FC2ブログ
2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01

どうなる雇用統計

外為どっとコムさんの「どうなる雇用統計」に参加させていただきました。

またしても、髪の毛が爆発していること + ハイヒールを脱いでスニーカーに履き替えたまま映っていることはお許しください 

今回は米雇用統計は神田部長にお任せして   私はBrexitを中心にお話しさせていただきました。

是非 ご覧ください。

YouTube動画と、外為どっとコムさんHPからのリンクと2つ貼りました。ご自由にお選びください 


YouTube 動画

外為どっとコムさん HP動画
[ 2018/11/02 17:06 ] 米国関連 | TB(-) | CM(0)

アノマリーが崩れたFOMC

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 




米 パウエル 証言



9月26日にFOMC(米連邦公開市場委員会)が開催されました。今月は政策金利の25bps引き上げが既成事実化した会合となっていたためか、市場の関心は声明文内容や3ヶ月に一度のマクロ経済予測、パウエル議長の記者会見に移っていました。

今回のコラムでは、FOMCに向けた注意点と、FOMCでの決定内容、そしてFOMC後の動きについて考えてみたいと思います。




今回のコラム記事の主な内容は、



・FOMCに向けた注意点
1) 2019年利上げ回数
2) 声明文の「緩和的で・・」の部分を削除するか?

・FOMCからの発表
政策金利
声明文

・マクロ経済予測

・ドット・チャート

・長期水準が3%に引き上げられたことについて

・アノマリーが崩れたFOMC

・今回のFOMCはそんなにタカ派だったのか?

・ここからのマーケット







コラム記事の一部をご紹介しますと、

>>> GDP予想で、今年(2018年)の予想が大幅に上方修正された以外、特に眼を引く内容はありませんでした。強いていえば、2019年インフレ予想が2%となっていますが、最近の原油高が長期化した場合や米中貿易摩擦が悪化した場合の輸入品の値上げなどが反映されていないことに驚きました。<<<




2017年4月より、口座保有者のお客様のみが閲覧可能となりました。

どうぞごゆっくりお読みください 






「これまで以上に“アクティブ”なトレード環境の実現」のため、今春、サービスを大幅にリニューアル

・ユーロ円0.5銭や、ポンド円1.2銭も結構狭い

・1回あたりの最大注文可能数量は300万通貨


Net Money



[ 2018/09/30 21:00 ] 米国関連 | TB(-) | CM(2)

FOMCでの注意点

本日のFOMC、私 見れるかなぁ・・・

かなり微妙な時間帯です  



* 「緩和的で・・・  Accommodative」が削除されるのか?
一番最近のFOMC声明文 でも金融政策のスタンスについて、 「The stance of monetary policy remains accommodative,  金融政策の運営姿勢は引き続き緩和的で・・・」と表現しています。


「緩和的」と感じているのであれば、今後もまだまだ利上げがあってもおかしくありません。


もし本日予定通り利上げをして、2~2.25%となった場合、それでもFEDは「緩和的」という表現を使うのでしょうか?



もしこの表現を削除した場合は、アメリカの利上げサイクルは既に「後半戦」に入っていると理解できます。


「後半戦」とはなにか?それは、ニュートラル金利に近づいてきたよ! ということです。

現在のニュートラル金利は、2.875%です。つまり、2~2.25%となった場合、利上げはせいぜい3回くらいという計算ですね。

これがたぶん、本日のFOMCで一番大事な点かと思いますし、当然 金融関係者もここに注目していると私は考えます。

これ以外にもいくつかあるのですが、もし本日FOMCに参加される方は、ここをまず注意してみてください  


              





いきなりですが、来週水曜日 10月3日 20時から、ロンドンよりオンラインセミナーをいたします。

英国のBrexit進捗状況、英国各党の秋の党大会の様子、欧州の政治や金融政策について、最新情報をお話しさせていただきます。

どなたでも参加できますので、楽しみにしてくださいね~
 

お申し込みは、   のバナーをクリックしてください。


Net Money



FXプライムbyGMO

[ 2018/09/26 20:24 ] 米国関連 | TB(-) | CM(0)

ジャクソンホールのパウエルFRB議長講演、エコノミスト達の感想

ジャクソンホール経済シンポジムでの パウエルFRB議長の講演 について、シンクタンクや銀行のエコノミストたちの見解です。


エコノミスト Aさん
インフレに関する言及は、ややDovishな印象を受けたが、現在マーケットが抱いている「穏やかな速度での利上げ」をひっくりかえすような内容ではない。我々は、今でも9月と12月の利上げを予想している。
当然であろうが、マーケットでは12月利上げについては、まだ確定とは思っていない。しかし、我々は9/12月ともに利上げをすると考える。



エコノミスト Bさん
パウエル議長のコメントを聞く限り、特に目新しい内容は見当たらない。アメリカ経済が強い限り、政策金利は穏やかに上昇する。唯一の警告は、万が一 世界的ななんらかのイベントが起きた場合だろう。



エコノミスト Cさん
今回の講演を聞いて、FOMC理事達の間で、12月の利上げの必要性について意見が分かれているのではないか?と感じた。もちろん、講演内容は先日のFOMC議事録と似ているが、ほんの小さなDovishな影が見えた




エコノミスト Dさん
米経済は堅調で、個人消費もしっかりしている。この状況であれば、中央銀行としては、金利の正常化を継続し、政策金利をニュートラル金利まで持っていく必要があるだろう。もし、中央銀行がそういう動きを、何らかの理由で躊躇した場合、リスクが台頭する。つまり、FEDは後手に廻らず先手を打つべきである。



米 パウエル議長 





個人的には、パウエルFRB議長は、本日のこの講演でトランプ大統領による中銀への介入に対し、断固たる姿勢を取るべきだったのではないか? と思っています。具体的にどうすればよいのか、正直 よくわかりませんが 

「経済の状態を見ながら物価安定の維持を優先しながら、中央銀行は金融政策の決定をする。決して政治的な圧力により金融政策の決定を行なうべきではない。」


という感じかなぁ もし自分が話すなら・・・・







来週 8月29日(水曜日)、トレイダーズ証券さんの主催で、ロンドンの自宅からオンライン・セミナーを行ないます 


ロンドンから生放送、欧州市場のスペシャリストが秋相場を語る!
8月29日 (水曜日)   20時から21時まで   定員: 200名様


どなたでも参加できます。
この日は、翌日に米ジャクソンホール経済シンポジウムを控えておりますので、欧州の話題に加え、アメリカについてもお話しさせていただけると嬉しいです 

詳細は、バナーをクリックしてください!

     
Net Money



初回入金10万円以上」+「取引1Lot」で、書籍【ずっと稼げるロンドンFX】をプレゼントいたします 

[ 2018/08/24 23:52 ] 米国関連 | TB(-) | CM(0)

米株価指数下落中

明日からフルで仕事に戻るのですが、今朝から 足に力が入らなくて悩んでいます。

ネットで調べると、恐ろしい病名も書いてあり・・・

イギリスでは、一般医に見てもらうのが最初ですが、予約しても、早くて4週間後・・とかなので、それがダメなら救急病院しかなくて。もし この状態が明日も続いていたら、朝イチで救急病院に行こうと思います。



* 下がり続ける米株式指数
エイプリル・フールの日に、テスラのムスクさんが、「テスラ破綻するかも?」というジョークを載せて話題になりましたが、本日早速売られていました。しかし、その後 新しく販売されるセダン3の販売台数は、予想より伸びるという話しが出て、若干戻しています。

FANG株も下落中。


株 200日線
(クリックすると拡大します)




これは、米S&P500 ・ダウジョーンズ・ナスダック。 独DAX そして 英FTSE100 のチャートに、200日移動平均線を載せたチャートです。

意外ですが、ドイツ・英国はとっくに200日線を下抜けていますが、アメリカの指数はギリギリセーフ

これが下抜けすると、下げが加速するようなチャートの形ですね・・・ 







4月18日(水曜日) ロンドンの自宅からWEBセミナーをいたします。

ヨーロッパ、ロンドンから見た為替相場全般、経済事情を解説します。特にユーロ、ポンド相場に対する見方は必見です。ドル円はトレードするけど、ユーロやポンドは苦手という方、ぜひ本セミナーを受講ください。トレードの幅がさらに広がるはずです。


お申し込みは、   このバナーをクリックしてくださいね 

どなたでも参加できます   皆様のご参加をお待ち申し上げております。

Net Money




Net Money


FXプライムbyGMO
[ 2018/04/03 03:03 ] 米国関連 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ