2016 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 02

突如として騒がしくなってきたギリシャ金融支援問題

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 


セントラル短資用



今週のコラムで、なにについて書こうか悩みました。候補として、①水曜日に開催された米連邦公開市場委員会(FOMC)について、②最近ヨーロッパで展開されている新たなギリシャ問題についての2つの選択がありました。そこで、私はTwitterを使ってアンケートを取ったのです。その結果、ギリシャ関連記事58%に対し、FOMC関連は42%となりましたので、今週はギリシャで起きていることについて書いてみたいと思います。

これからも時々、今回のように読者の方が読みたい記事を書けるよう、Twitterでアンケートを取ることがあると思いますので、どうぞご協力お願いいたします。ちなみに、私のTwitterアカウントは、@LondonFX_N20 です




今回のコラム記事の主な内容は、


・ギリシャ向け第3次金融支援

・いったい、ギリシャで何が起こっているのか?

・いつか来た道

・第3次支援金について

・ツィプラス首相からクリスマス・サプライズ

・ギリシャ、解散・総選挙の場合

・ここからのユーロ





コラム記事の一部を抜粋しますと、


>>>ダイセルブルーム議長は、「ギリシャ政府とは、財政政策上で何らかの変更が必要な場合、必ず事前に相談するよう、約束を取り付けてあった。」と語り、果たしてギリシャは本当にやる気があるのか?と問いかけました。そもそも、5日の財務相会合で「短期的ギリシャ債務削減」の容認を発表した背景には、一日も早くIMFにも金融支援に再参加して欲しいからでした。そのための譲歩に対し、何の相談もなくツィプラス首相がこのようなサプライズを発表したため、ドイツはカンカンに怒っているそうです。それもあって、同首相は急遽、16日(金)にドイツへ飛び、メルケル首相と会談を持つことになりました。<<<



どうぞごゆっくりお読みください 


このバナーをクリックすると記事が読めます。


Net Money

または このブログの左上 すこしFX ☆ なが~くFX バナー をクリックして是非お読みください!  よろしく~

マーケット・ビューの過去記事は このリンク を使って頂ければと思います 





□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
□■ お客さまファースト!冬のおもてなし新規口座開設キャンペーン
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

<キャンペーン期間>
 2016年12月1日(木)〜2017年1月31日(火) 営業終了まで

<キャンペーン内容>
 キャンペーン期間中、以下の条件をすべて満たされたお客さまに
 お取引数量に応じて最大20,000円をキャッシュバックします。

  ・当キャンペーン期間中に当社で初めて口座を開設
  ・口座開設月の翌月末の営業終了までにキャンペーン申込みを完了
  ・口座開設月の翌月末の営業終了までに、「FXダイレクトプラス」で
   50万通貨以上の取引(新規または決済)

   ★50万通貨以上200万通貨未満    5,000円キャッシュバック
   ★200万通貨以上             20,000円キャッシュバック




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 キャッシュバックを含めると、≪米ドル/円の実質スプレッド0銭!!≫
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ※米ドル/円を50万通貨お取引されて5,000円のキャッシュバックの場合、
  スプレッドに換算すると1銭に当たるので、ドル円の通常スプレッド1銭 
(※例外あり)-1銭=0銭となります。


 ※早朝などの市場流動性の低下や経済指標発表時の相場急変など、市場の状況によっては拡大する場合があります。
[ 2016/12/16 19:57 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

ズバリ解説: イタリア国民投票

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 


セントラル短資用
(クリックすると拡大します)





先週の当コラムでも取り上げた 「私の12月イチオシ・イベント」であるイタリア国民投票。

とうとう投票日がこの週末に迫ってきました。そこで、今週のコラムでは、イタリア国民投票だけでなく、もう一段掘り下げ、どうしてイタリアの国民投票がここまで注目を浴びているのかについても、書きたいと思います。特にユーロを取引している方は、是非お読みいただけると幸いです。




今回のコラム記事の主な内容は、


・イタリア国民投票とは?
国民投票内容
注意すべき時間帯

セントラル イタリア時間帯
(クリックすると拡大します)


・投票結果とその後のイタリア政局予想

・「2015年新選挙法 Italicum」とは?

・Italicumの落とし穴

・国民投票でNOとなった場合

マーケット : 為替  株  債券(国債)
銀行の不良債権問題と救済案
ユーロ崩壊リスク
ECBの国債購入プログラム内容の変更の可能性?

・最後に・・・




コラム記事の一部を抜粋しますと、


>>>Brexitとは、EUからの離脱です。それに対し、Italexitはユーロからの離脱です。それぞれ「離脱する場所」は違いますが、イタリアの問題は「世界3大通貨であるユーロの崩壊リスク」となるため、欧州発金融/銀行/通貨危機を引き起こすきっかけとなるため、Brexit以上の混乱となると私は考えます。<<<


どうぞごゆっくりお読みください 


このバナーをクリックすると記事が読めます。


Net Money

または このブログの左上 すこしFX ☆ なが~くFX バナー をクリックして是非お読みください!  よろしく~

マーケット・ビューの過去記事は このリンク を使って頂ければと思います 





□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
□■ お客さまファースト!冬のおもてなし新規口座開設キャンペーン
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

<キャンペーン期間>
 2016年12月1日(木)〜2017年1月31日(火) 営業終了まで

<キャンペーン内容>
 キャンペーン期間中、以下の条件をすべて満たされたお客さまに
 お取引数量に応じて最大20,000円をキャッシュバックします。

  ・当キャンペーン期間中に当社で初めて口座を開設
  ・口座開設月の翌月末の営業終了までにキャンペーン申込みを完了
  ・口座開設月の翌月末の営業終了までに、「FXダイレクトプラス」で
   50万通貨以上の取引(新規または決済)

   ★50万通貨以上200万通貨未満    5,000円キャッシュバック
   ★200万通貨以上             20,000円キャッシュバック

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 キャッシュバックを含めると、≪米ドル/円の実質スプレッド0銭!!≫
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ※米ドル/円を50万通貨お取引されて5,000円のキャッシュバックの場合、
  スプレッドに換算すると1銭に当たるので、ドル円の通常スプレッド1銭
  (※例外あり)-1銭=0銭となります。

 ※早朝などの市場流動性の低下や経済指標発表時の相場急変など、
  市場の状況によっては拡大する場合があります。


[ 2016/12/04 02:24 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(1)

イタリアが大変なことに・・・!

11月28日(月)、ロンドン時間夜21時頃、無事に自宅に戻りました   私がいない間に空き巣に入られたようなんですが、特に盗まれたものがありません。ただし、近所の人たちと話したのですが、今回のは「事前チェック」で、後日あらためて「正式に」入られる可能性も残っているので、注意するように言われました 

突然ですが、ロンドン、寒いです 今朝は5時に目が覚めましたが、寒くて寒くてベッドから出れない。家の中にいても、吐く息が白いんですよ。

ベッドの中でニュースをチェックし、朝7時に起き上がったのですが、外は一面氷結していて、危なそう。本当は混まないうちに大手スーパーに食料品買出しに行きたかったのですが、車も真っ白に凍っていたので、溶けるまで待ちました。


*イタリアの銀行問題
この週末に イタリアの国民投票 が実施されます。これについては、私が日本でやらせていただいた数々のセミナーで、お話ししましたので、皆さん覚えていらっしゃることと思います。

この国民投票に先駆けて、イタリアの国債や銀行株が売られています。特に、銀行株はマズイですね・・・

この銀行問題を最初から説明すると、ここに書ききれなくなるので今回は我慢しますが、イタリアの8つの銀行が特に不良債権処理でてこずっており、その総額は3600~4000億ユーロと言われています。レンツィ首相はこの問題を最小限に食いとめるため、以下の行動に打って出ました。

① 銀行や生保などに50億ユーロ規模の救済ファンドを設立するよう要請  
② (ベイルインではなく) EUの規則に反する公的資金による救済を検討していると発表  公的資金注入はEUの銀行の再生・破綻処理指令に違反すると見なされており、EU加盟国特にドイツでは反感が強い 

つまり、レンツィ首相は、EUの規則に反することをしてでも、イタリア発銀行危機  を押さえこもうとしたのです。

しかし、今回の国民投票でNOが出てしまうと、同首相は辞任するという見方が一般的であるため、この銀行救済案が暗礁に乗り上げてしまうリスクが高まり  それを先取りした形で、イタリア株が急に値を崩してきたわけです。
 



*イタリアがユーロ圏から離脱するリスク
ドイツの調査会社; センティックスが発表している「投資家へのサーベイ」 11月29日分によると、イタリアが今後12ヶ月の間にユーロ圏から離脱すると考えている投資家は、19.3%と急騰。このサーベイは4年前から始まったそうですが、この高さはサーベイ開始以来、最悪だそうです。

伊ユーロ離脱リスク チャート



*火曜日の欧州時間にユーロやイタリア株式指数が買われた理由
これだけイタリアの銀行株に対する不安が高まっているのに   29日(火曜日)の欧州時間午後に、ユーロ/ドルは 1.05ミドルから100ポイントほど +  イタリアの株価指数; MIBも上昇で終わりました。

え、どうして 

その理由は、月末の特殊要因という理由も手伝っていますが、それよりもなによりも、12月8日に予定されている 欧州中銀(ECB)理事会 で、イタリア救済とも受け取れる何らかの発表があるのではないか   という記事がロイターに載ったからでした。

この記事を読んでみると、ECBは国債をはじめとする資産購入プログラムを毎月 : 800億ドル規模で実施しています。ここでの国債購入は、キャピタル・キー を元に購入されていますが、もしかしたら12月8日の会合で、購入基準に柔軟性を持たせ、イタリア国債の購入を大幅に増やすのではないか? という内容でした。


ということで、私は今日も早めに寝て、明日(水曜日)から徐々に通常通りに戻るつもりです。
OPECのニュースなども、明日書こうと思います。よろしく~ 






キャッシュバック・キャンペーン  

Uチャートを使えるので、視覚的に他の人の売買レベルが確認できます!

インターバンク直結型    ポンド円の約定率  100%! 




口座開設月の翌月末の営業終了までに「ウルトラFX」で1回以上新規取引をされた方に、もれなく4,000円キャッシュバック!
さらに、「Uチャート」からの取引1回で1,000円キャッシュバック。最大5,000円もらえるチャンス!


スタンプ  くいくい
[ 2016/11/30 03:37 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

ドイツ銀行がドイツ国債に与える影響

本日も午前中 ずっと出ていて、ブログの更新が遅れたこと、お詫びします。今週は出たり入ったりが多くなってしまい、たぶん水曜日と金曜日の午後、木曜日一日中 マーケットが見れる予定です。

ええと、前置きが長くなっても仕方ないので、本題に入ります。


*ドイツ国債CDSの上昇
百聞は一見にしかずですので、チャートを載せますね

欧 ドイツ銀行 ドイツ国債 CDS

先週金曜日のドイツ銀行とドイツ国債それぞれの 「5年物クレジット・デフォルト・スワップ」のチャートです。

オレンジ色のラインが、ドイツ銀行のCDS
ピンクが、ドイツ国債5年物のCDS

わざわざ説明する必要ありませんが、ドイツ銀行のCDSが大きく上昇しているのにつれて、とうとうドイツ国債のCDSまで上昇してきました。


*ドイツ銀行 大丈夫なのか?
今年に入ってからのドイツ銀行については、 詳しく解説した過去記事 を必ず読んでください。それを理解していないと、ちょっと分かりにくいと思うからです。

最近になってからのドイツ銀行の株価下落やCDS上昇は、米司法省が同行に対し、MBS(住宅ローン担保証券)の不適切販売にかかわる 140 億ドルの賠償請求をした事件が重石になっていると思われます。

本日だけでも、既に同行の株価は7%近く下落しており、たぶん株価はシングル・ディジット(1桁)になるのは時間の問題だと思っています。

報道を見ると、ドイツ銀行は米国への賠償額支払いについて、ドイツ政府にヘルプを求めるのではないか? とか、メルケル首相はドイツ銀行救済のために、公的資金を使うつもりはない と言ったとか... いろいろな噂が流れています。


そして、あと30分すると、ドラギECB総裁が、四半期に一度の欧州議会・経済金融委員会での議会証言がはじまります。

もし、金融安定 というところにスポットライトが当たった場合、ドイツ銀行から端を発するシステミリック懸念が出てくるかもしれません。その辺りについても、この記事で詳しく書いてます ので、是非お読みください。






上田ハーローFXさんでキャンペーン始めました!

キャンペーン期間中に新規口座を開設し、翌月末までに1万円以上のご入金あった方全員に、上田ハーローFXさんの戦略レポート「視る」ブログを毎週月曜日に配信している私の著書:「松崎美子のロンドンFX」をプレゼントいたします。著書を読んで、「視る」ブログを100倍活用しましょう。

[ 2016/09/26 22:40 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(1)

スペイン、2度目の総選挙がほぼ決定

あと30分すこしで、アメリカのGDPの発表ですね。

既に日銀からのサプライズで世界的に株価が低迷していますが、もしアメリカのGDPも予想以上に悪いと、Sell in Mayが一足お先に始まってしまうかもしれません 


*スペイン、2度目の総選挙
以前にも、スペインで2度目の総選挙の可能性 についてお話しさせていただきました。

昨年12月20日の総選挙以来、スペイン国王は新政権誕生に向け相当の努力を重ねられてこられましたが、昨日とうとう 「これ以上無理…」   と公式に断念されたようです。

スペイン 国王


本日のFT紙には、2度目の選挙では、第一党の国民党と市民党の2つが票を伸ばす可能性が考えられ、その2つが連立を組めば、ギリギリ過半数に達する議席は確保できるのではないか?という予想が出ていました。

ただし、最近の世論調査結果を見ると、12月の選挙時と有権者の志向はさほど変わっておらず、6月の選挙でも、それほど大きな変化は、ないという見方もあります。


*ギリシャ国債は売られるが、スペインは大丈夫
現在、ギリシャ政府とトロイカ(EU/ECB/IMF)との間で、第三次金融支援の内容について協議が進んでいます。しかし、今回の協議の中で、「ギリシャが赤字対GDP比の目標を達成出来なかった場合、自動的に財政支出をカットし、帳尻を合わせる」とトロイカ側は要求しているのに対し、ギリシャ政府は抵抗を示しており、両者泣き別れ状態で一向に前に進みません。

つまり、ユーロ加盟国の中で、スペインとアイルランドは総選挙後、新しい内閣が決まらず、無政府状態 (暫定政権) のままとなっています。しかし、これらの国の国債は売られておらず、利回りも下がっています。

それに対し、ギリシャ国債は、合意が進まないことをうけ、売られており、利回りは上がっています。

どうして同じユーロ加盟国なのに、こういう差が生まれてくるのか  については、ECBのPSPP(国債購入プログラム)にスペインとアイルランドの国債は対象に含まれていますが、ギリシャは対象となっていないことが、挙げられると思います。





キャッシュバック・キャンペーン  

Uチャートを使えるので、視覚的に他の人の売買レベルが確認できます!

インターバンク直結型    ポンド円の約定率  100%! 




口座開設月の翌月末の営業終了までに「ウルトラFX」で1回以上新規取引をされた方に、もれなく4,000円キャッシュバック!
さらに、「Uチャート」からの取引1回で1,000円キャッシュバック。最大5,000円もらえるチャンス!


スタンプ  くいくい
[ 2016/04/28 21:00 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(1)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ