FC2ブログ
2020 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 08

Do Whatever it takes (ユーロを守るなら何でもやる)欧州中銀

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 


セントラル ラガルドさん



6月4日に実施された欧州中銀(以下、ECB)金融政策理事会。

最近ヨーロッパから、数々の発表が続いています。財政面では、パンデミック対策のEU復興基金案。ECB理事会前夜にメルケル独首相が発表した1300億ユーロ規模の大型景気刺激対策。そして、金融面からは、木曜日のECBからの発表。

今までは金融政策におんぶに抱っこであった欧州ですが、ここにきて財政、金融両方面からタイミング良く対策が講じられ、近い将来の連邦化を目指しているのか?と錯覚しそうになっています。




今回のコラムでは、


・ ECB金融政策理事会事前予想

・ ECBからの発表

政策金利
量的緩和策の変更

・ ラガルド総裁記者会見

・ スタッフ予想

・ PEPP残高

・ PEPP、再度増額はあるか?

・ PEPP、再投資について

・ ここからのユーロ




コラム記事の一部をご紹介しますと、



>>> 理事会の数日前に、ラガルド総裁ご自身が2020年GDP予想について、「楽観シナリオとして-5%、中間が-8%、最悪シナリオは-12%程度。」と具体的な数値を挙げ、「-8%程度では、予想が甘すぎる。もっと厳しい内容になるだろう。」と付け加えたため、マーケットは勝手に-8~-12%の間、よくても-10%くらいだろうと予想しておりました。しかしいざ蓋を開けると、実際の数字は-8.7%となっており、思ったほど悪くありません。これには、驚きました。 <<<





どうぞごゆっくりお読みください 




キャンペーン 



Net Money



Net Money



[ 2020/06/06 01:50 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)

木曜日のECB理事会に向けて

ヨーロッパに住む私にとって、今週の注目  は、明日の欧州中銀(ECB)金融政策理事会です。

分かりやすいチャートを作ったので、こちらでシェアいたします 


ブログ 6月3日
(クリックすると拡大します)



このチャートですが、シナリオ 1~3 までは、私の意見なんですが・・・

シナリオ 4と5は、ある欧州系銀行の予想を パクリました


私自身の考えでは、シナリオ 4と5については、ユーロ売り要因もあると思っています。
 



そもそも、PEPPは時限措置であり、「7500億ユーロ規模で年内に終了する」 という決まりでした。しかし、既に3割近く使用済みのため、このまま行けば、7500億ユーロは9月末くらいで使い切ってしまう 

だから、今のうちに増額(必要であれば延長も・・・)しておこう!  ということで、明日のECB理事会は、注目を浴びているんです。



Fallen Angelsも入れ、オリジナルの7500億を2倍にするというシナリオ 4と5 が決定となると、「じゃ 6月19日のEUサミットで話し合う「独仏復興基金」や「パンデミック支援金」は 何のために決めるのか」 という素朴な疑問を私は抱いてしまうんです。


FXをはじめて、まだ日が浅い方は、「何のこっちゃ」という文章が続き申し訳ありませんが、中上級の読者さんには分かって頂けると思うので、続けます。



そもそも、ECBの政策手段がだんだん少なくなってきた  財政面からの景気刺激策をやって欲しいと、ドラギ総裁時代からお願いしていた   でも加盟各国、全く動かない   そうこうしているうちに、パンデミックで欧州が多大な被害を受けた     ユーロ共同債構想がポシャったこともあり、ECBがPEPPを発表した    そしたら、ドイツ司法裁が PSPP (PEPPじゃないです) に問題あり  とか、タイミング悪く判決を発表した     あら、どうしましょう・・・  と思っていたら、ドイツとフランスが復興基金案を発表した    欧州委員会が肉付けした   6月19日のEUサミットで協議
 

ここまで来ました。


つまり、本来であれば、ECBはもう限界近くまで緩和しているので、次は財政の出番ね! でも加盟各国は全く動かないので、みんな一緒に助け合いましょう! ということで、復興基金案が出てきたんだと思います。

パンデミックの規模が大きいので、復興基金だけで足りるのかは分かりませんが、ECBはシナリオ 4とか5のように、制限なし状態でPEPPを拡大して、挙句の果てに Fallen Angelsまで対象に含むとか、本気で決定するのでしょうか? (アメリカはやってるから、ECBも・・・ というのは、今回は一旦忘れてください)


結論を言うと、もし シナリオ 4か5が決定された場合、財政からも金融政策からも総出動で助けなければいけないほど、欧州の現状は悲惨なんですよ  と大声で叫んでいるように感じてしまいます。

なので、どちらかと言うと、特にシナリオ 5 はユーロ買いというより、売りの可能性もあるのでは と、個人的には思っています。


みなさん、いかがですか?








毎週月曜日と水曜日〜金曜日に井戸端会議でコラム記事
毎週火曜日には、動画配信 しております
 

本日は、英国政治問題で、各党の支持率が大きく変わったことについて、井戸端会議で書いています。

是非一度、覗いてみてくださいね



FXプライムbyGMO



FXプライムbyGMO
[ 2020/06/03 23:23 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)

Almightyな欧州中銀

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 




セントラル コラム用


3週続けてヨーロッパ関連のコラム記事になってしまいました。今回こそは英国について・・・と思っておりましたが、3月26日の朝に欧州中銀(以下、ECB)が驚くべき発表をしましたので、それについてお伝えしたいと思います。






今回のコラムでは、


・ コロナ共同債構想

・ イッシング元ECB主席エコノミスト紙の寄稿

・ 9ヶ国の署名を添えた嘆願書

・ ECBからの驚きの発表

国債購入上限、PEPPには適用せず
Almighty ECB

・ ここからのユーロ






コラム記事の一部をご紹介しますと、



>>> イタリアの執拗なコロナ共同債構想提案に対し、初代ECB主席エコノミスト: イッシング氏が独FAZ紙に寄稿。ヨーロッパのマーケット関係者の間では特に、この方を知らない人はいないと思いますが、ユーロ誕生時に「加盟条件をきちんと守れないような財政規律に対する意識の低い国をユーロに加盟させたこと」に異論を唱えており、2015年にECBが国債購入プログラム(PSPP)を開始した時には、「ECBはルビコン川を渡った」と発言しています。   <<<





どうぞごゆっくりお読みください 



新春スプレッド縮小キャンペーン 



Net Money


Net Money

Net Money



[ 2020/03/27 23:54 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)

欧州中銀、包括的緩和パッケージを発表

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 



欧 ドラギ 2



9月12日、欧州中銀(ECB)金融政策理事会が開催されました。ドイツ経済のリセッション・リスクが話題にのぼるようになってきたこともあり、大型緩和パッケージ発表の期待がかなり高かったと思います。しかし、理事会が近づくにつれ、タカ派だけでなく、ハト派の理事からも、大型緩和に対し否定的な発言が続きました。

今回のコラムでは、今までになく注目度が高かった理事会からの発表内容を、詳しくお伝えしたいと思います。






今回のコラムでは、


・事前予想
ECB発表に関する事前予想
ECB関係者からの発言

・欧州中銀(ECB)からの発表
政策金利
金利の階層的措置導入
フォワードガイダンス内容は、「オープンエンド」へ変更
量的緩和策(QE)の再開
TLTRO3条件変更

・発表内容のタカ派度とハト派度
タカ派的内容
ハト派的内容

・やはり出たトランプ砲

・ドラギ総裁記者会見

・スタッフ予想、インフレ見通し下方修正

・金融政策の限界?

・ここからのマーケット







コラム記事の一部をご紹介しますと、



>>> ECB理事会が始まる前は、主に米系銀行主導で、緩和パッケージは予想よりずっと小さくなるはずなので、ユーロは下がったところは買いで攻めるというレポートを出していました。上昇したところを積極的に売りで攻めるという銀行は、たしか1行だけだったと記憶しています。<<<




どうぞごゆっくりお読みください 





「FXダイレクトプラス」において豪ドル3通貨ペア (豪ドル/円、豪ドル/米ドル、ユーロ/豪ドル) の スプレッドを業界最狭水準へ 大幅に縮小します。

Net Money




[ 2019/09/15 10:25 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)

マイナス金利は、ニューノーマル?(新常態)

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 



ニューノーマル


いつか書こうと思っていた話題ですが、やっとタイミングが整ったようです。

8月7日、アジア時間に3つの中央銀行が続けて金融緩和に動きました。2008年の世界的金融危機を受け、世界は「ニューノーマル」に突入したと言われてから、既に10年近く経っています。

今回のコラムでは、この「ニューノーマル」について考えてみたいと思います。






今回のコラムでは、

・ニューノーマル(新常態)

・8月7日、3つの中央銀行による連続緩和

・マーケットからの金利カット催促相場

・マイナス金利のメリット・デメリット

メリット
デメリット

・アメリカの国債利回りもマイナス化?

・英中銀もマイナス金利導入?

カーニー総裁の見解
本当にマイナス金利を選ぶのか?

・今年下半期の注意すべきイベント

・ここからのマーケット




コラム記事の一部をご紹介しますと、



>>> 中銀の政策金利は「短期金利」ですので、常識的に考えますと、長期金利よりも低くないと整合性が取れません。理由は、ある国の経済や財政状態について、1週間後や1ヵ月後の予想はある程度ついても、10年後となると不確実性要素が高まりますので、金利の上乗せ(プレミアム)が必要となるからです。<<<




どうぞごゆっくりお読みください 





「FXダイレクトプラス」において豪ドル3通貨ペア (豪ドル/円、豪ドル/米ドル、ユーロ/豪ドル) の スプレッドを業界最狭水準へ 大幅に縮小します。

Net Money




[ 2019/08/10 00:53 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ