2018 051234567891011121314151617181920212223242526272829302018 07

連立解消の噂・・・・イタリアじゃないよ、ドイツですよ!!!

昨日 午前中何もせずに日本のドラマを PCで観ていたので、今朝は やることが山積み

まぁ、忙しいということは、ありがたいことですね 




* ヨーロッパ、どうした? 大丈夫なの 
15分ほど前に自宅に戻り、Twitterを見たら、「連立解消」という日本語が目に飛び込んできました。

私、とっさに イタリアの5つ星と同盟が、喧嘩別れでもしたのかと思い、 ヤッホ~  ヽ(^^)(^^)ノ     とか思って調べたら、ドイツかい 


独 連立解消?




* そもそも・・・・
イタリアに気を取られているうちに、ドイツで それも 「ヨーロッパの首相」 とよばれる  「安定のメルケルさん」 に、いったい 何があったの?   と、誰もが思いますよね。

そもそも・・・ から始めますね。


メルケル首相率いるキリスト教民主同盟(CDU党)と連携してきたキリスト教社会同盟(CSU)が、連立解消か  という話しになってきました。両党の連立は戦後すぐの1949年からずっと続いており、「姉妹党」 と呼ばれています。

いったい 何が発端なのか  というと、移民/難民受け入れについての意見の相違。


メルケルさん(CDU)は、受け入れOK  
それに対し、ゼホーファ内務相(CSU)は、身分証明書がない移民などは国境を渡る前に追い返せ 


この両者の意見の相違が発端で、今週水曜日と木曜日に話し合いを持ったのですが、合意できず。

結果として、CSU党はこれ以上、メルケルさんのCDU党との連立を継続する意味がない・・・ という結論に至った模様。


話しが前後して申し訳ありませんが、EUにおける移民/難民の取り扱い方法としては、「最初に足を踏み入れた国」で移民登録をすることになっています。

そのため、ゼホーファ内務相(CSU)は、移民がドイツの国境を渡って入国する際に、移民登録を既に済ませた移民は、ドイツに入らずその登録国に戻るのが当たり前だろ!という主張

この移民/難民問題は欧州最大の頭痛の種で    メルケル首相がそもそも寛容な姿勢を示したがために、他の国、特に東欧やギリシャ、イタリアなどが実害にあい   イタリアでは「反移民」の同盟が連立政権を取ったことは、皆さんのご記憶にも新しいでしょう。


メルケル首相は、この問題は6月28/29日のEU首脳会談の場で話し合い、EUとしての対策を立てて、それに基づいて解決しよう と呼びかけています 

しかし、ゼホーファ内務相は、今まで3年間に渡ってEUでの移民対策を話し合っているが、妥協策が見つからなかった。今月のEUサミットでも簡単に解決される問題ではない・・ と主張。  これ最もな意見です。


最新の世論調査では、65%の有権者はメルケル首相の「移民大歓迎政策」に反対しているそうです。



* CSU党の事情
今回 連立解消も辞さない姿勢を示しているCSU党

これには事情があります。

それは、今年10月に控えるバイエルン州の州議会選挙。
CSU党の正式名は、「バイエルン・キリスト教社会同盟」です。つまり、地元バイエルン州の議会選挙で負けるわけにいきません。


移民問題がこじれた場合、反移民を掲げる右翼国家主義政党「ドイツのための選択肢」(AfD)が強敵として立ちふさがっていることもあり、メルケル首相率いるCDU党と連立を組み、メルケルさんの移民政策を受け入れる立場を貫いていたら、AfDに負けてしまうかもしれません。



* おまけ   フランス vs イタリア
問題が起きているのは、ドイツだけではありません。

今週、訪仏する予定であったコンテ伊新首相は急遽予定をキャンセル 

その理由は、先日629人の難民を乗せた船の寄港をイタリアのサルビーニ内務相が拒否したことに対し、フランスのマクロン大統領が非難したからです 

サルビーニさんは正式にマクロンさんに謝罪を要求。しかし、マクロンさんは無視。


まぁ、サルビーニさんの肩を持つわけではありませんが、2015年以来の難民引き受けでは、アジア/中東からの難民はギリシャが、アフリカ大陸から船で来る難民はイタリアが主に引き受けているので、イタリア人はもうたくさんでしょう。


メルケルさんが「難民 Welcome 大歓迎」 したおかげで、南欧州各国が難民の受け入れをせざるを得なくなった。

難民の中には経済が弱いギリシャに留まるより、ドイツなどの北ヨーロッパで働きたい人が多い。

その移動中にポーランドやハンガリーを通るけど、それらの国は 「一切 難民は受け入れません」 という強硬姿勢を崩さない。


本当に大変な問題です。







Net Money


FXプライムbyGMO
[ 2018/06/15 21:35 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

イタリア各地での市長/町長選、「同盟」優勢! これ マズくね?

土日にとことん仕事したので、今日は午前中ジムに行き、帰りに車のタイヤに空気入れたり、ガソリン入れたりしてました。

先週は雨が続き、仕事部屋に小さいストーブをつけていましたが、昨日から晴天となり、本日も素晴らしい青空です 



私が3月から始めたファンダメンタルズ・カレッジでは、明日の米朝首脳会議についての質問が来ております。しかし、ここロンドンでは、

・G7でのアメリカの態度
・メイ首相の「Brexit Backstop案」がEUでは受け入れられない件
・今週はBrexit修正案が下院で採決されるドキドキの1週間となる件



このようなニュースばかりで、米朝についてのニュースは、後回し的扱いになっています 

特に、明日の米朝首脳会談はロンドン時間午前1時からのスタート予定ですので、仕方ないかもね・・・



* ということで、イタリア取り上げました 
毎日毎日 イタリア新政権のニュースを調べているのですが、調べれば調べるほど、同盟のサルビーニ書記長 (現:副首相兼内務相) が Upper hand 取ってますね。


思うんですが・・・・ もともと サルビーニさんは、頭もよくやり手、リーダーとしての素質があるのでしょうが、5つ星運動のディマイオさんと比較して、政治経験の長さってこういう時にボディーブローのように効いてくる感じです。


この週末には、イタリア各地の760の市や町で、市長/町長選 1回目投票が実施されました。2回目投票は、6月24日で、50%以上の得票率を獲得した候補が当選となる運びです。

このニュースはイギリスでもあまり話題になっていません。本日のイタリア国債の利回りも、低下(国債価格上昇)しているくらいです。  しかし、私は気になって仕方ありません・・・・



この選挙は3月に実施された総選挙以来、初の大規模選挙となりましたが、1回目投票結果は圧倒的に「同盟」の票が伸びているそうです。



また私自身の頭の中で、きちんとした自分の言葉でまとまっていないので、本日のブログでは書きませんが、イタリアで起きている政治劇は、たぶん ここ最近で最悪のものだと思います。

今後の進展次第ですが、解散・総選挙の実施が「絶対にない」とは言い切れないでしょう。

しかし、問題はもし新たな総選挙を実施した場合、同盟の得票率がさらに伸びることになるでしょうから、サルビーニ首相が誕生するかもしれません 



ちょっとなぁ・・・  3月の総選挙で、イタリアは寝た子を起こしちゃったようです 



あと、面白かったのは、5つ星運動のディマイオ党首が、マッタレッラ大統領に

「サルビーニさんは、僕のこと 子分のように扱うんだよね・・・」  

と愚痴をもらしていたそうです。政治経験が全く違うこと、こういうところでも出てきます 



欧 伊 ユーロ






Net Money


FXプライムbyGMO
[ 2018/06/11 23:01 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

イタリア国債利回り 3%台へ・・・ イタリアって新興国扱いなのかい?

ということで、今朝 午前4時過ぎに、前庭からの騒音?で目が覚めました。窓から見ると、キツネが2匹 (或いは キツネと大きなネコ?)がとっくみあいのケンカ。  どうして うちの庭でやるかね・・・・

キツネは私が見下ろしているのに気がついたけど、睨み返してきた。 いい根性してます。

最終的に、キツネが去ったのですが、2分くらいでまた戻ってきて、私の車の周りを何周かして どこかに行きました。

もう一匹のキツネだか、ネコだがが、血まみれになっているんじゃないか?

その恐怖感で、その後一睡もできず・・・・

朝7時に 恐る恐る玄関を開けてみたら、大丈夫でした 




* イタリア国債(10年物)イールド、またしても3%へ上昇  = 国債価格急落
ここでもイタリア政局動向を楽観視していない  と書きましたが、今後 これ 真面目にマズイんじゃないかな・・・と思っています。

来月の会場セミナー でも、そのあたりのこと、お話しさせていただきますね! 今 資料作っているところです。




今日のイタリア国債イールド上昇の理由として、新政権の歳出プランがひどいこと (本日の セントラル短資FXさん のコラムで詳しい数字を挙げて説明していますが、記事のアップ もうちょっと待っててね ) と、新興国通貨が売られていること が、挙げられていました。

歳出プランがひどいことは まぁ わかるけど、新興国通貨売り  イタリア国債も売り という連想ゲームには、ある意味 新鮮な驚き  を覚えました。



* 新興国通貨 売られてます 
本日の新興国通貨売りの様子は、こんな感じです。

新興国通貨売り 2

安定の 「トルコリラ」売りも 絶賛継続中  


今週のトルコ中銀金融政策会合での驚きの利上げをしましたが、私が1990年代に経験した 「XXXX危機」  の時を振り返ると、利上げとかしても焼け石に水で、マーケットは自分達の気が済むまで、ありとあらゆる理由をつけて、売り込みます。



しかし、どうして 「本日」 あらためて新興国通貨が売られているのか?

理由は2つくらいかな?


1) G7会議でトランプ大統領の孤立が予想され、トランプさんは予定を繰り上げて早めに退席するという話しや、トランプさんがG7前にして、カナダのトルドー首相やフランスのマクロン大統領を名指しでTweet


G7前のTweet
(クリックすると拡大します)



2) ドイツ銀行とコメルツ銀行との合併話しが出ている
もう なんでもありですね、2018年は・・・・

リスク・オフ相場ということで、新興国通貨売られ、ドイツ国債買われ、イタリア国債売られる。


まだまだ 今年も熱くなりそうです 







Net Money


FXプライムbyGMO
[ 2018/06/08 20:54 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

イタリア、コンテ首相

イタリアのコンテ新首相 いろいろ発言しています。

あまりに多くて全部書けませんが、特に 気になった一言



Wants to reduce debt through GDP growth
債務削減は、GDP(景気拡大)を通じて行いたい


という夢のような発言をしています。


明日更新されるYJFXさんのコラム記事にも書いたのですが、イタリア新連立政権に対する 「内閣信任投票」 は今週中に実施・・・ と言われておりましたが、上院に関しては 本日 イギリス時間 17時 (日本時間 25時) に実施の運びのようです。

下院では連立政権の議席は余裕ですので、信任投票は問題ないでしょう。
上院の場合は、たしか10議席くらいの余裕があるはずなので、大丈夫のはずです。

いずれにしても、またイタリア国債利回りが上昇に転じており、ユーロが軟化しています。


欧 伊 長期金利上昇
(クリックすると拡大します)







Net Money


FXプライムbyGMO
[ 2018/06/05 22:14 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

最初に瞬きをしたのは、イタリア大統領だった・・・

「Who blinks first? (誰が最初にまばたきをするのか?)」

英語では、よく使われる言い回しです。

意味は、例えば睨めっこをして最初に瞬きをした人、またはポーカー・ゲームの最中に、敵に対して最初に自分の手の内を見せてしまう顔の表情をしてしまった人のことを指します。つまり、最初に瞬いた人が負けとなるのです。

今回のイタリア新政権誕生に至るドタバタ劇で、最終的に瞬きをしてしまったのは、マッタレッラ大統領だったようです。

その理由は、反ユーロのサボナ氏の財務相任命を拒否しましたが、5つ星も同盟も諦めず、今回は 「EU担当相」としてサボナさんを残したからです。



*  5つ星運動/同盟連立政権の誕生
イタリアのLa Repubblica紙によりますと、5つ星運動と同盟との間で連立合意したそうです。そのため、新たな総選挙実施は免れた模様。

主な閣僚メンバーは、


首相: 学歴詐欺のコンテ氏
副首相: 5つ星運動 ディマイオ党首 + 同盟 サルビーニ書記長
EU問題担当大臣: 反ユーロで財務相になれなかったサボナ氏
財務相: 大学教授で、ユーロ圏残留派の政治経済学者であるが、ユーロ以外の通貨使用を認めている トリア氏
内務相:  同盟 サルビーニ書記長
労働相: 5つ星運動 ディマイオ党首
外務相: 元EU問題担当大臣のモアベロ・ミラネシ氏



*  閣僚の内訳
閣僚人数 (首相を除く)   18人

女性 5人
5つ星運動   9人
同盟   6人
その他  3人



* 今回の組閣メンバーを見て感じたこと
今朝は、イタリアだけでなく、ほとんどの欧州各国の国債利回りは下落(国債価格は上昇)しておりましたが、さきほど帰宅してチェックすると、またジリジリと利回り上昇(価格下落)しています。

どうしてなのかな?  と思っているのですが、無理やり理由をこじつけると・・・


やはり閣僚の振り方が ちょっと エグすぎる気がしています。


反ユーロのサボナさんを、EU問題担当大臣
これ、嫌がらせとしか思えません。

移民大反対の同盟 サルビーニ書記長が、内務相担当。
つまり、就任したら即、移民は追い返すぞ! と宣告しているようなもの


欧 伊 新政権


ps 書き忘れ~ 

噂ですが、今週イタリア国債が大きく売られた時、イタリア中銀がセカンダリーマーケットで、かなりのイタリア国債を買い支えていたという話しです。額などは、わかりませんが・・・・







Net Money


FXプライムbyGMO
[ 2018/06/01 23:37 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ