2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

Brexit交渉、2回目が終了

6月8日に実施された 解散・総選挙 の影響で、Brexit に向けたEUとの交渉が中断していました。

ようやく、6月19日から Brexit交渉が再開 し、今週月~木曜日に、2回目の交渉となりました。

この過去記事 で、詳しく交渉内容を説明させていただきましたが、既に交渉はかなり難航しているそうです。この写真を見てもわかりますが、EU側は分厚いファイルを前に交渉に臨んでいますが、英国側は 「手ぶら」 

メイ首相がレームダック化しており、全く政府そのものが機能していないのでしょう・・・・


Brexit交渉 2回目



* 市民権
英国には、約300万人のEU加盟国の国籍を持つ人たちが住んでいます。そして、EUには約120万人の英国籍の人々が生活しています。

これらの人たちとその家族も含め、移住権・医療・年金などにかかわる「権利」を明確にすることが最優先事項という点で、英国・EUとも異論はありません。しかし、問題は思った以上に複雑で、例えば 英国籍の人が現在イタリアに住んでいたとして、Brexit後にフランスに再移住した場合や、現在英国に住んでいるEU国籍の人が、Breixt中になんらかの犯罪を英国で起こし、Brexit後に自分の国に帰った場合、英国裁判所の判定を優先するのか?自身の国の裁判所が優位に立つのか?など、数えあげたらキリがありません。


* 慰謝料/手切れ金
Brexit交渉の中で最も厄介な問題が、英国がEUから離脱することによって生じる「手切れ金/慰謝料」です。その額は、550億ユーロとも、1,200億ユーロとも言われています。

最近になって、この額が 「650億ユーロ」 という数字にかたまりかかってきているのですが、今週4日間に渡る交渉で合意したことは、「この額を設定するための計算式を見つけ出す」 

かなり気が遠くなる話しのようです  


* アイルランドの国境問題
もし、英国がハードBrexitを最終的に選択した場合、英国連合王国とEU加盟国との行き来には、パスポートチェックを含む国境検査が義務付けられます。北アイルランドも英国連合王国の一員ですから、北アイルランドとアイルランド共和国との間にも、原則的には国境検査を含む「ハードな国境」が敷かれることになるでしょう。しかし、1998年ベルファスト和平合意で、「ハードな国境なし」と定められているため、Brexit後も例外的に北と南の間に国境は導入しない方向で話し合いが進められると予想されます。

この問題は非常に細かい点まで煮詰める必要があるため、最初から主席交渉者同士の話し合いをせずに、次官クラスの人たちが地ならしをして、最終案をトップが協議すると伝えられています。



* 上記3点以外に早く決めて欲しいこと
市民権、慰謝料額、北アイルランド問題 それぞれ非常に重要なことであるのは、わかっているのですが、英国に暮らす一市民として、早くはっきりさせて欲しいな~ と思うことがあります。


1) 本当にクリフエッジにならないのか?
Brexit交渉が終わってから、2~3年の「移行期間」が設けられるという話しになっていますが、これはまだ確定ではありません。ビジネスとしている人たちにとって、相当深刻な問題となるでしょう。

このあたり、早くはっきりしてくれないと、本当に今後 投資が減ります (既に減っていますが・・・)


2)  contingency plans  最悪の事態が生じた時の代替案は、本当にあるのか?
1)と似たようなことですが、国として運営していく上で、最悪の事態が生じた時の代替案は、ある・・・ と報道されていますが、本当にあるのでしょうか?

先ほどの写真のように、てぶらで交渉に出向く国です。果たして、先の先まで 「転ばぬ先の杖」とまでは行かなくても、とんでもない状況に陥らない保証があるのか、ちょっとだけ心配になってきている今日この頃


3) EUが絶対的な主導権を握っているが、英国政府は大丈夫なのか?
EUに残っている27ヶ国 対 英国 という 27対1の状態ですので、孤立することは仕方ないとして、交渉中も孤立していないのか、なんだか心配なんですよね、実は・・・

サッチャー前首相時代の、あの凛としたイギリス。どこに行っちゃったんでしょう?



私には1人ですが子供がおり、現在 香港で研修をしています。最近 ホリデーをとっていて、今週からまた香港で仕事しています。今朝起きたらメッセージが入っていて、「イギリス人の友達に聞いたんだけど、祖父母がアイルランド人なら、アイルランド共和国のパスポートも取れるようなので、取ろうかと思ってる。どう思う?」 という内容でした。

とにかく能天気で、何も考えていない子でしたが、こんなことを言って来たので、驚きました。

これは裏返せば、あれだけ何も考えていない子でさえ、なんだかマズくね  と感じたのかもしれません。

英国は2重国籍は大丈夫ですが、日本政府が認めていないので、うちの子供は22歳になる直前に、英国籍を選びました。そこに、アイルランド国籍が加われば、ハードBrexit になったとしても、ヨーロッパで自由に働けるので、私は取ったほうが良いと思うと返事をしました。

実際、英国人でアイルランド共和国の国籍を申請した人の数は、Brexit決定後、500%とか伸びているとも聞いています。









私が書いた 「ずっと稼げるロンドンFX」 プレゼントキャンペーンのご紹介です 

Net Money


泣きが入ってきたメイ首相

今 衛生歯科から帰ってきましたが、歯医者さんの待合室でも話題になった今朝の各紙一面


英 今朝の一面 7月10日
(クリックすると拡大します)



* メイ首相 野党の協力を仰ぐ
6月26日付けの上田ハーローFXさんの 【視るブログ】 でお話しさせていただいた内容とかなりかぶります。

メイ首相は6月8日の総選挙で過半数議席を獲得できなかったことを受け、党内で孤立無援状態。保守党内部の声を伝えるだけの「人形化」していました。

しかし、今朝の朝刊を見ると、メイさんも最後の賭け  に出たようで、事もあろうに野党:労働党に、協力を要請したようです 




*今週木曜日からが、最初のハードル
今年3月29日、メイ首相は、EU基本条約50条を行使し Brexitに向けたEUとの2年間の交渉がスタートしました。

この翌日 (3月30日)、同じくメイ首相は、EU法と欧州司法裁判所を英国法より上位に置く欧州共同体法を廃止し、既存のEU関連国内法の内容をすべて英国法に置き換える「Great Repeal Bill (大廃止法案)」の概要を発表しました。

私は、今年3月に日本に一時帰国した際に行なったWEBセミナーで、これについて説明しましたが、その時には、「Great Repeal Bill (欧州共同体加盟法撤退)」という言い方をさせていただきました。

このGreat Repeal Billについて、今週木曜日から議会での審議に向けたリーディングが行なわれます。本格的な審議に入るのは、夏休み後になりますが、既に政治家たちが水面下で動きはじめており、「形だけのお人形さんのメイ首相」がこの審議を乗り切れるのか? 正直 自信はありません。そして、それをわかっているメイ首相は、木曜日のリーディングの前に、野党に協力を申し出たという訳です。


*Great Repeal Bill  とは 何か?
結構 面倒くさい内容なので、疲れてる方は、明日にでもゆっくり読んでください。

英国は、1973年にEC(欧州共同体)に加盟しましたが、当時のEUは

・欧州経済共同体 (EEC)
・欧州原子力共同体 (EAEC)
・欧州石炭鉄鋼共同体 (ECSC)

の3つの共同体から構成されていました。これら3つの共同体の法律をまとめて 「1972年欧州共同体法」 と呼んでいます。

当然ですが、英国が加盟した時、英議会はこの共同体法案を採択しました。


英国がEUを離脱すると決まってから、与党:保守党のメイ首相は、 「1972年欧州共同体法」を破棄するために、Great Repeal Billを適用し、現存するEU法を英国法に置き換えることを最優先しました。

注: Great Repeal Bill  の 「Repeal」 は、破棄/廃止 という意味です。

ここからが最も複雑で理解が難しいところなのですが、 

「Great Repeal Bill とは、単純にEU法を破棄して、既存の英国法を採用するのではなく、イギリスがEUと取り結んだEU法を、一旦全て受け入れる  これを英国法と定める  司法管轄権を欧州司法裁判所から英国最高裁判所へ移す  これが完了したら、受け入れた英国法の中で、議会が不要と考える個別の法律を、廃棄/修正 あるいは、そのまま継続するか、決める」

もう聞いているだけで、どうしてここまで問題を複雑にしないといけないのか、私にはまだよく理解できません 

私の理解が間違っていなければ、英国政府が絶対に譲りたくない点は、【英国最高裁 > 欧州司法裁】 です。どうして、そこに拘るのか?と言えば、英国法とEU法を同一のものと見なせば、欧州司法裁の権限が無力となり、英国最高裁が司法の管轄権を握ります。

そうなれば、EUに進出する英国籍の企業や、英国を欧州拠点として活動する多国籍企業の業務を円滑に進められるからではないでしょうか?


当然、話しが相当複雑で、法律の専門家からみれば、まだまだ他の解釈が出来ることは間違いありません。そのため、この問題については、所属政党に関係なく、数々の意見/代案があります。

現在のメイ首相はそれでなくても、飾り人形のような立場であるのに、よりによって一番難しいこの問題  を議会で審議するため、党を超え、野党:労働党にも協力を請うという塩梅のようです。









ゴールが見えなくなってきたBrexit

この過去記事でも詳しく書いた のですが、



* ハモンド財務相 vs デービスBrexit担当相
上田ハーローさん で毎週月曜日にお届けしている動画 【視るブログ】 では詳しくお話しさせていただきましたが、メイ首相が首相でいられる時間が限られてきた可能性もあり、保守党内部がややぎくしゃく気味のようです。


* デービスBrexit担当相のBrexit像
「ハートBrexit」案となっており、 ① シングル・マーケット(EU単一市場) ② カスタム・ユニオン(関税同盟) 両方から、2019年3月末までに離脱  EUとの貿易協定は、2019年3月末までの交渉期間中に取り付ける   加盟国との個別交渉は、2019年3月末に交渉が終了したら、ただちに交渉をスタートする    移行期間は3年間とし、次期総選挙(2022年6月予定)までには、全てが終了していなければいけない




* ハモンド財務相のBrexit像
Brexitの交渉期間のうちに、ほとんどの内容を決定し、「白紙状態」での離脱は避けるべき    国境問題は最小限にとめておき、サービスや物の流通をスムーズにしたい    特に貿易に関しては、現状通りとし、不確実性を最小限にしたい   将来のビジネスの決断も躊躇なく下せるよう、労働市場における混乱は最小限へ

ハモンドさんの話しの行間を読めば、少なくとも関税同盟には、このまま残りたいという希望を口にしています。



つまり、メイ首相の影響力が衰えている今、政府保守党の財務相とBrexit担当相が、真っ向から対決しているということになり、今朝の朝刊各紙一面も、この話題でいっぱいでした。



英 今朝の一面 6月28日






6月26日から、新興国通貨のスプレッドが大幅に縮小されました 





「Brexit交渉」丸わかり辞典

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 


英 メイ Brexit




6月8日に実施された総選挙も終え、しばらく途絶えていた英国とEUとの離脱交渉が、19日から再開しました。

今回のコラムでは、日本ではなかなか入手できないBrexit交渉について、噛み砕いて説明しようと思います。ただし、交渉内容や方向性は、2年間に渡る交渉期間の中で、突如として変わることもありますので、今回の内容はあくまでも「現時点のもの」である点、ご理解いただけると幸いです。今後もBrexit交渉そのものについてや、EUと英国との温度差などについて、特集記事を書いていこうと思っています。楽しみにしてくださいね!






今回のコラム記事の主な内容は、


・英国、EUそれぞれの主張
英国の主張
EUの主張

・英国側が譲歩?

・交渉ステージ1で協議する内容

市民権とは?
英国の離脱に伴う「手切れ金/慰謝料額」
北アイルランドとアイルランド共和国との国境問題

・ステージ1の交渉方法
3つのステージに分ける
交渉のタイミング

・英国は「ハードBrexit」姿勢を貫くのか?

・ここからのポンド

売り要因
買い要因




4月より、口座保有者のお客様のみが閲覧可能となりました。

どうぞごゆっくりお読みください 



キャンペーンのご紹介 
2017年4月3日(月)~6月30日(金) 営業終了まで

キャンペーン期間中、新規に口座を開設し、「FXダイレクトプラス」で取引をされ、条件を満たされたお客さまに最大20,000円をキャッシュバックします。
※当キャンペーンのご参加には、別途申し込みが必要です。



Brexit交渉、正式に再開

英総選挙 により、一時中断されていたEUと英国とのBrexit交渉

本日、ロンドン時間午前11時から、ブルッセルで正式に再開しました。


バルニエ欧州委員会Brexit交渉責任者と、デービス英Brexit担当相が顔合わせをし、本日は 「今後の予定」 を練ると発表がありました。

英 Brexit交渉再開


今週木曜日から、EUサミットが開催されます。そこにメイ首相も出席する筈ですので、そこであらためてBrexit内容についての発表があるということに、なっています。


ちょっと サクッとジムに行ってきます。ロンドンの気温は32度
溶けてしまいそうです・・・

帰ってきたら、次の記事のご紹介です 






【みんなのFX】さんは、先月10周年を迎えました。

6月1日より 「ユーロ大還元キャンペーン」を実施しており、キャンペーン中は、
ユーロ円のスプレッドを0.4銭、
ユーロドルのスプレッドを0.4pips 
    にてレート配信 

プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ