FC2ブログ
2018 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 09

Dovish Hike となった英中銀からの発表

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 



カーニー総裁 インフレ




英国発ビッグイベントとして定着してきたSuper Thursday! この日は英中銀が、1)政策金利/資産買入プログラム(QE)額 2)議事要旨 3)四半期インフレーション・レポート(以下、QIR Quarterly Inflation Report) 4)総裁・副総裁の記者会見 を行ないます。ポンド取引に従事する者にとっては、絶対に見逃せないイベントです。

今回のコラムでは、8月2日に開催されたSuper Thursdayでの発表内容を紹介しながら分析し、今後のポンド取引について考えてみたいと思います。





今回のコラム記事の主な内容は、


・事前予想

・英中銀からの発表

政策金利・量的緩和策規模
議事要旨

・総裁・副総裁記者会見の要点

・四半期インフレーション・レポート

GDP予想
インフレ見通し
賃金上昇率
主要国政策金利見通し
今後3年間の利上げ回数
民間予想

・8月2日Super Thursday総括
1) 9対0での利上げ
2) 適切な均衡実質利子率(R-Star)についての見解を披露
3) Brexitについて
4)貿易戦争

・MPCメンバーの変更

・ここからのポンド

記者会見でのポンド下落の理由
ここからのポンド






コラム記事の一部をご紹介しますと、

>>>カーニー総裁の答えを総合すると、来年3月末に白紙状態で英国が離脱した場合は、政策金利に関しては①現状維持 ②利下げ、いずれかの選択を迫られると答えています。 <<<




4月より、口座保有者のお客様のみが閲覧可能となりました。

どうぞごゆっくりお読みください 






「これまで以上に“アクティブ”なトレード環境の実現」のため、今春、サービスを大幅にリニューアル

・ユーロ円0.5銭や、ポンド円1.2銭も結構狭い

・1回あたりの最大注文可能数量は300万通貨


Net Money


[ 2018/08/05 04:52 ] 英中央銀行 | TB(-) | CM(0)

英中銀 Super Thursday 同時通訳ライブ やります + BOE予想

本日 日本時間20時20分くらいから、英中銀 Super Thursday ライブ!を中継します。
生まれて初めてのライブですし、機械にからきし弱い私ですので  途中で切れちゃったり、おかしくなったりするかもしれません。しかし、何度かやれば たぶん慣れてくると思います。

ということで、私のYouTubeに登録お願いします 

登録は、画像をクリックしてください 
           

Net Money





* 英中銀予想  7対2 或いは 8対1で利上げ
う~ん 結構意見分かれていて、

7対2 で利上げ (据え置き2票は、カンリフ副総裁とラムズデン副総裁)
8対1 で利上げ (据え置き1票は、カンリフ副総裁)

このいずれかのようです。



* 利上げ織り込み度
91%の確率で利上げされる ということです。



*四半期インフレーション・レポート内容は?
前回5月のインフレレポートでは、

GDP
2018年 1.4%
2019年と2020年 1.7%

現時点で、2018年英GDPは、1.3~1.6%予想ですので、ほぼ変化なし?

インフレ率(CPI)
2018年 2.2%
2019年 2.1%
2020年 2%

これもほぼ こんな感じかな?と思います。

というか、GDPにせよ、インフレにせよ、Brexitの交渉結果次第・・・ という苦しい立場であることに変化なし

雇用関連指標
Brexitでもあまり影響を受けていないのが、雇用関連指標。特に失業率とかですね

英中銀は特に、賃金上昇率を注視しており、穏やかに3%程度に上昇するという見解です。ちなみに最新の数字は、2.5%あたり。つまり、英中銀の見解より低い

ここが問題なんです。

賃金がなかなか上がらない ということは、「労働市場のゆるみ(Slack 或いは Gap)が、英中銀が予想するより、「大きい」可能性があるということにもなり、そうなると 利上げを急ぐ必要ないよね? という結論になります。

この点を、カンリフさんやラムズデンさんは 結構気にしています。
それに反して、ソーンダースさんなどは、「労働市場の緩みは、もうほぼなくなった。使い切った」 という見解を示し、ずっと利上げ票を入れている ということです。

英中銀の5月のインフレレポートでは、「労働市場の緩み」として、GDP 0.5%程度  としていますので、今回 この数字をいじるのか?そこも注意必要です。


* 利上げ後についての言及
現時点での英中銀政策金利は、0.5%

今日 0.25%利上げがあれば、0.75%になる

そして、英国での予想は、2019年末で、だいたい 1%くらいかな・・・  という感じですので、今後問題となるのは、

1) 次の利上げ時期は いつ?  今年? 来年?  今年の場合、Hawkish

2) 次は本当に「利上げ」なのか? それとも、利下げとかもあるのか?   利下げの可能性に言及するようであれば、かなりDovish

3) 今年は 今回の利上げで終りなのか?    一応 マーケットでは今回で終りと見ているため、万が一 もう一回 11月に利上げとかいう話しになれば、相当 Hawkish

4) 本当に来年利上げは1回だけなのか?     3)と同じで、一応 マーケットでは来年も1回利上げと見ているので、万が一 2回とかいう話しになれば、相当 Hawkish


もう 延々と疑問が沸いてきます。

これらの問題点に対する答えは、インフレレポート/声明文/記者会見 ではっきりすると思います。


ということで、ブログ 早めにあげたいので、これで終了。

20時の発表は Twitter で書きます。
20時20分から ライブ  よろしく 







初回入金10万円以上」+「取引1Lot」で、書籍【ずっと稼げるロンドンFX】をプレゼントいたします 

2冊目の本


[ 2018/08/02 19:32 ] 英中央銀行 | TB(-) | CM(0)

カーニー英中銀総裁、「合意なしのBrexit」について語る

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 



英 カーニー総裁







本来であればBrexitとアイルランド国境問題について話し合うはずであった6月のEU首脳会議(以下、EUサミット)。しかし、難民問題を巡りドイツの政権運営に問題が生じたため、急遽「難民サミット」に変更されました。

その直後からEU関係者の口からは、「英国が合意なしでEUから離脱(以下、白紙離脱)するかもしれない。事前に準備せよ!」という趣旨の発言が頻繁に飛び出して来るようになりました。これはイギリス側も同じで、サミット前からメイ首相は閣僚レベルの議員に対し、白紙離脱を前提とした対処策を練るよう伝えていたようです。

今回のコラムでは、白紙離脱となった場合、英中銀はどのように対処するのか?今すぐ考える問題ではないかもしれませんが、8月2日の英中銀金融政策理事会での利上げ観測が高まっていることもあり、自分なりの考えを書いてみようと思います。




今回のコラム記事の主な内容は、


・カーニー総裁発言

・白紙離脱とは?

白紙離脱とは?
移行期間とは?
貿易と関税
移民
欧州憲法裁判所(ECJ)
農業政策
アイルランド国境問題

・Brexitに向けたタイムライン

・白紙離脱=カオスな日々が続く?

・英中銀の対応は?

・ここからのマーケット






コラム記事の一部をご紹介しますと、

>>>現時点では、メイ政権は「ソフトBrexit寄りの離脱案」を支持しております。具体的には、2019年3月29日にEUと英国との2年間に及ぶ離脱交渉期間が終了し、その翌日から2020年末まで「移行期間」へと移ります。しかし、この決定は英国議会やEU加盟各国、そして欧州議会で批准/承認された事実ではありません。あくまでも「そうなるだろう」という憶測です。<<<




4月より、口座保有者のお客様のみが閲覧可能となりました。

どうぞごゆっくりお読みください 






「これまで以上に“アクティブ”なトレード環境の実現」のため、今春、サービスを大幅にリニューアル

・ユーロ円0.5銭や、ポンド円1.2銭も結構狭い

・1回あたりの最大注文可能数量は300万通貨


Net Money


[ 2018/07/21 11:34 ] 英中央銀行 | TB(-) | CM(0)

英国からの経済指標発表と来月の利上げについて

久しぶりのブログ更新となります。
東京滞在は、残すところ 6日間。
結局 暑すぎて、行きたかったところに、ほとんど行けてません 

やはり人間は同じようなことを考えているようで、冷房が効いているタクシーを捕まえようとすると、常に満車

それもあって、今回はパワーストーンを買うことを諦め、明治神宮などに足を運ぶことも諦めました。

また秋に帰って来れるよう、頑張ります。



* 昨日の英雇用統計
昨日は出かける準備をしていて、きちんと数字を見ていなかったのですが、帰宅後 調べたら あまり前向きな数字ではなかったです。

就業率とか、失業率もあれですが、8月の利上げに向けて気にすべき指標は、 「賃金上昇率」



賃金上昇率(Total Pay ボーナスを含む)
4月 2.5%が2.6%に修正  5月予想 2.5% 結果 2.5%

昨年11月と同じ低さ



賃金上昇率(Regular Pay ボーナスを含まない)
4月 2.8%  5月予想 2.7% 結果 2.7%



英中銀のカーニーさんや ブロードベントさん、ホールデンさんをはじめ、みなさんが 賃金上昇率が英中銀予想の3%台に向け穏やかに上昇する・・・ という前提で利上げに前向きになっているので、今回の数字はちと厳しいかもしれません。

ちなみに、2008年リーマン・ショック以前の英国の賃金上昇率は、その前の10年で平均 4.5〜4.75%くらいでしたので、最近の上昇率は低いなぁ と感じます。



* 消費者物価指数 (CPI)
先ほど私がマンションの下にあるコンビニで、メガサイズのアイスコーヒーを買っている間に発表されていたCPI

今回は事前予想として、6月は原油価格が上昇したので、CPIも前月よりは若干高い・・・という話になっていました。


消費者物価指数 (CPI)
5月 2.4% 6月予想 2.6% 結果 2.4%


コア・インフレ率
5月 2.1% 6月予想 2.1% 結果 1.9%


内訳を見ると、4年来の高値となったガソリンとか、電気/ガス代の上昇に対し、衣料やゲームが大きく下落したようです。

う〜ん・・・  私は6月 ロンドンにいたので、よく覚えていますが、かなりガソリン代が上がっていました。行くたびに高くなっているので、いつもなら満タンにするのを、ケチって8000円分だけ入れる・・・みたいな 情けないことをしていたのも覚えています 

しかしなぁ、全く同じ時期に衣料も買いましたけど、そんな安くなっていたようには思えない。

まぁ、セールは確かにやっていました。でも そのセール対象品を買わなければ、値段 変わらないし・・・


ということで、8月利上げ説が急激に後退していますが、冷静に考えればインフレは未だに英中銀ターゲットの2%を超えているため、昨日と今日発表の経済指標だけを考えるのなら、利上げ断行しても良いでしょう。

問題は、Brexit、そして政治です。

政治  かなり色々起きてます。メイ首相自ら解散総選挙をチラつかせながら、どうにかBrexit報告書修正案の採決を乗り切った・・・と、本日の英タイムス紙1面に載っていました。



タイムス紙一面


保守党も保守党なら、労働党も労働党で、コービン党首のやり方について行けない労働党議員が離党した・・・というニュースがたった今 入ってきています。







初回入金10万円以上」+「取引1Lot」で、書籍【ずっと稼げるロンドンFX】をプレゼントいたします 

2冊目の本


[ 2018/07/18 18:36 ] 英中央銀行 | TB(-) | CM(2)

英中銀タカ派: ソーンダース理事の発言

昨日 英中銀金融政策理事会 (MPC)の理事の一人であるソーンダース理事が、CNBCのインタビューで いくつか発言しています。


英 ソーンダース


主な内容は

・今年第一四半期の(天候悪化による)経済の落ち込みは、一時的現象
・英経済はBrexitによる影響は受けるが、過去数年経験したのと同じ感じで成長していくと予想
・労働市場の緩みは、ほぼなくなったと考えられる
・そのため、労働者の賃金も徐々に上向くと考えられる
・失業率はもう少し低下するだろう
・政策金利は、市場の予想より若干早いスピードで上昇すると予想
・ただし、そのスピードは穏やかで限定的となるだろう

これを受け、ポンドは上昇しています。


Brexitに関しても、今週から来週にかけて、山場を迎えます。それについては  本日 FXプライムbyGMOさんで、20時〜 オンラインセミナーでお話しさせてください

もちろん 欧州に関しても、話しますよ!

お申し込みは、こちらのリンクから 出来ます。セミナー参加は口座がなくても大丈夫です~ 


FXプライムbyGMO
[ 2018/07/04 12:24 ] 英中央銀行 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ