2016 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 02

FX取引を行う上でのメンタル(心の状態)について

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 





先週から日本に一時帰国で帰ってきています。約7週間の滞在となり、その間にいくつかセミナーをする機会を頂きました。事前に皆様からの質問をちょうだいしたところ、ほとんどが英国のEU離脱問題(Brexit)や、欧州のファンダメンタルズに関する質問でしたが、お一人だけメンタルについての質問をくださった方がいらっしゃいました。

あまりこの手の質問を受けたことがありませんので、今週はFX取引を行う上でのメンタル管理について、私が実践している内容をお伝えしようと思います。





今回のコラム記事の主な内容は、


・メンタルに関わる具体的な問題

・ポジポジ病(オーバートレード)

・損切りが出来ない

・値動きに一喜一憂しすぎる

・負けたら熱くなる

・ポジションのサイズが大きすぎる

・ポジションが気になって眠れない

・人の意見に惑わされる

・他人の勝率が気になり、なんて自分はダメなのだろうと落ち込む

・最後に…






コラム記事の一部を抜粋しますと、


>>>私は今でこそ、負けようが勝とうが常に平常心でいられるようになりましたが、負けて落ち込んでいた当時は、「ほらね、やっぱり思った通りに負けたわ、こうなると思っていた…」と強がりを言い、「負けるに決まっている」というネガティブな気を「引き寄せ」ていたのです。<<<





どうぞごゆっくりお読みください 


このバナーをクリックすると記事が読めます。


Net Money

または このブログの左上 すこしFX ☆ なが~くFX バナー をクリックして是非お読みください!  よろしく~

マーケット・ビューの過去記事は このリンク を使って頂ければと思います 





キャッシュバック・キャンペーン  

Uチャートを使えるので、視覚的に他の人の売買レベルが確認できます!

インターバンク直結型    ポンド円の約定率  100%! 




口座開設月の翌月末の営業終了までに「ウルトラFX」で1回以上新規取引をされた方に、もれなく4,000円キャッシュバック!
さらに、「Uチャート」からの取引1回で1,000円キャッシュバック。最大5,000円もらえるチャンス!


スタンプ  くいくい
[ 2016/10/14 22:43 ] 初心者向け | TB(-) | CM(1)

「お盆は円高」は本当なのか?

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 



セントラル用


為替や株のマーケットには、いろいろなアノマリーがあります。為替マーケットで特に有名なもののひとつに、「お盆は円高」というものがあります。8月は1年を通して特に円高になりやすいという話しも聞いたことがありますが、果たして本当なのでしょうか?

今回のコラムでは、このアノマリーについて書いてみたいと思います。



今回のコラム記事の主な内容は、


・過去15年間の8月ドル円相場

・2011年から2015年のお盆前後のドル円相場

2011年:円高トップは8月11日
2012年:円高トップは8月13日
2013年:円高トップは8月12日
2014年:円高トップは8月15日
2015年:円高トップは8月12日

・「お盆は円高」アノマリーの理由
(1) 日本の輸出企業によるドル売りオーダー
(2) 米国債償還と利払い
(3) ヘッジファンドの45日ルール

・ここからのマーケット
ドル円
ポンド円
ユーロ円




コラム記事の一部を抜粋しますと、


>>>2011年から15年の5年間に限っていえば、8月15日の2営業日前に円高トップをつけることが多いようです。もし、今年も同じ動きになると仮定した場合、15日は月曜日ですので、2営業日前は8月11日(木曜日)ということになります。果たして、今年はそうなるのか?楽しみです。<<<





どうぞごゆっくりお読みください 


このバナーをクリックすると記事が読めます。


Net Money

または このブログの左上 すこしFX ☆ なが~くFX バナー をクリックして是非お読みください!  よろしく~

マーケット・ビューの過去記事は このリンク を使って頂ければと思います 





私はファンダメンタルズを語るだけで、実際にFX取引をしていない と思われていらっしゃる方も多いそうです 

そこで、最近の私の勝ち/負けトレードを実際にご紹介することにしました。

ファンダメンタルズを根拠にした取引、テクニカルを使った取引、通貨の実効レートを参考にタイミングを狙った取引と、いろいろ書いてみました。一緒に勉強しませんか 


Net Money
[ 2016/08/12 23:19 ] 初心者向け | TB(-) | CM(0)

日本国債・金利差、そしてドル円

外為どっとコムさんの「雇用統計セミナー」 で、お話ししたJGBについて…

まず、チャットで、 「JGBって何?」と質問された方がいらっしゃいました。私がJGBといわず、日本国債 と言えば済んだことなので、その点は深くお詫びいたします。

ただ、出来ればGoogleかなにかで 「JGB」と検索する努力が欲しいと思いました。

もし本気でFXで成功を収めたかったなら、勉強する時間を是非確保してください。本を読むのもよし! ネットで勉強するのもよし!

私が言うまでもなく、FXはいろいろな要因が重なり合って動いています。その中でも非常に大事なものとして、「金利」があります。金利とは、中央銀行が決める政策金利もあれば、市場が決める長期金利もあります。そして、長期金利とは、国債の利回りのことを指します。

国債の呼び方はいろいろあり、アメリカではTreasury (トレジャリー) と呼んだり、英国の国債はGiltsと呼ばれています。そして、日本の国債はJapanese Government Bond つまり JGBとなるのです。

皆さんが初級から中級程度に進んだのであれば、主要国のだいたいの長期金利レベルも把握しておくと、便利です。

一概に長期金利と言っても、何年物の国債が良いのか?という新たな疑問にぶつかりますが、私はだいたい 2-5-10年を中心に見ており、各中銀のホームページに行って、毎日のレベルをエクセルにつけています。エクセルにつけるのは、金利差を計算するのに便利で、すぐにグラフに出来るからです。グラフにしないのであれば、私の知り合いのように毎日ノートに手で書いてもよいかもしれません。そして、わざわざ中銀のホームページに行かなくても構いません。私の場合は、コラム記事を書くときに引用する場合があり、著作権が問題になることがあるので、そうしているだけです。Yahooファイナンスのレベルでも大丈夫でしょう。とにかく、だいたいどのくらいの金利水準であるか?が大事なので、Yahooだろうがブルーンバーグだろうが、大差ありません。


*JGBの金利急上昇
7月29日から8月1週にかけて、JGBの利回りが高騰しました。利回りと国債価格は逆相関ですので、利回りが上がるということは、国債の価格が下がることを意味します。

どうしてJGBの急落(利回りの高騰)が起きたのかは、わかりません。当然、誰かが売ったから値段が下がったのでしょうが、誰が何の目的に、どうしてこのタイミングで売ったのか?それは、私には分かりません。

ただ、FXをやっている人間として、国債の利回りが大きく変動するということは、為替にも影響があるので、無視は出来ませんね…


米日金利差縮小 ドル円下落 2016-08-02

この2枚のチャートですが、

・上のもの
米国の10年物国債利回りから、日本の10年物国債利回りを引いた数字   水色のライン
ドル円    赤いライン


黄色い点線の丸をつけた部分 (7月29日とそれ以降)に、米日金利差が、1.8%台から1.5%台へ大きく縮小し、それに並行するようにドル円も下げています。


・2番目のもの
米国の10年物国債利回り   水色のライン
日本の10年物国債利回り    赤いライン

米日の金利差が縮小した ということは、どちらかの国の国債利回りが上昇しなければ、起こりません。

調べてみると、日本の国債利回りが マイナス0.3%くらいから、マイナス0.06%まで一気に上昇しています。その間、アメリカの長期金利はあまり動いてませんので、あくまでも日本側の動きで、米日の金利差が縮小し、それがドル円の下落 (つまり、円高) に繋がっていきました。

この期間は、日本のヘリコプターマネーの話が出たり消えたり、40年国債の話も出ていたので、JGB市場で何かが起きたと考えています。



ヨーロッパや英国専門の私が、わざわざ日本国債(JGB)についてブログ記事にすることは滅多にありません。しかし、漠然とドル円を取引せずに、こういうふうに奥行きを持たせてマーケットを見れると、また違ったストラテジーのイメージが沸いてくるかもしれません。

是非みなさんも頑張ってください!






キャッシュバック・キャンペーン  

Uチャートを使えるので、視覚的に他の人の売買レベルが確認できます!

インターバンク直結型    ポンド円の約定率  100%! 




口座開設月の翌月末の営業終了までに「ウルトラFX」で1回以上新規取引をされた方に、もれなく4,000円キャッシュバック!
さらに、「Uチャート」からの取引1回で1,000円キャッシュバック。最大5,000円もらえるチャンス!


スタンプ  くいくい
[ 2016/08/07 21:57 ] 初心者向け | TB(-) | CM(0)

三菱東京UFJ銀行がPD資格返上について

今朝おきて、

「三菱東京UFJ銀行が国債市場特別参加者(プライマリーディーラー、以下 PD)の資格を国に返上する方向で調整に入った」

というニュースを発見   だから、何がどうなるのか、さっぱりわからない私 

三菱東京UFJ



ということで、知り合いのFixed incomeのファンドマネージャーさん (日本人) に教えていただきました。


*三菱東京UFJ銀行が抜けるのは、既に分かっていたことだった!
やはり、こういうことは外にいる私たちのような人間には、全くわからないことなんですが、内部の人にとっては、「いつ発表されても驚かないニュース」という既成事実だったようです。

詳しく書くと長くなるので要点だけまとめますと、


・PD資格があると、国債発行予定額の4%以上の応札義務がある  昔は、3%だったそうですが、いつか知りませんが、最近 4%にあがったそうです

・三菱東京UFJグループは、銀行・証券あわせて、3社がPD資格を保有している

・つまり、3社合わせて、12%かそれ以上の国債応札義務が生じていた   

・PD資格がなくても、必要な場合には国債応札には参加出来る

・日本の国債利回りはマイナスなので、投資妙味に欠ける

・実際のところ、三菱東京UFJ銀行は、しばらく前から落札に参加していなかったので、お上も出ることを予期していた?


など...



*それ以外の大事な点

・三菱系列の証券子会社2社は、今後もお客様に国債を販売する業務があるため、PD資格は維持する

・今回の判断を受け、同行の国債保有が今後減少、バランスシート内容の改善が予想されるため、海外での資金調達コストも改善が見込まれるとのこと


という話しを聞きました。


最後に一番気になるのが、三菱東京UFJ銀行が参加をしなくなるのなら、国債の売りが殺到して  利回りが大きく上昇してしまうのか?  なんですが、その心配はあまりないそうです。

日銀が引き続き購入してくれることには変わりないし、期末益出しの時期に重なるタイミングでの発表なので、「金利が上がればそこを買う投資家がたくさんいるよ~」 と言われました。

英国の国民投票とは全く関係ない記事ですが、お読みいただいてありがとうございます 





私がお世話になっている上田ハーロFXさんと、ザイFX!さんとのコラボで、キャンペーンをやっています 
ザイFX!さん経由で新規口座開設をしますと、私の著書 「ロンドンFX」 をプレゼントさせていただきます。

「ロンドンFX」では、2014年のスコットランド住民投票の時のマーケットを詳しく解説していますので、6月23日の英国民投票前に、是非この部分を読んで準備してくださいね~ 

このバナーをクリックすると、ザイFX!さんの口座開設ページに飛びます!
               

Net Money
[ 2016/06/08 22:17 ] 初心者向け | TB(-) | CM(0)

購買力平価について

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 




購買力平価について、セントラル短資FX さんのお客様から、ご質問を頂きました。

特に購買力平価をグラフ化した資料が全く見つからず  苦労して苦労して頑張ってみたのですが、最終的には 「ないなら、私が自分の手で作ってあげましょう」  と開き直って作成してみました 

もし、他にもご質問がある方は、答えられる範囲でお答えするつもりですので、是非セントラル短資FX さん宛てに質問をお寄せくださいね 


主な内容は

・購買力平価のグラフ化

・通貨別購買力平価

・購買力平価と実際のレートとの乖離率

・ポンドはいくらでもポンド高になれるのか?

・私が感じたポンド円の適正水準

・まとめ




コラム記事の一部を抜粋しますと、

>>>私がロンドンから東京へ一時帰国するたびに、「1ポンド=150円くらいが一番適正水準ではないかなぁ~」と感じています。日本で物を買う時には、無意識のうちにポンド換算してしまう癖が抜けないこともあり、150円よりもポンド安円高になると、「これ高いから、我慢しよう。」となります。円安になればなるほど都合はよいのですが、さすがに200円を越える円安は行き過ぎ感が強くなります。<<<


どうぞごゆっくりお読みください 


このバナーをクリックすると記事が読めます。


Net Money

または このブログの左上 すこしFX ☆ なが~くFX バナー をクリックして是非お読みください!  よろしく~

マーケット・ビューの過去記事は このリンク を使って頂ければと思います 

Net Money
[ 2015/08/21 20:10 ] 初心者向け | TB(-) | CM(2)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ