2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

カタルーニャでの動き

昨日は、日本フィナンシャル・セキュリティーズさん主催の福岡会場セミナー でした。ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございます!

福岡の皆さんは、東京や大阪の会場セミナーと比べると、やや静かめ・・・  しかし、私の話したことを一生懸命、ノートに取っておられる方が結構いらして、勉強熱心だな〜という印象を受けました。

日帰りだったため、帰りの便は、遅れました。しかし、空港で待っている間、欠航のアナウンスを何度も耳にしたので、遅れたけれど帰ってこれてよかった・・・ と思いました。

今日はこれから 12〜14時間 ぶっ通しで仕事です。



* カタルーニャで起きていること
土曜日であるにも関わらず、スペインのラホイ首相は臨時閣議を招集。現在わかっている内容として、そこでの決定事は 

・カタルーニャ自治政府のプチデモン首相とカタルーニャ自治議会を解任
・カタルーニャ州の警察、国営テレビ、ラジオなどは中央政府の管轄下に変更される
・「自治権の停止」に踏み切る (憲法155条の行使に向けた動き)
・155条行使を正式に決定するため、上院での採決がじきに行われる
・そこで承認されれば、カタルーニャ自治政府は中央政府の直接統治下に置かれる
・中央政府の権限を行使し、カタルーニャ自治議会を解散 → 6カ月以内 (できれば、来年1月)に州議会選挙を実施
・カタルーニャ自治州の政治体制の一新を狙う
・新首相が選出される
・その後、カタルーニャの自治権復活



* カタルーニャ独立賛成派の動き
中央政府の決定を受け、カタルーにゃ独立賛成派の人たちは、昨日 45万人規模の抗議デモを行いました。



カタルーニャ





これに加え、同州にある5大銀行からの預金引き出しを毎日やっているようです。

ヨーロッパの銀行は、一日の預金引き出し限度が設定されています。例えば、私の場合、イギリスに5つくらい口座を持っていますが、ほとんどの銀行では、一日の引き出し額上限は、250〜300ポンドです。

スペインも同様のようで、独立賛成派の人たちは、毎日 150ユーロを引き出しているようです。一人がやっても全く効果ありませんが、大勢の人たちが、毎日自分の口座から150ユーロづつ引き出しを続けていけば、銀行の預金残高が相当減るでしょうから、銀行が苦しくなるでしょう。そうなると、企業への貸し付けや銀行の健全性そのものにも問題が生じる可能性があります。

非常に頭の良いやり方だな・・・ と関心しました。









10月26日  JFXさん主催の「ECB理事会ライブセミナー」
詳細はまだですが、確実に実施いたします。


10月28日  上田ハーローFXさん主催のクローズドの勉強会
バナーをクリックしてください 
Net Money



11月2日  YJFXさん主催の「英中銀  Super Thursday」ライブセミナー
バナーをクリックしてください 

Net Money



11月3日 大阪  日本フィナンシャルセキュリティーズさんの主催の会場セミナー
詳細は、 こちら  からお願いします。大阪はまだ間に合いますので、是非 お申し込みください。
[ 2017/10/22 14:34 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(1)

丸わかり:カタルーニャ独立問題

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 



カタルーニャ




ヨーロッパは、いくつもの独特の文化や民族が共存し、一つの集合体である「欧州連合」を形成しています。しかし、過去を振り返ると、スコットランドが英国から、カタルーニャ州がスペインから、それぞれ独立を目指す住民投票を実施した経緯があります。

今月に入り問題再燃しているのが、スペインのカタルーニャ州の独立問題です。今回のコラムでは、10月1日に実施された独立を巡る住民投票以降の動きについて書いてみたいと思います。



今回のコラム記事の主な内容は、

・カタルーニャ独立問題は根の深い問題
カタルーニャ基礎知識
独立主義の確立

・10月1日住民投票

・住民投票後、今週の動き

10月4日
10月6日
10月10日
10月11日

・10月16日午前10時以降に起きる問題

・カタルーニャ州が一方的に独立宣言した場合

EU再加盟
使用通貨の問題
独立後の経済

・ここからのマーケット





コラム記事の一部を抜粋しますと、


>>>1930年代にスペインの国家元首兼首相となったフランコ将軍。この軍事独裁政権のおかげで勃発した内戦によりカタルーニャは没落した直後から、「カタルーニャ独立主義」が芽生えたと言われています。つまり、この地域の独立運動は、ここ数年で一気に盛り上がったわけでなく、すでに80年にも及ぶ葛藤があったと言っても過言ではないでしょう。



4月より、口座保有者のお客様のみが閲覧可能となりました。

どうぞごゆっくりお読みください 


[ 2017/10/14 10:55 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)

元気が出てきたユーロ圏

本日、ユーロ圏・第2四半期GDP 速報値が発表されました。


* 第2四半期 +0.6%成長(前期比)
本日発表された各経済指標の中でも、特に注目されていたのが、ユーロ圏Q2GDP速報値でした。

前期比では、英国 (+0.3%)  米国 (+0.65%) に続いて、ユーロ圏の発表となりました。

わかりやすいように、チャートで比較してみました!

欧 ユーロ圏GDP Q217
(クリックすると拡大します0


上の表は、ユーロ圏/加盟各国の中で、すでにQ2 GDPが発表された国を取り上げています。ドイツはまだですが、それ以外のほとんどの国は順調に景気回復しているのがわかります。

下のチャートは、米英欧それぞれの比較(前期比)ですが、英国の出遅れ感が、非常に目だっています。



* 上昇するユーロ
このチャートは、ロイターの記事を読んでいたら見つけたもの

ユーロが誕生した1999年からの 「1年間の変動率」 を表わしています。今年の分は、7月31日までの「7か月分」だけですが、既に 12.4%の上昇となっているのが、すごい 



欧 ユーロ変動率
(クリックすると拡大します)



【8月3日 英中銀 Super Thursday】 は、ロンドンの自宅からライブセミナーを行ないます   

セミナー時間  19:30~20:45

個人的にも、ものすごく興味があるので  是非皆さんのご参加をお待ち申し上げます。

事前申し込み不要、口座がなくても見れますので、是非 


[ 2017/08/01 21:17 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)

ギリシャ国債を大量に買ったのは、アメリカ人だった

今週の「ロンドンFXチャンネル」動画 でも取り上げたのが、3年ぶりのギリシャ国債入札


米ナスダックが載せたこの記事 や英FT紙の記事によりますと、



欧 ギリシャ国債入札 

このようになっています。

アメリカ人、特にヘッジファンドが多数参加したとも報道されていました。





ロンドンよりライブ・セミナーのお知らせ 

【8月3日 英中銀 Super Thursday】 に、ロンドンの自宅からライブセミナーを行ないます   個人的にも、ものすごく興味があるイベントですので、是非皆さんのご参加をお待ち申し上げます。

事前申し込み不要、口座がなくても見れますので、是非 


[ 2017/07/27 23:26 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)

ギリシャ、3年ぶりに国債入札を発表!

このブログでも何度も書いておりますが、ギリシャは自国で国債発行をして財政運営が出来ないため、他のユーロ圏加盟国やECB、IMFから金融支援を受けながら財政を切り盛りしています。

しかし、本日 なんと3年ぶりに、国債の入札を実施すると発表しました 


* 5年国債の発行
明日 7月25日に入札を実施するようです。

新規国債に加え、2014年に発行された5年物国債(利回り: 4.75%  入札額: 40億ユーロ  満期: 2019年4月)の買い替えも同時に行なう模様。


主幹事は全部で6行
・米シティバンク
・米ゴールドマンサックス
・米バンクオブアメリカ・メリルリンチ
・独ドイツ銀行
・英HSBC銀行
・仏BNPパリバ銀行

ギリシャ政府としては、今回の新規5年債の利回りを、4.2%あたりに抑えたいようですが、マーケットの予想としては、良くて 4.3%、悪いと 4.5%あたりに落ち着くのではないか?と見ているようです。


* 欧州の不安がどんどん払拭されていく 
自分達で自分の国の財政運営が出来ないという不安定な状況が続いていたギリシャ。今でも完全に不安が払拭された訳ではないでしょう。

しかし、今年最大のリスクと言われていたフランス大統領選も終り、政治的リスクが大きく後退したことに加え、金融政策の方面ではテーパリング観測が出てくるほど、景気見通しも回復したということになります

そのため、もしかしたら、ギリシャだけでなく、ユーロ圏全体にとって、2017年は【正常化元年】となるのかもしれません。

まぁ、9月以降 全員参加のマーケットになった時に、株が崩れる   とか、あらたな XXXX危機   のような出来事が起きなければ・・・という前提付きですが 


欧 ギリシャ






私が書いた 「ずっと稼げるロンドンFX」 プレゼントキャンペーンのご紹介です 

Net Money


[ 2017/07/24 23:27 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(1)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ