FC2ブログ
2020 031234567891011121314151617181920212223242526272829302020 05

金融/財政ともに緩和に動くヨーロッパ

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 





前回のコラムでは、3月12日に開催された欧州中銀(以下、ECB)金融政策理事会について詳細をお伝えしました。今回のコラムでも、ECB緊急発表についてかなりの部分を割いており、2回続けて書くことは気が引けました。

しかし、これを書くにあたりTwitterでアンケートを取ったところ、3月19日のECB緊急発表内容を知りたいというご要望が最も多かったため、2週連続してヨーロッパについてとなります点、ご了承願います。





今回のコラムでは、


・ 復習: 3月12日のECB理事会からの発表
ECBからの発表
ラガルド総裁の大失言


・ 復習: 3月12日のECB理事会からの発表


・ ECB ドルオペ

・ ユーロ共同コロナ債構想の噂

前向きなメルケル独首相、乗り気でないオランダ・ルッテ首相
共同コロナ債を買うのはECB?
私個人の感想

・ ECB緊急発表
パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)
QE額はびっくりするような額になること間違いなし
これはユーロ買い材料なのか?売り材料なのか?

・ 柔軟性を持たせたEU財政ルール

. ・ ここからのユーロ




コラム記事の一部をご紹介しますと、



>>> 
ドイツ政府がとうとう財政均衡を一旦棚上げし、大規模な財政出動を行なうようです。今週月曜日の議会で具体案を出すようですが、補正予算1500億ユーロを含む対策費は、総額5000億ユーロとも1兆ユーロとも言われています <<<






どうぞごゆっくりお読みください 




新春スプレッド縮小キャンペーン 



Net Money


[ 2020/03/23 23:28 ] 売買取引 | TB(-) | CM(0)

ラガルド総裁、記者会見で大失言

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 





アメリカ、イギリスがそれぞれ緊急利下げに踏み切りました。それを受けて開催された欧州中銀(以下、ECB)金融政策理事会。さすがにこれ以上のマイナス金利の深堀は難しく、流動性供給や企業への貸付対策を中心に対策を発表をするのではないか?という予想が聞こえてきました。

今回のコラムでは、ECBからの発表内容とラガルド総裁の記者会見。そしてその席での総裁の失言によるPIIGS各国の国債利回り上昇についてお伝えしようと思います。





今回のコラムでは、


・ ECB理事会事前予想

・ ECBからの発表

・ ラガルド総裁記者会見

・ ECBからの発表を見ての感想

隠れ利下げでも急落した銀行株
ラガルド総裁、大失言

・ ここからのマーケット







コラム記事の一部をご紹介しますと、



>>> *LTRO(長期リファイナンス・オペ)
ギリシャ債務危機で苦しむ2011年に、流動性供給手段として実行。仕組みとしては、ユーロ圏の銀行に対し、3年間などの長期に渡り資金を供給。それにより、短期ではなく、長期に渡り流動性低下を避けることが目的。


**TLTRO(貸出条件付き長期リファイナンス・オペ)
民間企業向けの貸し出し促進策という位置づけであり、2012年8月に英中銀が実施したFunding for Lending Scheme (FLS 融資促進のための資金調達スキーム) と似た措置。LTROとは違い、「貸出条件」がついている。簡単に仕組みを説明すると、銀行がTLTROを通して特別に安い金利で資金を引っ張ってくる⇒低利の融資として企業や民間に貸し付ける⇒企業投資や個人消費が活発になる⇒それが景気浮揚に結びつくというもの。貸出金利が2段階に分かれている理由は、ECBが設定した額より民間企業への融資額が少ない銀行は、オペ金利をベースにECBは貸出金利を設定。ECBが設定したベンチマーク対比で貸出を増加させた銀行に対しては、デポジット金利をベースに設定し優遇している。 <<<






どうぞごゆっくりお読みください 




新春スプレッド縮小キャンペーン 



Net Money


[ 2020/03/14 19:44 ] 売買取引 | TB(-) | CM(0)

アメリカのマイナス金利化を念頭におく時代が来るのか?

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 



セントラル ポンド




コロナが猛省を振るっているヨーロッパ。イタリア全土で学校が休校となり、英国では第一次世界大戦以来初の長期国会休会の噂が出ています。

今回のコラムでは、マーケットの話題となっている「主要国中央銀行による協調金融緩和」そして、アメリカの今後について書いてみようと思います。





今回のコラムでは、


・ G7財務相電話会議からの発表

・ アメリカ単独で驚きの利下げ

・ CME FedWatch

・ 主要国: 3月の金融政策理事会日程一覧表

欧州中銀(以下、ECB) 3月12日
アメリカFOMC  3月18日
日銀 3月19日
英国中銀 3月26日

・ ここからのポンドについて考える
BOEWatch
米長期金利とドル






コラム記事の一部をご紹介しますと、



>>> 英国中銀ベイリー新総裁の議会証言を聞く限り、G7協調利下げという感じではないようです。英国の場合、3月11日に予算案が発表されますので、ベイリー総裁が指摘したように財政政策と金融政策の調和を図っているのかもしれません。そのため、26日より前に(アメリカのように)緊急金利カットに動くか?と聞かれれば、やるとしても3月11日の予算案を待ってからではないでしょうか?という答えしか出来そうにありません。
<<<






どうぞごゆっくりお読みください 




新春スプレッド縮小キャンペーン 



Net Money


[ 2020/03/07 05:56 ] 売買取引 | TB(-) | CM(0)

円売りはパラダイムシフトなのか?

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 







今週に入り突如として動き出したのが、ドル円やクロス円です。方向性は、「円売り」。

この動きは、今後も加速し円売り一色の展開となるのでしょうか?そのあたりについて、考えてみようと思います。





今回のコラムでは、


・ 長期レジスタンスを抜けかけているドル円
日足の窓埋め完了
月足のレジスタンス上抜け

・ 怒涛の円売り

・ ドル高

・ ショートカバー

・ コロナウィルス感染に対する恐怖

・ 日本のリセッション懸念

衝撃のGDP値
海外メディアでも叩かれた安倍首相
リセッション懸念

・ 日銀打つ手なし / 政府も動けず?

・ 日本の機関投資家による円売り

2020年1月(月次)実績
2月週次実績

・ ここからの円の立ち位置









コラム記事の一部をご紹介しますと、



>>> 我々が考えなければいけないのは、①この円売り相場は持続性があるのか?②本当に世界中が「日本売り」を始めているのか?③日本の年金運用者は、今後も多額の外物投資を継続するのか?④コロナ・ショックが終息したら、円売りはUターンするのか?⑤ドル円のフェアバリューは、いくらなのか?

数え切れないほどの疑問が沸いてきました。 <<<






どうぞごゆっくりお読みください 




新春スプレッド縮小キャンペーン 



Net Money


[ 2020/02/22 20:15 ] 売買取引 | TB(-) | CM(0)

ユーロ売りに拍車をかけたアイルランドとドイツの政局不安

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 







今年は「ユーロ売り」の戦略を立てていました。政治的にも金融政策的にも、買う根拠が全く見当たらないからです。

しかし、2月にこのようなユーロ急落となるシナリオでは、ありませんでした。今回のコラムでは、どうしてこのタイミングでユーロが崩れたのか?政治面から考えられる理由を共有してみたいと思います。いつか機会を見て、金融政策(金利)面からの理由も書いてみたいと思っています。





今回のコラムでは、


・ 政局不安によるユーロ売り:アイルランドとドイツ

・ CDU党首辞任劇

半年後には既にポスト・メルケルに暗雲
「AKKさんは首相の器ではない」
新しい世論調査結果




・ 決め手となったチューリンゲン州議会選挙

・ 経済/金融市場/ヨーロッパへのインパクト

金融市場へのインパクト
経済へのインパクト
ヨーロッパへのインパクト

・ ここからのユーロ









コラム記事の一部をご紹介しますと、



>>> 今週月曜日に行なわれた記者会見でAKKさんは、次期総選挙では首相の座を争う気はなく、今年の夏にCDU党首の座も引き渡すと発表。ユンケル委員長の後任となったフォンデアライエン氏が防衛庁長官を辞任したため、AKKさんがその後任となっており、これは継続するようです。 <<<





どうぞごゆっくりお読みください 




新春スプレッド縮小キャンペーン 



Net Money


[ 2020/02/16 05:19 ] 売買取引 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ