2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

ECB理事会、10月が本番か!

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 



ドラギさん 12月





欧州中銀(ECB)金融政策理事会が、9月7日に開催されました。8月末の米ジャクソンホール経済シンポジウムで講演したドラギECB総裁からは、今後の金融政策の方向性に関する言及がひとつもなかったことを受け、9月の理事会の注目度は非常に高かったです。

今回のコラムでは、この理事会の詳細をお伝えすると同時に、今後のECB金融政策について考えてみたいと思います。





今回のコラム記事の主な内容は、

・ECB理事会事前予想
ロイター調査結果
スタッフ予想について

・ECB理事会とドラギ総裁記者会見
金融政策に関する声明文発表
ドラギ総裁記者会見
スタッフ予想

・記者会見で気になった点
購入対象となる国債の枯渇問題
ユーロ高とインフレ見通しの関係

・ここからのマーケット




コラム記事の一部を抜粋しますと、


>>> 最近のユーロを見ていてかなり違和感があるのですが、それはユーロ加盟国の国債利回り(長期金利)が下がっている中でのユーロ高となっている点です。北朝鮮問題などの地政学リスクを受け、国債が買われているから仕方ないのかもしれません。しかし、タイミングがいつになるかわかりませんが、どこかで金利かユーロかのどちらかが大きな修正を迫られることになるかもしれません。相場に絶対はありませんので、気をつけていきたいですね。




4月より、口座保有者のお客様のみが閲覧可能となりました。

どうぞごゆっくりお読みください 


私が書いた 「ずっと稼げるロンドンFX」 プレゼントキャンペーンのご紹介です   とうとう、第3弾まで来ました。 第3弾は、【ユーロ特集】です 

Net Money


[ 2017/09/09 00:41 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)

ECB マクロ経済予想(スタッフ予想)について

Twitter で呟いたこと、まとめます


* ユーロ高   インフレ押し下げ要因
一般的に、ユーロ実効レートが 10%上昇    インフレ率を 0.4~0.5%押し下げる  と言われているそうです。その記事のリンクは、これ です。

ps ごめん、Twitterで 0.04~0.05%と書いてしまった、あやまります 


欧 実効レートとインフレ
(クリックすると拡大します)


   
このパワポ資料は、毎週月曜日に上田ハーローFXさんで配信させていただいている【視るブログ】の一部です。

前回6月のECBスタッフ予想が発表された6月8日から、現在に至るまで、ユーロ実効レートは、4.1%上昇しています。

10%の上昇で、インフレ率 0.4~0.5%押し下げるのであれば、4.1%の上昇は、だいたい 0.2%くらいですかね・・・


6月のスタッフ予想 では、各年のインフレ率見通しを

・2017年  1.5%
・2018年  1.3%
・2019年  1.6%

としてますので、ここから 0.2%くらい引いたイメージかな?と思います。


た だ し、6月のスタッフ予想を作成する際にECBが使用した 「ユーロ/ドルの参考レートは、たしか 1.09」って、どこかで読んだ記憶があります。これは、たしかではないので、話し半分で聞いてください。

もし、この1.09が正しくて、今回のスタッフ予想作成時の参考レートが、例えばですが 1.18とかだった場合、既にユーロ/ドルは8%上昇していることになります。

実効レートと為替レートの変動幅は当然違いますが、もし為替レートの8%上昇を元に、インフレ率の押し下げ要因を計算すると、0.3~0.4%くらいになるので、ここも要注意かな と


なんか ダラダラ書いてすみません、とりあえず 更新します。







FXプライム by GMO さんで、はじめてWebセミナーをやらせていただくことになりました。

秋からの相場は、伝統的にボラティリティーが高まる傾向があります。私が住む英国では、年に一度の党大会シーズンでもあります。この動きに乗るためにも、このセミナーでは英欧の経済・政治・金融政策をお話し、ここからの政策手段予想などを交えてお話しできたらなぁ~ と思っています。

どなたでも参加できますので、皆様のご参加をお待ち申し上げております 

9月13日(水) 20時~21:30

Net Money

[ 2017/09/07 21:24 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)

ちょっとだけ「ハト派」的なECB声明文

歯医者さんから急いで帰ってきて、ドラギさんに間に合ってホッとしています 


* 政策金利全て据え置き
市場予想通り、全ての政策金利 (デポジット、レフィ、貸し出し の3種類) は、据え置き

同時に発表されたECB声明文 ですが、まだ全部読みきれていません 

ヘッドラインとして出たものは、

・QEは当初の予定通り、今年12月まで、必要に応じてそれ以降も継続する
・見通しが悪化すれば、QE額の拡大や、期間延長は可能

そして、今回あらたに追加されたのが、

・ expects to leave its interest rate at their present levels for an extended period of time, and well past the horizon of the net asset purchases

政策金利の水準は、現状レベルに留まることを予想する。そして、必要に応じて、QEが終了した後も、しばらく留まるだろう


ということで、ハト派色の強い内容となっています。


これはあくまでも個人的なイメージですが、やはりユーロ高にならないように工夫しているのかな  という印象を受けました。

愛するドラギさんの記者会見を待つしかないのですが、記者からの質問には、確実に 「現在のユーロの水準について」「どの程度までのユーロ高を容認できるか?」 など、ドラギさんが答えられない質問も出てくると思いますので、その答えでユーロがまた大きく動くことにもなるでしょう。





FXプライム by GMO さんで、はじめてWebセミナーをやらせていただくことになりました。

秋からの相場は、伝統的にボラティリティーが高まる傾向があります。私が住む英国では、年に一度の党大会シーズンでもあります。この動きに乗るためにも、このセミナーでは英欧の経済・政治・金融政策をお話し、ここからの政策手段予想などを交えてお話しできたらなぁ~ と思っています。

どなたでも参加できますので、皆様のご参加をお待ち申し上げております 

9月13日(水) 20時~21:30

Net Money

[ 2017/09/07 20:58 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)

ドイツ銀行CEOとショイブレ独財務相からECBへ

明日のECB理事会を前に、ドイツ銀行のCEOと、同じくドイツのショイブレ財務相が、ECBにメッセージを投げています。



* ドイツ銀行 クライアンCEOからのメッセージ
明日のECB理事会を前に、ドイツ銀行のクライアンCEOがECBに対しメッセージを送りました。

その内容は、

「ECBの超緩和政策が長期間しているおかげで、金融市場がバブル化してきており、このまま放置すれば金融市場の安定が揺らぐことにもなりかねない。これは非常に危険な兆候だ。欧州での超低金利政策は、終わるべきである。最近 ユーロが強くなっているので、緩和終了は難しい選択かもしれないが、それでも終わるべきであろう。」


* ショイブレ財務相からのメッセージ
調べてみると、本日 ドイツでは、銀行協会の集まりがあったようで、そこにドイツ銀行CEOとショイブレ財務相が出席されていたようです。


ショイブレさんは

「伝統的な金融政策以外の政策を実施するのは、ユーロ圏経済が【異常事態】である時にのみ有効である。現在のユーロ圏を見渡す限り、通常の(伝統的な)金融政策に戻すべきであることは、明らかである。金融政策の正常化は、マーケットが予想しているより、早めに実施されなければいけないだろう。」


まぁ、ショイブレさんが 「金融政策の正常化」 を呼びかけたのは、今回がはじめてではありません。ただ、明日にECB理事会を控えてのタイミングでのメッセージには、意味があると思います。


ドラギ ショイブレ 


明日のECB理事会の前に歯医者さんの予約が・・・   でも、ドラギさんまでには、確実に帰宅できるはずなので、楽しみです 





FXプライム by GMO さんで、はじめてWebセミナーをやらせていただくことになりました。

秋からの相場は、伝統的にボラティリティーが高まる傾向があります。私が住む英国では、年に一度の党大会シーズンでもあります。この動きに乗るためにも、このセミナーでは英欧の経済・政治・金融政策をお話し、ここからの政策手段予想などを交えてお話しできたらなぁ~ と思っています。

どなたでも参加できますので、皆様のご参加をお待ち申し上げております 

9月13日(水) 20時~21:30

Net Money

[ 2017/09/06 21:22 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)

ジャクソンホール経済シンポジウムを巡る憶測

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 


セントラル用





8月16日欧州市場が開いた直後、ユーロがガクンと下げました。「あれれ 」 と思いながらニュースを探すと、ロイターに観測記事が載っており、それが犯人のようです。

今回のコラムでは、ロイターの観測記事でも触れているジャクソンホール経済シンポジウムに向けたマーケットの思惑について書いてみたいと思います。




今回のコラム記事の主な内容は、

・ジャクソンホール経済シンポジウムとは?
簡単な概要
会合における有名なエピソード
通貨への影響

・今年のジャクソンホールが注目を浴びている理由

・今週は一転してユーロ安相場へ

8月14日 FT紙の記事でユーロ下落
8月16日 ロイターの観測記事で、さらにユーロ下落
8月17日 ECB議事要旨でとどめの一発

・ここからのマーケット



コラム記事の一部を抜粋しますと、


>>> 2010年の・ジャクソンホール経済シンポジウムの講演で、当時のバーナンキ議長が量的緩和策第2弾(QE2)実施の可能性について、示唆しました。これには更に興味深いエピソードがあり、このシンポジウムに出席していた当時の白川日銀総裁は、米国のQE2実施の可能性を知り、予定を早めて早々と帰国。その翌日に日銀金融政策決定臨時会合を開催し、米国に先駆け固定金利オペ(公開市場操作)を拡充する追加金融緩和策を決定しました。<<<




4月より、口座保有者のお客様のみが閲覧可能となりました。

どうぞごゆっくりお読みください 


私が書いた 「ずっと稼げるロンドンFX」 プレゼントキャンペーンのご紹介です   とうとう、第3弾まで来ました。 第3弾は、【ユーロ特集】です 

Net Money


[ 2017/08/19 01:51 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(1)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ