2018 01123456789101112131415161718192021222324252627282018 03

またしても、長期金利・・・

昨日は夕方予定があったので、早めに仕事を終え、その直前にポジションを取って出かけました。FOMC議事要旨が発表されることも知っていましたが、あそこまでインパクあるんかい     全てのポジションが、ばっさり切られておりました 



* 米長期金利 (国債利回り) とドルの関係
今朝 ニュースをいろいろ見ていたら、

「今までは、アメリカの長期金利が上昇したにも関わらず、ドルは下げていた。しかし、ここにきてドル円は105円台まで落ちたことによる達成感も手伝い、底堅くなりつつある。つまり、ここまでは長期金利かドルか、どちらかが間違った動きをしていたのだが、ここからはまた相関していくのかもしれない」 的なことが書いてありました。


う~ん 
たしかにドル円と米長期金利との相関関係は有名ですが、いつもいつも同じような相関する動きをする訳ではありません。もし、常に100%相関であれば、ドル円取引する際には、長期金利だけみていれば、負けないことになります。

私の場合、ドル円よりも、ユーロやポンドを対ドルで取引することの方が絶対的に多いので、「米長期金利とドルとの関係」 これには興味があります。

そこでチャートを作ってみました。



*  米10年物国債利回りとドル
チャートを見ると、相関と逆相関 半々という感じですね・・・

ドル円は別かもしれませんが、「ドル全般」の動きと10年物国債の利回りとは、まぁ あまり関係ないかな? くらいの感じかもしれません。

米 10年国債イールドとドルインデックス
(クリックすると拡大します)



*  米2年物国債利回りとドル
次は、10年ではなく、2年物国債利回りでチェックしなおしてみました。こちらは、10年物より相関度 高めです。
ただし、黄緑のハイライト入れた部分は、全く相関関係ありません・・・


米 2年国債イールドとドルインデックス


ということで、現在は相関性が全くない期間ということになります。ここまでは長期金利かドルか、どちらかが間違った動きをしていたのだが、ここからはまた相関していくのかもしれない」  のであれば、

1) 果たしてドルがここから大きく買われるのか? 
2) 長期金利が頭打ちになるのか?
3) このまま両股開きで、ドルは下げて長期金利は上がっていくのか? 

早く答え欲しいです。

某英系銀行は、今月中旬に米10年物利回りが2.9%台に乗せたときに、「ここが当面の天井。ここからは、一旦 2.7%台へ下がる」という予想を出しましたが、結局 この予想は実現しませんでした。







3月12日(月)  20時~   今年第1四半期の総まとめ的なオンライン・セミナーをやらせていただきます 

お申し込みは、   このバナーをクリックしてくださいね 

Net Money


口座開設者を対象としたセミナーになります。皆様のご参加をお待ち申し上げております 



[ 2018/02/22 21:08 ] 米国関連 | TB(-) | CM(0)

本日の注目は、米 CPI 

昨日は、今年に入ってはじめて、午後2時くらいからお休みさせていただきました。
いいですね~ 他の人が働いている間に休むって・・・・

10年以上前に流行ったドラマを、1話から最終回まで全部見ました。すごく良かったです 



* 今週のハイライト :  米 消費者物価指数(CPI)
あと2時間弱で、1月分・米消費者物価指数(CPI)が発表されます。この数字は、いつも市場参加者の注目  を集めていますが、今月は特に多大な注目を集めています。

理由   それは、今年に入ってからの大荒れマーケットにより、アメリカの長期金利が上昇し、10%を超える株価調整が起きて以来、はじめてのCPI発表だからでしょう。


結論から先に申し上げると、

・今回のCPIの数字が、予想を上廻る強さであれば、もう一段の長期金利上昇  株価下落 があり得る
・逆に、CPIの数字が弱かったら、その逆です

そして、過去のデータから読み取ると、 「1月の数字は、年間通して 強くなりやすい」 そうです。その理由は、新年から価格をアップして、市場動向をテストする企業が多いからと言われています。

ということは、強い数字が出て当たり前だから、反応がそれほどでもないのか?  それとも、強い数字に飛びついて、マーケットとが荒れ狂うのか?   ドル円にも相当の影響を与えます。



乱高下のマーケット




* CPI予想

CPI  (前月比)
12月 +0.2%  1月予想 +0.3%
12月と比較して、住宅の賃貸料とガソリン代が上がっているそうです。

CPI  (前年比)
12月 +2.1%  1月予想 +1.9%
前年比の予想が+1.9%と低めになっている理由は、昨年1月が+2.5%となっており、その時の強い数字が、今回の数字から はげおちるため。

コアCPI (前年比)
12月 +1.8%  1月予想 +1.7%



くりかえしますが、予想より強い数字が出た場合は、

FEDの利上げ回数が増えるという予想    長期金利(米国債利回り)上昇   株価下落    ドル円も下落


個人的には、今月2日の米・雇用統計で、週平均賃金が驚くほど強くなり、アメリカの長期金利が大きく上昇し、株価が崩れ始めた。

あの時のミニ版みたいなイメージです。


逆に、予想以上にCPIが伸びなかった場合は、面白い展開になるでしょうね!  Stay tuned 

こういうファンダを元にいろいろ考えるのが、私には楽しくて楽しくて  仕方ありません。ポジションも、この数字が出るまで待とうと思っています。



そうか、今日はバレンタイン・デー  ですね。 たくさん チョコ もらえたかな 





3月12日(月)  20時~   今年第1四半期の総まとめ的なオンライン・セミナーをやらせていただきます 

お申し込みは、   このバナーをクリックしてくださいね 

Net Money


口座開設者を対象としたセミナーになります。皆様のご参加をお待ち申し上げております 


[ 2018/02/14 20:56 ] 米国関連 | TB(-) | CM(0)

ダウジューンズ先物 マイナス圏での推移

なんだかなぁ


大丈夫?



これ、私だけなのかもしれませんが、2018年って 予想外なことの連発 
相場だけでなくて、人間関係とかも・・・・

誤解のないように書きますが、私は全く人間関係に問題ないのでありがたいのですが、まわりの友達がいろいろなことに直面し   実は昨日もその問題で、2時間近く相談を受けてました。

マーケットに全く関係ない友達です。なので、昨日のマーケットがどれだけ動いているのか・・・ とか、全然知らないので、延々と話しが続き、私はS&P500のトレードをしながら聞いていたけど、最後はトレードやめました 


本当はドイツの連立がほぼ合意に至った話しを書こうと思いましたが、これは明日の YJFXさんのオンライン・セミナー でお話しさせてくださいね 

事前申し込みも必要ありませんし、口座がなくても見れるので、是非皆様のご参加、お待ち申し上げます 


ということで、本日の株式市場、アジアはかろうじてマイナスにはなりませんでしたが、現時点で米ダウ・ジョーンズ先物は マイナス

この原稿を書き始めた時点では、マイナス 216くらいでしたが、今は マイナス 190まで戻っています。
と書いてたら、またマイナス200



ダウ先物


あとね、Twitterで

「ドルに対してユーロの戻りが悪いのは、何が原因だとお考えでしょうか?」  という質問いただいたのですが、


・IMMでユーロの買い持ちが劇的な水準
・これだけマーケット動くと、まずキャッシュにお金を戻すのではないか?
・独株式指数:DAXのチャート見る限り、ユーロを買いたい気が全く起きない 



欧 DAX チャート
(クリックすると拡大します)









2月8日(木)  20時30分~
「英中銀 スーパーサーズディ」 をリアルタイム解説 

お申し込みは、   このバナーをクリックしてくださいね 

Net Money



YJFXさんのオンライン・セミナーは、事前の申し込み不要・当日参加可能ですが、定員が 500名 ですので、なるべく早めにご参加いただけると嬉しいです。

ログインは、2月8日(木)  20時10分から 出来ますよ~ 


[ 2018/02/07 21:00 ] 米国関連 | TB(-) | CM(0)

世界的長期金利上昇と株価調整相場

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 



セントラル用




2017年のマーケットを振り返ると、「ボラティリティーがなかった」「マーケットの値動きが、小さかった」という印象があります。それに比べ、今年は年初から、債券・株式・為替・商品そして仮想通貨全てにおいて、かなりのボラティリティーが見受けられます。

まだ今年がスタートして1ヶ月しか経っておりませんが、為替に関するボラティリティー上昇に一番貢献したのが、ユーロ圏(欧州中銀)の金利の正常化に向けた期待感でした。

しかし、ここ1週間くらいは、年初からのユーロ中心の動きからやや変化が見られますが、この新しい動きはユーロの時と比較すると少し複雑です。どういう動きかと言えば、アメリカをはじめとする主要国(日本は除く)の国債利回りに代表される「長期金利」が一気に上昇し、その煽りを受けた株式市場が、調整の下げを演じていることです。

今回のコラムでは、長期金利の上昇と株価調整、それが為替に及ぼす影響などについて、考えていきたいと思います。





今回のコラム記事の主な内容は、


・長期金利上昇の背景

・長期金利上昇と株価調整との因果関係

・どうして、今回の動きは逆になっているのか?

・もうひとつの注意点

・株価下落調整の見極め

・ここからのマーケット




ps この原稿を書いたのが、木曜日午後(ロンドン時間)で、ドル円はまだ 109.40前後でした。
本日のドル円の高値が、この原稿で書いた「ターゲット・レベル」とほぼ同じでして・・・
ある意味、既にほぼ達成したという感じになってしまいました・・・ 




コラム記事の一部をご紹介しますと、



>>>1月のマーケットを見ながら、私の中では、あるひとつの考えが浮かんできました。

それは、「主要国での金利の正常化が、今年のゲームチェンジャーになるのではないか?」ということです。






4月より、口座保有者のお客様のみが閲覧可能となりました。

どうぞごゆっくりお読みください 


[ 2018/02/03 02:49 ] 米国関連 | TB(-) | CM(0)

ダドリーNY連銀総裁の発言

年初から継続していたドル安の動きが、昨夜から収まってきました。

そのきっかけとなったのは、ダドリーNY連銀総裁の講演だったんじゃないか? と、私は考えています。



米 ダドリー




* ダドリー総裁の講演
本当なら、2019年1月に任期切れとなるダドリーさん。しかし、昨年秋に、前倒しで早めに退任すると発表しています。

そのダドリーさんですが、昨日の講演でいろいろな発言をされています。要点をまとめると、

・穏やかなペースで金融緩和策の解除を実施することが望ましい
・利上げを実施することに対する正当性は、高い
・インフレ率はFEDのインフレ目標である2%よりは低いが、緩和策の継続による予想以上に強い経済を考えると、相殺されるだろう
・金融政策だけでなく、財政政策も緩和気味になろうとしている
・2018年にアメリカが3回の利上げに動くことは、決して無理ではない
・もし米経済が予想以上に早いスピードで回復した場合、FEDの利上げに対する姿勢は、さらにアグレッシブとなるだろう
・金利の正常化を目指し、緩和策の解除を始めた当時よりも、現在のほうが金融市場を取り巻く環境は緩和的だ
・2018年GDPは、2.5~2.75%を予想
・現在 4.1%の失業率も、4%以下まで下がると予想 = 賃金も上昇すると予想



ここから先が大事なんですが・・・


「失業率は今後も低い状態が続き、賃金はかなり早く上がっていくだろう。そこに、税制改革による減税が行なわれる。しかし、金融市場を取り巻く環境は、未だに緩和的のままである。そのため、米国の経済は急速に拡大するかもしれず、そうなった場合は今後数年の間に、FEDはブレーキを強く踏まざるを得なくなるかもしれない。そして、それがきっかけとなり、リセッションに逆戻りしたり、ハードランディングとなるリスクも避けないといけない。」



ちなみに、シカゴ・マーカンタイルの 「FED Watch」 では、今年3月の利上げの可能性を、72.6%としています。ダドリーさんの講演前でも、既に 66.5%の利上げの可能性としていたので、3月は確実と言ったところでしょうか?

個人的には、1月31日のFOMCで、声明文の内容が どのように変化するのか  気になっています








1月24日(水曜日)  20時~
「ポーランドズロチ取扱記念】第3回「2018年のユーロ、ポンド、ポーランドズロチ相場とマーケット全般を展望する」
ということで、ポーランドの基本的なファンダメンタルズを含むWEBセミナーを行ないます。

お申し込みは、   このバナーをクリックしてくださいね 
Net Money




FXプライムbyGMO
[ 2018/01/16 23:20 ] 米国関連 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ