FC2ブログ
2019 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 02
ファンダメンタルズ・カレッジのご紹介
2018年3月から
ファンダメンタルズ・カレッジ開校しました。



Net Money

英国は財政も金融も緩和するのか?

先週のカーニー総裁  テンレイロ理事  ブリハ理事 と、3人続けて「利下げ」に前向きな発言をしたことを受け、月曜日からポンドが軟化  しています。

通常であれば、金融政策が「緩和」されるなら、財政は「引き締め」となるのが普通なのですが、英国の場合は、財政も久々に緩和されるようです。

12月12日の総選挙では、Red Wall と呼ばれている伝統的な労働党支持基盤の英国北部の有権者が、保守党に票を入れました。彼らは、票を入れる代わりに、地域のインフラ整備等の財政支出を交換条件として出しています。

当然ですが、ボリスはどのような財政援助をそれぞれの地域にできるか、財務省に指示を出したようで、それを受けて3月11日にジャビッド財務相が来年度予算案を発表するそうです。

Brexitによって経済が傷んでいるのはわかりますが、本当に全て「緩和」でいくのでしょうか?


英 英中銀 マーク




英中銀の利下げの可能性について、明日火曜日のFXプライムbyGMOさんの動画でお話しさせて頂きます 



毎週月曜日と水曜日〜金曜日に井戸端会議でコラム記事
毎週火曜日には、動画配信 しております
 

是非一度、覗いてみてくださいね


FXプライムbyGMO

FXプライムbyGMO

[ 2020/01/13 22:20 ] 英中央銀行 | TB(-) | CM(0)

Brexitを巡る不確実性の高まり

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 


英 Brexit 次の展開



新年あけましておめでとうございます。本年も引き続き、よろしくお願いいたします。

年明け早々、全く予期せぬ地政学リスクで幕を開けたマーケット。本来であれば、この話題についてコラムを書くべきだったのかもしれません。しかし英国議会再開後、EU離脱の先行きについての話題が増えているため、急遽それについて書くことにいたしました。




今回のコラムでは、


・ 移行期間延長は、「ない」

・ フォンデアライエン委員長とボリス会談

・ ボリスの考え

・ WABに関する議会での採決結果

・ 2020年、新たな不確実性の1年か・・・

・ ボリスは絶対に交渉延長しないのか?

・ 英国は我が道を行く覚悟ができているのか?

・ ポンドについて





コラム記事の一部をご紹介しますと、



>>> はっきりした数は報道各社により開きがありますが、保守党Brexit強硬派議員のコアメンバー数は、25〜40名。もし、この人たちの機嫌を損なう形でのBrexitとなれば、彼らはボリスが何と言おうと、議会採決で反対票を入れるでしょう。

40人が反対すれば、(せっかく選挙で勝ち得た、保守党)マジョリティ80が0になります。つまり、ボリスは強硬派の機嫌さえ損なわなければ、「俺様政治」を2期10年くらい出来るという理屈となります。<<<






どうぞごゆっくりお読みください 




新春スプレッド縮小キャンペーン 



Net Money



Megxit ハリー王子とメーガン妃、王室高位メンバーから退き、自由な生活へ

一睡もしていないので、フラフラして、とてもまともな記事が書けません 

そうは言いつつ、まだ原稿を2つ終わらせないといけないので、泣いています。

日本でも報道されているでしょうが、またしてもメーガン妃がやらかしました  イギリスでは、メーガンさんの名前をとって、「MEGXIT」と報道している新聞もあります。

エリザベス女王も、ウィリアムさんも、激怒でしょうね・・・



ハリー メーガン


英国内でも、この決断に賛否両論ですが、私は この決断が良い/悪いは正直わかりませんが、これを聞いた時に、「本当に男性は結婚した女性によって、変わる」という事実を再認識しました。

日本の家庭でも同じだと思いますが、男性は 生まれてからずっとお母さんの影響を受け、結婚すると今度は、奥様の影響を大きく受けます。

女性も当然 父親や旦那さんの影響を受けますが、男性のそれと比較すると、そこそこじゃないかな?たぶん



英国ではそれでも、家庭の財布は男性が握っているご家庭が多いので、そこは日本とちょっと違いますが、イギリス人の友達の息子さんが結婚したら、奥さんの影響を受けまくって、「時々 疲れて実家に帰ってくるのよ!」 と言ってました・・・

私も含め、女性は強いわ w   ٩( ᐛ )و










新春スプレッド縮小キャンペーン 



Net Money



[ 2020/01/09 19:40 ] イギリスでの生活・食事等 | TB(-) | CM(0)

地政学リスクで幕を開けた2020年

11月11日という縁起の良い日から、YJFXさんのご好意で隔週コラム記事を担当させていただくことになりました。 


YJFX コラム


新年あけましておめでとうございます。本年も引き続き、英国と欧州からの情報を配信いたしますので、楽しみにお待ちください!

2019年は新年早々、フラッシュクラッシュで幕開けとなった。今年はそういう兆候も見られず、一安心か・・・と思っていたら、突如として思わぬ事件が起きた。

それは、イラク・バグダッドで、アメリカ軍がドローンを使い、イランの軍事司令官を殺害するというニュースであった。

この問題を受け、各国はどう反応したのか?第三次世界大戦を引き起こすのか?マーケットへのインパクトは、どうなるのか?いろいろ考えてみたい。



      

こちら  から、どなたでもお読みいただけます!






コラム全体のご紹介は、下のバナーをクリックしてください。そこからも記事が読めるようになっています。

               

Net Money

本日の英国議会

FXプライムbyGMOさんで、毎週火曜日には、動画で情報配信しています。

本日は、今年最初の動画配信日でしたが、そこでお伝えした内容に、若干の変更がありました。

米イラン問題について、ウォーレス防衛庁長官が説明/質疑応答などを、EU離脱協定法案(以下、WAB)審議前に1時間ほど、行うことになったようです。

英国議会時間割 の 「15:30 (日本時間 23:30)」のところが、ウォーレス防衛庁長官の時間になると予想されます。

ただし、この時間割にきちんと書かれていないので、どのくらいの時間を割くのかは、わかりません。

たぶんですが、遅くても17時(26時)くらいから、WABの審議と修正案に入ると思います。

ちなみに、本日の審議は、8時間の予定です。


明日 水曜日の FXプライムbyGMOさん の井戸端会議では、本日発表されたユーロ圏消費者物価指数(HICP)について書こうかな?と思っています。楽しみにしてくださいね!




スクリーンショット   7




毎週月曜日と水曜日〜金曜日に井戸端会議でコラム記事
毎週火曜日には、動画配信 しております
 

是非一度、覗いてみてくださいね


FXプライムbyGMO

FXプライムbyGMO

[ 2020/01/07 21:56 ] 売買取引 | TB(-) | CM(0)

ラーブ英外相、木曜日に急遽訪米

米国とイラン/イラクの問題が、これ以上深刻化しないよう、本日にも、ラーブ外務相は、ドイツとフランスの外務相と話し合いを持ちます。

そして、急遽 今週木曜日にアメリカへ飛び、ポンペオ国務長官と会談。



ラーブ ポンペオ


そうこうしているうちに、中東問題とは全く離れ、明日から英国議会がスタート。早速、EU離脱協定法案の審議と採決が始まります 



と言うことで、明日(火曜日)のFXプライムbyGMOさん の動画で、英国議会のタイムテーブル(時間割)を、詳しくお話しします。

そして、水曜日にアップされるYJFXさんのコラムでは、今回の中東問題について、英国での反応や私自身の考えをご紹介するつもりです。

本年も、どうぞよろしくお願いいたします  






毎週月曜日と水曜日〜金曜日に井戸端会議でコラム記事
毎週火曜日には、動画配信 しております
 

是非一度、覗いてみてくださいね


FXプライムbyGMO

FXプライムbyGMO

[ 2020/01/06 18:01 ] 政治 | TB(-) | CM(0)

2020年 ポンド考察

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 



セントラル 27日




早いもので、今年もあと残すところ4日となりました。本年もコラム記事を通して、読者の方に応援していただき、本当にありがとうございます。

来年は、米大統領選挙・英国のEU離脱・ヨーロッパの金融政策から財政政策への移行など、いくつもの重要課題に直面する1年となりそうです。

私は引き続き、在英という利点を生かし、英国とヨーロッパからの情報配信が出来れば嬉しいと思っています。引き続き、よろしくお願いいたします。

今年最後のコラムでは、来年のポンドについて、政治・経済・金融政策それぞれの視点から、私が考えていることをお伝えしたいと思います。





今回のコラムでは、


・ 政治
ボリスの「俺様政治」

・ Brexit
2020年上半期タイムライン
移行期間中の英国の立ち位置
移行期間の動きには、要注意

・ 経済
総合PMI
サービス業PMI
製造業PMI

. 英中銀新総裁
ベイリーさんって、どんな人?
新総裁の略歴
今回の総裁選定で問題となった点

・ ベイリー新総裁下での金融政策

・ まとめ

政治
金融政策
経済
財政
総合点




コラム記事の一部をご紹介しますと、



>>> カーニー総裁は、2020年1月31日に退任される予定でしたが、引き継ぎがあるため、3月15日まで延長。そして、ベイリー新総裁は、3月16日就任と決まりました。

私たちは、ベイリーさんは典型的なエスタブリッシュメントであることは理解していますが、タカ派かハト派かは、わかりません。このコラム記事を書くため、かなりの量の報道を読みましたが、誰にもわからないようです。

そうなると、同新総裁が就任した10日後の3月26日に開催されるMPCでの採決が、非常に重要になるでしょう。<<<






どうぞごゆっくりお読みください 





「FXダイレクトプラス」において豪ドル3通貨ペア (豪ドル/円、豪ドル/米ドル、ユーロ/豪ドル) の スプレッドを業界最狭水準へ 大幅に縮小します。

Net Money




[ 2019/12/28 16:40 ] 相場検証/予想 | TB(-) | CM(0)

一難去ってまた一難、落ち着きを見せないBrexit劇

11月11日という縁起の良い日から、YJFXさんのご好意で隔週コラム記事を担当させていただくことになりました。 




12月12日に実施された英国前倒し総選挙。

驚くほどの圧勝を遂げた保守党。労働党は、コービン党首が来春辞任し、年明け早々から党首選の実施。自民党は、スウィンソン党首の落選により、党首不在のままである。

この結果が物語っているのは、EU残留や2度目の国民投票実施の可能性は、ゼロとなり、有権者はとにかく「Brexit」という単語から1秒でも早く逃げて、3年半前の「いつもの日常」に戻ることを、切に望んでいることがわかった。


記事の閲覧方法が若干変わりました。今まで通り、毎月2回コラム記事を掲載いたしますが、月に一度はどなたでもお読みいただけます。もう一度は口座保有者の方に限り、取引画面よりレポートを見ることが出来ます。今回のレポートは、口座保有者の方向けに書かせていただきました。

スマホアプリで、レポートを見たとき、こんな感じで、表示されます。



      



YJFX スクショ






コラム全体のご紹介は、下のバナーをクリックしてください。そこからも記事が読めるようになっています。


               

Net Money

保守党大勝、ボリスのワンマン政治スタートか?

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 


セントラル ボリス 選挙




12月12日に実施された英国総選挙。今回の選挙は、いろいろな意味で、ボリス・ジョンソン首相(以下、ボリス)の初めてのギャンブルとなりました。首相就任して、まだ5ヶ月弱。その間に実施された議会採決では、連敗に次ぐ連敗。そして、1910年以来初めての12月投票日。

このような厳しい状況下でしたが、いざ蓋を開けてみると、保守党の大勝となりました。

今回のコラムでは、総選挙を総まとめしてみたいと思います。




今回のコラムでは、


・ 総選挙のまとめ
出口調査結果
2017年と2019年、それぞれの選挙結果

・ 保守党圧勝の理由

・ 有権者は、ボリス大好き!な訳じゃない

・ 一難去ってまた一難

移行期間延長、なし!
どうして、急にこういう展開になったのか?

・ 新たな問題発生

・ ここからのポンド







コラム記事の一部をご紹介しますと、



>>> 出口調査予想では、保守党マジョリティは86議席でなっておりましたが、公式結果ではマジョリティ80議席。この数は、1987年サッチャー政権に次ぐ大きさで、言い換えれば「ボリスのやりたい放題政権」となるリスクも出てくるため、注意が必要でしょう。<<<





どうぞごゆっくりお読みください 





「FXダイレクトプラス」において豪ドル3通貨ペア (豪ドル/円、豪ドル/米ドル、ユーロ/豪ドル) の スプレッドを業界最狭水準へ 大幅に縮小します。

Net Money




[ 2019/12/22 11:06 ] 英選挙 | TB(-) | CM(0)

総選挙の手引き

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 



スクリーンショット セントラル 2



とうとう英国の総選挙投票日まで、1週間を切りました。

今回のコラムでは、12月12日総選挙についてまとめましたので、是非参考にしてください!




今回のコラムでは、


・総選挙の詳細

・今回の総選挙の争点

保守党
労働党
自民党
スコットランドSNP党
ウェールズ プライドカムリ党
Brexit党

・財政拡大リスク
ボリス政権、最初の100日
格付けは、大丈夫なのか?

・MRP世論調査結果
MRPって、何?
MRPが注目される理由
YouGovの意見
MRP調査結果

・最新の世論調査結果とポンド

・出口調査結果発表時の注意点

・選挙結果とポンド動向

5つのシナリオ別動向





コラム記事の一部をご紹介しますと、



>>> 2019年12月12日(木曜日)に英国では、前倒し総選挙が実施。下院650議席を争う戦いが繰り広げられます。

投票時間は、現地時間午前7時から22時
(日本時間では、16時から翌午前7時)

投票締め切り直後に、出口調査結果が発表されます。英国の出口調査は非常に正確ですので、翌日の公式結果発表を待たずに、マーケットは動き始めるでしょう。<<<






どうぞごゆっくりお読みください 





「FXダイレクトプラス」において豪ドル3通貨ペア (豪ドル/円、豪ドル/米ドル、ユーロ/豪ドル) の スプレッドを業界最狭水準へ 大幅に縮小します。

Net Money




[ 2019/12/08 00:17 ] 英選挙 | TB(-) | CM(0)

どうなる? 12月12日英総選挙。6つの予想 シナリオから英ポンドの動きを大予測!

2019年を通じて、市場のメインテーマの1つとして話題を振りまき続けた英国のEU(欧州連合)離脱(ブレグジット)問題。

英国では、ボリス・ジョンソン首相が、EU側と合意にこぎつけた離脱協定案で離脱を成し遂げるために議会を解散し、12月12日(木)に下院(庶民院)で総選挙が実施される運びとなりました。

 運命の総選挙が迫る中、総選挙に至るまでの経緯や、総選挙に向けた最新の動向、さらに選挙後の英ポンド相場の見通しについて書いてみました


ザイFX 選挙




久しぶりにダイヤモンド社さんのザイFX!での寄稿です。

このバナーをクリックすると読めます。

     


Net Money


プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日に連載を担当することになりました。 皆さん是非ご覧下さい !
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
新イーグルフライ
Net Money

私も新イーグル・フライで
欧州情報を配信しています

上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
相互リンク
誠に勝手ながら 相互リンクは 現在 締め切っております。再開する時には またご連絡いたします。
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ