2018 031234567891011121314151617181920212223242526272829302018 05

ユーロ加盟国のインフレ率、上昇へ

今週は、病院廻ったり、日本から来た知り合いを2日間、アテンドしたりで、全く仕事してません 
ブログの更新も少なかったし、動画も出来なかったしで・・・ 申し訳ありませんでした。
来週は、もうちょっと頑張る



*  フランス 消費者物価指数(HICP)
昨日 発表されました。

3月インフレ率 
前月比 +1%
前年比 +1.7%     5年半ぶりの高さ 



*  スペイン 消費者物価指数(HICP)
本日 発表されました。


3月インフレ率 
前年比 +1.2%     4ヶ月ぶりの高さ



*  ドイツ 消費者物価指数(HICP)
本日 発表されました。


3月インフレ率 
前年比  2月 +1.4%     3月  +1.6%


ただし、こういう良い数字が出てますが、ユーロそのものは、1.22/1.24 レンジの中での推移ですし、ユーロ実効レートも小動き



次のブログ記事では、メイ首相のシリア攻撃について、議会で承認が必要なのか? それについて質問を頂きましたので、お答えしようと思います。ちょっと1時間くらい下さいね、数字を調べないといけないので・・・・






4月18日(水曜日) ロンドンの自宅からWEBセミナーをいたします。

ヨーロッパ、ロンドンから見た為替相場全般、経済事情を解説します。特にユーロ、ポンド相場に対する見方は必見です。ドル円はトレードするけど、ユーロやポンドは苦手という方、ぜひ本セミナーを受講ください。トレードの幅がさらに広がるはずです。


お申し込みは、   このバナーをクリックしてくださいね 

どなたでも参加できます   皆様のご参加をお待ち申し上げております。

Net Money




Net Money


FXプライムbyGMO
[ 2018/04/13 20:44 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)

ユーロ圏センティックス投資家信頼感指数 3ヶ月連続低下

本日発表された 「ユーロ圏 センティックス 投資家信頼感指数」

ものすごく恥ずかしいのですが・・・・ 
この指標と、他のユーロ圏景況感指数とか、ごちゃ混ぜにしていた私・・・・ 



*  各国の投資家信頼感指数
まず最初に、「ユーロ圏投資家信頼感指数」 についての説明

これは、ドイツの調査会社であるセンティックス(Sentix)が毎月算出する、ユーロ圏の経済活動に対する投資家の景況感を示す指標。機関投資家を含む投資家たちを対象にしたもので、現況指数(直近)と期待指数(6カ月後)を足して、2で割って求められる。同指数はユーロ圏の経済に対する投資家の気分を測定する主な指標であり、高い数値になるほど、投資家の楽観的な見方も高まっていることを示す。予想より高い測定値はEURにとってポジティブ/強気であるとされるが、予想より低い測定値はEURにとってネガティブ/弱気であると解釈される。


そして、今回発表されたユーロ圏の数字以外に、世界各国の景気センチメントは以下の通りとなっています。

センティックス 
(クリックすると拡大します)

ユーロ圏は 「Slowdown」 となっていますが、これは2016年7月以来のこと。


* ユーロ圏の数字
本日発表された4月の数字 ですが、

3月 24  4月予想 20.8   結果 19.6

今年に入り、3ヶ月連続での低下となっており、投資家のセンチメントは警戒モードに入ってきているようです。

今回の調査は4月5~7日に実施されましたが、どうしてこんなに大きく落ち込んだのかという理由として、「米中貿易摩擦を嫌気したもの」 と書いてありました。


ユーロ圏 センティックス
(クリックすると拡大します)


このチャートは、ユーロ圏経済の 「現状認識(青線)」 と 「ここからの見通し(赤線)」 を表わしています。

ここからの見通しが、0を割り込んでいるんですね・・・・  果たして米中貿易摩擦が、予想より悪化しなければ、この数値は改善するのか? 次回の数字、必ずチェックしないといけません 









「これまで以上に“アクティブ”なトレード環境の実現」のため、今春、サービスを大幅にリニューアル


・ユーロ円0.5銭や、ポンド円1.2銭も結構狭い

・1回あたりの最大注文可能数量は300万通貨

・4月は、ご縁は全員大吉  (  4万通貨毎に12円キャッシュバックします)


Net Money


[ 2018/04/10 00:19 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)

EU改革案に、物申したEU8カ国

英国がBrexitを決定して以来、EUは残り27ヶ国が 「団結」 して、より繋がりを強化したのだとばかり思っていたのですが・・・・


マクロン仏大統領や推奨した欧州の統合深化に向け、将来ビジョンを描く「EU改革案」

これに、物申したのが、ドイツの親友と思われていたオランダと、他7ヶ国でした。



* マクロン大統領 「EU改革案」
マクロン大統領のEU改革案の骨子は、欧州の統合深化
主な内容は、こんな感じです。



・難民や国境警備、法人税、情報共有、防衛、金融安定を含む広範な問題でEU加盟国間の連携を深化させる必要がある
・ユーロ圏の共通予算を創設する。その監視役は欧州議会
・EU共通財務省の創立
・2020年代初頭までに欧州は共通の介入部隊や防衛予算、行動へのドクトリンを有している必要がある

これに対し、メルケル首相は、ユーロ圏共通予算創設には反対しているものの、ESMなどの運営は加盟国による判断ではなく、欧州委員会の手に委ねることに賛成しています。



大統領仏 マクロン 




* EU北部8カ国の主張
これが、オランダ・デンマーク・エストニア・フィンランド・アイルランド・ラトビア・リトアニア・スウェーデンそれぞれの財務相が 
発表されたもの です。

財務相による発表なので、当然 お金に関する内容ですが、メインの主張は、


「欧州に何らかの危機が起きた場合、ユーロ圏への恒久的な金融支援機関 : 欧州安定メカニズム (European Stability Mechanism ESM) による救済に動いたり、(欧州版IMFの) 欧州通貨基金 (European Monetary Fund EMF) を創立する際には、加盟各国の判断を重視する従来のやり方で行ないたい。

「ユーロ圏改革を進める際には、EU加盟国でユーロに加盟していない残りの9ヶ国の意見も聞くべきである」




これ読んで、どうしてこの8カ国なのか、わかった気がしました。


まず、ESMへの出資額が大きいのが、オランダ
ESMのお世話になったのが、アイルランド
EUの中では、小国であまり意見が聞き入れられないであろうエストニア・ラトビア・リトアニア
ユーロには加盟していないスウェーデンとデンマーク

それぞれの事情が見え隠れします。


今回の8カ国の提案でEU統合のスピードが遅くなるかは正直わかりませんが、2019年5月に予定されている欧州議会選挙では、どのような変化があるのか?  また来年も選挙です 



ESMに関する説明は、ブログの過去記事 を参考にしてください。






3月12日(月)  20時~   今年第1四半期の総まとめ的なオンライン・セミナーをやらせていただきます 

お申し込みは、   このバナーをクリックしてくださいね 

Net Money


口座開設者を対象としたセミナーになります。皆様のご参加をお待ち申し上げております 



[ 2018/03/07 21:18 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)

イタリア・同盟(旧北部同盟)の支持層拡大

木曜日にイタリア総選挙についてコラムを書きますので、楽しみにしていてください 


この記事は、自分の記録用ですので、スルーしていただいて結構です。


今回のイタリア総選挙で、何よりも私を驚かせたのが、同盟 (旧北部同盟) の躍進ぶりでした  

わかりやすいように、1994年   2013年    今回、それぞれの選挙での同盟の支持基盤の地図を載せます。


欧 イタリア  北部同盟
(クリックすると拡大します)


日本では、北部同盟の知名度はあまり高くないと思いますが、どうしてこんなに支持率を伸ばしているのか  
不思議に思う読者の方がいらっしゃるかもしれません。

今から3~4年前の同党の支持率は、わずか3%台でした。
しかし、その後欧州で難民・移民問題がどんどん深刻化してきたことに伴い、移民反対姿勢を貫く同党の支持率が増えてきたのです。

しかし・・・ まさか フォルツァ・イタリアを抜くとは、正直 思っていませんでした 








「これまで以上に“アクティブ”なトレード環境の実現」のため、今春、サービスを大幅にリニューアル


Net Money


[ 2018/03/07 00:45 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)

イタリア下院 議席数予想  (確定ではありませんが・・・)

これから5時間ほどの原稿書きに入るので、ひとつだけチャート載せますね


伊 総選挙議席配分 (確定でない)

(クリックして拡大してご覧ください)


繰り返しますが、これは 「最終」 ではありません。まだ議席数がはっきりしてませんので、出口調査などを元に作成したものですので、くれぐれも誤解なきよう、御願いいたします。

下院 630議席ですが、2013年と今回 驚くほど違っています。

その中でも一番の驚きは、ポピュリズムの5つ星運動と、反移民/反ユーロの「同盟」 (旧北部同盟) が、有権者の50%以上の得票率を得たことです。

まだまだ この先、どうなるのかわかりませんが、ユーロは落ち着いています。

この辺りの理由についても、明日のFXプライムbyGMOさんのコラム で書かせていただけたら・・・と思っています。



Net Money


FXプライムbyGMO
[ 2018/03/06 01:37 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ