2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

ポンド予想 ほぼベアリッシュ

昨日(土曜日)は、上田ハーローFXさん 主催の勉強会にご参加いただき、本当にありがとうございました。

せっかくの土曜日でしたが、皆さんの質問を多数受け、自分でもいろいろと考える機会がいただけて、嬉しかったです。

この勉強会形式のセミナーというか、集まりというか、今後も続けて行くつもりです。もし、FX会社様からお声がかからなくなれば  自分で勝手にやりますので、その時はどうぞよろしくお願いいたします  



*お客様から最も多かった質問
昨日の勉強会では、参加者の方々から事前に質問を受けておりました。その中で、最も多かった質問は、「Brexitが始まるが、ポンドはどうなるの?」 という素朴な疑問でした。

私自身の考えは、EUから離脱した前例となる国がないため、予期せぬタイミングでヘッドラインがたくさんでて、かなりヘッドラインリスクとボラティリティーが高まる相場展開  を予想しています。昨年6月の国民投票で予想外のBrexit となったことを目の当たりにし、政治相場の怖さをあらためて痛感したところ  ですので、政治相場を甘く見ることだけは避けようと肝に銘じました。


今 明日配信する 上田ハーローFXさん の『視るブログ』の動画の準備をしていて、いろいろな情報を読み漁っていたら、この FX Street という会社のポンド予想が目に止まりました。

ポンド予想



このターゲットのポンド/ドルのレベルは、約20社くらいの金融機関やアナリストの単純平均のようです。 というか、私もこのページを初めて見たので、たぶんそうなんじゃないか?と思っているところです 

個々の予想を見たい方は、このページの下の部分に 書いてあります。

お伝えしたかったことは、1週間後・1ヶ月後・1四半期後 すべての時間軸で、ポンド予想がベアリッシュ(弱気)となっている点でした。


*どうして最近、ポンドが上昇しているのか?
マーケットは、Brexit後のポンドをベアリッシュと見ているため、否が応でもポンド売りのポジションが溜まります。

3月14日のIMMシカゴ先物ポジションで、ポンドは史上最高のショートを記録しました。

その2日後に 英中銀MPCが 「8対1」で政策金利据え置き 決定したことが判明し、久々の利上げ票にマーケットは浮足立ちました。当然 弱いポンド・ショートは、損きりされたでしょう。

その翌週には、2月分の消費者物価指数(CPIとCPIH) が発表され、予想をはるかに上回る強い数字となったことを受け、利上げ観測が出てき、ポンドがさらに上昇しました。

が・・・   3月21日のIMMシカゴ先物のポンド・ポジションは、本当に少しだけですが、さらにショートが増えており、107,844コントラクトという史上最大のポンド・ショートが出来上がっていました。

そのため、短期的には、少しでもポンドにポジティブなニュースが出れば、ポンドのショート・カバーによる上昇が予想されます。

しかし、中長期的には、「前例のないBrexit」となるため、ショートが溜まりやすい地合いが続きそうです。






[ 2017/03/26 15:39 ] 相場検証/予想 | TB(-) | CM(0)

金価格と円高

連日 金価格の上昇が続いています。
私は商品市場の専門家ではありませんので、あまり詳しくありませんが、以前 「新しいアメリカ大統領が就任した年は、年間を通じて、金は買われる」 という記事を読んだことがあります。その理由は、新大統領の手腕に対する不透明感を嫌気して、金を買っておくそうです。

今年も、トランプ新大統領就任ということで、この記事の通りに金価格が上がってきました。

今年は、トランプ・リスクだけでなく、【2017 欧州選挙年】に加え、イタリア銀行問題や解散総選挙の可能性、そして久しぶりにギリシャのユーロ圏離脱の話しも再燃  してきており (これに関しては、またあらためて・・・) ますます金価格の上昇をサポートする話しが出てきています。


*金価格と円高
一般的に、金をはじめとする商品価格と、ドルとは、【逆相関関係】であると言われています。

つまり金が上昇する時には、ドル安になるということです。

もちろん例外時もありますが、この関係はマーケットではよく話しに上ります。

そこで早速、金価格とドル円のチャートをチェックしてみました。

金価格とドル円
(クリックすると拡大します)


このチャートでは、「円高進行中」 と煽りのようなこと 書いてしまいましたが (笑)、金価格上昇  ドル安  結果的に円高   と捉えてください。

最近はトランプ大統領の大統領令発動も一段落し、選挙公約であった財政出動を伴う景気刺激策の実行がなかなか実現しないので・・・ という話しを聞きますが、議会の承認が必要な部分ですから、そんなすぐには無理でしょう。当初から、この財政が絡む部分は、早くて第2四半期の終り頃に、おぼろげながら形が見えてくる・・・ と言われていたことです。

あともう一点、最近の金価格上昇は、2月10日に革命記念日を迎えるイランの最高指導者ハメネイ師によるトランプ氏に対する非難のスピーチなども影響していると思います。イランは、アメリカがイスラム7ヶ国の入国一時禁止令を出したときに、弾道ミサイル発射実験を実施したため、アメリカはイランに追加制裁を科し、両国の対立が激化しています 

このように、ドル円を取引する皆様は、もし時間があれば、金価格などもチェックしておくと、便利かもしれません。





3月4日(土) 美子トーク会
セントラル短資FXの口座をお持ちのお客さまを対象に、2017年3月4日(土)午前・午後の2回に分けて、
松崎美子さんと直接お話しできる各回定員10名さまのフリートークイベントを実施します。
★当イベント実施後に、当社TwitterなどのSNS投稿の拡散で、お土産をプレゼントします。

■申込方法
口座開設完了後、お客さま専用のページ「マイページ」へログイン。
トップページの「お知らせ」欄に表示されている当イベントのお知らせより申込みページへ移動できます。
申込みの際には、お客さまの取引口座番号の入力のほか、松崎さんへ「当日聞いてみたいこと」を必ずご入力ください。
[ 2017/02/09 22:04 ] 相場検証/予想 | TB(-) | CM(0)

1月23日現在の通貨の強弱

今年、本日までの各通貨 (対ドル) での動きを示したものが、このチャートです。

今年のマーケット ここまで 2017 1月23日
(クリックすると拡大します)


一番強いのが、AUD  そして NZD

日本円は5番目 (黄色い矢印)

昨年どっぷりと売られたポンド   は、25番目 (ピンクの矢印)  
現時点ではプラスとなっています。

そして、一番売られているのは、大統領制になりそうな 非常にマズイ 「トルコ」 (赤い矢印)  

メキシコ・ペソより売られています  






                   みんなのFX
新規口座開設 最大 20,000円キャッシュバック 



1,000通貨から取引できますよ~ [emoji:v-441]
[ 2017/01/23 22:59 ] 相場検証/予想 | TB(-) | CM(1)

クロス円を極める

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 


セントラル用




11月の米大統領選以降のドル円の高騰ぶりには、目を見張るものがあります。ほとんどの場合、ドル円が上がれば、他のクロス円も上昇することが多く、今回もその動きとなりました。しかし、よく見ると、上昇のマグニチュードには大きな差があります。

今回のコラム記事では、初心者と中級者の方にフォーカスをあて、どうして同じ円安なのに、マグニチュードが変わるのか?そこを説明してみようと思います。チャートが多い記事になる点、あらかじめご了承ください。





今回のコラム記事の主な内容は、


・円安スピードの違い

・円安、それぞれの事情

①ドル高の場合
②円安の場合
③両方

・通貨の動きを測るものさし

・最近の相場を検証する

ドル円
ユーロ円
ポンド円

・最後に・・・



コラム記事の一部を抜粋しますと、


>>>初心者の方にとって、「ドル円でドル高/円安になっているのなら、他のクロス円でも、円安になるのではないの?」と思っていらっしゃる方も多いでしょう。たいていの場合は、マグニチュードの差はあるにせよ、そうなることが多いのですが、ならないときがあります。

その理由は、ドル円が上昇するためには、 ①ドル高 ②円安 ③ドル高と円安が同時に起こる  この3通りの動きがあるからです。<<<





どうぞごゆっくりお読みください 


このバナーをクリックすると記事が読めます。


Net Money

または このブログの左上 すこしFX ☆ なが~くFX バナー をクリックして是非お読みください!  よろしく~

マーケット・ビューの過去記事は このリンク を使って頂ければと思います 





□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
□■ お客さまファースト!冬のおもてなし新規口座開設キャンペーン
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

<キャンペーン期間>
 2016年12月1日(木)〜2017年1月31日(火) 営業終了まで

<キャンペーン内容>
 キャンペーン期間中、以下の条件をすべて満たされたお客さまに
 お取引数量に応じて最大20,000円をキャッシュバックします。

  ・当キャンペーン期間中に当社で初めて口座を開設
  ・口座開設月の翌月末の営業終了までにキャンペーン申込みを完了
  ・口座開設月の翌月末の営業終了までに、「FXダイレクトプラス」で
   50万通貨以上の取引(新規または決済)

   ★50万通貨以上200万通貨未満    5,000円キャッシュバック
   ★200万通貨以上             20,000円キャッシュバック




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 キャッシュバックを含めると、≪米ドル/円の実質スプレッド0銭!!≫
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ※米ドル/円を50万通貨お取引されて5,000円のキャッシュバックの場合、
  スプレッドに換算すると1銭に当たるので、ドル円の通常スプレッド1銭 
(※例外あり)-1銭=0銭となります。


 ※早朝などの市場流動性の低下や経済指標発表時の相場急変など、市場の状況によっては拡大する場合があります。
[ 2016/12/26 17:32 ] 相場検証/予想 | TB(-) | CM(0)

ユーロ/ポンド 下げ止まるか?ブチ下げるか?

最近非常に気になっている通貨ペアが、ユーロ/ポンドです。

たぶん、日本にいらっしゃる皆様にとっては、「ドル円」の上げが止まらないので、そちらの方がずっと気になっているかと思います。

しかし、6月の英国のEU離脱(Brexit)以降、とにかく売られて売られて売られ続けたポンドに対し、先月くらいから 「Undervalue (過小評価)されすぎ」  という意見が出てきています。そこにきて、この週末はイタリア国民投票があり、来年は『欧州選挙年』  となることもあり、「ユーロ売りええんちゃう?」  という意見が出てきているのです。


*ユーロ/ポンド 週足
まず週足のチャートを見てみましょう。


ユロポン 2016 12 01
(クリックすると拡大します)


これが、私が普段見ているユーロ/ポンドのチャートのひとつなんですが、それぞれハイライト入れてまして・・・

黄色   一気に動く
黄緑  ガシャガシャ 行ったりきたりする
水色  黄緑と似ているが、もう少し大きなレンジの中で行ったりきたりする


ということで、現在 水色のハイライト部分におります。この水色ハイライトの下限は、0.8370/80くらいでして、もうすぐ到達します。



*ユーロ/ポンド 日足 (ベガス方式)
次は日足です。ここでは、ベガス方式 を使い、チャートに 『144EMA + 169EMA』 を入れてみました。

ユロポン 日足 2016 12 01
(クリックすると拡大します)

これを見るとわかりますが、本日の日足がベガス・トンネル(144/169EMA)のところまで下がってきています。

過去にも同じようなことがあり、そのところにオレンジ色の丸をつけましたが、いずれも、トンネルを下抜けたが、その後 戻ってきちゃいました 

果たして今回もそうなるのか、それとも、今度はスバッと下抜けるのか?

ちょうど、タイミングとしては イタリア国民投票 直後あたりに、答えがでそうですね。


張り切って行きましょう~ 
スタンプ クリスマス サンタ


□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
□■ お客さまファースト!冬のおもてなし新規口座開設キャンペーン
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

<キャンペーン期間>
 2016年12月1日(木)〜2017年1月31日(火) 営業終了まで

<キャンペーン内容>
 キャンペーン期間中、以下の条件をすべて満たされたお客さまに
 お取引数量に応じて最大20,000円をキャッシュバックします。

  ・当キャンペーン期間中に当社で初めて口座を開設
  ・口座開設月の翌月末の営業終了までにキャンペーン申込みを完了
  ・口座開設月の翌月末の営業終了までに、「FXダイレクトプラス」で
   50万通貨以上の取引(新規または決済)

   ★50万通貨以上200万通貨未満    5,000円キャッシュバック
   ★200万通貨以上             20,000円キャッシュバック

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 キャッシュバックを含めると、≪米ドル/円の実質スプレッド0銭!!≫
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ※米ドル/円を50万通貨お取引されて5,000円のキャッシュバックの場合、
  スプレッドに換算すると1銭に当たるので、ドル円の通常スプレッド1銭
  (※例外あり)-1銭=0銭となります。

 ※早朝などの市場流動性の低下や経済指標発表時の相場急変など、
  市場の状況によっては拡大する場合があります。


[ 2016/12/01 20:45 ] 相場検証/予想 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ