2018 031234567891011121314151617181920212223242526272829302018 05

FXプライムbyGMOさんのお客様からの質問

水曜日に FXプライムbyGMOさんでオンライン・セミナー をやらせていただきます。

そのため、お客様からたくさんの質問を頂戴いたしました。

かなり難しい質問があり、答えに戸惑いますが、その中でも「切実度の高い質問」をここで選び、お答えさせていただこうと思います。

セミナー資料は既にお渡ししてますが、かなり大量です  そのため、答えるのに時間がかかるものは、私のこのブログで対応させていただけると幸いです。



質問:
昨年12月まで利益が出ていましたが、今年に入り、負けが続いています。
同じ手法ですが、何が原因で勝てなくなったのでしょう?
相場環境が変わったのでしょうか? 現在、再度エントリー条件を見直してますが、他に対策はありますか?




みなさん ご存知のように、私はファンダメンタルズでマーケットを考え、イン/アウトのタイミングをチャートで見ています。そのため、「手法」というものは特に意識しておらず、唯一 ベガス方式を使ったり、時々 200移動平均線を参考にする程度です。

この質問者の方にお聞きしたいのは、

「全てのマーケットで、いつどこでも、勝てる手法が、あると思いますか?」

もしあるのなら、私にも教えてください   一生 楽して暮らせます 

勝つことと、勝ち続けることは、違う。そこも認めて欲しいと思いました。





私は、毎年 マーケットのテーマを決めて、それが変更されるまで、忠実にフォローしています。

例を挙げれば、

・2016年  Brexit
・2017年 ヨーロッパでの選挙(特にフランス大統領選)
・2018年 米中間選挙に向けたノイズと、金利の正常化(英欧)


こんな感じで、まずその年のテーマを決めるようにしています。そして、通貨の天秤を作り、テーマと合う通貨ペアを探して、取引の参考にするやり方です。



ご質問にある「相場環境」というのは、流動性のことでしょうか? それは、毎年というより、その時々により、変わってくると思います。ただ、今年に関しては、アメリカはバランスシート縮小  ユーロ圏はテーパリングの真っ最中  英国は流動性の部分には一切タッチせずに、金利の引き上げで対応しています。

アメリカがバランスシートを縮小するのなら、ドルの流動性のある程度の縮小はやむを得ず、結果としてドル高になりやすい・・・ という記事を読んだことがありますが、実際のマーケットでは、そうなっていません。逆に、流動性はそのままにしている英国のポンドが買われています。



私がファンダを使っているから言うのではありませんが、テクニカル一辺倒で行くと、マーケットを動かしているテーマやファンダの部分の流れが見えなくなることもあり、軋みが出てくることがあるように感じています。もちろん、テクニカルだけで勝っている人もおりますので、これはあくまでも私の感じ方ですので、反論がある方は、申し訳ありません。

ファンダだけで勝てる! と言うつもりは毛頭ございませんが、両方をバランスよく混ぜてあげると、より精度が上がるのではないでしょうか?

そういう意味では、私はもっとテクニカルのお勉強をしないとなりません  



dealers.jpg






4月18日(水曜日) ロンドンの自宅からWEBセミナーをいたします。

ヨーロッパ、ロンドンから見た為替相場全般、経済事情を解説します。特にユーロ、ポンド相場に対する見方は必見です。ドル円はトレードするけど、ユーロやポンドは苦手という方、ぜひ本セミナーを受講ください。トレードの幅がさらに広がるはずです。


お申し込みは、   このバナーをクリックしてくださいね 

どなたでも参加できます   皆様のご参加をお待ち申し上げております。

Net Money




Net Money


FXプライムbyGMO
[ 2018/04/16 23:57 ] 初心者向け | TB(-) | CM(0)

地政学リスクでも、資源通貨が買われたの?

先週金曜日にアップしたセントラル短資FXさんのコラム記事 「地政学リスク相場との付き合い方」

この中でひとつよくわからないことがあるという質問を、私が3月から始めた「ファンダメンタルズ・カレッジ」の生徒さん、そしてブログ読者の方からメールを通じていただきました。


質問:
1990~91年に起きた湾岸戦争のとき、地政学リスクの相場で、その当時は原油が買われたから、資源通貨が買われたと書いてありました。  個人的には、資源通貨(AUDやCAD)は、リスク通貨という認識で、リスクが起きた時に原油が上がるから、一緒に買われるものでしょうか?




こういう質問でした。

コラム記事の中でも書いたのですが、当時は地政学リスクに慣れていないマーケットでしたので、ニュースが出た時の各通貨ごとの予想を巡り、市場参加者の見解が分かれたため、今なら起きない動きや考え方がマーケットにあったと思います。


はっきりした年月日まではわかりませんが、そもそも 「リスク・オン/オフ」という言葉でマーケットが語られたのは、たぶんですけど 2007年のサブ・プライムから2008年リーマンショック  あたりなんじゃないかな? と思うんです。わずか10年なんですよね、この 「リスク・オン/オフ」という概念が我々個人投資家まで浸透してきたのは・・・


そして、外国為替市場に銀行が参入してマーケットメークするようになったのが、1980年のはずですので、湾岸戦争時代は、銀行参加後 「まだ10年目」でした。そのため、マーケット参加者にとっても、試行錯誤の連続だったと認識しています。


湾岸戦争が始まるまでの為替ディーリングは、もちろん主要国の経済・金融政策、政治的イベントなどで動きましたが、1990年代の地政学的リスク相場到来と共にディーリングのやり方が変わった転換期だったとも言えます。

特に湾岸戦争の頃は、「原油価格動向をにらみながらドルの先行きを考えて相場を張る」という今までにない取引き手段を覚えました。

当時のアメリカは世界最大の原油輸入国であったため、「原油価格上昇 ⇒ 米国の景気減速懸念台頭」というシナリオをたて、それを先取りする形でドルを売るという「原油とドルの逆相関性」を念頭に置いた取引方法が確立された瞬間でもありました。


なんかなぁ こういう昔のことを書ける ということは、それだけ私がめっちゃ 年取ってるってことで、あまり嬉しくないなぁ 


悲しい







「これまで以上に“アクティブ”なトレード環境の実現」のため、今春、サービスを大幅にリニューアル


・ユーロ円0.5銭や、ポンド円1.2銭も結構狭い

・1回あたりの最大注文可能数量は300万通貨

・4月は、ご縁は全員大吉  (  4万通貨毎に12円キャッシュバックします)


Net Money



[ 2018/04/16 21:22 ] 初心者向け | TB(-) | CM(0)

地政学リスク相場との付き合い方

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 



セントラル用

     
コラム記事内のポンド実効レートのチャートを、新しく更新しました。これが最新版で、4月12日に50%戻しを上抜けしています 




今年のマーケットは、やたらとノイズが多く非常に不安定な動きをしています。先週までは、米中貿易摩擦の悪化がマーケットのテーマでしたが、今週に入ると、シリアで起きた化学兵器使用疑惑を巡り、米露の対立悪化を先取りした「地政学リスク相場」の色を強くしています。

今回のコラムでは、私が銀行のディーリングルームで実際に経験した1990年代の湾岸戦争当時を振り返り、今回の地政学リスク相場の動きに何らかのヒントが隠されているのか?それについて考えてみたいと思います。

蛇足になりますが、2017年8月14日のこのコラムでも、地政学リスクとイベント・リスクの違いについて書きましたが、今回は地政学、特に湾岸戦争にスポットライトをあてようと思います。






今回のコラム記事の主な内容は、


・地政学リスク相場の特徴

・地政学的リスクに振り回された1990年代

・湾岸戦争での原油と金、通貨の動き

湾岸戦争時の原油
湾岸戦争時の金
各通貨の動き

・当時の円高の動きについて

・今回の米露対決の可能性

・ここからのマーケット






コラム記事の一部をご紹介しますと、


>>>それまでの為替ディーリングは主要国の経済・金融政策、政治的イベントなどで動きましたが、1990年代の地政学的リスク相場到来と共にディーリングのやり方が変わった転換期だったとも言えます。特に湾岸戦争の頃は、「原油価格動向をにらみながらドルの先行きを考えて相場を張る」という今までにない取引き手段を覚えました。

当時のアメリカは世界最大の原油輸入国であったため、「原油価格上昇 ⇒ 米国の景気減速懸念台頭」というシナリオをたて、それを先取りする形でドルを売るという「原油とドルの逆相関性」を念頭に置いた取引方法が確立された瞬間でもありました。<<<






4月より、口座保有者のお客様のみが閲覧可能となりました。

どうぞごゆっくりお読みください 






「これまで以上に“アクティブ”なトレード環境の実現」のため、今春、サービスを大幅にリニューアル

・ユーロ円0.5銭や、ポンド円1.2銭も結構狭い

・1回あたりの最大注文可能数量は300万通貨

・4月は、ご縁は全員大吉  (  4万通貨毎に12円キャッシュバックします)


Net Money



[ 2018/04/13 23:32 ] 初心者向け | TB(-) | CM(0)

VIX徹底解明!

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 



米 CBOE



今年の相場展開は、かなり荒っぽくなっています。そもそもは、アメリカの長期金利が上昇したため、株価調整が起き、それが通貨へと波及してきました。

この一連の動きの中で何度も耳にしたのが、VIX(恐怖指数)という言葉です。

今回のコラムでは、このVIXを徹底的に掘り下げてみたいと思います。







今回のコラム記事の主な内容は、


・米長期金利上昇について

・VIXと長期金利/株価との関係

VIXと長期金利
VIXと株価

・VIX徹底解明
VIX (CBOEボラティリティー指数)、別名「恐怖指数」
VIXの動きが株価の変動予想範囲に与える影響

・ここからのマーケット






コラム記事の一部をご紹介しますと、



>>>実を言うと、私はVIXはボラティリティを測定するツールだというところまでは知っておりましたが、具体的に何を基準に算出されているのかは知りませんし、株式市場の価格変動の「推定範囲の予測」をするのが本来の目的だということも、はじめて知りました   。





4月より、口座保有者のお客様のみが閲覧可能となりました。

どうぞごゆっくりお読みください 







3月12日(月)  20時~   今年第1四半期の総まとめ的なオンライン・セミナーをやらせていただきます 

お申し込みは、   このバナーをクリックしてくださいね 

Net Money


口座開設者を対象としたセミナーになります。皆様のご参加をお待ち申し上げております 



[ 2018/02/17 02:26 ] 初心者向け | TB(-) | CM(1)

FX取引を行う上でのメンタル(心の状態)について

本日 FXプライムbyGMO さん  のセミナーにご参加いただきました皆様、本当にお時間 ありがとうございました。

すごく楽しくお話しができ、私自身も嬉しかったです 


セミナーの最後のところでお話ししたメンタルのこと
意外と多くの方が興味を持っていらして、驚きました 


過去にメンタルについて記事を書いた ので、お読みください。



今回のセミナー参加者さんから頂いた質問は

「メンタルが落ち込んだ時の回復の仕方 + モーチベーションの保ち方」



* メンタルが落ち込んだ時の回復の仕方
セミナーでもお話ししましたが、私は一度 口座を溶かした経験があります 

お金を失ったことよりも、自分の自信がなくなったことが、辛かったです。

結局 それを苦にしていたら 身体の免疫系が弱り、普段なら全く問題ないばい菌に身体がやられ、顔面麻痺になりました。

子供はまだ小学校3年生くらいだったと記憶していますが、病院にいったら、即入院と言われました。

退院してからも、もちろんFXなんて出来ません。PCに大きな風呂敷をかけて、見ないようにしていました。

結局 1年半くらいすると心の氷が溶けてきて、 「私にはFX以外 何もないんだ・・・」 と再認識して、トレードに戻りました。



メンタルが落ちた時に絶対にしてはいけないのは、 「リベンジ」 です。 なくしたお金を取り戻そうとする 「リベンジ・トレード」 です。心理学とか勉強したことありませんが、そういう時の人間の心理はたぶん、「負けた  取り返してやる」  というところにフォーカスしますので、「負けた」の部分に自分がやられてしまい、新たな負けを引き寄せます。


負けた場合、自分に問う質問は、 「どうして今回は利益につながらなかったのか?」

・入ったレベルが間違っていた?/遅すぎた?
・根拠なく、なにげなくポジションを取ってしまった?
・人のコピートレードしてしまった?
・損切りを設定せずに、お祈りトレードしてた?
・自分の損切りがつくと、必ずそこから反転するので、今回こそは・・・と思い、損切りを置かなかった?


いろいろ理由はあるでしょう。もしかしたら、 「その時のマーケットの流れと、自分のマーケットの理解力が、一致していなかった」 からかもしれません。


これを磨くためには、 「マーケットへの織り込み度」 これを勉強するのが一番だと思います。

例えば、今なら、

「Brexitのこと、ポンドはどのくらい織り込んだのか?」
「ECBのQE終了予想について、ユーロはどのくらい、それを織り込んだのか?」

そういうことを自分なりにストラテジーを立てて、考えてみる練習をしてみてください。

「織り込み度」 は数値化できません。10人いれば、10通りの 「織り込み度」 が出てくると思います。

各通貨の動きを1週間も眺めていれば、大まかなコンセンサス的な織り込み度を体感するはずです。 この「コンセンサスを読む力」 それも大事です・・・



FX メンタル




* モーチベーションの保ち方
私にとって、FXトレードをすることや、ファンダをベースに物を書いたりすることは、人生の一部になっています。だから、モーチベーションとか 考えたこともありません 

寝る、食べる と同じ次元で、FXをやる/ファンダについて書く  というものが ありますので、特に自分を奮い立たせてやらなければいけないことは、何もありません。



当然ですが、嫌なことがあって怒っているときなどの  「精神の平常が保たれていないとき」 「体調が今ひとつのとき」 そういう時は、トレードしません。 (締め切りがあるので、物は書きます  )


私がわざわざここに書くまでもなく、好きなことをする時って、モーチベーション いらないんですよ。
やるな!と言われてもやりたいので  笑

私にとってのFXは、そういうものなので、毎朝起きるのが嬉しいし  今日はどんなことが起こるだろう?誰が、どんな発言するだろう? そう考えると、ワクワクします 

まぁ、 オタク なんですわ、私は

でも、そういうオタクである自分が、実は とても気にいっています 








2月8日(木)  20時30分~
「英中銀 スーパーサーズディ」 をリアルタイム解説 

お申し込みは、   このバナーをクリックしてくださいね 


Net Money



YJFXさんのオンライン・セミナーは、事前の申し込み不要・当日参加可能ですが、定員が 500名 ですので、なるべく早めにご参加いただけると嬉しいです。

ログインは、2月8日(木)  20時10分から 出来ますよ~ 


[ 2018/01/24 22:49 ] 初心者向け | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ