FC2ブログ
2018 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 11

金銀比価

最近 というか、既に数ヶ月経ちますが、非常に気になっているのが、金銀比価

この名前をはじめて聞いた方も多いと思います。


* 金銀比価とは? 
「金銀比価」とは金価格を銀価格で割った割合のことです。

言い換えれば、その時の金の価格は、銀の何倍なのか? ということですね


金銀比価  2018年10月
(クリックすると拡大します)


これが過去5年間の金銀比価のチャートですが、現在のレベルは、大体  82/83    
思いっきり、大きな数字です。

過去最大は 100 まで行ったことがあるそうですが、現在の 82/83でも十分に、


この数字が大きいということは、

・金が割高すぎる
・銀が割安すぎる

これのどちらかです。

ただし、チャートにも載せましたが、金も銀も両方とも価格が下がっているので、「金が割高すぎる」とも言いづらいところが、苦しいです  


水色の丸で囲んだ部分が、一番最近 80を越えて上昇し、そこから下がってきた局面です。

金と銀、それぞれのチャートに丸をつけてみましたが、やはり 銀の上昇のほうが顕著ですね。

どのタイミングで狙えばよいのか、誰か教えてください www







                    

さて、日本に帰国する際に、皆さんとの交流を深めたいということから
いくつかセミナーやオフ会、飲み会をセッティングしようと思っています。

たくさんの方と実際にお会いして、お話できる機会があればうれしいです。



10月28日(日)全国セミナー in 福岡 14:00~17:00

こちらは齊藤トモラニさんと一緒に行うファンダメンタルズとテクニカルの合同セミナーです。

3時間のセミナーで参加費は5,400円となっています。

希望者がいらっしゃれば、セミナー後の飲み会もやろうかと思っています。

申し込みは  こちら からお願いします  

[ 2018/10/10 01:07 ] 相場検証/予想 | TB(-) | CM(0)

某欧州系銀行のユーロ相場観

ロンドンはすっかり秋  になりました。ストーブもつけておりますし、庭のリンゴも少しづつ大きくなってきています。庭に植えた日本のきゅうりは、もう寒すぎるようで、全く育っていません   こういう時は、温室が欲しいなぁ と思います。


ユーロ



* 某欧州系銀行のユーロ相場観
ま、はっきり言って、上見てますわ、この銀行  それもかなり・・・・

この銀行のユーロ/ドルの予想ですが、

今年12月  1.20
来年3月  1.25
来年6月  1.30


理由がいくつか挙げられていますが、

・イールドカーブのフラット化が示すように、アメリカの経済サイクルはそろそろ終りに近づいてきている

・ただし、今後のBrexitの進展具合とユーロ圏関連の経済指標により、対ドルでのユーロやポンドのレベルは変わってくる

・ここからのヨーロッパ経済は、力をつけてくると考えている。ただし、イタリアに関しては、「なんでもアリ」 

・中期的には、アメリカの財政問題や強いドルが経済に影響を与える可能性もある。最悪の場合は、トランプ大統領自身が、「ドル安政策」を推し進めるのかもしれないので、ビクビクしている 

・ヨーロッパ経済の足を引っ張る出来事は、春以降 落ち着いている(← 具体的に何かはわかりませんが・・・)

・ECBが予想する2018年GDPは 1.9%となっており、年初は達成は無理だろう・・・と考えていたが、最近になって そこそこ行けるんじゃないか?と考えるようになってきた

・米欧貿易戦争が、落ち着いてきた

・唯一の懸念材料は、イタリア      私も同じ意見です~



実は私も ご依頼を受けて、来年の予想を書いているのですが、難しい
とにかくこんなに難しいのは、久しぶりです。

特に円。頭が白紙状態なので、円の予想は書きません 









今月から、FXプライムbyGMOさん で情報配信を始めました。

皆さんもご存知と思いますが、「井戸端会議」に週3回 書き込みを致します。(月・水・木)

それに加え、毎週火曜日は5分程度の動画配信をいたします。楽しみにしてくださいね
 

詳しくは、下のバナーをクリックしてください 
                 
Net Money
[ 2018/09/05 21:15 ] 相場検証/予想 | TB(-) | CM(0)

9月相場を考える

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 




マーケット 2





夏休みも終り、イギリスの学校では新学年がスタートします。我々、為替に従事する者にとっても、9月第1月曜日のアメリカ・レイバーディが過ぎると全員参加のマーケットとなり、流動性がぐっと高まります。

今回のコラムでは、今年の9月相場の注意点とよく動く通貨ペアについてお話ししたいと思います。







今回のコラム記事の主な内容は、


・9月イベント表

・非公式EUサミット

・イタリア動向

予算案を巡る制度の変更(2013年)
イタリア政府の予算案に対するゴタゴタ
ECBにQEの延長を要請?
イタリア政府の動き
イタリアのまとめ

・9月相場の特徴
ポンド/ドル
ユーロ円





コラム記事の一部をご紹介しますと、

>>> 欧州委員会が定めた財政規律を重視し、歳出減を主張するトリア経済相と、選挙公約に基づき歳出拡大を容認するディマイオ副首相(5つ星運動)とサルビーニ副首相(同盟)の対立が鮮明になっています。5つ星運動も同盟もともに、歳出拡大路線を支持する政党同志ですので、トリア経済相が孤立した形になるのは、ある程度予想されていました。<<<




2017年4月より、口座保有者のお客様のみが閲覧可能となりました。

どうぞごゆっくりお読みください 






「これまで以上に“アクティブ”なトレード環境の実現」のため、今春、サービスを大幅にリニューアル

・ユーロ円0.5銭や、ポンド円1.2銭も結構狭い

・1回あたりの最大注文可能数量は300万通貨


Net Money


[ 2018/09/03 03:23 ] 相場検証/予想 | TB(-) | CM(0)

某欧州系銀行の売買戦略

体調がやっと戻りかけてきたので、サウナに入ってきました。

日本に行くまで、あと8日となったので、これから原稿の書き貯めします。


その前に、ひとつだけ




* ある欧州系銀行のFX売買戦略
行きますよ~

つーか、これ短期の売買だね。損切り 思いっきり近いし・・・ 


・ユーロ/ドル
1.1600/20で売り  利食い 1.1540  損切り 1.1635超え



・ユーロ円
128.20/35 で売り  利食い 127.50   損切り 128.65超え



・ユーロ/スイス
1.1575/85 で売り  利食い 1.1520    損切り 1.1610超え



・ポンド/ドル
1.3290/1.3310 で売り   利食い  1.3220   損切り  1.3335超え



・ユーロ/ポンド
0.8775/85 で売り   利食い  0.8700    損切り 0.8800超え



・AUD/USD
0.7455/65 で売り    利食い   0.7400    損切り  0.7485超え



・ドル/カナダ
1.3140/55 で買い    利食い  1.3250     損切り 1.3120下



・ユーロ/SEK
10.24/26 で売り    利食い 10.16   損切り  10.2850超え



・ユーロ/NOK
9.47/9.4850 で売り    利食い 9.40   損切り 9.4950超え



・金 (ドル建て)
1275 で買い   利食い  1288    損切り  1272下



ドル円に関しては、110.25/95レンジで遊べ

ということのようです。


お断りしておきますが、これ 私のアイデアではありませんので、負けても知らないので  ごめんね 







Net Money


FXプライムbyGMO
[ 2018/06/18 21:48 ] 相場検証/予想 | TB(-) | CM(0)

戻しは浅くなりそうなドル相場

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 



マーケット




この2週間ほど、ドルの上昇が止まりません。この動きと歩調を合わせているのが、米10年物国債利回りです。2014年以来はじめて3%台に乗せてからというもの、ドルは勢い良く上昇しました。

今回のコラムでは、長期金利上昇の背景を探りながら、果たしてドルは今後も上昇を続けるのか、それについて考えてみたいと思います




今回のコラム記事の主な内容は、


・昨年秋からの長期金利上昇

・米長期金利上昇と欧州通貨(ユーロとポンド)との関係

・米長期金利上昇とドル円との関係

米日・2年物国債利回り格差とドル円
米日・10年物国債利回り格差とドル円

・イールドカーブのフラット化とドル円との関係
イールドカーブのフラット化とは?
イールドカーブのフラット化とドル円

・高金利(?)/マイナス金利通貨とドルとの関係
AUD、NZDとドルの関係
マイナス金利通貨とドルとの関係

・ドル円における問題点
問題点1
問題点2
問題点3

・ここからのドル円について考える





コラム記事の一部をご紹介しますと、

>>> 最近のアメリカの金利上昇の最大の被害者は、新興国通貨です。日本がゴールデン・ウィークのお休みを楽しんでいる間、アルゼンチン中銀は通貨防衛の目的で、10日間で4回政策金利を引き上げました。現在の政策金利水準は、驚くことに40%!

通貨安で苦しんでいるのはアルゼンチンだけでなく、ほとんどの新興国通貨が売られており、これらの国から流出した資金の向かい先はアメリカだと言われています。このようなフローが続く限り、ドル売り方向の調整は浅いと考えられます。

ただし、ドル円に関してはいくつかの「問題点」を抱えているため、今後の予想が非常に難しいのも事実です。
<<<




4月より、口座保有者のお客様のみが閲覧可能となりました。

どうぞごゆっくりお読みください 






「これまで以上に“アクティブ”なトレード環境の実現」のため、今春、サービスを大幅にリニューアル

・ユーロ円0.5銭や、ポンド円1.2銭も結構狭い

・1回あたりの最大注文可能数量は300万通貨


Net Money



[ 2018/05/07 23:04 ] 相場検証/予想 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ