2018 051234567891011121314151617181920212223242526272829302018 07

アメリカに続き金利の正常化に踏み切る準備を始めたECB

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 



ナポリでのECB理事会




今週は米欧日の中央銀行による金融政策理事会が続きました。この中でも特に注目を集めていたのが、6月14日に開催された欧州中央銀行(ECB)です。

今回のコラムでは、ECBからの発表内容と今後のマーケットについて、自分の考えをまとめてみたいと思います。





今回のコラム記事の主な内容は、


・ECB事前予想
私の注目点は、5つ

・ECBからの発表 
① APP期間延長の有無
② 減額規模
③ オープンエンド方式の有無
④ 満期国債の再投資
⑤ 最初の利上げ時期

・ユーロ急落の背景
政策金利の継続期間の具体化
マーケットの利上げ織り込み具合

・ECBの政策内容の復習

・タカ派もハト派も納得の発表内容

・ここからのユーロについて考える

6月のユーロ相場
6月12日 FOMCからの発表
ユーロ円は本当に買いなのか?
ユーロ売り/ドル買いのキャリー取引は?
ここからのユーロ/ドル




コラム記事の一部をご紹介しますと、

>>> ECBからの発表内容を5つに分け発表内訳を見ると、買い材料 1 → ニュートラル 1 → 売り材料 3となりました。やはり売り優先です。<<<




4月より、口座保有者のお客様のみが閲覧可能となりました。

どうぞごゆっくりお読みください 






「これまで以上に“アクティブ”なトレード環境の実現」のため、今春、サービスを大幅にリニューアル

・ユーロ円0.5銭や、ポンド円1.2銭も結構狭い

・1回あたりの最大注文可能数量は300万通貨


Net Money



[ 2018/06/16 01:16 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)

6月14日欧州中銀金融政策理事会に向けて

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 



欧 ドラギ総裁




今年はマーケットのテーマが次々と変わり、長期ポジションが持ち難い環境となっています。特にここ数週間に限ると、アメリカ発貿易問題・イラン核合意問題(中東問題)・イスラエル問題・イタリアとスペインの政局不安・数週間後に控えるトルコ総選挙と大統領選・私が住む英国のBrexit問題など、ざっと頭に浮かんだだけでもこれだけありました。

先週は 「欧州中銀(ECB)の苦悩」 というタイトルで記事を書いたので、今週は他の話題について書く予定でしたが、6月6日にECB理事達が立て続けに発言をしたため、急遽来週に控えるECB理事会に向けて、自分の考えを書いてみたいと思います。2週間続けてECBネタとなる点、ご理解いただけると幸いです。






今回のコラム記事の主な内容は、


・6月6日のECB関係者の発言

・「物価安定の維持」 > イタリアとスペインの政局不安

・具体的な内容は7月理事会へ?

・イタリア新連立政権、時差をつけて問題発生?

新財政協定と安定成長協定
新連立政権、歳出拡大路線を選択
第2のイタリア危機は、10月中旬か?

・ここからのユーロ



コラム記事の一部をご紹介しますと、

>>> 5つ星運動と同盟との連立政権は、イタリア経済の低迷や貧困層の増大は新財政協定のせいであると批判しており、EU側のルールは無視してでも歳出拡大を公約に掲げています。<<<




4月より、口座保有者のお客様のみが閲覧可能となりました。

どうぞごゆっくりお読みください 






「これまで以上に“アクティブ”なトレード環境の実現」のため、今春、サービスを大幅にリニューアル

・ユーロ円0.5銭や、ポンド円1.2銭も結構狭い

・1回あたりの最大注文可能数量は300万通貨


Net Money



[ 2018/06/09 02:53 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)

イケイケECB  ٩( ᐛ )و  

自分の記録用です


欧 ユーロ 一連の発言
(クリックすると拡大します)


先日発表された5月のユーロ圏インフレ率が、ECB目標ぎりぎりまで上昇 したことに加え、ドイツやフランスの数字はECB目標、超えました 

ということで、6/14 ドラギ総裁記者会見がますます楽しみになりました





ごめん、書き忘れた  


上のチャートで発言が記録されているECB関係者のうち、ノットさんとバイトマンさんはタカ派
プラートさんは、ハト派です。


そして、ここからが非常に大事なことですが・・・



プラートさんは、3月末のインタビューで

「ユーロ圏経済のスラック(たるみ)は、これまでに考えられていたよりも大きい可能性がある。
あまりに早く政策内容のガイダンスを変更することには、消極的だ。資産購入プログラムの終了について誤ったメッセージを送りかねないからだ。ECBには、終了の日付や期限というものはない」


と語っているんです。

つまりこの2ヶ月ちょっとの間で、この方の意見は180度変わってきたということになります。



ファンダメンタルズを勉強し、それをマーケットの取引判断として生かす場合、手数はかかりますが、

① 中銀関係者の発言内容の変化

② 急に発言内容が変化した場合、他の理事たちが同様の発言をしているか?

などに、注意してみましょう 
 







「これまで以上に“アクティブ”なトレード環境の実現」のため、今春、サービスを大幅にリニューアル

・ユーロ円0.5銭や、ポンド円1.2銭も結構狭い

・1回あたりの最大注文可能数量は300万通貨


Net Money



[ 2018/06/06 19:30 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)

欧州中銀の苦悩

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 



欧 イタリア 勝利


今週はローラーコースターのような相場展開となりました。先週に引き続き、イタリア政局動向の話題が出たところに、スペイン内閣不信任案動議が発動。そして、ドイツやフランスをはじめとするユーロ圏の消費者物価指数が大きく上昇し、かなりボラティリティーの高いマーケットとなりました。

今週は、これらの出来事を受け、ここから欧州中銀(ECB)がどう動けるのかについて考えてみたいと思います。

そしてお詫びですが、なるべく同じ話題を2週続けて書かないよう気を使っておりますが、今週も先週に引き続き、イタリア政局動向の記事が含まれます点、ご理解ください。


(お詫び: この記事で書いた内容から、さらにイタリア政局は一歩進みました。お詫びいたします)






今回のコラム記事の主な内容は、



・イタリア政局動向
ここまでの動き
新たな総選挙は回避?
イタリア人は本当にユーロ圏から離脱したいのか?

・VIX(恐怖指数)

・スペイン内閣不信任案決議

・ECBのジレンマ 

・ここからのマーケット







コラム記事の一部をご紹介しますと、

>>> ECBは9月末に終了するテーパリングの変更内容を、6月14日に開催される金融政策理事会で発表するというのが、今までのコンセンサスとなっておりました。しかし、最近のイタリアやスペインの政局不安を受け、その発表時期を7月26日の理事会に延期する可能性が示唆されています。<<<




4月より、口座保有者のお客様のみが閲覧可能となりました。

どうぞごゆっくりお読みください 






「これまで以上に“アクティブ”なトレード環境の実現」のため、今春、サービスを大幅にリニューアル

・ユーロ円0.5銭や、ポンド円1.2銭も結構狭い

・1回あたりの最大注文可能数量は300万通貨


Net Money



[ 2018/06/02 00:29 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)

ユーロ圏インフレ率、がっくりの栗

がっくりの栗シリーズ  w


栗

そんなのありませんが、勝手に今 作りました w

今日は久しぶりに青空が広がったので、 地方選挙 の投票所の近くをブラブラ歩いて、人の出入り具合をチェックし、帰りにスタバで食べてきました。投票所の近くは車がずらっと駐車されていたし、朝 ジムに行ってサウナに入った時、 選挙の話しで持ちきりだったので、少なくともうちの近所の人たちの投票率は、まぁまぁよいのではないか? と思いました。

サウナの中には、私を含め8人くらい人がいたのですが、驚いたことに全員 保守党支持者    そして、面白かったのは、新しく就任されたジャビド新内務相 に大きな期待をかけていたことでした。一人の男性は、ジャビドさんに首相をやって欲しい   とまで言っていました。

どうして、ジャビドさんをそこまで高く評価するのか、私は質問してみたんですが、サウナにいたほとんどの人が、「思考がはっきりしていて、感情に流されない強さがあること。」 「自分がAが正しいと思っても、Bの意見にきちんと耳を傾ける人物に見えた」  という答えが返ってきました。



英国では中学生の頃から、Debate (討論) のクラスがあります。娘が大学院の頃、ボランティアで公立高校のDebateクラブで教えていたことがあります。その時によくその話しをしてくれたのですが、それを聞いて 「日本にはないやり方だな!」 と思ったことがあります。それは、ひとつの議題を選び、クラスの半分をAが良いと考えるグループ、残りはAは良くないと考えるグループ に分け、討論させるそうです。

Brexit を例にとるとわかりやすいと思うのですが、例えば私はBrexit反対なのに、たまたまその討論のクラスでは、「Brexit賛成」のグループに振り分けられた。すると、私は賛成派として討論に参加するので、賛成がいかに素晴らしく、利点が多いか、主張しなければなりません。本当は反対派なのに、賛成派の考えを学ぶ。今までずっと反対は正しいと信じきっていた自分が、賛成の人の考えや気持ち、主張などを調べるチャンスが与えられます。

たぶん 日本でも討論の授業や機会があると思いますが、その時は自分が信じていることを主張し、討論する方向じゃないかなぁ と思いましたが、違うのかな? 



* ユーロ圏消費者物価指数(HICP) 速報値
ユーロ圏 4月の消費者物価指数(HICP) 速報値 が発表されました。

HICP  (前年比)
3月 1.3%    4月予想  1.3%    結果  1.2%

コアインフレ  (前年比)
3月 1%    4月予想  0.9%    結果  0.7%


エネルギー  食料品  アルコール  タバコを除いたコア・インフレが 0.7%まで落ちた事、正直 ショックでした 

どうしてショックか! と言えば、3月ECB理事会で発表されたマクロ経済予想 「スタッフ予想」 でECBは2018年のコア・インフレ予想を 「+1.1%」 としています。 さすがに1%を切るって、マズくないですかね 


欧 ECBスタッフ予想



これだけ毎月QE策を実施し、300億ユーロ + 再投資分のお金を市場に出していても、インフレは落ちてくる事実。

今年は3月末から4月上旬にかけて、イースター休暇があったので、それにより数字のブレがあることはわかりますが、ちょっと低すぎないかな・・・






「これまで以上に“アクティブ”なトレード環境の実現」のため、今春、サービスを大幅にリニューアル


・ユーロ円0.5銭や、ポンド円1.2銭も結構狭い

・1回あたりの最大注文可能数量は300万通貨

・4月は、ご縁は全員大吉  (  4万通貨毎に12円キャッシュバックします)


Net Money




[ 2018/05/03 23:22 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ