2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

英中銀理事でポンド高 → 「信用状況調査」でポンド安

今朝は朝早くからポンドが上昇  下落と忙しい動きになっています。



* 英中銀金融政策理事会(MPC) タカ派代表: マカファーティー君
英中銀MPC9名の理事のうち、もっともタカ派の1人であるマカファーティー外部理事。


マカファーティー




今朝の英タイムス紙のインタビューで、

「the Federal Reserve is already outlining plans to normalise its balance sheet:
Given that other central banks are thinking about it, I think it would be remiss of us not to at least think about it.
As of today, I would not be changing my position.

米連銀 (FED)は、既にバランスシート縮小に向けた計画のアウトラインを示し始めている。
このように他の主要国の中央銀行が(緩和からの脱出について)考えを表明していることを考慮すると、我々英中銀が、少なくとも考えることをしないというのは、職務怠慢と見なされても仕方ない。
現時点で、私は(利上げ票を入れるという)行動を変更する気はない。」

と語り、今までの 「利上げ票」 に加え、「バランスシート縮小」 について一歩踏み込んだ考えを示しました。

ただね・・・ この「バランスシート縮小」   これを実行するには、問題があるんです。

それは、現在空席になっている副総裁席、この副総裁こそが、バランスシート縮小の実行責任者となるべき方なのです。

以前は、シャフィク副総裁でした。しかし、この方は、LSE大学の学長になるため、辞任    その後任となったのが、ホッグ副総裁でしたが、英中銀の行動規制に反した行動があったため、辞任   それ以降、ずっと空席 となっているんです。

なので、まずは この空席の副総裁の任命を待ち、話しはそこからだと思います。しかし、いくら途中で解散・総選挙があったといえ、いくらBrexit交渉で忙しいとはいえ、ホッグ副総裁が辞任したのは、3月頃だったはずですので、そろそろ新しい副総裁を決めてもよかろうに・・・ と思っているのは、私だけでしょうか?



*  英中銀 四半期に一度の「クレジット・サーベイ (信用状況調査)」
英国の政策金利は、未だに0.25%と歴史的に低い水準で、クレジットカードなどの金利も低い状態が続いています。 私はこの手の 「ローン」 は使わないので、正直なところ どのくらいの金利水準なのかわからないので、ササッとネットで検索したら、

・はじめての方特別レート  5.9%~9.9% (年率)
・それ以外の銀行のクレジットカード金利  15.9~24.7% (年率)

全然低くないと思うんですが、以前はもっと高かったのかな   てか、こんな高いのに、それでも借りるわけ? 意味不明

まぁ、私の個人的な見解など誰も興味がないので おいといて、本題に入ります 

本日発表された四半期に一度のクレジット・サーベイ(信用状況調査)によると、英国の銀行は、今後世帯向け融資の縮小を考えているようです。いくつかチャート載せますね


英 英中銀 クレジットサーベイ


一番最初のチャートを見ると、借りたはいいけど返済できない「デフォルト」の可能性がグンと伸びているのがわかります。

これに関しては、 6月下旬にアップした私の【ロンドンFXチャンネル動画】でも詳しく説明しましたが  金融安定報告書の中でも既に指摘がありました。





6月26日から、新興国通貨のスプレッドが大幅に縮小されました 





[ 2017/07/13 21:01 ] 英中央銀行 | TB(-) | CM(0)

本日のポンド安の背景

こんな遅い時間に、今更 この記事を書く価値があるのか、自分でも疑問ですが・・・ 

最近、午前中にジムに行くようにしていて、どうしても仕事が午後に持ち越しになってしまいます 

本日はそれ以外の収録もあり、やっと仕事に専念できる時間帯になりました。



* ブロードベントBOE副総裁のインタビュー
昨日の講演では、金融政策に関する発言を一切しなかったブロードベント副総裁。

マーケット関係者は、がっくりの栗でしたが、一夜明けた今朝 滞在先のスコットランド・アバディーンの地元紙のインタビューに、同副総裁は応じました。

この手の 「時間差攻撃」  を使うあたり、にくいですね~ 


英 ブロードベント インタビュー


これがそのインタビューについての記事ですが、タイトルの部分 (黄色いアンダーライン部分)

「英中銀副総裁、政策金利の利上げ票を入れるには、まだ早い」

というで、8月3日のSuper Thursdayでは、「据え置き票」を入れるという予想が高まりました。



*  いろいろ入り乱れた英雇用統計結果
英国では、毎月中旬ちょっと前に、雇用統計 が発表されます。

本日発表された内容は、

・失業率   4.5%
1975年以来の強さ 

・就業率   75.9%
1971年以来の強さ 

英国の雇用市場は、驚くほど強いんです 


が・・・  

・週賃金上昇率    ボーナス込み(Total Pay) +1.8%   ボーナス除く(Regular Pay) +2%

英 インフレ 賃金


これは英国に限ったことではなく、アメリカでも最近の雇用統計で注目されるのは、失業率や雇用者数以上に、「賃金の上昇率」 ここに注目が集まっています。景気の過熱感や、先行きのインフレ見通しを占う上で、欠かせません。


次の消費者物価指数発表は、7月18日


さて、イエレン議長の議会証言まであと10分あるので、何かおやつを持って来ます~ 




6月26日から、新興国通貨のスプレッドが大幅に縮小されました 




[ 2017/07/12 22:52 ] 英中央銀行 | TB(-) | CM(0)

ガックリの栗 ブロードベント副総裁

本日のメインイベントとなるはずだった、英中銀ブロードベント副総裁の講演。
時間が遅れたこともあり、なんだか大きく梯子を外された感 満喫
トレイダー達は、がっくりの栗でしょう・・・

栗


しかし、ほぼ同時にメルケル独首相が金融政策に関する発言をしたため、マーケットではユーロも同時に動くことに・・・ 

スタンプ そんなバナナ



* ブロードベント副総裁の講演内容
ブロードベント副総裁の スピーチ では、マーケットが期待していた金融政策に関する言及がなく、典型的な 「Buy the rumour, Sell the fact 噂で買い、事実で売る」 相場となっています。

ポンドが唯一反応したのは、

「Brexit could hurt UK trade   Brexit によって、英国の貿易は打撃を受けるだろう」

この部分だったと思います。




* 8月のMPCでの予想
これに関しては、 セントラル短資FXさん の金曜日のコラムで詳しく書きますが、ここではざっくりとした印象を書いておきます。

これはあくまでも、私個人の印象ですが、本日せっかく講演する機会があったのに、そこで利上げをにおわせる発言をしなかっただけでなく、「金利」について一切全く全然言及しなかったということは、8月のSuper Thursdayで同副総裁は、【据え置き】に票を入れるのではないでしょうか?

間違ってるかな・・・  


ということで、少し早いですが、この問題の【8月3日 英中銀 Super Thursday】 に、ロンドンの自宅からライブセミナーを行ないます   個人的にも、ものすごく興味があるので、是非皆さんのご参加をお待ち申し上げます。

事前申し込み不要、口座がなくても見れますので、是非 


[ 2017/07/11 22:11 ] 英中央銀行 | TB(-) | CM(0)

ロンドン・ディーラー 準備完了!ブロードベント、どんと来い!

おはようございます。

本日 ロンドン昼12時(日本時間 20時)から、英中銀 ブロードベント副総裁がスコットランドで講演します。

 ちょっと変更です。


英 ブロードベント講演

赤く囲んだ部分が、講演お知らせですが、時間が 13:30 (日本時間 21:30) に変更になりました。


私は、当初の予定の12時スタートだと家にいなかったのですが、13:30なら ギリギリ間に合うかもしれません 
週一度のお手伝いさんが来る日で、他の日に移動してもらおうとお願いしたところ、明後日からホリデーで自分の国 (ブルガリア) に帰るので、もう余裕の時間なし!  ときっぱり断られました 



私の2冊目の本の 【特典レポート】 で詳しく書きましたが、8月3日の英中銀Super Thursdayでは、ブロードベント副総裁の1票が、金融政策を決定するといっても過言ではありません。

そのため、地元ロンドン金融街:シティのディーラーやアナリスト達は、本日の講演で同副総裁がなんらかの「ヒント」をくれるのか、待ち望んでいるわけです。



*予想される動き
ブロードベント副総裁は、英中銀9名の理事の中でも 「中立中の中立」 と見られています。

・もし、利上げを示唆する内容となれば   ポンド上昇

・据え置きを示唆する内容となれば   普通であれば、ポンドは動かないはずですが、本日は既にロンドンオープン直後に上昇してますので、調整の下げが入ってもおかしくない地合いでしょう。



ということで、ロンドンだけでなく欧州の銀行のエコノミストさんたちも次々とコメント出してきてますので、ブロードベント副総裁講演に対する関心度は 「明日のイエレンFRB議長の議会証言」  と同格くらいに高くなっています 






6月26日から、新興国通貨のスプレッドが大幅に縮小されました 





[ 2017/07/11 18:45 ] 英中央銀行 | TB(-) | CM(0)

マカファーティー vs ブリハ (共に英中銀MPC理事)

本日はアメリカ市場がお休みですので、あと15分したら、往復4時間かけて、股関節の治療に行ってきます。毎月一度、この治療に通っていますが、往復で4時間は、正直 シンドイです・・・  



* タカ派代表: マカファーティー選手
ウェールズの地元紙にコメントを載せたのが、英中銀金融政策理事会(MPC)のタカ派代表: マカファーティー外部理事 

タカ派/ハト派については、私の2冊目の本の アマゾン・キャンペーン 【特典レポート】 で詳しく解説しておりますので、是非ご覧になってください。


6月のMPCでも、当然 利上げ票を入れたマカファーティーさんは、本日の新聞のインタビューで、


「昨年6月の国民投票で、英国民は離脱(Brexit)を選択した。それを受け、英中銀は8月のMPCで政策金利を0.5%から0.25%へカットした。この決定は、Brexitによる先行き不透明感を嫌気して、景気が低迷する可能性があったための措置であったが、結果としては、我々が恐れていたようなことは、起きなかった。そのため、金融政策のバランスが(昨年8月の利下げや追加緩和のため) 傾いていると思われ、それを変更する時期に来たと考えている。



* ハト派代表: ブリハ選手
本日のインディペンデント紙には、ブリハさん  のインタビューが載っています。そこでは、

「本格的なBrexit交渉が始まり、今まで以上に一寸先は闇の状態である。このような環境の中で、政策金利を上げることは、早まった判断にならないと誰も言い切れない。(賃金上昇率があがらないこともあり)個人消費に力がなくなってきていることも気がかりだ。ポンド安による輸出競争力の強化が、個人消費低迷をカバーしてくれるのであれば話しは別だが、その傾向も見られない。総合すると、現在の金融政策を継続するが、多大なリスクを呼び起こすとは、今のところ考えられない。」


英 マカファーティー ブリハ


少なくとも、今後発表される経済指標が大きく崩れたり、逆に良くなっていたりしない限り、8月のSuper Thursdayで両氏はそれぞれ 利上げと据え置きに票を入れることは、間違いなさそうです。






6月26日から、新興国通貨のスプレッドが大幅に縮小されました 





[ 2017/07/04 19:22 ] 英中央銀行 | TB(-) | CM(1)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ