FC2ブログ
2020 0112345678910111213141516171819202122232425262728292020 03

トルコと欧州について、かなりマズイ展開が思い浮かんでしまいました・・・

今年に入ってからのトルコについて詳しく書いた記事 がありますので、お時間があれば是非お読みください 




* 本日のFT紙の記事
もう既に東京でもニュースになっていますね・・・ 遅くなってごめんなさい


本日のFT紙によると、トルコにエクスポージャーが大きい欧州系銀行として

1) スペインのBank Bilbao Vizcaya Argentaria銀行  額は、833億ドル
2) フランスのBNPパリバ銀行   額は、384億ドル
3) イタリアのUni Credit銀行   額は、170億ドル

この3つの銀行の名前を挙げました。


昨日までは、トルコの問題でしたが、本日のFT紙の影響もあり、今後のトルコ/欧州系銀行・金融機関に関する問題点は、

・  トルコの銀行危機 
・  トルコの銀行危機から生じる欧州系銀行へのネガティブな影響  
・  最悪の場合(ないとは思うが)、欧州でのクレジットクランチ (信用収縮) のリスク = 銀行の貸し渋りなど
  


と広がりを見せるかもしれません。


欧 トルコ




* ECBの心配点 
FT紙によると、欧州中銀(ECB)が特に心配していることとして、

・ トルコ国民は極端な自国通貨安に対して、ほとんど無防備である点
・ 特に企業の外貨建てローンがデフォルトする危険性が高まってきた点

を挙げているようです。これらを受け、本日のトルコに対するCDSは、379bpsとなり、2009年4月以来の高さ



全然話しがそれますが、いつだったか このブログに 「トルコはイギリス人の夏休みの行き先トップ5くらいに入る人気国ですが、数年前から トルコのレストランなどでは、ユーロ紙幣での支払いを御願いされることが増えた・・・ という話しを聞いた。」 と書いた記憶があります。やはり現地の人も、既に数年前からマズイことになりそうな予感   してたんですかね?




* 欧州とトルコとの関係
まぁ、地理的に近いということもあり、トルコ危機になると、欧州も無傷では、いれません。

ユーロ加盟国; 19ヶ国のトルコに対する輸出額は、630億ユーロ(2017年)
貿易収支は、ユーロ圏が黒字となっています。


もし、今後 トルコ経済がガタガタになり、ユーロ圏からの輸入ががた落ちとなれば、ユーロ圏の財政収支やGDPにも影響を与えるかもしれません。



しかし、なによりも重要なのが、難民問題  なんですよ・・・・

半分忘れかけてた難民問題が、あらためてクローズアップされるかもしれません。

欧州は 難民問題でトルコに借りがある 立場ですから、もし本格的にトルコ危機が悪化した場合、どこまで強硬姿勢に出れるか不透明。

さらに悪いことに、トルコに残っている難民達も、トルコ経済が本格的に悪化してきた場合(リセッションとか・・・)、難民はトルコを離れ、EU各国に流れてくるのではないでしょうか?

ちなみに、シリアからの難民だけでも、現時点で たしか300万人ほど、トルコの難民キャンプにいるはずです。


難民がヨーロッパに入ってくると、また難民問題でメルケルさんの立場が弱くなる・・・  10月にバイエルン州議会選挙があり、メルケルさんのCDU党の姉妹党であるCSU党の戦績が悪いと、ドイツで政治危機が復活する   とかいう不安もありますが、それ以上に、難民流入を拒否する国やそれ以外の国で、ますます 反移民を支持するポピュリズム政党の人気が高まる可能性 が出てくるんです。

既にイタリアでは、反移民で人気を得た同盟と、ポピュリズムの5つ星運動の連立政権が誕生しています。こういうことは、難民問題やギリシャ危機が発覚するまでは、ある意味 あり得ないことでした。しかし、今は現実です。


私が東京に行った時に、セミナーでお伝えしたこと、覚えてますか?

2019年5月には、欧州議会選挙 あるんです 










約3週間後の8月29日(水曜日)、トレイダーズ証券さんの主催で、ロンドンの自宅からオンライン・セミナーを行ないます 


ロンドンから生放送、欧州市場のスペシャリストが秋相場を語る!
8月29日 (水曜日)   20時から21時まで   定員: 200名様


どなたでも参加できます。
この日は、翌日に米ジャクソンホール経済シンポジウムを控えておりますので、欧州の話題に加え、アメリカについてもお話しさせていただけると嬉しいです 

詳細は、バナーをクリックしてください!

     
Net Money



初回入金10万円以上」+「取引1Lot」で、書籍【ずっと稼げるロンドンFX】をプレゼントいたします 


[ 2018/08/10 22:06 ] 新興国関連記事 | TB(-) | CM(0)

Dovish Hike となった英中銀からの発表

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 



カーニー総裁 インフレ




英国発ビッグイベントとして定着してきたSuper Thursday! この日は英中銀が、1)政策金利/資産買入プログラム(QE)額 2)議事要旨 3)四半期インフレーション・レポート(以下、QIR Quarterly Inflation Report) 4)総裁・副総裁の記者会見 を行ないます。ポンド取引に従事する者にとっては、絶対に見逃せないイベントです。

今回のコラムでは、8月2日に開催されたSuper Thursdayでの発表内容を紹介しながら分析し、今後のポンド取引について考えてみたいと思います。





今回のコラム記事の主な内容は、


・事前予想

・英中銀からの発表

政策金利・量的緩和策規模
議事要旨

・総裁・副総裁記者会見の要点

・四半期インフレーション・レポート

GDP予想
インフレ見通し
賃金上昇率
主要国政策金利見通し
今後3年間の利上げ回数
民間予想

・8月2日Super Thursday総括
1) 9対0での利上げ
2) 適切な均衡実質利子率(R-Star)についての見解を披露
3) Brexitについて
4)貿易戦争

・MPCメンバーの変更

・ここからのポンド

記者会見でのポンド下落の理由
ここからのポンド






コラム記事の一部をご紹介しますと、

>>>カーニー総裁の答えを総合すると、来年3月末に白紙状態で英国が離脱した場合は、政策金利に関しては①現状維持 ②利下げ、いずれかの選択を迫られると答えています。 <<<




4月より、口座保有者のお客様のみが閲覧可能となりました。

どうぞごゆっくりお読みください 






「これまで以上に“アクティブ”なトレード環境の実現」のため、今春、サービスを大幅にリニューアル

・ユーロ円0.5銭や、ポンド円1.2銭も結構狭い

・1回あたりの最大注文可能数量は300万通貨


Net Money


[ 2018/08/05 04:52 ] 英中央銀行 | TB(-) | CM(0)

英中銀 Super Thursday 同時通訳ライブ やります + BOE予想

本日 日本時間20時20分くらいから、英中銀 Super Thursday ライブ!を中継します。
生まれて初めてのライブですし、機械にからきし弱い私ですので  途中で切れちゃったり、おかしくなったりするかもしれません。しかし、何度かやれば たぶん慣れてくると思います。

ということで、私のYouTubeに登録お願いします 

登録は、画像をクリックしてください 
           

Net Money





* 英中銀予想  7対2 或いは 8対1で利上げ
う~ん 結構意見分かれていて、

7対2 で利上げ (据え置き2票は、カンリフ副総裁とラムズデン副総裁)
8対1 で利上げ (据え置き1票は、カンリフ副総裁)

このいずれかのようです。



* 利上げ織り込み度
91%の確率で利上げされる ということです。



*四半期インフレーション・レポート内容は?
前回5月のインフレレポートでは、

GDP
2018年 1.4%
2019年と2020年 1.7%

現時点で、2018年英GDPは、1.3~1.6%予想ですので、ほぼ変化なし?

インフレ率(CPI)
2018年 2.2%
2019年 2.1%
2020年 2%

これもほぼ こんな感じかな?と思います。

というか、GDPにせよ、インフレにせよ、Brexitの交渉結果次第・・・ という苦しい立場であることに変化なし

雇用関連指標
Brexitでもあまり影響を受けていないのが、雇用関連指標。特に失業率とかですね

英中銀は特に、賃金上昇率を注視しており、穏やかに3%程度に上昇するという見解です。ちなみに最新の数字は、2.5%あたり。つまり、英中銀の見解より低い

ここが問題なんです。

賃金がなかなか上がらない ということは、「労働市場のゆるみ(Slack 或いは Gap)が、英中銀が予想するより、「大きい」可能性があるということにもなり、そうなると 利上げを急ぐ必要ないよね? という結論になります。

この点を、カンリフさんやラムズデンさんは 結構気にしています。
それに反して、ソーンダースさんなどは、「労働市場の緩みは、もうほぼなくなった。使い切った」 という見解を示し、ずっと利上げ票を入れている ということです。

英中銀の5月のインフレレポートでは、「労働市場の緩み」として、GDP 0.5%程度  としていますので、今回 この数字をいじるのか?そこも注意必要です。


* 利上げ後についての言及
現時点での英中銀政策金利は、0.5%

今日 0.25%利上げがあれば、0.75%になる

そして、英国での予想は、2019年末で、だいたい 1%くらいかな・・・  という感じですので、今後問題となるのは、

1) 次の利上げ時期は いつ?  今年? 来年?  今年の場合、Hawkish

2) 次は本当に「利上げ」なのか? それとも、利下げとかもあるのか?   利下げの可能性に言及するようであれば、かなりDovish

3) 今年は 今回の利上げで終りなのか?    一応 マーケットでは今回で終りと見ているため、万が一 もう一回 11月に利上げとかいう話しになれば、相当 Hawkish

4) 本当に来年利上げは1回だけなのか?     3)と同じで、一応 マーケットでは来年も1回利上げと見ているので、万が一 2回とかいう話しになれば、相当 Hawkish


もう 延々と疑問が沸いてきます。

これらの問題点に対する答えは、インフレレポート/声明文/記者会見 ではっきりすると思います。


ということで、ブログ 早めにあげたいので、これで終了。

20時の発表は Twitter で書きます。
20時20分から ライブ  よろしく 







初回入金10万円以上」+「取引1Lot」で、書籍【ずっと稼げるロンドンFX】をプレゼントいたします 

2冊目の本


[ 2018/08/02 19:32 ] 英中央銀行 | TB(-) | CM(0)

イタリア、コンテ首相

イタリアのコンテ新首相 いろいろ発言しています。

あまりに多くて全部書けませんが、特に 気になった一言



Wants to reduce debt through GDP growth
債務削減は、GDP(景気拡大)を通じて行いたい


という夢のような発言をしています。


明日更新されるYJFXさんのコラム記事にも書いたのですが、イタリア新連立政権に対する 「内閣信任投票」 は今週中に実施・・・ と言われておりましたが、上院に関しては 本日 イギリス時間 17時 (日本時間 25時) に実施の運びのようです。

下院では連立政権の議席は余裕ですので、信任投票は問題ないでしょう。
上院の場合は、たしか10議席くらいの余裕があるはずなので、大丈夫のはずです。

いずれにしても、またイタリア国債利回りが上昇に転じており、ユーロが軟化しています。


欧 伊 長期金利上昇
(クリックすると拡大します)







Net Money


FXプライムbyGMO
[ 2018/06/05 22:14 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(0)

英中銀四半期インフレーション・レポートに関する議会証言

おはようございます 

本日は、5月14日に発表された「英中銀四半期インフレーション・レポート」 について議会証言が行われます。

時間は、ロンドン午前10時頃 (日本時間 18時頃)


出席者は

・カーニー総裁  (中立?)
・ラムズデン副総裁 (ハト派)
・ブリハ理事 (元ハト派 → 最近は ややタカ派?)
・ソーンダース理事 (タカ派)


非常にバランスが取れたメンバーによる議会証言となります。



英 財務省特別委員会




* 議会証言での注意点  
出席する4人のうち、

・ラムズデン副総裁

・ブリハ理事

この2名に、私は注目しています。



理由は、

・ラムズデン副総裁
ご存知のように、カーニー総裁は「あてにならないボーイフレンド」と呼ばれており、発言内容がころころ変わります。

しかし、ラムズデン副総裁は寡黙ですが、ずっとハト派です。きちんとした、ポリシーがある方のようです。

そのため、もし ハト派のラムズデンさんが、議会証言で利上げに前向きな発言をした場合は、GDPが落ち着けば利上げ時期が早まる可能性もあり、ポンドにも好材料となるでしょう。




・ブリハ理事
この方は昨年くらいまで、最もハト派のメンバーでした。しかし、2016年6月の国民投票以降、イギリス経済は予想より健闘してきたことを受け、金利の正常化の一環として、歴史的な低水準にある政策金利の「正常化」に向けた利上げを支持しています。

2018Q1GDP速報値が予想よりずっと悪かった今、果たしてまだ利上げの必要性を訴えるのか? そこはきちんとチェックしたいと思います。



* もうひとつの注意点  
インフレレポートの中で、2018年の賃金上昇率予想が、前回2月のものより下方修正されていました。2月予想が3%  5月は 2.75% です (このチャートの赤丸の部分)


英 賃金上昇率 QIR
(クリックすると拡大します)




最近の経済指標で注目度が高いのが、この賃金上昇率。MPC理事達は、インフレ・レポート発表以前の講演などで、今年の賃金上昇に自信を持つ発言をくりかえしていたので、この下方修正は意外な印象を受けました。

さきほど 「ハト派」としてご紹介したラムズデン副総裁ですら、今年の賃金上昇率はかなり期待できるものとなるだろう・・・ という発言をしていらっしゃったので、たぶん 本日の議会証言では、その発言について、議員が突っ込むことを期待しています。



* もうひとつ、おまけの注意点    
本日の議会証言には出席されませんが、先日 ブロードベント副総裁がインタビューを受けたのですが、そこでイギリスの2018Q1GDP速報値が弱かったことについて、

「英国経済は、更年期障害のステージに入ったかもしれない。」

という、ブロードベントさんらしからぬ発言をし、英国の全女性を敵に廻しました 

この【更年期障害】の部分について、 たぶん・・・ですが・・・ カーニー総裁に質問が飛ぶような気がします。

「総裁、先日のブロードベント副総裁の 更年期障害という発言について、同じようなご意見を共有されていらっしゃいますか?」

こんな質問になるのではないでしょうか?


残念ながら、私はあと30分くらいしたら、病院に行かなければなりません。帰宅後、チェックしてブログにします。









「これまで以上に“アクティブ”なトレード環境の実現」のため、今春、サービスを大幅にリニューアル

・ユーロ円0.5銭や、ポンド円1.2銭も結構狭い

・1回あたりの最大注文可能数量は300万通貨


Net Money



[ 2018/05/22 17:05 ] 英中央銀行 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ


FC2 Management