2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05
本を書きました!Noteの販売も始めました!
黒猫アイランドさんが「Brexit中間報告レポート」書きました。
是非お手にとってお読みください 

Net Money

英国政府のBrexitに対する姿勢や考え方
「政治相場」の2017年には必読のレポート。



Net Money

ロンドンFX 「視るブログ」

2013年7月8日より、上田ハーローFXさん のご好意  で、『視るFX』 と題し、毎週月曜日にその週のマーケットの注目イベントや指標のご紹介  や為替動向を動画配信することになりました 



視るブログ用




今週の視るブログは、先週のマーケットの振り返り( 英国の解散・総選挙について )と今週の注目点 
プラス フランス大統領選・1回目投票 (マクロン vs ルペン)について、お話しさせていただきました!



このバナーをクリックすると動画が見れま~す 




Net Money




[ 2017/04/24 23:26 ] 動画レポート:『視る』ブログ | TB(-) | CM(0)

フランス大統領選ライブ: 数々の噂・ランダム編

Twitterで呟いていたものをまとめます。非常にランダムで申し訳ありません。


*調査会社:Harris社が出した噂
本日の1回目の党ひゅう出、上位2名の中に、ルペン候補入らず・・・ という内容の報道をしているらしいです。

それに対して、下の記事で取り上げたベルギーのフランス語TV局: RTBFは、ルペン候補は最後の2名に入っていると予想



*同じくHarrisの最終結果予想

マクロン   24.5%
メランション   20%
ルペン  20%
フィヨン  18%

う~ん、メランションさんとルペンさん 同率


*どこかもうひとつの調査会社の予想

マクロン   24%
ルペン  21%
フィヨン  21%
メランション  18%



*大都市以外の投票所は投票終了
大都市の投票も、残すところ 15分切りました



*どこかのFX会社のプライス
ユーロ/ドルですが、1.0740/1.0895


まず この記事 あげます。次に出たら またTweetします

[ 2017/04/24 02:48 ] 売買取引 | TB(-) | CM(0)

フランス大統領選ライブ: 午後5時の投票率

この記事で、昼の投票率 についてお知らせしました。

今度は、現地時間 17時の投票率が発表されました。


*17時の投票率
17時時点の投票率   69.42%

2012年の大統領選での17時の投票率が、70.6%
2007年が、73.87%
2002年が、58.45%



最後の駆け込み投票となるか 


仏 マクロン






毎週月曜日にお送りしてます 
上田



[ 2017/04/24 00:08 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)

フランス大統領選ライブ: ベルギーのTV局の午前の部 得票率予想

ベルギーのフランス語TV局: RTBF の番組を見たのですが、昼間での 「各候補:得票率予想」 やっていました。

それによると、

・マクロン  24%
・ルペン  22%
・フィヨン  20.5%
・メランション  18%


このリンク をクリックすると、番組が見れます。フランス語ですが・・・






毎週月曜日にお送りしてます 
上田



[ 2017/04/23 23:55 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)

フランス大統領選ライブ: 海外からの投票結果(ただし、聞いたこともない場所)

キャァ~~~~ 


ただね・・・ 「そんな場所、聞いたことありませんが・・・」 というところだから、あまり関係ないのかな・・・


*フランス領: サンピエール島
カナダのセントローレンス湾に浮かび、ニューファンドランド島南部に位置する島:サンピエール島

この島について考えたことも聞いたことも、私の人生の中で一度もありません 

そこの投票結果が出ました 


メランション   34.5%
ルペン  18.16%
マクロン  17.97%
フィヨン  9.32%
アモン  8.24%



*海外県:マルティニーク島
カリブ海に浮かぶ西インド諸島の島のひとつだそうです。


メランション   27.36%
マクロン  25.53%
フィヨン  16.85%
ルペン  10.94%
アモン  9.75%



*フランス領:グアドループ島
カリブ海に浮かぶ西インド諸島のなかにあるらしい・・・・  
もう、かなり無責任になってきてます、私も。聞いたこと ないし・・・

マクロン  30.32%
メランション   23.99%
フィヨン  14.87%
ルペン  13.47%



メランション人気、すごすぎ 




3月4日(土)に 「美子トーク」 という企画を セントラル短資FXさん がやってくださり、その時のトーク内容の一部が公開されました 

こちら  からお読みいただけます 

そして抽選10名様に、私がロンドンから  買って来たロンドン土産を、プレゼント致します! 

キャンペーン期間中、当キャンペーンへのお申込みを完了されたお客さまの中から、抽選で10名さまに、私がチョイスした『ロンドンみやげ』をプレゼントします。 賞品は、ロンドンのラグジュアリーブランドの高級キャンドル、イギリス老舗高級店の紅茶やクッキー、高級チョコレートなどをご用意しています。届いてからのお楽しみ 

詳しい内容は、こちらをご覧になってください。せっかく買ってきたので、たくさん 応募してね 〜

Net Money


[ 2017/04/23 23:28 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)

フランス大統領選ライブ: 出口調査

ちょっとこれから 上田ハーローさんの【視るブログ】 の作成に集中しますので、その前にこの記事を書いておきましょう。

もちろん、1時間に一度くらいは、必要であればこのブログにも記事をあげますので、待っててくださいね 


仏 フランス大統領選




*出口調査の正確性と発表時間
この記事 でご紹介しましたが、本日の出口調査結果は大都市の投票が終了する現地時間 20時(日本時間 翌午前3時)に発表予定です。

しかし、今 入ってきたニュースによると、大都市以外の投票時間が従来の現地時間 18時から19時に1時間延長となったことを受け、出口調査に要する時間が1時間短縮されたことになり、もしかしたら

・出口調査の正確さを重視する調査会社は、発表時間を遅らせる可能性が出てくる
・予定通り、20時に発表されたとしても、その正確度は今までよりも劣るかもしれない


ということです。

この記事 でもお知らせしましたが、これはフランスの法律で「出口調査は投票所が閉まってから発表する」と決められているからであり、フランスの法律に従わなくてもよい外国籍の報道会社は、独自の出口調査を20時より前に発表する可能性もあります。

それもあって、私も現地時間 18時くらい (日本時間だと午前1時) から、予期せず出口調査の発表に備えてチェックしようと考えています。


[ 2017/04/23 21:39 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)

フランス大統領選ライブ:投票率

私は英BBCテレビのニュースを見ています。

フランス大統領選は歴史的にも投票率が高く、だいたい80%くらいになるという数字を以前みたことがあります。

本日のフランス大統領選の投票率ですが、BBCによると、

「確実に80%は 行けそう!」   ということのようです。


*仏内務省からの発表
投票所が開いてから4時間後の投票率は、28.5% となっており、2012年の大統領選と比較すると出足が早い と発表されました。
このまま投票が続いた場合、2012年大統領選・1回目投票時の79.48%という投票率は抜くようです;


投票率が高いと、ルペンさんには不利と言われておりますが、どうなることやら?


*世界各地での投票の様子
ロンドンが凄いことになってる・・・・ 

仏 大統領選当日









3月4日(土)に 「美子トーク」 という企画を セントラル短資FXさん がやってくださり、その時のトーク内容の一部が公開されました 

こちら  からお読みいただけます 

そして抽選10名様に、私がロンドンから  買って来たロンドン土産を、プレゼント致します! 

キャンペーン期間中、当キャンペーンへのお申込みを完了されたお客さまの中から、抽選で10名さまに、私がチョイスした『ロンドンみやげ』をプレゼントします。 賞品は、ロンドンのラグジュアリーブランドの高級キャンドル、イギリス老舗高級店の紅茶やクッキー、高級チョコレートなどをご用意しています。届いてからのお楽しみ 

詳しい内容は、こちらをご覧になってください。せっかく買ってきたので、たくさん 応募してね 〜

Net Money


[ 2017/04/23 20:31 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)

英国総選挙スペシャル

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 



セントラル用



今年は「2017 欧州選挙年」であり、ヨーロッパの主要国で大統領選や議会選挙が続きます。そして今週火曜日に英国のメイ首相が突然、驚きの発表をしました。それは「議会を解散し、6月8日に総選挙を実施する」という決断でした。

今回のコラムでは、突然の解散・総選挙について、現時点で分かっていることを現地に住む私から日本の皆様にお伝えしたいと思います。





今回のコラム記事の主な内容は、


・6月8日総選挙実施
メイ首相からの発表
議会解散権がない英国首相

・投票日までのイベント・時系列

・党別・支持率をチェック!

・予想獲得議席数

・保守党・労働党、それぞれの党首の支持率

保守党:メイ首相
労働党:コービン党首

・どうして、今 総選挙なのか?
保守党の人気が高い
メイ首相に対する有権者の満足度が高い
安定多数議席を増やす
次期総選挙

・総選挙における注意点
スコットランドの出方
総選挙では自民党に注目

・ここからのマーケット






コラム記事の一部を抜粋しますと、


>>>英国は保守党と労働党による2大政党制であり、両党の支持率は伝統的に30%台の横並びとなるのが普通でした。しかし、労働党のコービン党首の人気が大きく低下しており、昨年7月にメイ首相が就任して以来、ずっと保守党の独占状態となっています。現在、保守党は労働党に対し20%を超えるリードとなっており、この数字は1983年にサッチャー元首相が2度目の当選を果たした時以来のリードとなっています。<<<




セントラル短資FXさんの【フランス大統領特集ページ】は こちら からご覧になれますよ 



どうぞごゆっくりお読みください 


このバナーをクリックすると記事が読めます。


Net Money

または このブログの左上 すこしFX ☆ なが~くFX バナー をクリックして是非お読みください!  よろしく~

マーケット・ビューの過去記事は このリンク を使って頂ければと思います 




[ 2017/04/22 04:15 ] 英選挙 | TB(-) | CM(0)

フランス大統領選に向けて

フランス大統領選 1回目投票日 が2日後に迫ってきました。

昨夜は大統領選出馬候補者 11名全員が参加したTV討論会が行なわれましたが、その最中にパリのシャンゼリゼで警察官がテロリストに殺害されるという事件が起きてしまいました 

それを受け、本来であれば選挙キャンペーン最終日となる本日、ルペン候補とフィヨン候補はキャンペーンをキャンセル。たぶん、マクロンさんも続くように見えます。メランションさんは断行する予定。


*最新の世論調査結果
本日が世論調査発表最終日となっています。さきほど発表されたもののチャートを貼りますね。

仏 大統領選 最後世論調査

依然としてマクロン候補の支持率が一番高いのですが、ピンク色で示した社会党候補:アモン氏の「トリセツ」如何では、大逆転があるかもしれません。それは、アモン候補の支持者の多くが「別にアモンさん以外に票を入れても構わない」予備軍だからです。もし仮に、投票日にアモン支持者が元社会党の党員であったメランション候補に票を入れた場合、メランションさんはいきなりトップ当選することも可能になります。

政治に関しては、中途半端な思い込みや確信は捨てないとダメですね・・・・


*各候補別:大統領になれる確率
調査会社により、かなり開きがある確率の数字。

英国のエコノミスト誌によると、「ルペン候補が大統領になれる確率は、わずか 1%」 と発表していますが、この数字の低さにはアナリスト達も首をかしげている模様。

このチャートはだいたい平均的な確率を載せていると思います。

仏 大統領 確率


*マーケットの動き
それでは最後にマーケットの動きを調べてみましょう。

・ユーロ/ドル 1週間のボラティリティーの変化 (前週比)
ユーロ/ドルのボラティリティーは大きく上昇中

仏 大統領選 ボラティリティー


・ドイツとフランスの国債利回り格差(イールドスプレッド)
し か し、ドイツとフランスの国債利回り格差(イールドスプレッド)は、拡大せず 

仏 大統領選 イールドスプレッド

この辺りの温度差が非常に気になりました。

*全てのチャートはクリックすると拡大します!




ちょっとこれから来週の週末に出席する結婚式で着る洋服を買って来ます 
どうして、こんなギリギリまで買いに行かなかったのか、後悔・・・ 







3月4日(土)に 「美子トーク」 という企画を セントラル短資FXさん がやってくださり、その時のトーク内容の一部が公開されました 

こちら  からお読みいただけます 

そして抽選10名様に、私がロンドンから  買って来たロンドン土産を、プレゼント致します! 

キャンペーン期間中、当キャンペーンへのお申込みを完了されたお客さまの中から、抽選で10名さまに、私がチョイスした『ロンドンみやげ』をプレゼントします。 賞品は、ロンドンのラグジュアリーブランドの高級キャンドル、イギリス老舗高級店の紅茶やクッキー、高級チョコレートなどをご用意しています。届いてからのお楽しみ 

詳しい内容は、こちらをご覧になってください。せっかく買ってきたので、たくさん 応募してね 〜

Net Money


[ 2017/04/21 22:33 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)

スコットランド・スタージョン自治政府首相の企み

英国の解散・総選挙の発表を受け、保守党が大きく議席を伸ばすという予想が高まり、ポンドがなかなか下がっていきません。

しかし、スコットランドのスタージョン自治政府首相は、新しいアイデアを提言しました。

スコットランド スタージョン



*反保守党同盟を呼びかけ
6月8日の総選挙では、保守党が現在の議席数を大幅に上回る結果となるだろうと言われています。
保守党の議席が増えれば、当然ですがBrexit交渉において、メイ首相のやりたい放題になる可能性があり、「超ハードBrexit」となるかもしれません。

このあたりに関する話しは、 明日 金曜日のコラム記事  で、もっともっと深堀りした記事をご紹介しますので、楽しみに待っててくださいね~ 


本日の新聞報道によると、スコットランドのスタージョン自治政府首相は、他の党に呼びかけ、「昨年の国民投票で残留に票を入れた48%の国民の意思を受け継ぐためにも、反保守党/反ハードBrexit を目的とした超党派同盟を設立し、保守党政権をぶっ潰そうじゃないか!」と呼びかけたそうです  

本当に最近思うのは、この世の中 未だ【男性社会】ですが、いざ女性がトップになると、大胆というか肝が据わっているというか、男性だったらやらないだろうな・・・ と思うようなこと、平気でやりますね。昔のサッチャーさん、メルケルさん、メイさん、ラガルドさん、当選しないと思いますがフランスのルペンさん、そしてこのスタージョンさん・・・・

たぶん、英国もメイ首相でなく、男性の首相であれば、今回の解散・総選挙を果たして実施したのかな? と考えたりもしています。

いずれにしても、次の総選挙では、保守党が今まで以上に議席数を獲得するという観測がメインとなっていますが、それは2大政党のひとつである労働党が精彩に欠けるからに他なりません。

その精彩が欠けた労働党が、果たしてスタージョンさんの呼びかけに応えるのか?
残留を今でも支持している自由民主党が、スタージョンさんの呼びかけに応えるのか?

お手並み拝見と行きましょう 







3月4日(土)に 「美子トーク」 という企画を セントラル短資FXさん がやってくださり、その時のトーク内容の一部が公開されました 

こちら  からお読みいただけます 

そして抽選10名様に、私がロンドンから  買って来たロンドン土産を、プレゼント致します! 

キャンペーン期間中、当キャンペーンへのお申込みを完了されたお客さまの中から、抽選で10名さまに、私がチョイスした『ロンドンみやげ』をプレゼントします。 賞品は、ロンドンのラグジュアリーブランドの高級キャンドル、イギリス老舗高級店の紅茶やクッキー、高級チョコレートなどをご用意しています。届いてからのお楽しみ 

詳しい内容は、こちらをご覧になってください。せっかく買ってきたので、たくさん 応募してね 〜

Net Money


[ 2017/04/20 22:52 ] 英選挙 | TB(-) | CM(0)

今朝がたのユーロ上昇の背景

今朝 ヨーロッパ時間にユーロがど~んと上昇しました。いろいろ理由はあるでしょうが、フランス大統領選にからむ話しかな?と思い調べてみました。


1回目投票日 まで、残り3日間。

今夜 3回目のTV討論会が行なわれ、明日金曜日が世論調査発表最終日となります。

メランション候補が、前回・前々回のTV討論会で人気を高めたため、本日の討論会でも同じことが起きれば、明日のマーケットが、また荒れるかもしれません 


*フィヨン候補、返り咲きか?
まず、このチャートをご覧下さい。これは、本日発表された5社による世論調査結果の平均値です。

仏 ルペン フィヨン
(クリックすると拡大します)


これを見るとわかりますが、家族に対する不正収入で人気が大きく落ちていた中道右派:フィヨン候補の支持率が 0.6%アップ (水色の丸の部分)

それに対し、極右:ルペン候補の支持率は、マイナス 0.9% (グレーの丸の部分)

このまま投票となれば、右寄りの有権者の票は、ルペンさんからフィヨンさんに流れる可能性が高まった  ルペン候補が大統領になるチャンスは低下 

これを受けて、ユーロが買われた部分が大きいようです。


*2回目 決選投票進出候補者は?
次のチャートは、2回目 決選投票に進む2人の候補者の可能性と、その場合の勝利者です。


仏 大統領選 チャンス

・マクロン/ルペン  可能性 40%  その場合、ルペン候補が当選する可能性は20%だけ

・ルペン/フィヨン  可能性 30%  その場合、ルペン候補が当選する可能性は45%

・ルペン/メランション  可能性 15%  その場合、ルペン候補が当選する可能性は40%

  これって、メランションさんが大統領になる可能性、60%ってこと 

・マクロン/フィヨン  可能性 10% 

・マクロン/メランション  可能性 5%  その場合、メランション候補が当選する可能性は40%


イギリスではたぶん本日のTV討論会は見れないと思いますし、見れたとしても英語訳してくれないと、意味わからないし・・・ 






3月4日(土)に 「美子トーク」 という企画を セントラル短資FXさん がやってくださり、その時のトーク内容の一部が公開されました 

こちら  からお読みいただけます 

そして抽選10名様に、私がロンドンから  買って来たロンドン土産を、プレゼント致します! 

キャンペーン期間中、当キャンペーンへのお申込みを完了されたお客さまの中から、抽選で10名さまに、私がチョイスした『ロンドンみやげ』をプレゼントします。 賞品は、ロンドンのラグジュアリーブランドの高級キャンドル、イギリス老舗高級店の紅茶やクッキー、高級チョコレートなどをご用意しています。届いてからのお楽しみ 

詳しい内容は、こちらをご覧になってください。せっかく買ってきたので、たくさん 応募してね 〜

Net Money


[ 2017/04/20 21:39 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ