2018 01123456789101112131415161718192021222324252627282018 03

英国離脱後のEU予算について

昨日からのドル安に助けられ、ポンドもユーロも円も、買われています。

特に、ポンドについては、先週から始まっているEUと英国政府との話し合いを受け、EU加盟国の中からも、

「バルニエさんのイギリスいじめ、ちょっとひどくない 

という意見が出てきているということで、英国に有利に運ばれるのではないか? という楽観ムードがあります。

こういう楽観ムードが、果たしてどれくらい継続するのかわかりませんが、クロス円の動きを見ても、ポン円が頑張っている印象をうけました。


* EU予算への拠出金増額について
昨日、欧州委員会の予算担当の方が、

「EUの長期予算に対する加盟各国の拠出金の引き上げを検討している。現在、EU全体の国民総所得の 1.03%としているが、今後はこの比率を 1.1%へ引き上げることになるかもしれない。」

これに続き、ユンケルEU委員長は、

「我々はまず、ヨーロッパとして何が必要か?それを決めることが先決だ。必要なものが決まれば、それに対して費用がいくらかかるか はっきりした時点で、加盟各国の拠出金額はおのずと設定される。」


* 欧州委員会からの報告書
昨日、欧州委員会は今後の予算について、 報告書 を発表しました。

そこでは、

「英国がEUから離脱するということは、大口の拠出金を失うことを意味している。そのため、今までEUが継続していた補助金や助成金支払いの条件などの見直しに迫られている。予算額の増額のひとつの手段として、加盟国による排出権取引税の一部を廻すことも可能性のひとつだ。5月2日に長期予算についての詳細を発表する。」


となっていました。

Brexit によって不利になるのは、英国だけでなくヨーロッパも同じだ! というのが、ここですね。



* ここからのS&P500の行方
全く話しは変わりますが、米国のカストディー業務で最大規模のステイト・ストリート銀行が顧客に向けて行なった調査結果が出ていました。

「ここから、S&P500は、どちらに向けて動くか 

米SP500 どちらが先?


圧倒的に 「最高値に向けて・・・」 というのが多くて、驚きました  






Net Money


FXプライムbyGMO

高まるメイ首相辞任勧告

なんだか いつも同じこと書いているようで、気が引けますが・・・

本日の英タイムス紙一面で、あたらに報道されています。


英 今朝の一面 1月30日
(クリックすると拡大します)



* 保守党への大口政治献金者達の意見
先週 保守党の政治献金をする人たちの夕食会があったそうです。
そこでは、長い間、保守党に政治献金をし、支えてきた人たちが多数 集まりました。

そのような 「伝統的な大口献金者たち」 の間でも、メイ首相のリーダーシップ力について、話し合われたと書かれています。

それら政治献金者たちのうち、25%程度の人は、「メイ首相は いい人だが、保守党を引っ張っていくだけの力がないので、辞めるほうがよかろう」 という意見のようです。

この動画でお伝えしましたが  保守党議員316名のうち、15%にあたる48名かそれ以上の議員の署名があれば、【リーダーシップ・チャレンジ】が実施できます。ただ、実際にこの署名がどれくらい集まっているのかを知っているのは、1922年委員会の担当のおじさんだけ・・・

この夕食会でも、この話題が出てきたようで、その中のお一人が、

「たぶん40人は確実に集まっているはずだ。」 と漏らしたとか・・・



* 保守党議員たちの動き
政治献金者は、メイ首相辞任を希望しているようですが、果たして保守党の議員達は、どうなのでしょう?

Brexit に対する意見は3つに分かれていますが、メイ首相続投に関しては、多数の議員が、

「Brexit交渉でゴタゴタしているときに、リーダーシップチャレンジしている時間ないよね? とりあえず今のところは このまま、メイさんの続投で、よくない?」

という考えを持っています。

それだけでなく、ここで保守党がガタガタすると、解散・総選挙  労働党政権誕生 などという恐ろしいことにもなりかねないため、この点では保守党は下手に動きたくない模様



* メイ首相、辞めるとしたら、いつ?
保守党への政治献金のおじさん達の意見では、メイ首相が辞めるのに最適なタイミングは、Brexit交渉が終了すると予想される今年10月

いずれにしても、本日からメイ首相はビジネス団を引き連れて訪中です。貿易交渉の足がかりを掴むため、今後は世界のあちこちを旅行されることが予想されます。





英中銀の金融政策に加え、英国内の政治劇、対EUとの政治劇とBrexit交渉の進捗状況など、詳しくお話しします。

セミナーへのご参加、お待ちしています
 

          
2月8日(木)  20時30分~
「英中銀 スーパーサーズディ」 をリアルタイム解説 

お申し込みは、   このバナーをクリックしてくださいね 


Net Money



YJFXさんのオンライン・セミナーは、事前の申し込み不要・当日参加可能ですが、定員が 500名 ですので、なるべく早めにご参加いただけると嬉しいです。

ログインは、2月8日(木)  20時10分から 出来ますよ~ 


リーダーシップ欠如の英政府

昨日の FXプライムbyGMOさん でのセミナーでもお話ししましたが、現在の英国政府は、リーダーシップを取れる人が いません。

一応 メイ首相というリーダーがいるのですが、Brexit 1つ取っても、保守党内部をまとめられないため、そういう人物が国を引っ張っていける訳がない・・・ というのが、一般的な見解です。


と書いている最中に、コインチェックの記者会見があって・・・ だ~れもBrexit とか古いニュース、興味ないだろうな・・・ と俄然 やる気がなくなっている美子さんです  w 



* ダボス会議、ハモンド財務相のインタビュー
昨日のダボス会議では、イギリスからは メイ首相がスピーチしましたが、ハモンド財務相も会場のインタビューなどで、ポンドについて いろいろ語りました。

そういうインタビューの中では、当然ですが、Brexit についての質問も多数受けたことでしょう。

そのBrexit に関するインタビュー内容が、本日の英国の各新聞で一面報道されました。



英 本日の一面 1月26日
(サイズがでか過ぎてダウンロードできないので、重要部分のみ掲載。クリックすると拡大します)


赤い★がついている記事がそれですが、内容としては、

「メイ首相が考えるBrexit像(=ハードBrexit)とは違う考えを、ダボス会議で話しまくるハモンド財務相。保守党内部のBrexit案を統一するだけのリーダーシップがメイ首相には欠けている」

ということを、言葉を変えて書いています。



* ハードじゃなくて、ソフトにしたいハモンドさん
昨日 ダボス会議でビジネス・リーダー達と昼食会を持ったハモンドさん。


英ハモンド財務相



そこで、「英国政府としては、過激な離脱は望まず、穏やかな離脱の路線で進めていこうと検討中」

という持論を展開したそうです。同じ会場の違う場所にいたメイ首相が話したBrexit内容とは全く違います。

これを聞いた保守党のBrexit強硬派は、勝手な持論を述べるハモンド氏を止められないメイ首相に怒りを感じている模様。

そして、Brexit とは関係ないのですが、今週に入り、外務相であるボリス・ジョンソン氏が、英国の無料医療制度(NHS)の予算配分や使い方について口を挟み、えらいことになっています。


このように、Brexitだろうが、NHSだろうが、党の統一をとり、勝手なことをあちこちで言わせない強いリーダーが、英国にはいないんですね・・・



* 首相交代もあるのか?
正直 この話題 飽きました。もう1年以上 言われていて、結局 メイさんが首相ですから・・・

ただし、48名の保守党議員が「首相交代(リーダーシップ・チャレンジ)」をやる決意がついたら、いつでも可能です。



私が最近 よく使う 「マーケットへの織り込み度」
それに関してですが、新しい党首選の実施は、いつあってもおかしくないので、織り込んでいると思っています。
Brexitの内容についても、ハードBrexitまでは織り込んでいます。

ただし、「白紙での離脱」 これは、まだ織り込みが足りていないと思うので、もし そういう話しに急展開した場合は、ポンドにとってはネガティブな話しになると、現時点では思っています。

ただね、EU側にも相当ネガティブな話しなので、両通貨にとってネガティブということになるんじゃないかな? と、今は考えています。








2月8日(木)  20時30分~
「英中銀 スーパーサーズディ」 をリアルタイム解説 

お申し込みは、   このバナーをクリックしてくださいね 


Net Money



YJFXさんのオンライン・セミナーは、事前の申し込み不要・当日参加可能ですが、定員が 500名 ですので、なるべく早めにご参加いただけると嬉しいです。

ログインは、2月8日(木)  20時10分から 出来ますよ~ 


久々のジム・オニール氏のインタビュー

どうしても、動画リンクが貼れないので、申し訳ありません。

本当はこのブログ記事、書く予定ではなかったのですが、たまたま Twitterをチェックしていたら、大好き  な ジム・オニールさんのインタビューをやっていたので、拝見しました。


英 ジム オニール ポンド 


本日載せた記事 で、私はポンドの短期/中期のターゲットを載せたのですが、ジム・オニールさんよりは低いですが、方向性として同じだったので、嬉しくて嬉しくて  


自画自賛と笑ってください w






日々の記事は新イーグルフライで提供しておりますので、そちらも是非 覗いてみてくださいね 

Net Money


2度目の国民投票の話し

先週 にわかとしてイギリス中をにぎわせたのが、2度目の国民投票実施の可能性について、ある有名政治家が発言したことです。



* 元英国独立党(UKIP)党首 ファラージュ氏のインタビュー
先週 イギリスのある民放の時事問題などのトークショーに出演したファラージュさん


ファラージュ UKIP


そこで、彼が発した発言が、そもそもの発端でした。 その発言とは、


「EU離脱に反対する政治家達が、「Brexitは間違いだ!」とか、「まだ間に合うからBrexitは取り消すべき!とか、ぐだぐだ言っているのが耳障りだ。 この手のくだらん議論を聞かないで済むのなら、いっそのこと、もう一度国民投票をやったほうが良いという考えに傾いている。さすがに、そこでも「離脱」となれば、 奴らの出てくる幕はなくなり、せいせいする。」


この一言で、各メディアが 「2度目の国民投票、本当にやるの?」  と騒ぎ出したのです。



* 2度目の国民投票、本当にやるの?
個人的には、やらないと思います。その最大の理由は、もし2度目をやるとなった場合、もう一度 『2度目の国民投票実施法案』を提出し、議会で審議 → 採決  という、気の遠くなる過程を経なければなりません。

英国にそういう時間は残されていません。

それでは、絶対にないのか?  と聞かれれば、 「絶対とはいえない・・・」 と答えます。

その理由?

もし、英国で2回目の国民投票を実施するのであれば、それは2年間の交渉が終り、その合意内容について、あらためて国民の考えを聞く。 そういう意味での国民投票であれば、可能性はあると思います。





PS
あと、全然関係ないんですが、「入門者」「初心者」の時に、みなさんはどんな単語を入れて、ググリましたか?
今 Twitter で、それをお聞きしています。皆さんがはじめてFXをやろう! と思ったとき、どんなことを知りたかったか?よろしければ、Twitterでも、コメント欄でも構いませんので、教えていただけると嬉しいです。

メンタルについて書いた 過去記事 です。お時間があれば、是非 







1月24日(水曜日)  20時~
「ポーランドズロチ取扱記念】第3回「2018年のユーロ、ポンド、ポーランドズロチ相場とマーケット全般を展望する」
ということで、ポーランドの基本的なファンダメンタルズを含むWEBセミナーを行ないます。

お申し込みは、   このバナーをクリックしてくださいね 
Net Money




FXプライムbyGMO
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ