FC2ブログ
2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01

ドイツCDU党の党首選

この記事は、斉藤トモラニさんと私とで8月から始めた 「FXの流儀」 でご紹介した記事です。

本日は特別に、明日のドイツCDU党の党首選についての記事を公開いたします。是非お読みください 



___________________________________


1001人の代議員によるCDU党首選が、明日ハンブルグで行われます。既に党員などを乗せたバスが、次々とハンブルグ入りしていると伝えられています。


独 CDU党首選




* 3人による決戦か?
メルケル首相が党首辞任を発表して以来、党首選に向け12人の立候補者が出ました。しかし、本星は3人に絞られています。(日本での報道では、2人の接戦と書かれていますが、こちらの報道では3人としているところが多いです)

そこで、各候補者のご紹介をいたします。


① アンネグレート・クランプ・カレンバウァー(AKK)幹事長  (56)
メルケル首相が最も強く支持するのが、この人。悪い言い方をすれば、メルケルの子飼いという立場、故にこの人が党首となれば、メルケル路線継承は間違いなし。

カソリック教徒で、非常にコンサバティブであり、同性愛同士の結婚や中絶などには反対。

移民・難民政策については、メルケル首相よりずっとタフなスタンスを貫いており、2015年の難民危機以降、CDU党の支持率が落ちたことを悔やんでいるといわれる。



② フリードリヒ・メルツ元院内総務   (63)
メルケル首相率いるCDU党はあまりにも中道左派寄りであることを攻撃している。そのため、この人が党首となればCDU党は右寄りとなる可能性高く、AfD(ドイツのための選択肢)の票を奪いたいとも公言している。

2002年にメルケル首相の手で、院内総務から引き摺り下ろされたので、メルケル首相に対する恨み?が強いといわれている。院内総務の経験は2年間だけであり、3人の候補者の中では、最も政治的経験年数が少ない。

院内総務を辞めてから、もともとの職業である弁護士に戻ったが、その後米ブラックロックのドイツ支部のトップに引き抜かれた。

自身を、「中級よりやや上のクラスに属している」と語り、年収はおおよそ100万ユーロであることを公表。

ショイブレ前財務相が、正式にメルツ候補を支持すると発表している。



③ 反メルケル色が強いイエンス・シュパーン保健相   (38)
自身で、ゲイであることを認めている。

メルケル首相から閣僚に任命されたにもかかわらず、②同様、メルケル政治が中道左派寄りであることを、公に攻撃している。

移民/難民の受け入れには、猛反対

トランプ米大統領の大ファン




投票に先駆けてドイツ全国を廻っている候補者ですが、現時点では①②の接戦となる可能性が指摘されています。

最近の世論調査によると、国民からの人気は、「①>②」ですが、CDU党内での力関係は、「②>①」と言われているだけに、まだまだ予断は許しません。というのは、①②の間の接戦となることは容易に予想できますが、どちらかの候補が圧倒的過半数を獲得する可能性が非常に低いからです。




* ドイツやヨーロッパに与える影響
いずれの候補者が勝ったとしても、ポスト・メルケル時代にどのような影響を与えるのかが、完全なる未知数である点です。

忘れてならないのは、これは「党首選」であり、2021年総選挙までは、メルケルさんが「首相」です。つまり、今回選出された党首は次期総選挙まで、メルケル首相と二人三脚で行かなければなりません。

当然、メルケルさんの子飼いと言われるAKKさんが党首となれば、問題なし!と見られそうですが、宿敵と言われていたメルツさんが党首となった場合、2つの可能性が考えれるでしょう。

一つ目は、メルツさんの政治経験が短いため、「次期首相」としての勉強をメルケルさんから受けるかもしれません。そう考えると、今後2年間くらいは、意外とメルツさんとメルケルさんとの間は、ギクシャクしないかもしれないとも言われています。

2つ目は、CDU党をもっともっと右寄りに持っていくことは間違いないため、メルケル首相がついていけず、自ら首相の座を退くという予想です。






* ビルト紙の調査
ヨーロッパで最大の購読者数を誇るドイツのタブロイド紙:ビルトが行なった調査によると、党首選で投票する1001人のうち、約270人が既に誰に投票するか決めているそうです。

その結果は、

② 144人
① 96人
③ 29人

という結果だそうです。

_____________________________


こんな感じで書いています。

本日はこれ以外に、

ポンド予想
英議会採決延期について
マクロン仏大統領の次の一手


などについて記事を書きました 








8月20日から、DMMさんでFXサロンを始めました 

コミュニティーの中でたくさんの方と一緒に何かを作り上げて、
成長していける場が欲しかったからです。

ただ情報を配信するだけでなく、相互に助け合えるコミュニティー
そんなオンラインサロンを目指しています 

詳細は、このバナーをクリックしてください 
               
Net Money
[ 2018/12/06 22:52 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)

スペイン・アンダルシア州議会選挙

おはようございます! ロンドンに戻ってきました。

早速ですが、英国は当然 Brexitでザワザワしておりますが、今朝のヨーロッパで最も 「衝撃的」だったニュースは、フランスでの暴動と、スペインでの州議会選挙結果です。

ここでは、スペインについて書きますね♪




* アンダルシア州議会選挙
週末にスペイン・アンダルシア州で議会選挙が実施されました。今回の選挙での見所は、4つ

・ 極右政党が議席を獲得するか?
スペインでは、国政/17の州の選挙では、1982年以来 一度も極右政党が議席を獲得していません。
今回の選挙では、VOX党という 「反移民、欧州懐疑派」政党が議席を獲得するかが非常に注目されていました。


・ 極右政党; VOX がスペインに与える影響
欧州難民問題が2015年から騒がれていますが、スペインは南欧州の中でも比較的、難民問題で騒がなかった国です。
もし、アンダルシアで議席を獲得した場合、スペインでも今後、難民問題や欧州懐疑派が頭角を現すリスクが増えます。


・ 極右政党; VOX の台頭による他党への影響
そもそもVOX党は、スペインの伝統的2大政党の1つである国民党(PP)から分離した政党です。そのため、VOX党に人気が集まること = PP党の議席が減少することです。そして、中道に位置するシウダダノス党への影響も心配されます。



・ 国民党(PP)とシウダダノス党との争い
今回の選挙でVOX党以外で注目を集めていたのが、「中道・中道右派勢力」の力関係でした。
アンダルシアの場合は、国民党(PP)が若干議席を落とし、シウダダノス党が議席を増やすというのが、事前のコンセンサス。

最大の焦点は、議席数が 「シウダダノス > 国民党(PP)」となるか?

もし、こうなってしまうと、国政選挙でも国民党の支持率低下は避けられません。



* 州議会選挙結果
前回(2015年)の選挙と今回の選挙における議席数の変化をチャートにしました。



スペイン アンダルシア州議会選挙
(クリックすると拡大します)


やはりVOX党が議席を獲得しています   そして、事前予想通り、国民党(PP)から VOX党へ票が流れていました。l

しかし、 「シウダダノス > 国民党(PP)」という議席数の変化はありませんでした。
とは言うものの、シウダダノスの議席数増加数は、素晴らしいですね



結論から申しますと、

極右が1982年以来、はじめて議席獲得したということで、来年5月の欧州議会選挙での「反移民、欧州懐疑派政党」の動きが気になります。

ただし、「国民党(PP) > シウダダノス」という展開となったことを受け、スペイン国債には特に大きな動きはありません。








2018年10月9日から、DMM FXのタイアップ特典が始まりました。2018年末、2019年ドル円、ユーロドルの相場予測をしております。大きく動いたら、書き直しいたします )   これから FXで臨時ボーナス獲得を目指す方はぜひ熟読をお勧めします。今のところ、展望通りに推移しているドル円とユーロドルが、これからどうなるか気になる方は、今すぐタイアップバナーをクリックくださいませ。

トレードに自信が持てない方もご安心ください!失敗時の対処法や賢い情報収集方法も詳しく解説していますので、タイアップレポートが、これから FXで成功するための足がかり、分岐点になると自負しています!

DMM FXの取引条件の良さはさることながら、取引通信簿がいいと、受講生からよく耳にします。為替相場分析はタイアップレポート、トレード開始後の売買分析はDMM FXで行えば、 FXトレードの力がメキメキつくこと間違いなしです!

タイアップレポートはできるだけお早めに手に取ってくださいね!私と一緒にFXで勝ち組を目指しましょう!あなたに寄り添って一緒に成長することが私のトレードにおける信条です。


2冊目の本


DMM2.png


【DMM FX】申込
[ 2018/12/03 19:31 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)

メルケル首相引退に対する欧州各国での報道

ずっとメルケルさんの記事を書きたかったのですが、全く時間的余裕がなく、今日になってしまいました 

今日もあと1時間くらいで、友達と軽くお茶(ビールかな )をするので、頑張って書きますね



10月29日に、12月の党大会で党首を辞め、2021年の次期選挙では首相として5期めを目指さないと発表したメルケル首相です。

メルケル報道



* ドイツでの報道
中道左派寄りの南ドイツ新聞(Süddeutsche Zeitung)
メルケル首相からの発表で、ドイツ政局が新たな動きに入った。自分の職に甘んじて、ただただ現状を維持するだけでは、何も先に進まないことを(メルケル首相は)証明してくれた。今回の動きにより、(SPD党やCSU党からも)辞任する議員が出てこないことは、おかしい。

中道右派寄りのフランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング(Frankfurter Allgemeine Zeitung、FAZ)
ドイツ第1党の党首と首相が同一人物でないことは、EU内でのドイツの地位に変化(問題)を与えることになるかもしれない。当然であるが、CDU党の党首が誰になるかで、それも変わってくるだろう。特にメルケル首相と大きく考え方が違う人物が党首となれば、それはさらに明らかになるであろう。



* オーストリアでの報道
中道左派寄りのDie Presse
かなり辛辣な意見が書いてありました。

メルケル首相は非常に大きな間違いを犯した。任期満了まで首相で居続けると言いながら、党首としては引退するからだ。党を引っ張っていけない人物に、国が収められるのか?甚だ疑問である



* フランスでの報道
中道右派寄りのフィガロ (Le Figaro)
メルケル首相の引退は、欧州統一派にとっては残念なニュースであり、政治的な士気が下がるだろう。在任中のメルケル首相の最優先事項は、欧州の統一を維持することであり、さらなる深化にまで踏み込まないだろう。引退が早すぎたか否かについては、まだ判断をする段階ではないと考える。


フランスの主要経済紙トリビューヌ(La Tribune)
マクロン大統領が行おうとしている欧州統一/改革に代表される「欧州の再復活」が、メルケル首相の引退により、弱体化する懸念が出てきている。


フランス国営ラジオ France Inter
欧州には、力強いリーダーが不在のドイツは、必要ない。メルケル首相が引退したら、「(アメリカン・ドリームにちなんで)ヨーロピアン・ドリーム」を語る人物は、ドイツから登場しないかもしれない。それは、マクロン大統領にとって不利な状況となるであろう。

そもそも政治不安が、(パリではなく)ベルリンで起きていることがヨーロッパにとっては新しい事態であり、欧州統一などにとっては危険材料となり得るだろう。




* ベルギーでの報道
ベルギーの経済紙 De Tijd
メルケル首相は、CDU党の支持を失った。後任は、より右寄りの思想を持った人物になるであろう。メルケル首相はあまりにも長く首相職にしがみつきすぎた。国民の誰からも愛されていた時代は終わり、レイムダック化したメルケル首相として、ドイツ国民の記憶に残ることになるかもしれない。



* オランダでの報道
中道左派寄りのVolkskrant紙
メルケル首相がつまづくと、過去10年以上頑張って進めてきた欧州の努力が水の泡になりかねない。メルケル首相の引退は、フランスのマクロン大統領にとって最も打撃を被るだろう。




* イタリアでの報道
中道の Corriere della Sera紙
非常に現実的で、時としてつまらない印象を与えたメルケル首相。しかし彼女の政治手腕は確かなものがあり、欧州の巨人として君臨してきた。同首相が引退したら、ドイツを引っ張っていくリーダーの欠如が表面化するであろう。イタリアは、メルケル首相の引退を悲しく思っている。


La Repubblica紙
メルケル首相がいなくなれば、欧州は統一ではなく、亀裂が入るかもしれない。



* スペインでの報道
中道右派の El Mundo紙
メルケル首相の引退は、ドイツ政局だけに留まらないだろう。メルケルさんはフランスと手を取り合い、ヨーロッパの統一の指揮をとり、ヨーロッパの価値を上げていった。そう考えると、同首相の引退は、欧州にとり大きな損失となる。


中道左派の El Pais紙
バイエルン州とヘッセン州それぞれの議会選挙でCDU党が議席を大きく失ったため、「まるで何もなかったように」首相職を続けていくことは、メルケル首相にとって出来なかったのであろう。この結果は、同首相に対して、現実の厳しさを教え、このまま首相で居続けることが、どういう影響を与えるか教えたに違いない。





申し訳ありません。まだイギリス、アイルランド、スイス、ポーランド各紙のコメントもあるのですが、そろそろ出かけないと間に合わないので、本日はここで失礼いたします。









11月17日、大阪で会場セミナーをいたします。

今回のセミナーは、今までと趣を変えて 「FXを一度もやったことがない方向け」のセミナーとなります。


このブログをお読みの皆様には縁がありませんが、お友達やご家族、知り合いなどでFXに興味のある方がおられましたら、是非 お勧めいただけると幸いです。

みんな 来てね~  


お申し込みは、  このバナーをクリックしてくださいね 


2冊目の本
[ 2018/11/05 16:45 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)

メルケル首相の進退

本日より、東京の落ち着き仕事を頑張ります。途中、一度 大阪に参りますが、基本的に東京におりますので、ブログ更新も頑張れそうです。

実は、今 テレビのニュースになっているインドネシアの飛行機墜落事故。
福岡空港で飛行機を待っている時に、墜落事故のことを知って、私は凍りつきました・・・・

理由は、娘が3週間の休暇をインドネシアで取っており、同じ日に飛行機移動をしていたからです。
3〜4日前にWhatsAppで話した時、今回墜落したライオンエアーで移動したと言っていたので、なおさらです  

慌ててメッセージを打っても既読にならない 
私が東京に到着しても既読にならない。
もう 今回ほど心臓がバクバクしたことは、久しぶりです。

結局、それから8時間くらいして既読になり、ロンドンに到着したというメッセージが入っていました。
それを読んだ時、足の力が抜けたのを覚えています。

被害に遭われた方々が無事であることを祈っております 




* ドイツ・ヘッセン州議会選挙
10月14日にバイエルン州で行われた議会選挙。そこでは、メルケル首相率いるCDU党の姉妹党:CSU党と、伝統的2大政党の一つであるSPD党が共に、大敗しました。

そして、10月28日にヘッセン州で行われた議会選挙でも、両党はボコボコにやられました。

こちらに2つの州議会選挙の結果をまとめた表を貼ります。



独州議会選挙結果
(クリックすると拡大します)



* メルケル首相の決断
昨日 私がカラオケ屋で騒いでいた時に行われたメルケル首相の記者会見 

そこでの発表内容は、3つでした。

発表項目は3つ。


・メルケル首相は、CDU党の党首を12月の党大会で辞める。後任候補はすでに3名、手を挙げている。

・2021年の次期総選挙まで首相職は継続し、その時点で辞任する。その後は欧州の要職に立候補するなどの政治的な活動は辞める予定。

・2021年までに、前倒し総選挙の実施は、ない


まとめますと、メルケルさんは2021年まで首相ですが、今年12月の党大会でCDU党首は入れ替わります。



これ以外にもCDU党首交代に関するニュースがでていましたが、また次回にブログでお知らせします🎶





* 問題はSPD党の身の振り方
CDU/CSU党は、メルケル首相の続投なし ということで、一件落着したようですが、問題はSPD党です。

皆さんもご存知のように、CDU/CSU党とSPD党は、ドイツ下院で大連立を組んでいます。
ここまで惨敗したSPD党が国政を引っ張っていく「資格」があるのか?

そこが今、問題になりそうです  







11月17日、大阪で会場セミナーをいたします。

今回のセミナーは、今までと趣を変えて 「FXを一度もやったことがない方向け」のセミナーとなります。


このブログをお読みの皆様には縁がありませんが、お友達やご家族、知り合いなどでFXに興味のある方がおられましたら、是非 お勧めいただけると幸いです。

みんな 来てね~  


お申し込みは、  このバナーをクリックしてくださいね 


2冊目の本
[ 2018/10/30 14:49 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)

どうしてイタリア問題が日本できちんと伝わっていかないのか?

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 



伊 イタリア





最近のマーケットでよく耳にするイタリア問題。私は7月に日本に一時帰国した時のセミナーで、今後イタリア問題が危機化する可能性があるため、十分に気をつけるように、お伝えしました。しかし、今でも日本では「イタリア問題はたいしたことがない。じきに収まる。」という意見が聞かれます。

私自身のブログ読者からも、「どうしてイタリア一国の問題がこんなにユーロに影響を及ぼすのか?そこまで深刻なのでしょうか?」という質問を何度も頂戴しています。

この問題を全て説明するには、一度のコラム記事では足りません。最悪の場合、ヨーロッパの土台が崩れるかもしれない問題に発展する危険性を孕んでいます。

ひとまず今回は、イタリア国債がどうしてここまで売られるのかについて、自分の考えを書いてみようと思います。





今回のコラム記事の主な内容は、


・財政拡大支持、政権運営の経験がない連立政権

・イタリア問題は、そんなに深刻なのか?

イタリア国債保有配分
欧州銀行株指数は下落中

・運悪いことが続くイタリア
イタリアの格下げ
ECBの量的緩和策(QE)の終了間近

・ギリシャ危機とは違う?

・ユーロ取引の注意点






コラム記事の一部をご紹介しますと、

>>> 10月19日に格付け大手:ムーディーズが、イタリアの格付けをBaa2 からBaa3 の1ノッチ格下げし、見通しは「安定的」と発表しました。今回の格下げについて、財政政策に対する懸念と構造改革の行き詰まりを理由としてあげています。

イタリア政府の財政出動の中身はほとんどが構造的な問題を抱えており、この動きはそう簡単に変わらないとも分析しています。<<<





2017年4月より、口座保有者のお客様のみが閲覧可能となりました。

どうぞごゆっくりお読みください 






「これまで以上に“アクティブ”なトレード環境の実現」のため、今春、サービスを大幅にリニューアル

・ユーロ円0.5銭や、ポンド円1.2銭も結構狭い

・1回あたりの最大注文可能数量は300万通貨


Net Money


[ 2018/10/26 20:30 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ