2016 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 02

イタリア格下げ

格付け大手3社と言えば、S&P   ムーディーズ   フィッチです。
欧州中銀(ECB)は、これにもう1社、カナダのDBRSを加えて、4社を使っています。


*DBRS イタリア格下げ
カナダのDBRSが、イタリア国債の格付けカットに動きました。

伊 格下げ


まぁ 今回の格下げでも、「投資適格級」を維持しているので、特に問題はないように感じますが、イタリアの銀行にとっては大問題 

その理由は、彼らがECBから資金を借り入れる際には、国債を担保に差し入れます   その際のヘアカット率は、格付け4社のうち 「1番良い格付け」 を使って計算します   つまり、今までのイタリアは、DBRSのA格付けで計算されていたのです   しかし、今回の決定で、今後はBBB格付けとなります。

これにより、イタリア系銀行がECBから資金を借りる場合、金利の上乗せが出てきます。

たいしたことはないようですが、やはり体力がないイタリア系にとって、少しでも負担が増えるのは好ましくないでしょう。

このニュースを受け、イタリア国債の利回りが若干上昇中。





□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
□■ お客さまファースト!冬のおもてなし新規口座開設キャンペーン
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

<キャンペーン期間>
 2016年12月1日(木)〜2017年1月31日(火) 営業終了まで

<キャンペーン内容>
 キャンペーン期間中、以下の条件をすべて満たされたお客さまに
 お取引数量に応じて最大20,000円をキャッシュバックします。

  ・当キャンペーン期間中に当社で初めて口座を開設
  ・口座開設月の翌月末の営業終了までにキャンペーン申込みを完了
  ・口座開設月の翌月末の営業終了までに、「FXダイレクトプラス」で
   50万通貨以上の取引(新規または決済)

   ★50万通貨以上200万通貨未満    5,000円キャッシュバック
   ★200万通貨以上             20,000円キャッシュバック

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 キャッシュバックを含めると、≪米ドル/円の実質スプレッド0銭!!≫
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ※米ドル/円を50万通貨お取引されて5,000円のキャッシュバックの場合、
  スプレッドに換算すると1銭に当たるので、ドル円の通常スプレッド1銭 
(※例外あり)-1銭=0銭となります。


 ※早朝などの市場流動性の低下や経済指標発表時の相場急変など、市場の状況によっては拡大する場合があります。


[ 2017/01/16 23:19 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)

伊「5つ星運動」の不気味な動き

世界的なポピュリズムの台頭を受け、イタリアで人気が出てきている新興政党「5つ星運動」。
創設者:ベッペ・グリッロ氏は、元コメディアンであるが、前科があるため、5つ星運動の表には立たず、影の運営者として有名です。

5つ星運動は、反ユーロ支持で有名であり、もし自分達が第一党となり政権を任されたら、ユーロ離脱の是非を問う国民投票を実施すると公言しています。

そのグリッロさんが、突然おかしな行動に出ました 

伊グリッロ



*欧州議会での党派移動を求む
欧州議会では、政党数が多いため、同じ思想をもつ政党同志が集まり、「党派」を組んでいます。

5つ星運動は今まで、英国のUKIP(英国独立党)と同じ党派に所属していました。ところが、グリッロさんは「UKIPと同じ党派から出て、ALDE(欧州自由民主同盟)の仲間に入りたい。」と、ALDE党首にラブ・コール  を送ったのです。

このニュースを聞いたとき、私は、「はぁ 」 と首を傾げました。

その理由? それは、ALDEは「ヨーロッパ連邦」を目指したヨーロッパ大好き党が集まっている集団だからです。
それだけでなく、5つ星運動は、アメリカのトランプ次期大統領支持を表明していますが、ALDEは、反トランプ・反プーチン色が強い党派です。

常識的に考えても、この2つがうまく行く訳がありません。


*ユーロ離脱を支持する党が、どうしてALDEに?
グリッロさんは、UKIPと同じ党派から抜ける理由として、

「この党派が支持した政策はことごとく却下され、過去2年の間で、わずか20%の政策が実現したに過ぎず、5つ星運動の声が全く聞いてもらえないから・・・」 と説明しています。

このニュースが出て、一番驚いているのは、イタリアの他の政党です。特に、反EU派の北部同盟は、「ALDEは、ユーロ支持・トルコのEU加盟支持・移民賛成の党派であるのに、どうして反ユーロの5つ星運動は、ALDEを選ばなければならないのか?」と非難しています。


*ALDEからの答え
5つ星運動からのラブ・コールを受けたALDE党首の元ベルギー首相 + Brexitに対する欧州議会主席交渉官であるフェルホフスタットさんは、最終的に5つ星運動の参加要請に対して、NOと言いました。やはり、あまりにもALDEと思想が違うことを理由に挙げています。

欧 フェルホフスタット氏



*5つ星運動のその後・・・
ALDEに参加を断られた5つ星運動は、今後はどこの党派にも所属せず、欧州議会では孤立したままでいることに決定したと発表しています。

どうして、こんな意味不明な行動に出たのか?今回のこの決定を受け、5つ星運動は、30%のサポーターを失った  と言われています。

唯一考えられる理由として挙げられているのは、民主色の強いALDEの一員となれば、次期総選挙でイタリア第一党である民主党と一緒に連立政権を組むことが可能となるため、その準備段階だったということのようです。

事の真意はわかりませんが、常に話題にのぼるグリッロさん。イタリアの解散総選挙は、今年の欧州におけるブラックスワンと言われているので、何か情報が入りましたら、またブログで取り上げます。






□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
□■ お客さまファースト!冬のおもてなし新規口座開設キャンペーン
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

<キャンペーン期間>
 2016年12月1日(木)〜2017年1月31日(火) 営業終了まで

<キャンペーン内容>
 キャンペーン期間中、以下の条件をすべて満たされたお客さまに
 お取引数量に応じて最大20,000円をキャッシュバックします。

  ・当キャンペーン期間中に当社で初めて口座を開設
  ・口座開設月の翌月末の営業終了までにキャンペーン申込みを完了
  ・口座開設月の翌月末の営業終了までに、「FXダイレクトプラス」で
   50万通貨以上の取引(新規または決済)

   ★50万通貨以上200万通貨未満    5,000円キャッシュバック
   ★200万通貨以上             20,000円キャッシュバック

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 キャッシュバックを含めると、≪米ドル/円の実質スプレッド0銭!!≫
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ※米ドル/円を50万通貨お取引されて5,000円のキャッシュバックの場合、
  スプレッドに換算すると1銭に当たるので、ドル円の通常スプレッド1銭 
(※例外あり)-1銭=0銭となります。


 ※早朝などの市場流動性の低下や経済指標発表時の相場急変など、市場の状況によっては拡大する場合があります。



[ 2017/01/10 04:54 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)

2017年の欧州とユーロ【オランダ編】

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 


セントラル用



新年明けましておめでとうございます。本年も充実したコラムを書きたいと思っていますので、応援よろしくお願いいたします。

2017年は【欧州選挙年】という位置づけであり、かなり政治色の強い一年となりそうです。そこで、今週のコラムでは、「2017年の欧州とユーロ【オランダ編】」と題し、3月の総選挙について解説してみました。日本ではあまり注目を浴びていませんが、ウクライナとの協定にNOを突きつけたオランダです。総選挙の結果によっては、反EU気運が更に強まる可能性も出てくるでしょう。

「2017年の欧州とユーロ」は全4回に亘り書く予定です。皆様のユーロ取引をする際にお役に立つと嬉しいです。




今回のコラム記事の主な内容は、


・2017年欧州選挙日程

・3月15日 オランダ総選挙

各党の紹介
最近の世論調査結果

・ウクライナ協定にNOを突きつけたオランダ

・自由党が第一党となった場合

・ウィルダース党首について

・ここからのマーケット





コラム記事の一部を抜粋しますと、


>>>自由党が第一党となっても、連立を組みたいと希望する政党は、見つからないでしょう。そのため、第二党以下の政党同志が集まって大連立を組む可能性が高まります。しかし、「第一党抜きの」新政権に対する国民感情は悪くなることが考えられ、第一党が最大野党に廻れば、議会の動きも相当荒れることが予想されます。
これが原因となり、オランダ発欧州崩壊やユーロ危機を招くことはないと私は考えますが、投資家のオランダ国債離れは起きるかもしれません。<<<




どうぞごゆっくりお読みください 


このバナーをクリックすると記事が読めます。


Net Money

または このブログの左上 すこしFX ☆ なが~くFX バナー をクリックして是非お読みください!  よろしく~

マーケット・ビューの過去記事は このリンク を使って頂ければと思います 





□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
□■ お客さまファースト!冬のおもてなし新規口座開設キャンペーン
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

<キャンペーン期間>
 2016年12月1日(木)〜2017年1月31日(火) 営業終了まで

<キャンペーン内容>
 キャンペーン期間中、以下の条件をすべて満たされたお客さまに
 お取引数量に応じて最大20,000円をキャッシュバックします。

  ・当キャンペーン期間中に当社で初めて口座を開設
  ・口座開設月の翌月末の営業終了までにキャンペーン申込みを完了
  ・口座開設月の翌月末の営業終了までに、「FXダイレクトプラス」で
   50万通貨以上の取引(新規または決済)

   ★50万通貨以上200万通貨未満    5,000円キャッシュバック
   ★200万通貨以上             20,000円キャッシュバック




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 キャッシュバックを含めると、≪米ドル/円の実質スプレッド0銭!!≫
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ※米ドル/円を50万通貨お取引されて5,000円のキャッシュバックの場合、
  スプレッドに換算すると1銭に当たるので、ドル円の通常スプレッド1銭 
(※例外あり)-1銭=0銭となります。


 ※早朝などの市場流動性の低下や経済指標発表時の相場急変など、市場の状況によっては拡大する場合があります。
[ 2017/01/07 01:06 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)

驚くほどインフレ率が上昇したドイツ

まだテキサスにおりますが、本日の夜の便でロンドンに帰ります。たぶんロンドンの自宅に戻るのが、1月4日夕方になりますので、通常業務は1月5日より開始いたします。本年もどうぞよろしくお願いいたします。


*ドイツの消費者物価指数(HICP)
テキサス最終日は、来週販売予定の 「黒猫アイランドさんと共同で書いている【Brexit中間報告】というタイトルのNote を仕上げるつもりでPCを開きました。

しかし、最初に目に飛び込んできたのが、ドイツやフランス、スペインから発表された2016年12月分の消費者物価指数(HICP)でした。


ここではドイツを取り上げますね。

ドイツ消費者物価指数 (HICP) 前年比

11月 +0.7% 12月予想 +1.3% 結果 +1.7%

11月から12月にかけての上昇幅は、ドイツ統計局開始以来最大
2013年7月以来の高いインフレ率となりました。

ドイツ インフレ率



どうしてここまでインフレ率が大きく上がったのか?ですが、それは原油価格の上昇によるものという説明がされていました。特に家庭用燃料は20%の値上げとなり、これだけでも +0.3%のインフレ率上昇に寄与したそうです。

今回のインフレ率上昇はドイツに限ったことではなく、スペイン +1.4% 2013年夏以来の高さ、フランス +0.8%   2014年5月以来の高さ となっています。


*今年最初のECB金融政策会合とドラギさん
今年最初の欧州中銀(ECB)会合は、1月19日に開催されます。

今回の1.7%というインフレ率は、ECBのインフレターゲットである「2%は超えないが、限りなく2%に近い」という定義にかなり近くなってきました。もちろん、ECBの政策はドイツだけを対象にして決定されるわけではなく、加盟国全てが対象です。

しかし最近、ドイツからはECBの低金利政策に対する苦言が聞こえてきていることもあり、政策金利の変更はないでしょうが、ドラギさんの記者会見でかなり厳しい質問が記者から出てくることは避けられないでしょう。



それよりも何よりも、私の大好きなイアンさんの 「ユーラシア・グループ  2017年 10大リスク」 が今朝発表されました。

これについては、今夜のフライトの中  でブログを書いて更新します。楽しみにしていてください! 






□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
□■ お客さまファースト!冬のおもてなし新規口座開設キャンペーン
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

<キャンペーン期間>
 2016年12月1日(木)〜2017年1月31日(火) 営業終了まで

<キャンペーン内容>
 キャンペーン期間中、以下の条件をすべて満たされたお客さまに
 お取引数量に応じて最大20,000円をキャッシュバックします。

  ・当キャンペーン期間中に当社で初めて口座を開設
  ・口座開設月の翌月末の営業終了までにキャンペーン申込みを完了
  ・口座開設月の翌月末の営業終了までに、「FXダイレクトプラス」で
   50万通貨以上の取引(新規または決済)

   ★50万通貨以上200万通貨未満    5,000円キャッシュバック
   ★200万通貨以上             20,000円キャッシュバック

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 キャッシュバックを含めると、≪米ドル/円の実質スプレッド0銭!!≫
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ※米ドル/円を50万通貨お取引されて5,000円のキャッシュバックの場合、
  スプレッドに換算すると1銭に当たるので、ドル円の通常スプレッド1銭 
(※例外あり)-1銭=0銭となります。


 ※早朝などの市場流動性の低下や経済指標発表時の相場急変など、市場の状況によっては拡大する場合があります。



[ 2017/01/04 04:55 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)

続けておきたテロ行為(?)

今週土曜日から、7年ぶりにアメリカに行ってきます  
それもあって、寝る前にTwitterでいろいろ情報を調べていたら、次々と惨事のニュースが入ってきました。

最初は、在トルコのロシア大使、銃殺 
次は、ドイツのベルリンのBreitscheidplatz クリスマス・マーケットでの事件
そして、最後は、スイスのチューリッヒのモスクでの乱射事件

Twitterでコメントを頂いた方が、「水星逆行だから」と教えてくださいました。調べてみると、昨日日本時間 19:59から水星の逆行が始まっておりました。ありがとうございます。

ただし、私はそちらの方の知識がないため、水星逆行=マーケットの動きが怪しくなり、意味不明なボラが出たりする という認識でしかなく、 水星逆行と惨事が起きる  ということに結び付けておりませんでした。



*メルケル首相からの発言
今朝、メルケル首相は、

「we have to assume we are dealing with a terrorist attack
今回の事件は、テロ行為によるものという前提で調査しなければならないようだ。」

と仰い、テロという線から調べているようです。


ベルリン 惨事



*現在分かっていること

・12人死亡  48人が怪我

・トラック内の助手席で死亡した男性は、ポーランド国籍。ただし、この人がマーケットに突っ込んだ犯人ではない。この人は、ナイフで刺され、その後銃殺されている。

・犯人と思われる人は、現場から2キロ離れた地点で逮捕された

・この人は、「バルカン諸国からの難民」として、ドイツに入国したらしい

・ディ・ヴェルト紙によると、この人は23歳の男性で、国籍はパキスタン。今年6月から一時的滞在許可を貰っている。先ほど、独内務相が記者会見しましたが、パキスタン人のこの人は犯人でないと主張

・ベルリン南部の飛行場が、難民キャンプとなっており、警察は今朝から、このキャンプを家宅捜査している

・事件に使用されたトラックの持ち主であるポーランドの会社が言うには、37歳の職員が荷物を輸送したあと、ベルリンで一休みすると言って使用していた。しかし、今週月曜から連絡が取れない

・助手席で死亡したポーランド国籍の男性が、↑の会社の37歳職員と思われる

・ポーランド国籍の男性は犯人からトラックを盗まれる際に抵抗したため、刺されて銃殺された模様



いろいろな報道を読んで、ここまで状況が把握できました。

あ~ 訳していて、気分悪くなってきた

先ほどスタバまでコーヒー買いに行ったついでに、新聞スタンドを見てきましたが、FT紙を含む全ての新聞の一面で、この事件が報道されていました。被害にあわれた方々、そのご家族の方々にお悔やみ申し上げます。









□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
□■ お客さまファースト!冬のおもてなし新規口座開設キャンペーン
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

<キャンペーン期間>
 2016年12月1日(木)〜2017年1月31日(火) 営業終了まで

<キャンペーン内容>
 キャンペーン期間中、以下の条件をすべて満たされたお客さまに
 お取引数量に応じて最大20,000円をキャッシュバックします。

  ・当キャンペーン期間中に当社で初めて口座を開設
  ・口座開設月の翌月末の営業終了までにキャンペーン申込みを完了
  ・口座開設月の翌月末の営業終了までに、「FXダイレクトプラス」で
   50万通貨以上の取引(新規または決済)

   ★50万通貨以上200万通貨未満    5,000円キャッシュバック
   ★200万通貨以上             20,000円キャッシュバック

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 キャッシュバックを含めると、≪米ドル/円の実質スプレッド0銭!!≫
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ※米ドル/円を50万通貨お取引されて5,000円のキャッシュバックの場合、
  スプレッドに換算すると1銭に当たるので、ドル円の通常スプレッド1銭 
(※例外あり)-1銭=0銭となります。


 ※早朝などの市場流動性の低下や経済指標発表時の相場急変など、市場の状況によっては拡大する場合があります。


[ 2016/12/20 22:36 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ