2016 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 02

今年の隠れた注目通貨 : トルコ・リラ

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 


セントラル用



今年も待ちに待った 「ユーラシア・グループ 10大リスク」 が発表されました。私が住む英国で一番話題となっているBrexit(英国のEU離脱)は、トップリスクに入っておらず、その代わりに「中国・中東・トルコ・北朝鮮・南アフリカ」と、新興国の名前がやけに目に付きます。

今年の秋には中国で5年ぶりに共産党第19回全国代表大会が開催され、そこで中国の指導部が交代します。アメリカではトランプ新大統領の誕生を受け、否が応でもロシアへの関心が高まります。しかし、大穴はトルコかもしれません。

そこで今週のコラムでは、年初来12%という非常に大きな下げ幅を記録しているトルコ・リラ、そしてトルコという国についても一緒に考えていきたいと思います。





今回のコラム記事の主な内容は、


・2014年からのトルコ・リラ

・トルコ・リラを取り巻く環境

政治リスク
金融政策
経済
財政
格付

・大統領権限拡大に必要な条件
シナリオ1
シナリオ2
最悪のシナリオ

・トルコ・リラについて考えたこと



コラム記事の一部を抜粋しますと、


>>>トルコ・リラ売りが止まりません。これは見方を変えれば、トルコ・リラという通貨に対する市場の信頼が一気に低下してしまったことに他なりません。
いざ日本を出て他の国に住んでみると、【自国通貨が弱いということは、恥じるべきこと/好ましいこととは言えない】という考えが存在することを知り、目からウロコでした。つまり、【自国通貨に対する市場の信任=通貨高】という考えです。その市場の信任を測る物差しが、格付であり、国債利回りに代表される長期金利なのです。<<<




どうぞごゆっくりお読みください 


このバナーをクリックすると記事が読めます。


Net Money

または このブログの左上 すこしFX ☆ なが~くFX バナー をクリックして是非お読みください!  よろしく~

マーケット・ビューの過去記事は このリンク を使って頂ければと思います 





□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
□■ お客さまファースト!冬のおもてなし新規口座開設キャンペーン
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

<キャンペーン期間>
 2016年12月1日(木)〜2017年1月31日(火) 営業終了まで

<キャンペーン内容>
 キャンペーン期間中、以下の条件をすべて満たされたお客さまに
 お取引数量に応じて最大20,000円をキャッシュバックします。

  ・当キャンペーン期間中に当社で初めて口座を開設
  ・口座開設月の翌月末の営業終了までにキャンペーン申込みを完了
  ・口座開設月の翌月末の営業終了までに、「FXダイレクトプラス」で
   50万通貨以上の取引(新規または決済)

   ★50万通貨以上200万通貨未満    5,000円キャッシュバック
   ★200万通貨以上             20,000円キャッシュバック




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 キャッシュバックを含めると、≪米ドル/円の実質スプレッド0銭!!≫
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ※米ドル/円を50万通貨お取引されて5,000円のキャッシュバックの場合、
  スプレッドに換算すると1銭に当たるので、ドル円の通常スプレッド1銭 
(※例外あり)-1銭=0銭となります。


 ※早朝などの市場流動性の低下や経済指標発表時の相場急変など、市場の状況によっては拡大する場合があります。
[ 2017/01/14 03:38 ] 新興国関連記事 | TB(-) | CM(0)

OPEC 減産合意か?原油価格 50ドル台へ

本日は、オーストリア・ウィーンでOPEC総会が開催されています。

そこからのニュースで、OPEC加盟国の減産幅が予想を上回っているということで、原油価格は8%以上の上昇: 50ドル台へ突入

オイル価格 2016年11月



*OPEC減産幅予想
9月にアルジェリアで開催された 第15回国際エネルギー・フォーラム(IEF)、 この時にOPEC非公式会合も平行して開催されました。そこでは、11月のOPEC総会に向け、減産合意の土台となるものが発表されました。

その内容は、「OPEC総枠を、現在の日量 3,364万バレルから、3,250~3,300万バレルに抑制する」というものでした。

そして、本日のOPEC総会に先立ち、マーケットが出した予想としては

・OPEC加盟国   日量 110万バレルのカット
・OPEC加盟国以外の産油国   日量 60万バレルのカット


こういう内容でした。そして、この内容での合意となれば、2017年の原油価格は、50~55ドル台へ、そして2017年末には、60ドル台へ上昇するという予想も出ていました。


*先ほど出た噂
サウジアラビアのファリハ・エネルギー相が、「OPEC加盟国は日量100万バレル以上、減産するつもりだ。」と語ったことを受け、原油価格は一気に上昇したのですが、そもそもの予想は「OPEC加盟国 日量 110万バレルの減産」だと聞いていたので、どうしてここまで原油価格が高騰するのか、私は理解できていません 

OPEC.jpg



*気になるイランの動向
これまた、サウジアラビアのファリハ・エネルギー相の発言らしいですが、「イランは、日量 390万バレルとする」 らしいです。

私の記憶が間違っていなければ、

・経済制裁を解かれた時点のイランの原油生産量は、日糧 350万バレル
・2021年の生産量ターゲットが、たしか 日量 480万バレルだったはずですが、この域に達するには、技術や施設の質の向上が必要で、外資のヘルプが必要だったはずです。
・無理なく生産できる量は、日量 420万バレルまでであり、それは近日中に達成可能となるはず。


いずれにしても、OPEC総会終了後、ロンドン時間 15時 (日本時間 24時)に、記者会見が予定されておりますので、それを待つしかありません。

原油価格が上がると、目に見えない増税 となりますので、ただでさえ来年から生活が厳しくなる英国では、これ以上の原油価格上昇は勘弁して欲しい  というのが、非常に個人的な私自身の意見です。 


ps
この記事をアップしている最中に、「OPEC加盟国 日量 120万バレルの減産合意」 というニュースが出ました!




キャッシュバック・キャンペーン  

Uチャートを使えるので、視覚的に他の人の売買レベルが確認できます!

インターバンク直結型    ポンド円の約定率  100%! 




口座開設月の翌月末の営業終了までに「ウルトラFX」で1回以上新規取引をされた方に、もれなく4,000円キャッシュバック!
さらに、「Uチャート」からの取引1回で1,000円キャッシュバック。最大5,000円もらえるチャンス!


スタンプ  くいくい
[ 2016/11/30 22:25 ] 新興国関連記事 | TB(-) | CM(0)

WhatsAppを使って企てられたクーデター

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 



トルコ エルドアン大統領




7月15日、トルコでクーデターが企てられました。最終的に失敗に終わりましたが、トルコを取り巻く治安の悪化、難民問題の行方の不透明感だけでなく、投資先としてのトルコの地位は大きく毀損されたことは間違いありません。

今回はロンドンからみたトルコのクーデター未遂事件と、今後トルコが抱えるであろう問題点、トルコ経済の健全性などをチェックしてみたいと思います。



今回のコラム記事の主な内容は、


・未遂に終わったクーデター

・ギュレン師を「黒幕」と認定?

・死刑制度復活?EU加盟は絶望的?

・アメリカ政府はギュレン師の身柄を引き渡すのか?

・ドイツ国内での不安

・クーデターはエルドアン大統領の自作自演だった?

・非常事態宣言

・トルコ格付、カット

1) S&Pまたはムーディーズの格付のみで判断
2) S&P・ムーディーズ・フィッチ3社の格付を均して判断
3) 現在の格付から、合計3ノッチ格下げで判断

・トルコ中銀からの発表

・トルコ経済をチェック!

消費者物価指数(CPI)
国内総生産(GDP)
製造業PMI
新規オーダー状況

・ここからのリラ





コラム記事の一部を抜粋しますと、


>>>クーデターが起きた15日、アメリカ軍がシリアやイラクの対ISIS空爆の拠点として使用しているトルコ南部のインジルリク空軍基地が閉鎖されました。その後、閉鎖は解かれたようですが、未だに電源供給が絶たれた状態であり、使用不可能とのことです。この空軍基地には、アメリカの核兵器が50発ほど備蓄されているので、もしアメリカ政府がギュレン師の身柄引き渡しに応じなかった場合、報復措置としてインジルリク空軍基地がトルコ軍に乗っ取られでもしたら大問題になることは間違いありません。<<<



どうぞごゆっくりお読みください 


このバナーをクリックすると記事が読めます。


Net Money

または このブログの左上 すこしFX ☆ なが~くFX バナー をクリックして是非お読みください!  よろしく~

マーケット・ビューの過去記事は このリンク を使って頂ければと思います 





私はファンダメンタルズを語るだけで、実際にFX取引をしていない と思われていらっしゃる方も多いそうです 

そこで、最近の私の勝ち/負けトレードを実際にご紹介することにしました。

ファンダメンタルズを根拠にした取引、テクニカルを使った取引、通貨の実効レートを参考にタイミングを狙った取引と、いろいろ書いてみました。一緒に勉強しませんか 


Net Money
[ 2016/07/23 01:12 ] 新興国関連記事 | TB(-) | CM(0)

トルコリラのポジション動向

何の参考にもならないかもしれませんが、私が使っているロンドンのFX会社のトルコ・リラのポジション動向をお伝えします。


トルコリラ 残高
(2回クリックすると、ぐーんと大きく見やすくなりますよ)


上から、リラ円  ドルリラ   ユーロリラの順です。

チャートは全て4時間足で作ってみました。

右側の円グラフがちょっとわかりにくいかな?と思って、赤い文字で説明を入れました。

このグラフからは、各通貨の残高は、わかりません。
わかるのは、ポジションの傾きだけです。

でも何かの参考になればいいな… と思って、載せてみました。


*リラ円 (一番上)
リラ円のポジションを持っている顧客のうち、95%はリラ買い/円売り
5%の客が、リラ売り/円買い

しかし、ポジションの傾きを見ると、100%がリラロングとなっている。たぶん、5%のお客様のリラ売り/円買いは、ゴミのような額なのかもしれません。


*ドル/リラ (2番目)
ドル/リラのポジションを持っている顧客のうち、64%がドル売り/リラ買い
36%が、ドル買い/リラ売り

ポジションの傾きを見ると、83%のポジションがドル売り/リラ買いとなっている。


*ユーロ/リラ (一番下)
ユーロ/リラのポジションを持っている顧客のうち、74%がユーロ売り/リラ買い
26%が、ユーロ買い/リラ売り

ポジションの傾きを見ると、99%のポジションがユーロ売り/リラ買いとなっている。


ということで、ざっくばらんに申し上げますと、(日本人だけでなく) ロンドンのお客様の間でも、相当のリラ買いが残っていることになります。

トレイダーたち







私はファンダメンタルズを語るだけで、実際にFX取引をしていない と思われていらっしゃる方も多いそうです 

そこで、最近の私の勝ち/負けトレードを実際にご紹介することにしました。

ファンダメンタルズを根拠にした取引、テクニカルを使った取引、通貨の実効レートを参考にタイミングを狙った取引と、いろいろ書いてみました。一緒に勉強しませんか 


Net Money

[ 2016/07/17 22:41 ] 新興国関連記事 | TB(-) | CM(0)

エルドアン大統領の独裁ぶり

今月に入ってすぐに、トルコのダウトオール首相が辞任表明しました。

その背景には、難民問題の解決を巡り、同首相が欧州との協議で予想以上の成果をあげたことに対し、エルドアン大統領が自分よりも目立つ存在が出てきたことに腹を立てたことがそもそものきっかけだ という報道がありました。

この2人は、大統領の権限拡大を目指す憲法改正を巡り対立関係にあったことで知られており、エルドアン大統領は自身の独裁的立場を強めることに反対する人間は容赦なく切る人のようです。

エルドアン大統領


*欧州の怒り 
先週の話しで恐縮ですが、トルコのエルドアン大統領は、EUと合意した難民対策費30億ユーロを、直接トルコ財務省に支払うよう、EUに指示を出しました。

しかし、この支援金はNATOを通じて支払うことで合意しており、いまさらその条件をトルコの一方的な都合では変更できませんので、EU側はそう伝えました。

これに対し、エルドアン大統領の側近は、EUが約束を守らなければ、トルコに残留する難民を欧州に勝手に移動させると脅しをかけてきました 

さしあたり、7月末に10億ユーロがNATOを通じてトルコに支払われる予定となっていますが、トルコ政府に直接支払われるのかは不明です。


*ドイツのハンバーガーチェーン店
難民問題とは関係ありませんが、先週目にしたニュースですが、あるドイツのハンバーガーチェーン店ではエルドアン氏の名前をもじったハンバーガーを、同氏の写真入りで販売を開始したところ、トルコのスパイみたいな人達がその店をしばらく監視したそうです。

エルドアン バーガー

そして先週、トルコ政府からだと思いますが、その店の営業停止を正式に訴えられ、その店は現在休業中となっている という記事を読みました。

自分を悪く言う人は、国境を越えてコントロールしようとする… 恐ろしい方です…





キャッシュバック・キャンペーン  

Uチャートを使えるので、視覚的に他の人の売買レベルが確認できます!

インターバンク直結型    ポンド円の約定率  100%! 




口座開設月の翌月末の営業終了までに「ウルトラFX」で1回以上新規取引をされた方に、もれなく4,000円キャッシュバック!
さらに、「Uチャート」からの取引1回で1,000円キャッシュバック。最大5,000円もらえるチャンス!


スタンプ  くいくい
[ 2016/05/17 00:01 ] 新興国関連記事 | TB(-) | CM(1)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ