある輝かしい選択をしたと、後世の人々の記憶に残ることであろう。」



そもそも、本日のスピーチでは、

① メイ首相を引き摺り下ろすため、ボリスが首相選を宣言する
② 首相選は示唆せず、メイ首相はリーダーとしての資質がないことを延々と語る
③ 現在メイ首相が支持しているBrexit白書(Chequers)はアカンので、カナダ式に切り替えるべきだと説く

このいずれかになるだろう・・・という予想でしたので、スピーチ会場にあれだけの人たちが押しかけたのだと思います。

最終的に、③ という結果に近い内容になりました。

つまり、もし①になった場合は、ポンドはボコボコになったでしょう。


スピーチではメイ首相が支持しているBrexit白書(Chequers)をボコボコに非難していました。

しかし最後の部分で、 「メイ首相支持 = これ以上のボリスvsメイの戦いは、ひとまず終了」 ということで、ポンドが上昇しました。

ただし、だからといって、1年後とかに、またボリスがメイ首相引き摺り下ろしをしない保証はありませんので、そこはきちんと理解してください。

ボリスが支持したランカスターハウスのBrexit案は、私 ブログであげているはずです。ちょっと探して、のちほどリンクを貼りますね 












いきなりですが、明日 10月3日 20時から、ロンドンよりオンラインセミナーをいたします。

英国のBrexit進捗状況、イタリア危機について、最新情報をお話しさせていただきます。

どなたでも参加できますので、楽しみにしてくださいね~
 

お申し込みは、   のバナーをクリックしてください。


Net Money



FXプライムbyGMO

保守党年次党大会に関して ちょっとだけ・・・

今週水曜日に ロンドンの自宅から、オンライン・セミナー をやります。そこで、Brexit と イタリア問題を同じくらいの時間をかけて、お話しするつもりですので、楽しみにしてね♪


* メイ首相の閉会スピーチ
党大会の最終日は、党首(保守党の場合は、メイ首相)による閉会のスピーチで幕を閉じます。

昨年の党大会でのメイ首相のスピーチでは、アクシデントが起きました。

これについては水曜日のセミナーでもお話しますが、昨年のスピーチ中に、客席にいた保守党の支持者が、メイ首相にP45を手渡したのです。このP45というのは、英国では「解雇証明書」とでもいうべきもので、解雇されるとこの証明書が雇用主から手渡されます。そして、その後 新しい職に就いたとき、雇い主にP45を手渡す形になります。

P45を手渡されたメイ首相は咳き込み、スピーチはめちゃくちゃになりました。


英 メイ P45



このことを英国民は、特に保守党の支持者は覚えているので、今年も10月3日最終日のスピーチが無事に終わることを、誰もが願っていることでしょう。


ポンドは先ほどの「メイ首相、アイルランド国境問題で譲歩か?」のニュースで上昇しましたが、明日予定されている抗議デモ、そして最終日のメイ首相のスピーチ、そして もしかしたら党首交代の動きなど、まだまだ峠は越していません。

ある欧州系銀行の調査では、過去の保守党大会で首相のスピーチ後にポンドが売られた場合、平均すると1%程度のポンド安/ドル高となっていたそうです。

動くときは動きますので、「平均値」を知っても何もならないかもしれませんが、頭の片隅にでも留めてください。








今週水曜日 10月3日 20時から、ロンドンよりオンラインセミナーをいたします。

英国のBrexit進捗状況、英国各党の秋の党大会の様子、欧州の政治や金融政策について、最新情報をお話しさせていただきます。

どなたでも参加できますので、楽しみにしてくださいね~
 

お申し込みは、   のバナーをクリックしてください。


Net Money



FXプライムbyGMO

プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ