FC2ブログ
2019 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 08
ファンダメンタルズ・カレッジのご紹介
2018年3月から
ファンダメンタルズ・カレッジ開校しました。



Net Money

トランプ大統領は本気でドル安政策を押し付けてくるのか?

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 



米 トランプ パウエル




7月10/11日、アメリカでは半期に一度の金融政策に関する議会証言(旧ハンフリーホーキンス証言)が金融サービス委員会で行われました。ここで発表される内容は、パウエル議長の個人的見解ではなく、連邦公開市場委員会(FOMC)全体の見解を議長が代表して報告するものであると言われています。

今回のコラムでは、議会証言内容に加え、本気でアメリカはドル安政策を押し付けてくるつもりなのか?それについて考えてみたいと思います。








今回のコラムでは、

・半期に一度の議会証言

・声明文内容

・パウエル議長Q&A(7月10日)

・予防的金利カット

・トランプ大統領によるFED攻撃

6月11日
6月18日
6月24日
7月3日

・パウエル議長 「トランプ大統領による圧力は、ない」

・通貨売り介入には否定的な財務長官とNEC委員長

・マーケットへのインパクト







コラム記事の一部をご紹介しますと、



>>> パウエル議長が読み上げた声明文とQ&Aでの答えを総合すると、「労働市場はそれなりにタイトであり、景気もそこそこ力強い。しかし、景気をサポートする要因が、個人消費や企業投資ではないため、継続性に疑問が生じる。労働市場についても、賃金の上昇力がインフレ押し上げ要因となっておらず、今後の不安は残ったまま。既に他の主要国での景気減速懸念が表面化していることを考慮した場合、その影響をアメリカが受ければ、ますます景気の先行きに対する不確実性が高まり、それによりインフレ率の低下リスクが出てくることも考えられる。そのため、6月の雇用統計の結果は良かったが、先行きの不確実性を重視し、緩和策に踏み切る可能性が高まった」ということなのでしょう。

よって、「Behind the curveとならないよう先手を打ち、予防的な政策金利カットが必要となる」という理屈だと思いました。<<<





どうぞごゆっくりお読みください 





「FXダイレクトプラス」において豪ドル3通貨ペア (豪ドル/円、豪ドル/米ドル、ユーロ/豪ドル) の スプレッドを業界最狭水準へ 大幅に縮小します。

Net Money




[ 2019/07/12 23:45 ] トランプ大統領 | TB(-) | CM(0)

中央銀行勤務経験のない中央銀行総裁誕生か?

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 




欧 ラガルド ECB



6月30日に開催されたEU特別サミット。初日には何も決まらず、7月2日まで続きました。ようやく最終日に主要EUトップ人事が発表されましたが、選出過程が「秘密会議に次ぐ秘密会議」を経たもので、あまりの政治色の強さに、私もクラクラしてきました。

ヨーロッパで最も批判が高いのは、ユンケル欧州委員長の後任人事についてですが、為替市場にとってはやはり、欧州中銀(ECB)総裁人事が気になります。

そこで、今回はECB総裁後任について書いてみようと思います。







今回のコラムでは、

・バランス重視の人選

・ラガルドECB総裁候補に決定

・アメリカに続き、ヨーロッパも

・ラガルドECB総裁のご祝儀相場

・楽観説と悲観説

楽観論
悲観論
素朴な疑問

・ECB役員会メンバー、大幅変更

・ここからのマーケット






コラム記事の一部をご紹介しますと、



>>> ラガルドさんの名前が挙がったとき、多くの報道では、「アメリカのパウエルFRB議長も弁護士出身。今回名前が挙がったラガルド氏も、同じく弁護士出身。」と書きたてました。

私は「政治家出身」の部分に囚われておりましたが、マーケットではパウエル議長との共通点である「弁護士」の部分に注目したようです。<<<





どうぞごゆっくりお読みください 





「FXダイレクトプラス」において豪ドル3通貨ペア (豪ドル/円、豪ドル/米ドル、ユーロ/豪ドル) の スプレッドを業界最狭水準へ 大幅に縮小します。

Net Money




[ 2019/07/05 22:29 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)

欧州主要ポストを巡り大混乱のEU

11月11日という縁起の良い日から、YJFXさんのご好意で隔週コラム記事を担当させていただくことになりました。 




欧 ラガルド ドラギ



6月30日、G20大阪サミット終了から24時間も経っていないにも関わらず、異例の日曜日にEUサミットが開催された。そして、このサミットは7月2日遅くまで続いた。

本来であれば、6月20/21日のEUサミットで、欧州委員会委員長と欧州中銀(ECB)総裁の後任が選出されていたはずだが、それが出来なかったための特別サミットとなった。

ユーロにも影響を与える内容であるため、今回はこれについて分かっている限りのことをお伝えしたい。



追記: この原稿を書き終わってから数時間後に、正式にラガルドIMF専務理事が、ECB総裁候補として、選出されました。



      

こちら  から、どなたでもお読みいただけます!





コラム全体のご紹介は、下のバナーをクリックしてください。そこからも記事が読めるようになっています。

               

Net Money
[ 2019/07/03 17:02 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)

ボリスは首相になれるのか?

ボリスとハントさんとの間で、党首選決選キャンペーンが着々と進んでいます。

本日は、スコットランド・グラスゴーでキャンペーンです。



さて、これは数日前に オンラインサロン で書いた記事ですが、保守党の党員の間では絶対的な人気があるボリスですが、果たして内閣信任投票で賛成されるのか?

それの数合わせをしてみました。




* 議会での数合わせ
この数合わせは、ボリスが最後まで 「合意なき離脱の可能性を却下しない」 という前提です。

その場合、保守党議員の中でも「内閣信任投票で反対票」を投じる議員が出てきます。


現在の各党議員数 を参考にして計算してみました。



保守党  12人
労働党  247人
自民党  12人
スコットランドSNP党   35人
Change UK党   5人
その他(緑の党やウェールズの政党など)   だいたい5


合計 316人となり、これらの人は内閣信任に反対票を投じる可能性があります。



10票足りません 


この計算に入っていない無所属議員が15人が、鍵を握っているということになりますね・・・・




英 ボリス 砂糖

この写真は、もう半年くらい前かな・・・ 休日にジャーナリストが押しかけてきて、ボリスがティーを配っているところです。


写真の中に赤い丸で囲んだのが、お砂糖

イギリス人はSweet tooth の人が多いので、砂糖は必ず 一緒に添えます。しかし、袋のままというのは、大工さんとか工務店などのような人たちのやり方かもしれません・・・



言いたかったのは、裕福な家庭に育ち、政治家になっても、「庶民感覚」を忘れずに披露する。

並んでいるマグカップも、本当に一般家庭で見かけるものでした。

上手いやり方だな・・・ と、私はこの写真を見た時に感心したものです。

これは、例えば、キャメロン元首相には、出来ない芸当でした。














意外とご存じない方がいらっしゃるかもしれませんので、あらためてご紹介 

2018年9月より、 プライム byGMOさんで、以下の情報配信のお手伝いをやらせて頂いております。

月・水・木曜日に 「井戸端会議」に欧州関連情報。
火曜日には、「動画」配信。






Net Money





FXプライムbyGMO

Spitzenkandidaten

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 




欧 2019 5人の大統領




ユンケル欧州委員会委員長の後任選びが難航しています。本来であれば、先週のEU首脳会談(以下、サミット)で選出される予定でしたが、結局できずに終了しました。

欧州委員会委員長人事が直接的には為替市場に影響を与えませんが、新委員長の出身国次第では、マーケットへの影響が出てくるかもしれないため、今回のコラムで取り上げることに決めました。





今回のコラムでは、

・欧州委員会委員長後任人事

・リスボン条約で変わった選出方法

・2014年の選出プロセス(タイムライン)

・先週のEUサミット

・5人の大統領

・マーケットへの影響について

ECB総裁などの出身国について
驚きのメルケル首相発言

・ここからのマーケット





コラム記事の一部をご紹介しますと、



>>> 欧州委員会委員長の後任人事については、短期的に為替マーケットへの影響は、ないと思います。しかし、もしドイツ人のウェーバー候補が落選し、他の国の候補者が選ばれた場合、話しは複雑です。

上述の「5人の大統領」の出身国は、ドイツやフランスなどのコア国だけに偏らないよう、上手い具合に調整されています。もし、委員長職にドイツ人が就かなければ、他の職に振り分けられることもあり、それがマーケットへ影響を落とすかもしれません。<<<





どうぞごゆっくりお読みください 





「FXダイレクトプラス」において豪ドル3通貨ペア (豪ドル/円、豪ドル/米ドル、ユーロ/豪ドル) の スプレッドを業界最狭水準へ 大幅に縮小します。

Net Money




[ 2019/06/29 01:04 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)

6月30日 EU特別サミット決定

先週 6月20/21日に開催されたEUサミット(首脳会談)

本来なら、この席で、Spitzenkandidaten (欧州議会選挙後に欧州委員会委員長を選出すること) が出来なかったので、6月31日にあらためてサミットを開催して、そこで決めるようです。


ユンケル委員長が10月末に任期満了で退任します。2009年のリスボン条約では、欧州議会選挙でもっとも議席数が多かった会派から、欧州委員会委員長を選出すると決められたのですが、歴史はまだ浅く、2014年にはじめて導入されました。

そして、この決定方法には憲法的な保証がないため、マクロン仏大統領が  待った   をかけたのです。



仏 マクロン


マクロンさん曰く、なにもこの選出方法に拘らなくても、いいじゃないか?  ということですが、もともと 欧州議会最大会派:EPPの委員長候補: ウェーバーさん(ドイツ)にしてみれば、たまったものではありません。




* 2014年の選出プロセス(タイムライン)
2014年にユンケル委員長が選出されたときは・・・

5月 欧州議会選挙
6月 EUサミットで委員長候補を選定
7月 欧州議会本会議において、新委員長が選出
11月1日 新委員長就任

となりました。


今年は、マクロンさんの反対で、選出ができなかったので、6月30日に・・・ ということですが、どうなるのでしょう?



この問題は、廻りまわってユーロにも影響を与えかねないため、ちょっぴり心配している私です 











ポンド関連通貨のスプレッド、大幅縮小 

2019年4月1日(月)より、3月末まで実施している下記4欧州通貨ペアのキャンペーンで提供している現行のスプレッドを「通常スプレッド」とします。




Net Money




[ 2019/06/27 00:59 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(1)

オンラインセミナーのご案内です♪

6月26日(水) トレイダーズ証券さん 「みんなのFX」  で、オンラインセミナーをやらせていただきます 

どなたでも参加できますので、是非とも皆様のご参加をお待ちしております。




たった今 資料の修正を終り、本当の意味で 「最も最新のBrexit情報」 をお届けできる体制が整いました。


保守党の党首選キャンペーンの様子や、英国の有権者は、どこまでBrexitに本気なのか?


それに加え、最近 緩和に向けて発言が大幅に増えたドラギECB総裁。あらためて、ユーロ圏の金融政策についても、お話ししたいことが、たくさんあります。





事前申し込みは不要ですので、6月26日に こちらのページからご参加くださいね 

          


Net Money




トレイダーズ証券 みんなのFX
[ 2019/06/26 01:28 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

ボリスとガールフレンド、仲直りのようです

先週金曜日未明、ボリスのガールフレンドのマンションで叫び声が聞こえた    と言うことで、同じマンションの住民が、110番通報しました。

通報した住民と隣人によると、女性の叫び声が約10分間続き、「私から手を離して!」とか、「このマンションから出て行って!」 と言う会話が聞こえていたそうです。

この問題は週末の間ずっと続き、本日になるととうとう、「ボリスはDVオヤジなのか 」 という話しにまで進展


それに慌てたのかわかりませんが、早速 英国で唯一の夕刊紙: Evening Standard紙の一面に、ボリスとガールフレンドが仲直りしている写真が載っています



FPネット ボリス


そして、このEvening Standard紙の編集者の一人に、元財務相:オズボーンさんがいるんです。

もしかしたら、ボリスがオズボーンさんに頼んだのかな?




私はDVの被害者になったという経験は一切ありませんが、イギリス人の知り合いで被害者の女性を知っており、泣きながら私の自宅のドアを叩いて避難してきた時期がありました。

DVにもいろいろパターンがあるのでしょうが、その女性のお相手さんは、お酒が入らない限り、手は挙げないそうです。だから、素面の時は、優しい人なの・・・  と語っていましたが、もし私がその女性の立場であれば、どんなに好きでも帰らないと思います。

いろいろな生き方がありますね・・・・







6月26日(水) トレイダーズ証券さん 「みんなのFX」  で、オンラインセミナーをやらせていただきます 

どなたでも参加できますので、是非とも皆様のご参加をお待ちしております。


6月26日ですと、保守党の党首選決選投票が始まる時期と重なりますので、じっくりとそのお話しが出来ます。

それに加え、ヨーロッパの政治・経済・金融政策についても、お話ししたいことが、たくさんあります。





事前申し込みは不要ですので、6月26日に こちらのページからご参加くださいね 

          


Net Money




トレイダーズ証券 みんなのFX

次期首相は、ボリスか?ハント氏か?

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 



英 Hustings




メイ首相が6月7日に辞任したことを受け、英与党:保守党の党首選がスタートしました。先週のコラム記事では、党首選第1回目投票結果をご紹介しています。

今週は、2回目以降の結果をお知らせするとともに、新党首(首相)とBrexitを巡るここからの動きについて、考えてみたいと思います。





今回のコラムでは、


・2回目以降の投票結果

・決選投票に向けたキャンペーンとタイムライン

・政治の恐さ

・解散総選挙について

・ここからのマーケット




コラム記事の一部をご紹介しますと、



>>> 6月22日週から約3週間に渡り、決選投票とキャンペーンが繰り広げられます。詳細について、日本ではあまり報道されておりませんが、実際のキャンペーン日程は、下のチャートの順序で行なわれます。

2人の候補者は、英国連合王国の各選挙区を廻り、キャンペーンを展開。16万人の党員は、自分の目で見て、質問をし、どちらの立候補者にするか選び、郵送による投票を行ないます。<<<





どうぞごゆっくりお読みください 





「FXダイレクトプラス」において豪ドル3通貨ペア (豪ドル/円、豪ドル/米ドル、ユーロ/豪ドル) の スプレッドを業界最狭水準へ 大幅に縮小します。

Net Money




保守党党首選:ボリス優位は変わらず

11月11日という縁起の良い日から、YJFXさんのご好意で隔週コラム記事を担当させていただくことになりました。 





英国では、7月下旬に新しい首相が誕生する。6月7日にメイ首相が正式に辞任し、保守党の党首選がスタートした。先週、第1回目投票が終り、6月18日に2回目投票が行われた。

今回のコラムでは、党首選の投票結果を見ながら、ここからの重要イベント日程などを紹介し、ポンドの先行き動向について考えてみたい。




記事の閲覧方法が若干変わりました。今まで通り、毎月2回コラム記事を掲載いたしますが、月に一度はどなたでもお読みいただけます。もう一度は口座保有者の方に限り、取引画面よりレポートを見ることが出来ます。今回のレポートは、口座保有者の方向けに書かせていただきました。

スマホアプリで、レポートを見たとき、こんな感じで、表示されます。



      


YJFX コラムバナー 6月20日



コラム全体のご紹介は、下のバナーをクリックしてください。そこからも記事が読めるようになっています。


               

Net Money

党首選 3回目投票、もうすぐ閉まります!

本日は、保守党党首選3回目投票。

あと10分くらいで終了。そして、1時間後くらいに結果発表です。

1回目は最低でも17票。2回目は33票というハードルがありましたが、3回目以降は、票数が一番少ない人が落選


今朝、いろいろな噂が出ていました。

その中で、「やはり、私は社内政治とかが大の苦手で嫌いだったけど、本当に政治の世界って、合わないなぁ・・・」と、感じた出来事がありました。

2回目の投票で33票ギリギリだったジャビッド内相。

この人が、3回目の投票で出馬取り消しするかもしれない・・・という噂が出たのです。

結局、取り消さずに出場していますが、取り消そうか・・ という根拠は、

「出場取り消すから、ボリスが首相になったら、財務相を狙いたい。」  というもの。


ジャビッドさんは、元担保証券のトレイダーで、そこから銀行の上に昇りつめた人物ですので、財務相という適職かもしれません。

しかし、Brexitを巡る考え方や、イスラム教徒に対するボリスの発言などで、真っ向から対立したジャビッドさんでさえ、こういう考え方をするんだな と、ちょっぴり残念・・・・


英 党首選 3回目





6月26日(水) トレイダーズ証券さん 「みんなのFX」  で、オンラインセミナーをやらせていただきます 

どなたでも参加できますので、是非とも皆様のご参加をお待ちしております。


6月26日ですと、保守党の党首選決選投票が始まる時期と重なりますので、じっくりとそのお話しが出来ます。

それに加え、ヨーロッパの政治・経済・金融政策についても、お話ししたいことが、たくさんあります。





事前申し込みは不要ですので、6月26日に こちらのページからご参加くださいね 

          


Net Money




トレイダーズ証券 みんなのFX
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ