FC2ブログ
2019 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 09

イタリア上院で内閣不信任投票実施

まず自分のことから・・・

8月15日に、55箱の荷物と一緒に引越しました。現在までに、16箱をあけましたが、やはり一人でやるので、遅いです・・・   ゆっくり1年くらいかけて、あけていこうと思います。




* イタリア上院で内閣不信任投票  
明日8月20日に、イタリア上院で、内閣不信任投票が実施されます。時間はわかりません。

サルビーニ副首相(同盟党首)が解散総選挙実施を企んだため、先週 上下両院ともに内閣不信任投票実施のための採決を取りました。下院では野党と与党の5つ星運動が反対し、実現しませんでしたので、投票は上院のみとなります。


時間はわかりませんが、明日はまず最初に コンテ首相が上院でスピーチをし、そのあとに投票が続くそうです。


もし、内閣不信任となった場合は、マッタレッラ大統領が、新内閣の組閣が必要か決める。その際には、各党の幹部達とも話し合い、意見を聞く。

もし、結論が出なかった場合は、ケアテーカー内閣(暫定政権)を発足させることもあり得るそうです。


この問題がギリシャ危機の時に起きていたら、大惨事   になっていたでしょうが、現在のように世界中の債務の30%くらいが、マイナス金利となっている局面では、面白みが欠けますね  


伊 内閣不信任








日本の個人投資家さんの間で人気があるトルコリラ円
或いは、今後 Brexitの内容次第では、週末にびっくり  するようなヘッドラインが出るかもしれないポンド円


月曜日早朝の「窓明け」対策 として、早朝から取引が出来るFX会社さんに、口座を作っておくと安心です 


私が住むイギリスでBrexitの先行き不透明感が高まってきて以来、 「早朝からできる会社がないかな  」 と考えていたら、お友達が働いている サクソバンク証券さん が午前3時から取引可能であることを発見 


この会社は、160ペア以上の取引通貨があるそうです。 あと、NDDですので、スキャルピングも大歓迎 

是非一度 サクソさんのホームページ を覗いてみてくださいね 


サクソバンク証券
[ 2019/08/20 00:52 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)

イタリア政局リスク、一旦収束か?しかし予断は許さない

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 


欧 イタリア 勝利



8月7日、突如として浮上してきたのが、イタリア連立内閣崩壊による解散総選挙リスクでした。今週何度も各党首の会合を重ねた結果、秋の解散総選挙のリスクが、一旦遠のきました。しかし、同国を取り巻く政局不安は、このまま収まるようには思えません。

今回のコラムでは、今月に入り急変したイタリア政治リスクについて、書いてみようと思います。






今回のコラムでは、

・突如として現れた政局不安

・コンテ首相の立場

・コンテ内閣不信任案動議提出は否決

・「議員定数削減法案」が鍵

・全ては大統領次第

・サルビーニ副首相とフォルツァ・イタリア

サルビーニ人気
フォルツァ・イタリアの反撃

・サルビーニさんについて
サルビーニさんの頭の中
EUやユーロについて
並行通貨について
格付け
ポピュリズムの台頭

・イタリア危機時のマーケットについて







コラム記事の一部をご紹介しますと、



>>> 議員定数削減法案は憲法を改正する内容です。イタリアでは、憲法改正を伴う法案は、上下両院で3分の2以上の賛成票が義務付けられています。もし、賛成票がこの数に達しない場合、憲法138条に基づき、国民投票の実施が必要となります。<<<




どうぞごゆっくりお読みください 





「FXダイレクトプラス」において豪ドル3通貨ペア (豪ドル/円、豪ドル/米ドル、ユーロ/豪ドル) の スプレッドを業界最狭水準へ 大幅に縮小します。

Net Money




[ 2019/08/16 19:53 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)

Spitzenkandidaten

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 




欧 2019 5人の大統領




ユンケル欧州委員会委員長の後任選びが難航しています。本来であれば、先週のEU首脳会談(以下、サミット)で選出される予定でしたが、結局できずに終了しました。

欧州委員会委員長人事が直接的には為替市場に影響を与えませんが、新委員長の出身国次第では、マーケットへの影響が出てくるかもしれないため、今回のコラムで取り上げることに決めました。





今回のコラムでは、

・欧州委員会委員長後任人事

・リスボン条約で変わった選出方法

・2014年の選出プロセス(タイムライン)

・先週のEUサミット

・5人の大統領

・マーケットへの影響について

ECB総裁などの出身国について
驚きのメルケル首相発言

・ここからのマーケット





コラム記事の一部をご紹介しますと、



>>> 欧州委員会委員長の後任人事については、短期的に為替マーケットへの影響は、ないと思います。しかし、もしドイツ人のウェーバー候補が落選し、他の国の候補者が選ばれた場合、話しは複雑です。

上述の「5人の大統領」の出身国は、ドイツやフランスなどのコア国だけに偏らないよう、上手い具合に調整されています。もし、委員長職にドイツ人が就かなければ、他の職に振り分けられることもあり、それがマーケットへ影響を落とすかもしれません。<<<





どうぞごゆっくりお読みください 





「FXダイレクトプラス」において豪ドル3通貨ペア (豪ドル/円、豪ドル/米ドル、ユーロ/豪ドル) の スプレッドを業界最狭水準へ 大幅に縮小します。

Net Money




[ 2019/06/29 01:04 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)

6月30日 EU特別サミット決定

先週 6月20/21日に開催されたEUサミット(首脳会談)

本来なら、この席で、Spitzenkandidaten (欧州議会選挙後に欧州委員会委員長を選出すること) が出来なかったので、6月31日にあらためてサミットを開催して、そこで決めるようです。


ユンケル委員長が10月末に任期満了で退任します。2009年のリスボン条約では、欧州議会選挙でもっとも議席数が多かった会派から、欧州委員会委員長を選出すると決められたのですが、歴史はまだ浅く、2014年にはじめて導入されました。

そして、この決定方法には憲法的な保証がないため、マクロン仏大統領が  待った   をかけたのです。



仏 マクロン


マクロンさん曰く、なにもこの選出方法に拘らなくても、いいじゃないか?  ということですが、もともと 欧州議会最大会派:EPPの委員長候補: ウェーバーさん(ドイツ)にしてみれば、たまったものではありません。




* 2014年の選出プロセス(タイムライン)
2014年にユンケル委員長が選出されたときは・・・

5月 欧州議会選挙
6月 EUサミットで委員長候補を選定
7月 欧州議会本会議において、新委員長が選出
11月1日 新委員長就任

となりました。


今年は、マクロンさんの反対で、選出ができなかったので、6月30日に・・・ ということですが、どうなるのでしょう?



この問題は、廻りまわってユーロにも影響を与えかねないため、ちょっぴり心配している私です 











ポンド関連通貨のスプレッド、大幅縮小 

2019年4月1日(月)より、3月末まで実施している下記4欧州通貨ペアのキャンペーンで提供している現行のスプレッドを「通常スプレッド」とします。




Net Money




[ 2019/06/27 00:59 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(1)

イタリア、久しぶりのプラス成長

先ほど ちょっとだけTweetしたのですが、明日 5月1日はヨーロッパ大陸のドイツ・フランス・イタリア・スイスが、May Dayで祝日です。ロンドンは平常営業ですが、流動性が薄くなると思いますので、あまり無理しないでくださいね 




* イタリア、久しぶりのプラス成長
先ほどユーロがぐい~~~~っと上がったのが、イタリアのプラス成長 + ユーロ圏失業率の改善を受けてでした。


2018Q3 -0.1%   Q4 -0.1%   2019Q1  0.2%  





*それ以外のGDP
それ以外の国々のGDPは、こんな感じです。


ユーロ圏
2018Q4  0.3%   2019Q1  0.5%


ベルギー
2018Q4   0.4%     2019Q1   0.2%


フランス
2018Q4   0.3%    2019Q1   0.3%

オーストリア
2018Q4   0.4%    2019Q1   0.3%

スペイン
2018Q4   0.6%   2019Q1   0.7%


サロン 118

(クリックすると拡大します)




最新のPMIの数字なども、もしかしたら最悪期を脱出したのか   或いは、踊り場なのか 

判断が難しい時期にきています。

もちろん、脱出したとしても、ECBが金利の正常化(引き締め)に動くのは、まだまだ先で、ここからはTLTRO3の発表を待つことに変化ありません。











日本の個人投資家さんの間で人気があるトルコリラ円
或いは、今後 Brexitの内容次第では、週末にびっくり  するようなヘッドラインが出るかもしれないポンド円


月曜日早朝の「窓明け」対策 として、早朝から取引が出来るFX会社さんに、口座を作っておくと安心です 



私が住むイギリスでBrexitの先行き不透明感が高まってきて以来、 「早朝からできる会社がないかな  」 と考えていたら、お友達が働いている サクソバンク証券さん が午前3時から取引可能であることを発見 


この会社は、150ペア以上の取引通貨があるそうです。 あと、NDDですので、スキャルピングも大歓迎 

是非一度 サクソさんのホームページ を覗いてみてくださいね 


サクソバンク証券
[ 2019/04/30 22:35 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ