FC2ブログ
2018 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 11

イタリア予算案のニュースでユーロ乱高下 + ドラギさんの議会証言

8月からスタートした 「FXの流儀」というサロン では、メンバー全員で FX短期取引の練習を始めました。

ええ、ええ・・・ 私は短期取引が苦手なんですけどね・・・ 

本日からはじめて、今朝から2回取引して、1勝1敗

でも、最初は勝ち負けは気にせずにとにかく徹底してストイックになる。

半年くらい練習して、この取引を自分のものにしたいと思っています。ご報告しますね♪



* イタリア予算案を巡り、長期金利上昇 
イタリアの国債利回り(長期金利)が上昇しています = 国債価格は下落

9月27日(木曜日)に、イタリア政府は予算案の概要を発表しますので、今週に入り俄然 このネタが多くなってきました。


(全然関係ないですが、英国も党大会シーズンたけなわで、昨日から労働党の年次党大会が始まり、Brexit色一色です。ポンド乱高下するから気をつけてね!)



ということで、話しをイタリアに戻しますね 




* 同盟:主席経済アドバイザー  ボルギさんの発言
連立政権のひとつである同盟の主席経済アドバイザー: ボルギさんがいろいろ発言しました。

私もはじめて知ったのですが、ボルギさんはイタリア下院予算委員会のトップのおじさんだそうです。


それにしても、ドラギ とか ボルギ とか、紛らわしい・・・ 



で、ボルギさんによると、

・2019年度のイタリア政府財政赤字対GDP比は、2.5%くらいとなる予想
・経済活性化に対する政策に力を入れている
・そのため、マーケットも受け入れてくれると予想する
・イタリアのユーロ離脱は、あり得ない


ちなみに、トリア伊経済相は、赤字対GDP比を 1.5~1.9%に押さえたがっていますので、同盟のボルギさんが2.5%と言ってから、イタリア国債が売られ、長期金利が上昇しています。



ボルギ発言を聞いたあるドイツ系銀行のエコノミストの感想としては、

「マーケットでは、イタリアの財政赤字対GDP比は、1.6~2.5%程度を予想していたので、同盟の赤字ターゲットは予想内。反ユーロに関する発言もないため、今後は独伊のイールドスプレッドは、200bpsくらいまで縮小するのではないか?」

ということです。ちなみに、この方が話した時のイールドスプレッドは、241bps


イールドスプレッドに馴染みがない方のために説明しますと、

ドイツとイタリアの長期金利差(イールドスプレッド)が 現在の241bpsから200bpsくらいまで縮小する という予想で、この通りに動けば、ユーロにとってはポジティブです。どうしてか?と言えば、イタリア国債の利回り(長期金利)が下がり = イタリア国債が買われ、ドイツとのスプレッドが縮小するという予想だからです。




* ドラギ総裁議会証言
ということで、ドラギ総裁の議会証言でブログが中断されましたが、ドラギ総裁の「vigorous」という単語を使ったのは、すごいと思いました。

今週金曜日にユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報が発表されますが、強い数字なのでしょう。

しかし、これだけドラギさんが自信を持って、

・ユーロ圏の物価上昇(コアも含め)が強くなってきている
・労働市場もタイトになってきている


ということは、「金利の正常化」に向けたECBの動きがどうなるのか、非常に興味あります。

何度も何度も書いていますが、来年は欧州議会選挙があるので、その前にマイナス金利の解除には、動けないかもしれませんが、マーケットがどのあたりで「最初の利上げ」 或いは、「再投資の減額/停止」 を織り込んでいくのか、目が離せませんね。

面白い展開になりそうです。


米 英 欧 金利の正常化となると、残された日本はどうなるのか?

欧が正常化に動けば、スイス スウェーデン デンマークが続きます。


スーパーマリオ












初回入金10万円以上」+「取引1Lot」で、書籍【ずっと稼げるロンドンFX】をプレゼントいたします 

2冊目の本



[ 2018/09/24 22:35 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)

保護主義に警鐘を鳴らしたドラギ総裁

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 




欧 ドラギ 保護主義



9月13日(木)は、FXに従事する人間にとって非常に忙しい1日でした。この日は、トルコ・英国・ユーロ圏それぞれの中央銀行金融政策理事会が開催され、ほぼ同じ時間帯に結果発表となったからです。

これらの中銀の中で今回は、欧州中銀(ECB)を選んで書いてみました。





今回のコラム記事の主な内容は、



・ECB理事会事前予想

・ECBからの発表 「政策金利とQE策について」

・ドラギ総裁記者会見での主な発言

・ECBからの発表  「スタッフ予想」

マクロ経済予想

・ユーロ圏の輸出について

・新興国通貨危機

・輸出・外需・新興国危機とユーロ高

・ここからのマーケット







コラム記事の一部をご紹介しますと、

>>> ドラギ総裁が記者会見の最後で仰っていたことがふっと頭に浮かんできました。それは、トルコリラに代表される新興国通貨安が、相対的にユーロを強くしているという主旨の発言でした。今回のスタッフ予想は、相対的に強くなったユーロを使用して作成したため、GDP下方修正は避けられなかったという意味も含んでいたと思います。<<<




2017年4月より、口座保有者のお客様のみが閲覧可能となりました。

どうぞごゆっくりお読みください 






「これまで以上に“アクティブ”なトレード環境の実現」のため、今春、サービスを大幅にリニューアル

・ユーロ円0.5銭や、ポンド円1.2銭も結構狭い

・1回あたりの最大注文可能数量は300万通貨


Net Money




[ 2018/09/15 02:38 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)

9月の主要国中銀理事会とドル高について

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 




米欧英 中銀





夏休みも終り、全員参加のマーケットがスタートしました。私が住むロンドンでも、今週火曜日から学校が始まり、夏の間ガラガラであったスーパーマーケットの駐車場もスペースを探すのに時間を取られるようになってきました。

最近のマーケットでは新興国通貨の下落が激しく、BATS(ブラジル・アルゼンチン・トルコ・南アフリカ)危機がロシアやインド、パキスタンなどアジアへ拡大中です。この動きと同時進行しているのが、ドル高。ただし、見方を変えると、ドルが強いというより、それ以外の新興国通貨の下落速度が早すぎることが問題かもしれません。

そんな中、今月は主要国中銀の金融政策理事会が続きます。アメリカは利上げをするのか?そして最近のドル高について、どう考えているのか?その辺りのことを調べてみようと思います。







今回のコラム記事の主な内容は、


・欧州中銀(ECB)理事会  9月13日

・英中銀金融政策理事会(MPC)  9月13日

・アメリカFOMC 9月26日

・最近のドル高懸念について

・ここからのマーケット





コラム記事の一部をご紹介しますと、

>>> 最近は新興国通貨の下落が激しいため、「ドル独歩高」というヘッドラインの報道を目にする機会が増えました。そこで果たして本当にドル独歩高となっているのか、調べてみることにしました。

最初のチャートは、主要国通貨とドルそれぞれの実効レート比較です。黄色い線の「円」だけが右軸を使用、それ以外全て左軸です。次は、ドルとBATS(ブラジル・アルゼンチン・トルコ・南アフリカ)それぞれの実効レート比較です。<<<





2017年4月より、口座保有者のお客様のみが閲覧可能となりました。

どうぞごゆっくりお読みください 






「これまで以上に“アクティブ”なトレード環境の実現」のため、今春、サービスを大幅にリニューアル

・ユーロ円0.5銭や、ポンド円1.2銭も結構狭い

・1回あたりの最大注文可能数量は300万通貨


Net Money


[ 2018/09/07 20:03 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)

ECB利上げ時期を巡るLost in translation

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 



ドラギさん 会議に向かう



本当は先週金曜日にアップする記事でしたが、インターネットが不通でしたので、今になってしまいました。ごめんなさい  今週水曜日に修理のおじさんが来てくれる予定です。それまでネット不通のままです・・・




7月26日に欧州中銀(ECB)金融政策理事会が開催されました。前回6月14日の理事会では、国債購入を含む量的緩和策の減額と終了時期に加え、次の政策金利変更時期については、「少なくとも2019年夏の間までは金利変更なし」と時間軸政策を発表。

今回の理事会は6月ほど派手さはありませんが、利上げ時期の解釈について、ドラギ総裁の記者会見を心待ちにしていた人たちが多かったことでしょう。

その中で最も注目を集めたのが、利上げ時期を巡る解釈でした。フランス中銀総裁発言もあり、記者団からいくつも質問が飛び交いましたが、私はドラギ総裁の答えを聞いて、もやもやした疑問がやっと解けました。

その答えとは、「ECBの公用語は、英語であるため、英語での発表内容をチェックしてください。」ということ。



今回のコラム記事の主な内容は、

・ECB理事会に向けた私の注意点
利上げ時期
満期国債の再投資
ツイスト・オペ
ユーロ圏の経済のバランスについて

・ECBからの発表
政策金利と資金買い入れプログラム(QE策)について

・ドラギ総裁記者会見
ドラギ総裁発言
冒頭で読み上げる金融政策に関する声明文

・利上げ時期を巡っての議論
利上げ時期を巡るLost in translation
フランス中銀総裁発言

・ここからのユーロ






コラム記事の一部をご紹介しますと、

>>>6月のECB理事会以降、複数のECB理事に対し同様の質問が投げかけられ、誰もが異口同音に、「2019年夏の間という意味以外、なし。」と答えていましたが、その中で唯一、フランス中銀総裁だけが違う見解を示したため、ますます混乱しました。(この点については、後ほどあらためて説明します)  <<<




4月より、口座保有者のお客様のみが閲覧可能となりました。

どうぞごゆっくりお読みください 






「これまで以上に“アクティブ”なトレード環境の実現」のため、今春、サービスを大幅にリニューアル

・ユーロ円0.5銭や、ポンド円1.2銭も結構狭い

・1回あたりの最大注文可能数量は300万通貨


Net Money


[ 2018/07/30 21:05 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)

アメリカに続き金利の正常化に踏み切る準備を始めたECB

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 



ナポリでのECB理事会




今週は米欧日の中央銀行による金融政策理事会が続きました。この中でも特に注目を集めていたのが、6月14日に開催された欧州中央銀行(ECB)です。

今回のコラムでは、ECBからの発表内容と今後のマーケットについて、自分の考えをまとめてみたいと思います。





今回のコラム記事の主な内容は、


・ECB事前予想
私の注目点は、5つ

・ECBからの発表 
① APP期間延長の有無
② 減額規模
③ オープンエンド方式の有無
④ 満期国債の再投資
⑤ 最初の利上げ時期

・ユーロ急落の背景
政策金利の継続期間の具体化
マーケットの利上げ織り込み具合

・ECBの政策内容の復習

・タカ派もハト派も納得の発表内容

・ここからのユーロについて考える

6月のユーロ相場
6月12日 FOMCからの発表
ユーロ円は本当に買いなのか?
ユーロ売り/ドル買いのキャリー取引は?
ここからのユーロ/ドル




コラム記事の一部をご紹介しますと、

>>> ECBからの発表内容を5つに分け発表内訳を見ると、買い材料 1 → ニュートラル 1 → 売り材料 3となりました。やはり売り優先です。<<<




4月より、口座保有者のお客様のみが閲覧可能となりました。

どうぞごゆっくりお読みください 






「これまで以上に“アクティブ”なトレード環境の実現」のため、今春、サービスを大幅にリニューアル

・ユーロ円0.5銭や、ポンド円1.2銭も結構狭い

・1回あたりの最大注文可能数量は300万通貨


Net Money



[ 2018/06/16 01:16 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ