2016 081234567891011121314151617181920212223242526272829302016 10
本を書きました!Noteの販売も始めました!
黒猫アイランドさんと「Brxit徹底解明レポート」書きました。
是非お手にとってお読みください 

Net Money



2016年の一番の人気取引通貨はポンドです!
ユーロとポンドについて、専門的に書いてみました。

現地だからこそわかるユーロ&ポンド徹底攻略法。


Net Money

ドイツ銀行株急落

3日前に詳しく書いた のですが、ドイツ銀行 の株価がNYに入って、ガクンと落ちました。


*ヘッジファンドの資金引き揚げの噂
なんか、記事にしているのが、Zeroヘッジとブルーンバーグだけというのが、妙に気になるのですが・・・ あ、CNBCも記事にしていますね。

ヘッジファンド10社が、ドイツ銀行から資金を引き揚げ始めた という噂が出ています。


*CDS急上昇
このニュースを受け、CDS(クレジット・デフォルト・スワップ) 上昇です

欧 ドイツ銀行 CDS


*システミック・リスク
ここで心配されるのは、ドイツ銀行から端を発したシステミック・リスクです。

システミック・リスクについては、この記事で説明してますので、読んでね~


この表は、アメリカのニューヨーク大学経済学部だったか、金融学部だったか忘れましたが、そこが作成した 「欧州の金融機関を対象としたシステミック・リスクが高い銀行 一覧表」 です。


欧 システミリックリスクの高い銀行


なんか、これ 来週とか、ドイツ銀行から 「バンク・ラン」 (銀行からの資金の引き揚げ)   が起きるとか、ないのかしら?

こういう根拠のないことは、ブログに書きたくないのですが、非常に恐ろしい気分になっています・・・ 

顧客にしてみれば、どんなに銀行が 「大丈夫だよ 」 と言ってきても、過去の経験からすれば、翌日突然 資金引き揚げ停止   とか通達されないとも限らない・・・ 心配だよね、やっぱり










上田ハーローFXさんでキャンペーン始めました!

キャンペーン期間中に新規口座を開設し、翌月末までに1万円以上のご入金あった方全員に、上田ハーローFXさんの戦略レポート「視る」ブログを毎週月曜日に配信している私の著書:「松崎美子のロンドンFX」をプレゼントいたします。著書を読んで、「視る」ブログを100倍活用しましょう。

[ 2016/09/30 03:13 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)

コメルツ銀行からの発表

連日マーケットを騒がせている ドイツ銀行 ですが、本日は同じドイツのコメルツ銀行からの発表がありました。

コメルツ銀行


*人員解雇
ドイツで2番目に大きいコメルツ銀行が、本日 9600人の解雇を発表しました。この人数は、現在の総従業員数の、20%に値します   メッチャ本気だしてますね・・・

ただし、今回は、解雇もするが、ディジタル部門の充実も検討しており、その技術を持った人の新規雇用も検討中。その場合、新規雇用は、2300人規模になるそうです。


*配当支払い停止
今年に限って という前提条件付きのようですが、収益性を高める目的で、今年は配当なし!


今回の発表に対し、コメルツ銀行は、マイナス金利導入などの低金利環境で、収益性が著しく低下したことを理由に挙げています。

ちなみに、これはコメルツ銀行とドイツ銀行の株価比較です(過去6ヶ月)

欧 ドイツ コメルツ 株価
(クリックすると拡大します)


*ついでに、スイスのUBS銀行からの発表
突然、ドイツからスイスに飛びますが、UBS銀行も本日 マイナス金利による収益悪化を最小限に踏みとどめるため、顧客に手数料を課す可能性について発表しています。


スイスのデポジット金利は、マイナス 0.75% 

UBS銀行のCEOによると、「マイナス金利の影響を、半永久的に銀行が肩代わりすることは、不可能だ。」と発言し、場合によっては、より広範囲の顧客の口座に対して、なんらかの手数料を請求することになるかもしれない と語りました。

UBS銀行は既に、法人/機関投資家が保有する口座に手数料を請求しており、住宅ローン貸し出し金利にも50bpsの上乗せ金利を課しているそうです。しかし、長引くマイナス金利の影響で、これだけでは十分ではなくなってきた模様。







上田ハーローFXさんでキャンペーン始めました!

キャンペーン期間中に新規口座を開設し、翌月末までに1万円以上のご入金あった方全員に、上田ハーローFXさんの戦略レポート「視る」ブログを毎週月曜日に配信している私の著書:「松崎美子のロンドンFX」をプレゼントいたします。著書を読んで、「視る」ブログを100倍活用しましょう。

[ 2016/09/29 22:04 ] 売買取引 | TB(-) | CM(0)

昨日のOPECからの発表ですが...

9月26日からアルジェリアのアルジェで開催されている国際エネルギー・フォーラム(IEF)

OPECも、このフォーラム開催に合わせ、非公式会合がもたれました。

昨日、「OPECと非OPECそれぞれの国の間で、減産合意がなされた・・・」 というニュースで、原油が6%ほど上昇した   のですが、なんだか話しはそう簡単ではないようです。


*減産は減産だが・・・
繰り返しますが、昨日からの原油価格の上昇は、OPEC総枠を日量 3324万バレル  3250万バレルに抑制するという具体的な数字が報道され、マーケットはそれに飛びついた形になっています。

しかし、たまたま、この国際エネルギー・フォーラムにご出席されている日本人の石油関係者の方からお話しを聞く機会があったのですが、肝心の各国枠は議論されず、11月OPEC総会に先送る模様。

つまり、11月のOPEC総会で、あらためて議論するまでの、時間稼ぎとも受け取れるようです。


*例外国を設定
思えば、今までOPECが減産/凍結に合意出来なかったのは、サウジ vs イラン の問題でした。

この問題に対し、今回は、 「リビア  ナイジェリア  イラン」  この3ヶ国を例外国と認定し、この国々には、削減/凍結は強制しないそうです。実際、イランは更に増産に踏み切る模様

これも、その方のお話しですが、前回のOPECで、サウジがイランに対して強硬な姿勢をみせたのは、サウジの副皇太子が認めなかったからのようです。しかし、今回の会合に出席されたのは、ファリハ石油大臣であり、この方がイランとの関係に妥協を認めた形になるそうで、サウジ内部での姿勢の変化もあるようです。


私は原油について、よく分かっておりませんが、今回の原油価格上昇は、日量を若干カットしたからではなく、OPEC加盟国と非加盟国がともに「2008年以来初めて石油生産量を減らすことで合意」したことを好感しての動きなのかな? と思いました。

そうなると、11月のOPEC総会時の原油価格が、例えば 55~60ドルくらいまで戻していれば、今回の合意内容が正式に認められるのかもしれません。逆に原油価格が40ドルくらいのままであれば、どう転ぶかわからないのかな?と思っています。

もし、私がサウジのエネルギー大臣の立場であれば、原油価格が上昇してくれるのなら、若干の減産をしても、収支には変化ないので、減産にも応じるだろうな・・・と ふと思いました。


石油




上田ハーローFXさんでキャンペーン始めました!

キャンペーン期間中に新規口座を開設し、翌月末までに1万円以上のご入金あった方全員に、上田ハーローFXさんの戦略レポート「視る」ブログを毎週月曜日に配信している私の著書:「松崎美子のロンドンFX」をプレゼントいたします。著書を読んで、「視る」ブログを100倍活用しましょう。

[ 2016/09/29 21:22 ] マーケット | TB(-) | CM(0)

来週のWEBセミナーのご案内

以前もお伝えしましたが、日本に一時帰国してからの、最初のWEBセミナーが、あと1週間後に迫ってまいりました 

よく考えたら、今回の一時帰国では、セミナーが11月に集中しており、10月のWEB専門セミナーは、このセミナーのみ 

翌週15日に、会場/WEBセミナー にパネリストとして参加させていただきます。

10月は、この2つだけ 

ですので、最新のBrexitニュースがお知りになりたい方は、是非このセミナーにご参加ください。今回は、上田ハーローFXさんのご好意で、どなたでも参加が出来ますよ 

10月6日(木)  19:30~21:00

迷走中のFRBや日銀より、イギリス・欧州経済に期待?


今回は、フリーアナウンサーの叶内さんに司会をお願いし、和気あいあいとやってみようと思います。

今回はBrexitについて、たっぷりとお話しする予定ですが、Brexitに限らずヨーロッパに関することでしたら、事前の質問も受け付けておりますので、どんなことでも構いませんので、どんどん送ってください!

セミナーのお申し込みは、 下のバナーをクリックしてお願いいたします!

Net Money


[ 2016/09/29 05:23 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

ドラギ総裁 ドイツ議会で証言

先ほど、ドイツ財務省報道官が正式に、「ドイツ銀行救済の話しなんて、してません。」 と否定しました。

こればかりは、内部にいないとわかりませんね、真実は・・・・


*ドラギECB総裁、ドイツ議会で証言
本日、ドラギ総裁は、ドイツ下院:EU問題委員会で、欧州の金融政策と経済について証言します。

ドラギさん ドヤ顔


しかし、これは非公開となっており、記者とかが入れません。

その代わりといってはなんですが、終了後、短い声明文を発表するようです。

時間としては、だいたいドイツ現地時間 17時くらい (日本時間 24時くらい)


もし、本当にドイツ政府内部で密かにドイツ銀行の救済案などが話し合われていたとすれば、「欧州単一破綻処理メカニズム(SRM: Single Resolution  Mechanism)」 が処理に動く可能性などについても、ドラギさんとこっそり話し合いが行われるのかもしれませんね。


私、知らないんですが、そもそもアメリカの賠償請求額の減額についての交渉って、時間制限あるのですか?例えば、10月中に決めないといけない とか、逆に年末までとか、来年でもいいとか...







上田ハーローFXさんでキャンペーン始めました!

キャンペーン期間中に新規口座を開設し、翌月末までに1万円以上のご入金あった方全員に、上田ハーローFXさんの戦略レポート「視る」ブログを毎週月曜日に配信している私の著書:「松崎美子のロンドンFX」をプレゼントいたします。著書を読んで、「視る」ブログを100倍活用しましょう。

[ 2016/09/28 21:06 ] ECB 欧州中銀 | TB(-) | CM(0)

ドイツ政府のドイツ銀行救済に向けた秘密計画?

ディー・ツァイト紙  によると、ドイツ政府はドイツ銀行救済について、協議しているということのようです。その内容の一部が洩れてきているようです。


・この救済案は、ドイツ銀行が新規の資本が必要になり、その資金を市場から調達できなくなった時に限り、有効
・新規の資本が必要になるというのは、アメリカ司法省からの賠償金支払いにからむ
・「最悪の事態」となった場合 (詳細不明)、 ドイツ政府は、ドイツ銀行株の25%を買い取る用意がある
・しかし、ドイツ政府は、このような救済をドイツ銀行が必要としているとは思っていない
・一部のドイツ政府関係者は、ドイツ銀行に救済が必要になった場合、ドイツ政府ではなく、欧州の銀行単一破綻処理メカニズム(SRM: Single Resolution  Mechanism) が処理すべきだと考えている


.もし、この噂が本当であれば、ドイツ政府は、「ベイル・アウト」 を選ぶことになり、ドイツ銀行救済に必要な資金(ドイツ銀行株の25%取得)は、38億ユーロとなります。

一番最後に書いた 「欧州単一破綻処理メカニズム(SRM: Single Resolution  Mechanism)」 が処理に動いた場合は、ベイル・インとなります。






上田ハーローFXさんでキャンペーン始めました!

キャンペーン期間中に新規口座を開設し、翌月末までに1万円以上のご入金あった方全員に、上田ハーローFXさんの戦略レポート「視る」ブログを毎週月曜日に配信している私の著書:「松崎美子のロンドンFX」をプレゼントいたします。著書を読んで、「視る」ブログを100倍活用しましょう。

[ 2016/09/28 20:31 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)

ドイツ銀行CEOインタビュー

昨日は、病院廻りと頼まれた買い物をして、一日が終りました。マーケット、全然見てません  

今朝は、今までずっと「遺言状」を作成するため、専門家の方がうちにいらっしゃいました。
既に、1ヶ月前から準備をすすめていて、本日は最終の「遺言状」が手元に届いたため、立会人(連署人)の方にも来ていただいて署名などお願いしました。

イギリスでも、ここまでキチンと遺言状を作るのは、たぶん 5割くらいかな? 私もあまり切羽詰っている訳ではないのですが、何も書かないと、国に没収されてしまう部分もあるので、重い腰を上げました。遺言状の保管もお願いしたので、全部で12万円くらいかかりましたが、やることやった感! ハンパありません。


*ドイツ銀行
昨日、ドイツ銀行の株価が30年来の安値をつけたことから、今朝のニュースはこれに関するものが目立ちます。


ドイツ銀行 CEO



今朝、ドイツ銀行CEO ジョン・クライアンさんがビルト誌のインタビューに出ていますが、まとめてみると

・ドイツ銀行は、ドイツ政府からの資金援助は選択肢のうちに入っていない
・そもそも、ドイツ銀行はメルケル政権に救済など、要請していない
・以前と比べて、現在のドイツ銀行が抱える問題は、かなり少なくなっている
・資金不足などの問題も、ない
・ドイツ銀行のイメージも含めた建て直しに向け、前向きに進んでいる


これら、前向きなインタビュー内容を好感して、ドイツ銀行株価は、3.3%アップしましたが、それでも10ユーロ台ですね... 



*ドイツ銀行、保険部門を売却
クライアンさんのインタビューを読んでいたら、このニュースがいきなり出てきました。

ドイツ銀行  は、Abbey Life を、英国のフェニックス・グループに9億3500万ポンドで売却を決定だそうです。

これも株価上昇の助けになったことでしょう。

ただし、今朝からずっと、ドイツ政府はドイツ銀行救済プランについて、密かに協議をはじめている という噂が絶えません。ちょっと心配ですね 






上田ハーローFXさんでキャンペーン始めました!

キャンペーン期間中に新規口座を開設し、翌月末までに1万円以上のご入金あった方全員に、上田ハーローFXさんの戦略レポート「視る」ブログを毎週月曜日に配信している私の著書:「松崎美子のロンドンFX」をプレゼントいたします。著書を読んで、「視る」ブログを100倍活用しましょう。

[ 2016/09/28 20:07 ] 欧州関連 | TB(-) | CM(0)

ドイツ銀行がドイツ国債に与える影響

本日も午前中 ずっと出ていて、ブログの更新が遅れたこと、お詫びします。今週は出たり入ったりが多くなってしまい、たぶん水曜日と金曜日の午後、木曜日一日中 マーケットが見れる予定です。

ええと、前置きが長くなっても仕方ないので、本題に入ります。


*ドイツ国債CDSの上昇
百聞は一見にしかずですので、チャートを載せますね

欧 ドイツ銀行 ドイツ国債 CDS

先週金曜日のドイツ銀行とドイツ国債それぞれの 「5年物クレジット・デフォルト・スワップ」のチャートです。

オレンジ色のラインが、ドイツ銀行のCDS
ピンクが、ドイツ国債5年物のCDS

わざわざ説明する必要ありませんが、ドイツ銀行のCDSが大きく上昇しているのにつれて、とうとうドイツ国債のCDSまで上昇してきました。


*ドイツ銀行 大丈夫なのか?
今年に入ってからのドイツ銀行については、 詳しく解説した過去記事 を必ず読んでください。それを理解していないと、ちょっと分かりにくいと思うからです。

最近になってからのドイツ銀行の株価下落やCDS上昇は、米司法省が同行に対し、MBS(住宅ローン担保証券)の不適切販売にかかわる 140 億ドルの賠償請求をした事件が重石になっていると思われます。

本日だけでも、既に同行の株価は7%近く下落しており、たぶん株価はシングル・ディジット(1桁)になるのは時間の問題だと思っています。

報道を見ると、ドイツ銀行は米国への賠償額支払いについて、ドイツ政府にヘルプを求めるのではないか? とか、メルケル首相はドイツ銀行救済のために、公的資金を使うつもりはない と言ったとか... いろいろな噂が流れています。


そして、あと30分すると、ドラギECB総裁が、四半期に一度の欧州議会・経済金融委員会での議会証言がはじまります。

もし、金融安定 というところにスポットライトが当たった場合、ドイツ銀行から端を発するシステミリック懸念が出てくるかもしれません。その辺りについても、この記事で詳しく書いてます ので、是非お読みください。






上田ハーローFXさんでキャンペーン始めました!

キャンペーン期間中に新規口座を開設し、翌月末までに1万円以上のご入金あった方全員に、上田ハーローFXさんの戦略レポート「視る」ブログを毎週月曜日に配信している私の著書:「松崎美子のロンドンFX」をプレゼントいたします。著書を読んで、「視る」ブログを100倍活用しましょう。

[ 2016/09/26 22:40 ] ユーロ危機 | TB(-) | CM(1)

ロンドンFX 「視るブログ」

2013年7月8日より、上田ハーローFXさん のご好意  で、『視るFX』 と題し、毎週月曜日にその週のマーケットの注目イベントや指標のご紹介  や為替動向を動画配信することになりました 


視るブログ用





今週の動画では、先週のFOMCの復習、個人的にずっと目を光らせている『ドイツ銀行』の株価やCDSについて、そして本日からスタートする米大統領選TV討論会などについて、たくさんお話ししています~



このバナーをクリックすると動画が見れま~す 




Net Money



10月6日、帰国最初のWEBセミナーです! どなたでもご覧になれますので、よろしくお願いします。

Net Money




タイアップ・キャンペーンもやっています  

[ 2016/09/26 22:17 ] 動画レポート:『視る』ブログ | TB(-) | CM(0)

経済は好調だが利上げは見送り

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 


イエレン議長


今週のマーケットの注目は、9月21日に開催された日本とアメリカそれぞれの金融政策会合でした。

一足お先に理事会を終えた日銀は、「量」から「金利」へとターゲットを変えた「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」(QQEYCC:Quantitative and Qualitative monetary Easing with Yield Curve Control)を発表しました。

日銀の発表から半日近く経ち、今度はアメリカの連邦公開市場委員会(FOMC)からの発表です。

今回のコラムでは、FOMCからの発表内容を中心にお伝えしたいと思います。





今回のコラム記事の主な内容は、


・FOMCに向けた事前予想

・FOMCからの発表

政策金利
投票配分

・3ヶ月に一度の経済予測
ドット・チャート
マクロ経済予想

・イエレン議長記者会見

・FOMCをはさんでのドルの動き

・11月利上げの可能性

・マーケットの気になる点

・ここからのマーケット




コラム記事の一部を抜粋しますと、


>>>今回のFOMCの結果を見て、こちらのトレイダー達が気にしているのが、据え置き決定に対する投票配分です。今回は、10人中3人が反対票(利上げ票)を、7人が据え置き票を投じました。これだけ意見が分かれたことは、昨年12月に利上げをして以来、初めてであり、イエレン議長の統括能力そのものに危険信号が灯ったと表現しているエコノミストが結構な割合でいたことが気になりました。<<<





どうぞごゆっくりお読みください 


このバナーをクリックすると記事が読めます。


Net Money

または このブログの左上 すこしFX ☆ なが~くFX バナー をクリックして是非お読みください!  よろしく~

マーケット・ビューの過去記事は このリンク を使って頂ければと思います 





キャッシュバック・キャンペーン  

Uチャートを使えるので、視覚的に他の人の売買レベルが確認できます!

インターバンク直結型    ポンド円の約定率  100%! 




口座開設月の翌月末の営業終了までに「ウルトラFX」で1回以上新規取引をされた方に、もれなく4,000円キャッシュバック!
さらに、「Uチャート」からの取引1回で1,000円キャッシュバック。最大5,000円もらえるチャンス!


スタンプ  くいくい
[ 2016/09/24 01:42 ] 米国関連 | TB(-) | CM(0)

フィンクさんのインタビュー

この下の記事で引用したブラックロックのフィンクさんのインタビュー、リンクが取れましたので、ここに貼ります。

かなり長いですよ、15分弱





全部聞きましたが、要点は

・世界的な低金利により、預金をする人だけでなく、年金運用をする我々にも厳しい時代が来ている
  私も自分自身の過去記事 で、英国の年金運用者の苦悩を書いてますので、よろしければお読みください!

・久しぶりに、ヨーロッパも面倒なことがおきそうな感じになってきた
 例として、イタリア国民投票  ドイツ国政選挙とメルケル首相  フランス大統領選挙

・Brexitが本格化した時にマーケットに与える影響を、みんな過小評価しているのではないか?

・アメリカは利上げをすべき。 9月のFOMCの反対票があれだけ多かったことが、それを証明している

・FOMCでは、12月に利上げをすると考えている
 (利上げをすべき という口調でした)

・ヨーロッパが抱えている問題やBrexitによる問題点が顕著になれば、マーケットは 15%程度の修正が求められる可能性あり

・逆に、ヨーロッパやBrexitの問題点が、予想以上に軽かった場合、マーケットは 10%程度の上昇もありうる





上田ハーローFXさんでキャンペーン始めました!

キャンペーン期間中に新規口座を開設し、翌月末までに1万円以上のご入金あった方全員に、上田ハーローFXさんの戦略レポート「視る」ブログを毎週月曜日に配信している私の著書:「松崎美子のロンドンFX」をプレゼントいたします。著書を読んで、「視る」ブログを100倍活用しましょう。

プロフィール

N20   (松崎美子)

Author:N20   (松崎美子)
東京でスイス系銀行Dealing Roomで見習いトレイダーとしてスタート。18ヶ月後に渡英決定。1989年よりロンドン・シティーにあるバークレイズ銀行本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年 シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ、2000年に退職。その後、憧れの専業主婦をしたが時間をもてあまし気味。たまたま英系銀行の元同僚と飲みに行き、証拠金取引の話しを聞き、早速証拠金取引開始。

口座残高ゼロ経験あり

セントラル短資FX(株)さんで 連載スタート
Net Money

2012年11月16日より毎週金曜日
に連載を担当することになりました。
皆さん是非ご覧下さい !
上田ハーローFX
ロンドンFX:視るブログ
Net Money

2013年7月8日より毎週月曜日
マーケット動向について動画配信
することになりました
一緒に頑張りましょう!
~丸わかり! ロンドン発
★欧州経済事情~
欧州の注目テーマを一刀両断!

Net Money
投資の達人
読売オンライン

Yahooファイナンス「投資の達人」に加えて頂きました。
コメントをお楽しみに!
ブログランキング
ポチッ!御願いします!

FC2Blog Ranking

マネポケ大賞

こんな嬉しい賞を頂きました。
受賞に恥じないよう 頑張ろうと
思います。応援 よろしく!
月別アーカイブ