FC2ブログ
2019 01123456789101112131415161718192021222324252627282019 03

イタリアの政治問題・アブルッツォ州議会選挙


フランス政府はイタリア政府首脳による「根拠のない批判と荒唐無稽な主張」に抗議し、駐イタリア大使を召還した問題については、日本でも報道されているので、ここでは省略します。

今回は、イタリア国内政治についてです。


この週末(2月10日)、イタリア南部・アブルッツォ州で議会選挙が行なわれました。この州はイタリアのちょうど中間よりやや南に位置しており、北に強い同盟よりも、南に強い5つ星運動の人気が優勢となっている地です




伊 地方選





続きは、サロンでお読みください   





8月20日から、DMMさんでFXサロンを始めました 

コミュニティーの中でたくさんの方と一緒に何かを作り上げて、
成長していける場が欲しかったからです。

ただ情報を配信するだけでなく、相互に助け合えるコミュニティー
そんなオンラインサロンを目指しています 

詳細は、このバナーをクリックしてください 
               
Net Money
[ 2019/02/11 02:59 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)

トランプ大統領からの三行半

昨日からヨーロッパで大騒ぎ   になっているのが、トランプ大統領からの三行半事件 

まぁ、「事件」というのは、私が勝手にくっつけたのですが、かなりひどいですわ、これ




* 一方的な格下げ
ドイツのなんとかいう新聞が最初に報道して発覚したのですが・・・・

昨年12月に行なわれたブッシュ父の国葬、そこにEU代表のオサリバン駐米大使が招かれていなかったそうです。

というか、正確に言うと、招かれる順番というのがあって、EUはかなり上なのに、その時は一番最後にオマケのように付け加えられて、かろうじて出席できたことが判明。


私も知らなかったのですが、アメリカでは 大使や国際機関にはランクがあって、「各国の大使 > 国際機関の代表」 という位置づけです。

オバマ大統領の時代に、EUは「国際機関の代表」と同じランクから、「各国大使」のランクに格上げされました 

しかし、トランプさんは 一方的に格下げしたことが判明 

そして、恐ろしいことに、その事実を誰にも告げていなかったので、国葬で招待が来ないことにより、「あれ?ヤバクない 」 とEU大使が気付いたそうです。

子供のお誕生日会より エグイですわ 


たぶん、昨年10月か11月には、こっそりと誰にも告げずに 「格下げ」していたと見られています。



* 昨年7月の関税問題が原因か?
昨年5月でしたっけ? アメリカが一方的に欧州に鉄鉱だかアルミニウムだかに関税をちたせつけたのって? あの時から、ドイツの製造業PMIが、ガクッと下がったので、私はよく覚えています。

それもあり、昨年7月にユンケル欧州委員会委員長が訪米し、トランプさんと会談しました。

結構仲良さそうに記者会見していたように見えたのですが、そこで なにかトランプさんの機嫌を損ねるようなことを、ユンケルさんがやらかしたのではないか? という話しも聞こえています。

格下げのタイミングが、10~11月というのが、その根拠らしいです。


特にドイツは、深刻です。

現在 ヨーロッパからアメリカへの欧州車輸入関税が10%ですが、この撤廃を求めていたところでした。

逆に、フランスは、この関税が20%になっても仕方ない・・・ とか言ってます。

最悪のケースは、ドイツの自動車工場がアメリカで増産する可能性も出てくるということのようで、今後の成り行きが見守られています。


それにしても、一方的に格付けを下げて、告げないって、アリですか 


米トランプ EU格下げ







意外とご存じない方がいらっしゃるかもしれませんので、あらためてご紹介 

2018年9月より、 プライム byGMOさんで、以下の情報配信のお手伝いをやらせて頂いております。

月・水・木曜日に 「井戸端会議」に欧州関連情報。
火曜日には、「動画」配信。




FXプライムbyGMO


1月16日(水)、今年はじめてのオンラインセミナーです 
どなたでも参加できますので、是非とも皆様のご参加をお待ちしております。



Net Money


[ 2019/01/10 20:58 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)

イタリア政府、危ない銀行に政府保証を決定

経営難に迫っていたイタリアのバンカ・カリジェ。年明け早々、欧州中銀(ECB)が暫定管理下に置き、今後はどこかへ売却か統合を目指す模様です。

昨年末に資本増強目的で、4億ユーロ規模の増資をする予定でしたが、筆頭株主(マラカルツァ投資という会社で、27.5%の株式を保有)に阻止され、同行幹部一堂が辞任に追い込まれました。

同行の資産総額は、250億ユーロと言われ、そのうち35-40億ユーロが不良債権のようです。



伊 銀行


* 昨日の議会で決定
昨日の議会でわずか10分間で、今回の決定がなされたそうです。

話しは一昨年前に戻りますが、同じくイタリアのベネト・バンカなどの2つの銀行が清算手続きを取ったとき、これらの銀行の優良資産をインテーザ・サンパオロが引き受けました。その時、サンパオロ銀行へは、イタリア政府から50億ユーロの「補助金的なお金」が手渡され、万が一の損失から守る保証をしました。つまり、保証のお金は国庫から出たということでしょう。

この動きを、コテコテに非難したのが、5つ星運動でした。



今回のカリジェについても、売却先の銀行へ政府が国庫から補助金を出す以外、手はないという話しになっていたのですが、先月末にコンテ首相は、「1ユーロたりとも、国庫からは支払わない」と言っておりました。

現連立のひとつ:同盟は、北部富裕層の支援が基盤となっているため、銀行支援には渋々ながらもクビを縦に振るかもしれないが、南部の貧困層の支持が高い5つ星運動は、銀行支援には非常に否定的。



しかし、昨日の議会ではわずか10分で、今回の保証供与の件で合意したそうで、「5つ星運動のUターン」と大きな見出しが出ていました。


2019年予算案でEUに対し、イタリア政府は妥協しました。今回の銀行問題でも、国民の血税で保証供与。それを南部支持の5つ星運動が認めた。

まだまだ揺れてますね、イタリア







8月20日から、DMMさんでFXサロンを始めました 

コミュニティーの中でたくさんの方と一緒に何かを作り上げて、
成長していける場が欲しかったからです。

ただ情報を配信するだけでなく、相互に助け合えるコミュニティー
そんなオンラインサロンを目指しています 

詳細は、このバナーをクリックしてください 
               
Net Money
[ 2019/01/08 23:51 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)

EU議長国は、ルーマニア

今年は自宅を売って、ダウンサイズすることに決めたのですが、Brexitで住宅市場が傷んでおり、これが実現するかは、わかりません。とりあえず、少しでも魅力的にするために、昨年 私が日本に一時帰国した11月から内装工事をし、やっと終了しました。まだやり直した部分があるので、あと1回だけ来るそうです。

この内装工事をしたのが、ルーマニア人の業者でした。特に安くはないんですよ、これが・・・  ただし、腕の良さには、心から驚きました。うちは、今までイタリア人・イギリス人の業者を使った経験がありますが、たぶん 腕の良さでは、今回のルーマニア人グループが優勝かもしれません   とにかく、デーテイルに拘る。まぁ グループのトップのオッサンの性格なのかなぁ


ということで、急にルーマニアが身近に感じた私です。

あまり悪いことは書きたくありませんが、ヨーロッパでは、ルーマニアはあまり尊敬されていなかった国です。その最大の理由は、「ジプシー = ルーマニア」と言われてきたからかもしれませんね



* 2019年上半期のEU議長国は、ルーマニア
EUの議長国は、6ヶ月間に渡り、加盟国が持ち回りで廻ってきます。

今年上半期のEU議長国は、ルーマニアなのですが、EU首脳が不安の声を挙げています。



欧 ルーマニア議長国



この国は議長経験がないことに加え、政府自体がぐらぐらしています。

自国の管理も出来ない国が、Brexitの決定や欧州議会選挙が実施される上半期に、きちんとEU議長国としてやっていけるのか  

年始早々、ユンケル欧州委員会委員長は、はっきりその不安を口にしました。そして、週末にトゥスクEU大統領が、「自分はルーマニアが国内問題に翻弄されず、しっかりとEU議長国として任務を全うすると信じている。」と擁護しています。

ルーマニアはクリスマス直前に内閣不信任案決議が提出されましたが、過半数とれず現政権が継続しています。汚職がはびこる社会構造は全く改善されておらず、ここ数年、国民の反政府・反汚職デモが毎週のように続いている状態。

ユンケルさんが心配の声を挙げる気持ちもわからなくないですね・・・・


いろいろな意味で、今年のヨーロッパは注目が集まります。

フランスの「黄色いベスト」も、どんどん行動が悪質になってきています 









意外とご存じない方がいらっしゃるかもしれませんので、あらためてご紹介 

2018年9月より、 プライム byGMOさんで、以下の情報配信のお手伝いをやらせて頂いております。

月・水・木曜日に 「井戸端会議」に欧州関連情報。
火曜日には、「動画」配信。




FXプライムbyGMO


1月16日(水)、今年はじめてのオンラインセミナーです 
どなたでも参加できますので、是非とも皆様のご参加をお待ちしております。



Net Money


[ 2019/01/07 23:20 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)

ドイツ国債利回りが下落していること

謹賀新年 2019


本年も引き続き、よろしくお願いいたします。

今年は今まで以上に 「やる気ムード」が高まっております。まぁ いつ息切れするかわからないんですけどね・・・ 

普段の仕事をこなすだけで、寝る時間削っている状態なのですが、今年はもう少し動画やらないといけないな・・・と考え、ロンドンFXチャンネルを充実させることにしました。

たまたまですが、娘がある金融機関で働いてまして、ソーシャルメディアにはまってしまい、とうとうそのセクションへ「研修生」的に移動したそうです。クリスマスに帰ってきたときに、いろいろな 「ソーシャルメディアの常識」を教えてもらいましたので、生かせていけたら嬉しいです。

DMMサロン 「FXの流儀」 では、もっとZoomによる軽いセミナーとか、お喋り、質問受付をやります。楽しみにしてね 




* ドイツ国債利回り低下が意味すること
ドイツ10年物国債利回りが、2年来の安値(国債価格は高値)をつけています。
年初から、ぐいぐいと下げました。

これが意味していることですが、単純に考えれば、世界中の投資家が 「リスク・オフ」を感じている ということです。

ユーロも下落しています。

年末、いろいろな報道を読んでいて、あるアメリカ人のアナリストさんは、「ユーロは悪材料が相当織り込まれているので、1.1475あたりは硬いんじゃないか?」と書かれていましたが、あっさり割りました。



ECBが何兆ユーロもマーケットにばらまいたにもかかわらず、国債利回りは上がらず、逆に下がっています。

これを 「Japanification (日本化)」と表現している人もおりました。






* ドイツ・イールドカーブのフラット化
国債利回り(イールド)が下がっているのに加え、ドイツ10年物と2年物のイールドカーブが、縮小しています。

現在 だいたい 78/79bpsくらいですが、これは2016年後半以来の狭さ。

ファンダメンタルズ・カレッジ でも学びますが、イールドカーブの曲線によって、将来の景気見通しを占うことが可能です。

詳しい説明は省きますが、イールドカーブのフラット化が意味している事は、

・将来に対する不透明感
・景気後退リスク


イタリアの予算案が議会を通過し、一安心という、このタイミングでドイツ国債が買われている。マーケットは、質への逃避をしている。

面白い年明けとなりました 







2018年10月9日から、DMM FXのタイアップ特典が始まりました。2018年末、2019年ドル円、ユーロドルの相場予測をしております。大きく動いたら、書き直しいたします )   これから FXで臨時ボーナス獲得を目指す方はぜひ熟読をお勧めします。今のところ、展望通りに推移しているドル円とユーロドルが、これからどうなるか気になる方は、今すぐタイアップバナーをクリックくださいませ。

トレードに自信が持てない方もご安心ください!失敗時の対処法や賢い情報収集方法も詳しく解説していますので、タイアップレポートが、これから FXで成功するための足がかり、分岐点になると自負しています!

DMM FXの取引条件の良さはさることながら、取引通信簿がいいと、受講生からよく耳にします。為替相場分析はタイアップレポート、トレード開始後の売買分析はDMM FXで行えば、 FXトレードの力がメキメキつくこと間違いなしです!

タイアップレポートはできるだけお早めに手に取ってくださいね!私と一緒にFXで勝ち組を目指しましょう!あなたに寄り添って一緒に成長することが私のトレードにおける信条です。


2冊目の本


DMM2.png


【DMM FX】申込
[ 2019/01/03 00:27 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ