FC2ブログ
2019 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 11

欧州中銀、包括的緩和パッケージを発表

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 



欧 ドラギ 2



9月12日、欧州中銀(ECB)金融政策理事会が開催されました。ドイツ経済のリセッション・リスクが話題にのぼるようになってきたこともあり、大型緩和パッケージ発表の期待がかなり高かったと思います。しかし、理事会が近づくにつれ、タカ派だけでなく、ハト派の理事からも、大型緩和に対し否定的な発言が続きました。

今回のコラムでは、今までになく注目度が高かった理事会からの発表内容を、詳しくお伝えしたいと思います。






今回のコラムでは、


・事前予想
ECB発表に関する事前予想
ECB関係者からの発言

・欧州中銀(ECB)からの発表
政策金利
金利の階層的措置導入
フォワードガイダンス内容は、「オープンエンド」へ変更
量的緩和策(QE)の再開
TLTRO3条件変更

・発表内容のタカ派度とハト派度
タカ派的内容
ハト派的内容

・やはり出たトランプ砲

・ドラギ総裁記者会見

・スタッフ予想、インフレ見通し下方修正

・金融政策の限界?

・ここからのマーケット







コラム記事の一部をご紹介しますと、



>>> ECB理事会が始まる前は、主に米系銀行主導で、緩和パッケージは予想よりずっと小さくなるはずなので、ユーロは下がったところは買いで攻めるというレポートを出していました。上昇したところを積極的に売りで攻めるという銀行は、たしか1行だけだったと記憶しています。<<<




どうぞごゆっくりお読みください 





「FXダイレクトプラス」において豪ドル3通貨ペア (豪ドル/円、豪ドル/米ドル、ユーロ/豪ドル) の スプレッドを業界最狭水準へ 大幅に縮小します。

Net Money




[ 2019/09/15 10:25 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)

マイナス金利は、ニューノーマル?(新常態)

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 



ニューノーマル


いつか書こうと思っていた話題ですが、やっとタイミングが整ったようです。

8月7日、アジア時間に3つの中央銀行が続けて金融緩和に動きました。2008年の世界的金融危機を受け、世界は「ニューノーマル」に突入したと言われてから、既に10年近く経っています。

今回のコラムでは、この「ニューノーマル」について考えてみたいと思います。






今回のコラムでは、

・ニューノーマル(新常態)

・8月7日、3つの中央銀行による連続緩和

・マーケットからの金利カット催促相場

・マイナス金利のメリット・デメリット

メリット
デメリット

・アメリカの国債利回りもマイナス化?

・英中銀もマイナス金利導入?

カーニー総裁の見解
本当にマイナス金利を選ぶのか?

・今年下半期の注意すべきイベント

・ここからのマーケット




コラム記事の一部をご紹介しますと、



>>> 中銀の政策金利は「短期金利」ですので、常識的に考えますと、長期金利よりも低くないと整合性が取れません。理由は、ある国の経済や財政状態について、1週間後や1ヵ月後の予想はある程度ついても、10年後となると不確実性要素が高まりますので、金利の上乗せ(プレミアム)が必要となるからです。<<<




どうぞごゆっくりお読みください 





「FXダイレクトプラス」において豪ドル3通貨ペア (豪ドル/円、豪ドル/米ドル、ユーロ/豪ドル) の スプレッドを業界最狭水準へ 大幅に縮小します。

Net Money




[ 2019/08/10 00:53 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)

ECBのJapanification

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 




欧 ドラギ 金




英国に住む私にとって、7月25日はイベントの多い1日になりました。メイ首相が正式に辞任され、ボリス新首相がはじめて閣僚会議を開催し、議会の首相席に座ったのがこの日でした。

本音を言えば、ボリス首相の初日を観察したかったのですが、この日開催された欧州中銀(ECB)金融政策理事会からの発表内容がとても重要なものとなりましたので、今回のコラムでは、そちらをご紹介します。







今回のコラムでは、


・ECB事前予想
① フォワードガイダンス変更の有無
② インフレ目標(インフレ・ターゲット)の変更
③ 政策金利 (特に預金金利(デポジット金利) カット
④ QE策の再開
⑤ ラガルド新総裁についての、ドラギさんのご意見
⑥ TLTRO3の条件の緩和

・ECBからの発表
政策金利
声明文における変化

・ドラギ総裁記者会見

・ドラギ総裁の記者会見を聞いて・・・

① 9月のECB理事会で、かなり大規模の緩和策発表は避けられないと予想
② 中銀預金(デポジット)金利の階層化
③ インフレ・ターゲットの対称化

・ECBのJapanification(日本化)

・ここからのマーケット






コラム記事の一部をご紹介しますと、



>>> 中銀預金(デポジット)金利の階層化に反対するECB理事もいるようですが、私はECBも階層化を取り入れると考えます。その理由は、これを導入したことにより、低金利による銀行の収益の悪化を緩和するからです。<<<




どうぞごゆっくりお読みください 





「FXダイレクトプラス」において豪ドル3通貨ペア (豪ドル/円、豪ドル/米ドル、ユーロ/豪ドル) の スプレッドを業界最狭水準へ 大幅に縮小します。

Net Money




[ 2019/07/27 00:12 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)

中央銀行勤務経験のない中央銀行総裁誕生か?

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 




欧 ラガルド ECB



6月30日に開催されたEU特別サミット。初日には何も決まらず、7月2日まで続きました。ようやく最終日に主要EUトップ人事が発表されましたが、選出過程が「秘密会議に次ぐ秘密会議」を経たもので、あまりの政治色の強さに、私もクラクラしてきました。

ヨーロッパで最も批判が高いのは、ユンケル欧州委員長の後任人事についてですが、為替市場にとってはやはり、欧州中銀(ECB)総裁人事が気になります。

そこで、今回はECB総裁後任について書いてみようと思います。







今回のコラムでは、

・バランス重視の人選

・ラガルドECB総裁候補に決定

・アメリカに続き、ヨーロッパも

・ラガルドECB総裁のご祝儀相場

・楽観説と悲観説

楽観論
悲観論
素朴な疑問

・ECB役員会メンバー、大幅変更

・ここからのマーケット






コラム記事の一部をご紹介しますと、



>>> ラガルドさんの名前が挙がったとき、多くの報道では、「アメリカのパウエルFRB議長も弁護士出身。今回名前が挙がったラガルド氏も、同じく弁護士出身。」と書きたてました。

私は「政治家出身」の部分に囚われておりましたが、マーケットではパウエル議長との共通点である「弁護士」の部分に注目したようです。<<<





どうぞごゆっくりお読みください 





「FXダイレクトプラス」において豪ドル3通貨ペア (豪ドル/円、豪ドル/米ドル、ユーロ/豪ドル) の スプレッドを業界最狭水準へ 大幅に縮小します。

Net Money




[ 2019/07/05 22:29 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)

政策金利据え置き期間延長に踏み切ったECB理事会

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 


欧 ドラギ イタリア





6月6日、欧州中銀(ECB)金融政策理事会が開催されました。この日は、第2次世界大戦のノルマンディー上陸作戦から75周年の記念式典が英国とフランス両国で行なわれました。

ECB理事会事前予想は、ややハト派的内容が色濃い感じでしたが、いざ蓋を開けたらHawkish(強気)と捉えられる内容があり、ユーロは大きく上昇しました。




今回のコラムでは、


・事前予想
政策金利とフォワードガイダンス
TLTRO3について
貿易戦争について

・ECBからの発表

・ドラギ総裁記者会見

・スタッフ予想

・どうしてユーロは上昇したのか?

・ここからのマーケット







コラム記事の一部をご紹介しますと、



>>> ECB理事会ではフォワードガイダンスの期間延長を決定。これは2通りの解釈が可能です。

ひとつは、「2020年上半期までは、ずっと低金利が継続する」という見方。ECBは域内の経済をサポートするため、政策金利を歴史的低水準で維持するのでしょう。

もうひとつの解釈は、「2020年上半期までは、政策金利の変更がないため、利下げがない」という見方です。つまり、アメリカが利下げに動き出す今、ヨーロッパは少なくとも1年以上、利下げがないということになります。<<<





どうぞごゆっくりお読みください 





「FXダイレクトプラス」において豪ドル3通貨ペア (豪ドル/円、豪ドル/米ドル、ユーロ/豪ドル) の スプレッドを業界最狭水準へ 大幅に縮小します。

Net Money




[ 2019/06/09 22:58 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ